日本初(?)有罪率99.9%の刑事裁判で〝二度も〟無罪判決を勝ち取った男のブログ!

過去、二度も刑事裁判の被告人として法廷に立たされるも、自力で反証、反駁をし二度も無罪判決を勝ち取る!そんな私が、あらゆる事を綴る!

痴漢犯人線路ダッシュ逮捕🚨🚨



 こんにちは✨😃❗

 今日も曇天ですが過ごしやすい陽気ですね☁☁


 さて、今日は最近の話題をお話します✏✨

 まずはこちらをご覧下さい👀📰❗


 電車で痴漢、線路降り逃走=容疑で41歳男逮捕-警視庁

 
 JR埼京線の電車内で女性の体を触り、線路に飛び降りて逃げたとして、警視庁板橋署は26日、東京都迷惑防止条例違反の疑いで、埼玉県川口市伊刈、自称無職福島覚容疑者(41)を逮捕した。
 「女性の尻に手が触れたことは間違いないが、それ以上は話せない」と供述しているという。

 逮捕容疑は25日午前8時40分ごろ、埼京線の十条-板橋間で20代の女性会社員の尻などを触った疑い。
 同署によると、福島容疑者は女性から痴漢行為をとがめられ、板橋駅のホームで押し問答になった。
 その後、線路に飛び降り柵を乗り越えて逃走した。

 ホームに同容疑者のものとみられるコートが残されており、ポケットに身分特定につながる物が入っていたという。
 同署は鉄道営業法違反容疑でも調べている。



 と言うことで、最近何かと話題になっている、痴漢の疑いをかけられた人間が線路に降りてBダッシュする事件💨💨💨

 とうとうこの手の犯人が捕まりました🚨🚨

 ボクは、この報道を知った時、警視庁もなかなかやるなと思ったのです😁😁

 ところが、蓋を開けてみると、自分が着ていたコートをホームに落とし、その中に自分の身分証が入っていたと言うんですから、かなり拍子抜けしちゃいました😓😓😓

 これじゃあ警視庁じゃなくたって、誰でも捕まえられますよ😂😂😂

 自分ですって痕跡をこれ以上ない位残してるんですからね😩😩😩


 まぁ、パクられた経緯は実に単純な話だったんですが、ここ最近やたらと線路をBダッシュするバカが多いですよね⁉

 これは恐らく、そういう報道があるから模倣しているんでしょうね😣😣😣

 『とりあえず痴漢がバレたら線路に逃げちゃえば追い掛けて来れないだろう。だから逃げ切れる。』と💡💡💡

 確かに、女性側も逃げた犯人を追い掛けようと、線路にまで降りはしないですよね⁉

 だから、逃げ切れるは間違ってないのかも知れません💧💧💧

 
 しかしながら、万が一は走ってきた電車に轢かれたりする可能性もあったりと危険極まりないのです🙅🆖⤵

 それに、線路に立ち入ることは、以前もお話した通り別の犯罪行為に該当します😱😱😱

 なので、その後逮捕されると鉄道営業法違反や、列車往来危険罪等他の罪が加算されてしまいます😨😨

 そうすると、罰金刑で済む迷惑防止条例違反だけでは済まなくなります😭😭

 勿論、罰金刑で済むんだから痴漢したって良いんだ、と言っているわけではありません😫😫😫

 ですので今回の事件では、恐らく鉄道営業法違反の罪も加算されるでしょうね😒😒

 これは、見せしめの意味もありますし、今後同じような模倣を出さない為に警鐘を鳴らす意味もあります😃💡

 と言うことで、くれぐれも線路に立ち入って逃げないようにしましょう❗

 特に、痴漢をしたのなら、逃げるなんて言語道断できっちりと罰を受けるべきです❎❎❎


 ここで、東洋経済オンラインにあった記事を紹介します✏

 長くなりますが、弁護士先生が書いたので1つの指針にはなるかと思います✨💡


 痴漢の疑いで「線路に逃走」がダメな法的理由
犯人でなくても逃げると逮捕の可能性がある


 小島 好己 :東京神谷町綜合法律事務所弁護士


 最近、痴漢(疑われた人も含む)が線路へと逃走するという例が続いているようである。しかし、人ごみに消えていくならともかく、線路へと逃走を図るのは、自身の命を危険にさらす下策中の下策というほかない。

 さらに、次のようなことも起こりうる。
 まず、線路に立ち入って逃走すること自体が刑罰法規に抵触する。
 みだりに線路敷地内に立ち入れば鉄道営業法第37条違反に問われることになるし、新幹線の線路への立ち入りなら新幹線特例法第3条第2号違反になる。

 「疑われたら逃げろ」は本当か

 また、立ち入りにより列車を止めたり駅員の業務を阻害したりするなど業務を妨害すれば、場合によって、鉄道事業者の意思を制圧して業務妨害したとして威力業務妨害罪にも該当する可能性がある(刑法第234条)。

 加えて、刑事責任だけでなく民事責任にも問われうる。
 痴漢に疑われて線路に逃げ込むことはやむをえないこととは通常認められないし、線路立ち入りが列車の運行妨害に直結することは誰にとっても明らかである。
 したがって、列車を止めるなどして鉄道事業者を混乱に陥れれば、それによって生じた振り替え輸送費用などの損害につき賠償請求をされかねない。

