日本初(?)有罪率99.9%の刑事裁判で〝二度も〟無罪判決を勝ち取った男のブログ!

過去、二度も刑事裁判の被告人として法廷に立たされるも、自力で反証、反駁をし二度も無罪判決を勝ち取る!そんな私が、あらゆる事を綴る!

少し前の無罪判決😲😲😲



 こんにちは☀☁

 今日は昨日よりは暖かいですね♨☀

 昨日は一気に寒くなりましたからね😭

 新しい1週間張り切って行きましょう👍🆕


 さて、今日は少し前の無罪判決と言うテーマでお話します✒✨

 頻繁ではないにせよ、ポツポツと無罪判決が出ているので紹介したいと思います😉

 果たして、これらの事件はホントに無罪なのでしょうか⁉😱😱😱(笑)


 ①強盗致傷で男性に無罪判決 「防犯カメラ映像不鮮明、犯人か疑い」大阪・堺

 
 平成26年8月、大阪府藤井寺市内の路上で女性からかばんを奪って軽傷を負わせたとして、強盗致傷罪に問われた男性(30)の裁判員裁判で、大阪地裁堺支部(渡部市郎裁判長)は12日までに、無罪判決(求刑懲役8年)を言い渡した。判決は11日付。

 渡部裁判長は判決理由で、検察側が証拠とした現場付近の防犯カメラ映像は「不鮮明で情報が不足している」と指摘。
 映像に写った自転車の人物と男性がいずれも赤い服を着ていた点についても「同一性を判定できるほど有力とはいえず、犯人であることに合理的疑いが残る」と結論付けた。

 男性は26年8月6日夜、歩いていた20代の女性を後ろから引き倒して現金約4千円が入ったかばんと携帯電話などを奪った上、頭部打撲のけがを負わせたとして、27年12月に起訴されていた。



 ②覚醒剤使用、無罪が確定 静岡の男性


 覚せい剤取締法違反の罪に問われ、一審静岡地裁で実刑判決を受けた静岡市内の40代男性を無罪とした東京高裁判決が11日までに、確定した。
 東京高検が上告しなかった。
 
 6月24日の控訴審判決は、静岡県警の捜査に「重大な違法がある」と指摘。
 強制採尿令状を請求するため裁判所に虚偽の資料を提出したなどとして、「尿の鑑定結果に証拠能力は認められず、犯罪の証明はない」と結論付けた。
 
 男性は2015年3月、同市内の自宅で覚醒剤を使用したとして逮捕された。
 上告断念を受け、男性の弁護を担当した間光洋弁護士は「警察の違法捜査を認めたに等しい判断だ。あらためて検証と再発防止を求める」と話した。



 ③車の盗難保険金詐欺で無罪判決、3週間前のオイル交換が決め手 奈良地裁

 
 車が盗難被害に遭ったように装って保険金をだまし取ったとして、詐欺罪に問われた愛知県刈谷市の会社役員の男性(49)に、奈良地裁は3日、無罪(求刑懲役2年)の判決を言い渡した。

 男性は平成21年6~9月、共犯に問われた親族の男=詐欺罪などで一審有罪、控訴=に車の売却先を手配させた上で盗難に遭ったと保険会社に虚偽申告し、保険金1100万円をだまし取ったとして15年5月に起訴された。

 男は「男性から車の売却を依頼された」と供述したが、宇田美穂裁判官は判決理由で「男性は車がなくなった後、『車を盗んだのではないか』と男に問い詰めており、明らかに矛盾する」と判断。

 「男の供述は変遷し、虚偽の可能性も否定できず、信用性に合理的な疑いを差し挟む余地がある」と結論付けた。車がなくなる約3週間前に男性がオイル交換などをしたことも挙げ「売却予定があればこのようなメンテナンスの必要はなく、実際に被害に遭ったことを裏付ける」と指摘した。

 奈良地検は「判決内容を精査して適切に対応したい」としている。



 ④傷害罪の27歳元介護職員に無罪 自白の信用性認めず

 
 愛媛県愛南町の老人保健施設で入所女性をカッターナイフやはさみで刺し、別の入所女性の髪を引き抜き、2人を負傷させたとして、傷害罪に問われた同町の元パート介護職員、久保佳子被告(27)に、松山地裁は15日、無罪(求刑懲役4年6月)の判決を言い渡した。

 日野浩一郎裁判長は判決理由で、捜査段階における自白について「重要な点で客観事実と必ずしも整合しない。取り調べを穏やかにやり過ごしたい一心から、真犯人でないのに自白したとも理解できる」と指摘した。

 自白の信用性は認められず、他の証拠に照らしても「被告が犯人と認定するには合理的疑いが残る」と判断した。

 平成26年11月15日に施設の居室で女性の口の中をカッターナイフで、腹部をはさみで刺して1カ月のけがを負わせたほか、同21日には、施設のトイレで別の女性の髪の毛を抜いて負傷させたとして起訴された。

