日本初(?)有罪率99.9%の刑事裁判で〝二度も〟無罪判決を勝ち取った男のブログ!

過去、二度も刑事裁判の被告人として法廷に立たされるも、自力で反証、反駁をし二度も無罪判決を勝ち取る!そんな私が、あらゆる事を綴る!

世にも奇妙な痴漢事件😣😣😣



 こんにちは✨😃☀

 今日は清々しい秋晴れですね😄😄

 布団も洗濯物も良く乾くでしょう(笑)


 さて、今日は最近の無罪判決と言うことで、ちょっと珍しい痴漢事件での無罪判決を紹介します✨✨

 まずは下記をご覧下さい👀👀


 電車で痴漢、男性に無罪判決 地裁「行動不自然でない」

 
 電車内で女性に痴漢をしたとして、大阪府迷惑防止条例違反罪に問われた兵庫県の男性(26)に対し、大阪地裁堺支部(渡部市郎裁判官)が昨年8月、「痴漢の意図があったとは認定できない」として、無罪判決(求刑罰金40万円)を言い渡していたことがわかった。

 検察側は控訴を断念し、判決は確定した。
 
 男性は2014年12月4日朝、南海高野線堺東駅(堺市堺区)に停車中の電車内で、当時20代の女性の下半身を触ったとして痴漢を捜査していた警察官に現行犯逮捕された。

 男性は逮捕後、「車内は満員で、手のひらが触れたが痴漢ではない」と無罪を主張していた。
 昨年8月18日付の判決によると、女性は痴漢被害を大阪府警に相談しており、堺東駅で降りようとした際、警戒中の捜査員に「痴漢をされた」と申告。
 捜査員もその現場を目撃していたこともあり、男性は現行犯逮捕された。
 渡部裁判官は「手の接触は女性のコートの上からで、ごく短時間。席に座ろうとして乗客をかき分けて動いたという男性の行動は不自然ではない」と結論づけた。
 
 弁護人の藤野恵介弁護士は「警察官による現行犯逮捕で無罪判決は珍しい。手が接触して1~2秒で逮捕しているが、故意かどうか、もう少し見てから判断すべきだったのではないか」と話している。
 府警生活安全総務課は「裁判所の判断なのでコメントする立場にない」とした。



 と言う事件でした💨💨💨

 内容としては、良くあると言ったら言い過ぎかも知れませんが、皆さんも聞いたことのある痴漢事件でした😣😣😣

 そんな痴漢事件で、またしても無罪判決が出ました❗❗❗


 今回の事件、ボクは何で珍しいと思ったのかと言うと、記事にもある通り、捜査員に現行犯逮捕されたのにも拘わらず無罪になったからです💡💡💡

 通常は、被害を訴えた女性が加害者と思われる男性の腕を掴んで捕まえるのが殆どのパターンです✨✨

 所謂、私人による現行犯逮捕、またの名を常人逮捕です🚨🚨

 しかしながら今回は、女性が痴漢の被害を警察に訴えていて、警察も女性の主張に基づき犯人を逮捕すべく乗客に紛れて内偵していました🔍🔍🔍

 たまにお馴染みの警察24時で見掛けるやつですね💦💦
 
 
 そんな状況下で現行犯逮捕したのに、無罪判決になるなんて極めて珍しいですよ❗❗❗

 何故なら、目撃者は痴漢の被害に遭った女性だけではなく、捜査員と言う一般人よりもより鋭い眼光の目撃証言があるからです💥💥💥

 例えば、たまたま同じ車両に乗り合わせて偶然目撃したと言うのなら、その目撃証言の信憑性が争われることは良くあります💨💨💨

 しかし今回の事件では、確実に被害女性にターゲットを絞って、それもデカと言う鋭利な眼光で見張るわけですからね👀👀

 すなわち、極めて信憑性の高い目撃証言と言う強い証拠になるのです👣👣🔍

 裁判官も、基本的には警察官が殊更嘘の証言をするわけがないと思ってますからね😉😉

 なのに、無罪判決になっちゃったんですよね😓😓😓


 そうすると、考えられる可能性はボクは2つあると思っています💡💡💡

 1つは、被害女性の勘違いです😫😫😫

 記事によると、今回被害女性は、日々の痴漢に悩まされて警察に相談をしていました💦💦💦

 ホント、それだけの精神的ストレスは察するに余りあります😢😢😢

 毎回毎回電車に乗る度に、今日も触られるのか、今日は大丈夫かな、等と不安に苛まれますからね😖💧

 その気持ちを考えるとホントに痴漢は卑劣な犯罪だと思います😡😡😡

 そんな状況下で、たまたま混雑した車内で手が触れたのを痴漢と勘違いした可能性があると言うことです💨💨💨

 特に被害女性はその点かなり敏感になっていますから、事故的にたまたま触れちゃったモノを、痴漢だと感じてしまったのかも知れません😣😣😣

 勿論、被害女性が悪いと言っているのではありませんよ😓😓


 そしてもう1つが、こいつやってるよと言う可能性です😠😠😠

 つまり、痴漢行為をしたけど否認していると言うことです😒😒😒

 ボクはどうも、捜査員が痴漢行為を現認した点が気になるのです😨😨😨

 良く警察24時でも痴漢の現行犯逮捕の瞬間を激撮していますが、そんなちょっと触れただけで“はい逮捕~”とはならないんですよね💧💧💧

 しっかりと行為を現認してから押さえるので、事故的に触った位で逮捕しないと思うんですよね💦💦💦

 デカだって、逮捕したは良いけど実は間違いでした、では取り返しのつかない事になりますから、そんな見間違いや勘違いはしないと思うんですよね😵😵😵

 ただ、もしかしたら今回は被害女性の訴えがあって張り込んで居たので、女性の付近に居た男性に警戒する余り、勇み足だった可能性もあります😱😱😱

 
 いずれにしても、裁判の結果男性は無罪となりその判決も確定しました💡💡💡

 と言うことは、この男性は“法律上”は痴漢の犯人ではないと言うことです❗❗❗

 しかしながら、真実は痴漢の犯人だったとしても、もうどうすることも出来ません💨💨💨💨

 この男性は腹心で、“ふぅ~危なかった”とほくそ笑んでるかも知れません😒😒😒

 あるいは、ホントに無実が証明出来て良かった、と思っているかも知れません😆😆😆

 恐らくボクは後者だと思いますけどね😄😄

 そんなやったものをやってないことに出来る程、日本の刑事裁判は甘くはないですから😱😱😱
 

 とまあ、私服のデカに現行犯逮捕されながらも、無罪判決になった稀有な痴漢事件でした😲😲😲

 何か釈然としませんが、とにかく彼は法律上は無罪なのです❗

 これが刑事裁判です💦💦💦

 果たして、今回の真実は一体何なのでしょうか⁉

 それは当事者にしか分かりません…💨💨💨


 さて、明日も最近の話題をお話する予定です✒😄

 

 人気ブログランキングバナー


 


 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います)