 ところで、痴漢に疑われたときに、がむしゃらに逃走するのがそもそもいいのだろうか。
 
 行為態様にもよるが、痴漢はいわゆる迷惑防止条例違反や強制わいせつ罪(刑法第176条)に該当する犯罪である。
 必要があれば確かに逮捕されることになる。

 駅員室に連れていかれるとそのまま警察に捕まる、とよくいわれる。
 現行犯人は警察でなくても逮捕することができ(刑事訴訟法第213条)、私人が現行犯人を逮捕した場合にはすぐに警察等に引き渡すことが必要とされていることから(刑事訴訟法第214条)そのまま警察に身柄を引き渡されて拘束されてしまう可能性があるということや、そもそも警察の到着を待って警察に現行犯逮捕(準現行犯逮捕)されるということを指しているものと思われる。

 そのため、現行犯逮捕されることを回避するためにすぐに現場から立ち去ることが推奨され、さらには積極的に逃げろという話につながるのであろう。

 逃げ出すと高まる逮捕の可能性

 しかし、無理やりに逃げることにはリスクが伴う。

 被害者とされる人を含め周囲に人がいる中で逃げようとすると、逃がすまいとする人との間に摩擦が生じる。
 物理的に力を使えば暴行罪(刑法第208条)、ケガをさせれば傷害罪(刑法第204条)が成立しうる。
 狭いホームの上でもめ事が起きれば線路への転落事故や列車への接触も起こりうる。

 しかも、その場から無理やりに逃げ出したとしても、後日身元が判明し、かつ罪を犯したと疑う相当の理由ありと認められてしまえば、逮捕状を得ての通常逮捕の可能性が高まる。
 逮捕をしなければならない必要性がなければ通常逮捕は認められるべきではないが(刑事訴訟規則第143条の3、犯罪捜査規範第118条)、無理やり逃げたという事情があれば逃亡防止のためなどの理由で逮捕の必要性ありと認められやすくなるからである。

 さらには、逮捕後の勾留決定(10~20日の身柄拘束)がされやすくなる事情にもなる。
 勾留をする要件の1つに「逃亡しまたは逃亡をすると疑うに足りる相当な理由がある」というものがあるが(刑事訴訟法第207条第1項、第60条第1項第3号)、現場から無理に逃げたという事情があれば、これに該当すると認められる可能性があるからである。

 その一方で、現行犯逮捕が問題となるような状況にあっても、明らかにこの人が犯人という場合でなければ逮捕されるべきではない。
 令状なしで逮捕できる現行犯逮捕は、真犯人が目の前にいて急速の処理が求められるゆえの例外的な逮捕であるからである。
 そして現行犯逮捕においても不必要な逮捕は許されないというのが一般的である。

 したがって、痴漢を疑われた現場では、「自分は犯人ではない」ということを関係者にアピールし、かつ、身元を明らかにして逃亡する意思がないことを客観的に示し、目撃者確保もしつつ、証拠隠滅の可能性もないとして「逮捕の必要性がない」ということも訴えるべきであろう。
 逮捕するなら後々問題にするぞということもアピールすることが必要である。

 「犯人性」に疑いを持たせ、逮捕が不要であることをアピールすることで、現行犯逮捕を躊躇させ、あるいは後日の通常逮捕も回避するということにつながりうる。

 「犯人性」なくても逮捕されたら…

 そうはいっても「言うは易く行うは難し」ではある。
 身元を告げることも勇気がいるであろう。
 しかし、そのまま何もしなければ状況は悪化するだけである。このような対応は最低限身を守る行為として必要である。

 そして犯人性の否定と逮捕の不必要性を訴えても不幸にして逮捕されてしまった場合には、弁護士に即時に連絡すべきである(弁護士会を通じて当番弁護士に面会を求めることもできる)。

 くれぐれも無理に逃げて、さらにいろいろな危険や責任を背負い込むことのないように注意していただきたいものである。



 と言うことで、確かに仰る通りですね😆😆

 ただですね、記事にもある、『そして現行犯逮捕においても不必要な逮捕は許されないというのが一般的である。』と言うのも、あくまでも“法律上”はと言うことで、“事実上”は決してそうではないですね😭😭😭

 昨日の坂口杏里の件でもお話した通り、警察はどんな事案だろうとパクろうと思えば簡単にパクっちゃうのです😡😡😡

 ですから、いくら法律上において現行犯逮捕に厳格な要件を設けていても、そんなのは極めて建前で、実際は要件が整っていなくても、何だかんだと理由をこじつけてパクってしまうのが現状です💧💧💧

 だからこそ、ボクはしつこく『万が一痴漢に間違われたらその場からBダッシュしろ』と言っているのです‼

 勿論、線路に立ち入ることなく、なおかつ周りにも迷惑をかけずにが大前提です😅😅

 パクられちゃったら、そこからごくごく当たり前の自由を手に入れるのはホント至難の技なんですからね😭😭😭
 

 以上、今日は痴漢の線路立ち入りの件についてお話しました✏✨

 因みに、この犯人以外で線路に立ち入った人をパクるのは、相当難儀だと思いますね😱😱😱

 まっ、警察がどこまで本腰を入れて捜査をするか、どれだけその事件に力を入れられるかによると言うことです😃💡


 さて、来週は毎年恒例のGWなので、当ブログもGW休みを頂きます😊😊😊
 
 連休明けの5月8日にお会いしましょう👍

 それでは、皆さん楽しい楽しいGWをお過ごし下さいませ😆❤✌
 
 

 人気ブログランキングバナー


 


 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います)