 弁護人は取材に「(判決内容は)当然だ。公判が長引き本人もしんどかったと思う」と話した。

 松山地検の佐竹毅次席検事は「上級庁と協議して対応を検討したい」とのコメントを出した。



 ⑤父親の自衛官に無罪判決、京都の乳児虐待事件で 京都地裁

 
 生後5~6カ月の長女に激しく揺さぶるなどの暴行を加え、後遺症を伴うけがを負わせたとして、傷害罪に問われた京都市の陸上自衛官山本崚太被告(23)に京都地裁(坪井祐子裁判官)は15日、無罪判決を言い渡した。求刑は懲役4年だった。

 起訴状によると、平成26年11月下旬から27年1月2日までの間、自宅で複数回にわたり、長女を激しく揺さぶり、硬膜下血腫など後遺症を伴う傷害を負わせたとしている。

 無罪となった山本さんは、これまでの公判で「子どもをあやしたが暴行は加えていない」などと無罪を主張していた。



 ⑥2300万円窃盗で25歳女性被告に無罪判決 大阪地裁「自白に疑問」

 
 友人の女性宅から現金約2300万円を盗んだとして、窃盗などの罪に問われた大阪市の女性被告(25)の判決公判が9日、大阪地裁で開かれ、本村暁宏裁判官は「唯一の証拠である自白の信用性に疑問が生じた」として無罪(求刑懲役5年)を言い渡した。

 女性は平成25年9月に友人方に合鍵で侵入し、現金2300万円を盗んだとして起訴されていた。

 弁護側は「友人に頼まれて、現金を運び出して渡した」と無罪を主張。
 捜査段階でいったん容疑を認めたのは、盗まれたと訴える友人を怒らせるのが怖かったためで、女性は公判で「友人の意に沿う供述をすれば、被害届を取り下げてくれると思っていた」と説明していた。

 判決理由で本村裁判官は、友人の被害申告には「不自然不合理な点がある」と指摘。
 女性の自白についても「動機も被害金の使途も具体的に語られておらず、あまりに不自然だ」と述べた。



 と言うことで、数ヵ月前ですがこんなにも無罪判決が下されていました😲😲😲

 皆さんの中で、あ~その事件知ってる、と言う内容はありましたか⁉

 恐らくは殆どがないと思います💧😒😞

 ご存知の通り、無罪確率0.1%なのにも拘わらず、それほどスゴい事なのにも拘わらず、世の中には余りにも知られていないんですよね😢😢


 そんな中気になった事件が幾つかありました💦💦💦

 ①の事件ですが、これは業界用語で“犯人の同一性”が争われた事件ですね💧💧

 要するに、被告人と防犯カメラに写っている人物が同じかどうかと言うことです😃💡

 同じだと認定されれば当然犯人は被告人となり有罪となります❗

 しかしながら、今回は防犯カメラの画像が不鮮明だった為、被告人を犯人とするには合理的な疑いが残ると言う結論でした😱😱

 この判断は実に刑事訴訟法の理念に則った判決です✌✌✌

 その理念とは、何度も耳にしていますが『疑わしきは被告人の利益に』『疑わしきは罰せず』ですね📝👓

 現在では犯罪捜査には欠かせない防犯カメラですが、時としては何の役にも立たないと言うことですね😭😨💦

 それにしても求刑8年がチャラになっちゃうんですから、ホントにスゴいですよね😨😨😨


 ②の事件ですが、これはたまにある覚醒剤の捜査手続きの違法性が争われた事件でした😨😣😣

 犯罪の証拠自体は“真っ黒(覚醒剤の陽性反応)”なのに、判決は“真っ白”と言う矛盾💦💦

 まっ、真っ白ではなく、グレーと言った方が良いかも知れませんね😒😒😒

 こればかりは、担当した裁判官の胸三寸が大きく左右する典型的な事件ですね😲😲😲

 なので、当事者からすれば正にラッキーだったでしょう😉😉


 ④の事件については、何だか腑に落ちないんですよね😓😓

 介護士が老人を虐める事件はたまに耳にしますよね💧💧💧

 ホント酷い事件だと思います😡😡😡

 今回は、傷害を負わせたとした介護士が無罪判決を受けましたが、そうすると被害者を傷つけたのは誰なのでしょうか⁉

 これらの傷を自分で付けたとは考えにくいんですけどね…💨

 真相は闇の中ですね😭😭😭


 ⑥の事件ですが、何だか良く分からない事件ですね😓😓😓

 友人宅から2,300万円を盗んだとして起訴されて、本人も認めているのに無罪⁉💦💦

 更には被害申告も信用出来ないとか、もうメチャクチャですね😡😡😡

 だったらばそもそもこんなの事件じゃないじゃんって話です😒😒😒

 全く良く分からない事件ですよね😂😂😂

 それにしても自宅に2,300万円ってスゴいですよね😣😣😣

 正にタンス預金ってヤツですね😆😆😆(笑)

 万が一自宅が家事になったら一切補償されませんけどね😖😖😖


 とまあ、今回取り上げた事件は、かなり怪しいモノばかりでしたが法律上は無罪なのです❗❗❗

 無罪である以上、もう罪には問えません😫😫😫

 これも刑事裁判なのです😄😄😄


 さて、明日は今日の話題に付随して、差し戻し審についてお話する予定です✒✨
 
 

 
 人気ブログランキングバナー


 


 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います)