日本初(?)有罪率99.9%の刑事裁判で〝二度も〟無罪判決を勝ち取った男のブログ!

過去、二度も刑事裁判の被告人として法廷に立たされるも、自力で反証、反駁をし二度も無罪判決を勝ち取る!そんな私が、あらゆる事を綴る!

新手の“エア”痴漢😓😓😓



 こんにちは☀

 今日も非常に暑くなるみたいですね😣💧😣

 くれぐれも熱中症には気を付けましょう😅💦


 さて、今日は最近の話題と言うことで、先日ネットを見ていたらこんな記事を見付けたので紹介したいと思います✒

 もしかしたら、既に被害に遭った人も居るかも知れませんね💨💨💨

 では、早速行きましょう👍


 女性の匂いを嗅いだら逮捕? 「触らない痴漢」の出現で新たな冤罪リスク

 
 女性の匂いを嗅いだだけで痴漢になるのか……一部ネット上でそんな議論が巻き起こっている。

 発端となったのは5月上旬に放送されたバラエティー番組『ジョブチューン ~アノ職業のヒミツぶっちゃけます!』(TBS系)。
 元警察関係者が業界の秘密をぶっちゃけるという内容だったが、その中で元鉄道警察隊長の澤登真珠枝さんが「新たな痴漢の手口」として「体に触らない痴漢」の存在を指摘した。

 具体的には満員電車などで好みの女性に近づいて「髪の毛の匂いを嗅いだり少しスカートを触ったり、それで満足を得ている痴漢」とのこと。
 澤登さんによると、警察は法令を駆使し、相当数の「触らない痴漢」を検挙しているという。
 司会の田中みな実アナも過去に被害に遭ったことを明かしており、レアケースというわけではなさそうだ。

 だが、これに男性出演者たちから異論が噴出。
 もともと鼻息が荒かったり、急いで電車に駆け込んで息が切れている場合に「匂いを嗅いでいる」と誤認される可能性があり、それで検挙されたらたまらないという主張だ。
 これに澤登さんは「痴漢はホームのところからターゲットを物色している」と語り、痴漢と判断できる前兆がなければ検挙の対象にならないとした。

 しかし、それでも疑いを掛けられるリスクは少なからず存在する。
 ネット上でも「男は満員電車で息もできないのか」といった声が上がり、一部では「もう全ての車両を男女別にした方がいい」といった極論まで噴出している。

 過去にも似たような騒動があり、警備サービス大手のセコムが昨夏にTwitterの公式アカウントで「直接触らないでかばんを女性の体に押しつけても、女性が不快に思えば痴漢」などとツイート。
 これに「女性が気に食わない奴は誰でも犯罪者にされるのか」といった批判が殺到し、同社が「女性が不快に思えば痴漢を疑わることもあるという意味だった」などと謝罪する事態となった。
 だが、実際に「触らない痴漢」で検挙例があるというのだから間違ってはいなかったことになる。

 「東京都の迷惑防止条例では、直接的に体に触れる行為や盗撮などとともに『公共の場所又は乗物において、卑わいな言動をすること』が痴漢行為に当たると規定されています。
 『卑わいな言動』という言葉は曖昧で幅広い行為に当てはめることが可能。
 匂いを嗅ぐ行為も含まれると警察は判断しているのでしょう。
 被害に困っている女性にとっては心強いですが、その一方で冤罪の危険性や別件逮捕に使われるリスクがあり、警察の権限が強くなりすぎる恐れもあります」(法曹関係者)

 通常の痴漢と比べれば罰則は軽微になる可能性が高いというが、それでも逮捕の事実は変わらない。
 ある弁護士は「痴漢を疑われたら走って逃げろ」とテレビ番組で発言していたが、これは「現行犯逮捕でなければ令状が必要になり、具体的な証拠や証言なしでは逮捕できない」という理屈だ。
 その場で逮捕されれば立場を覆すのは至難の業といえる。

 最近は痴漢冤罪を心配して「満員電車では両手を上げている」という男性もいるが、匂いを嗅いでいると疑われないためにはどうすればいいのか……。
 いずれにせよ、一部の不届き者のせいで男女双方の善良な人々が大迷惑を被っているといえるだろう。



 と言う事です😅

 ボクは痴漢の趣向は全くないので、この感覚は理解出来ません😓😓😓

 まぁ、ボクに限らず殆どの人がそう感じてるでしょう😣😣😣


 今回ボクが取り上げた理由は、お尻や胸を触るなどの実行行為がなくても、警察の法的解釈次第ではパクられる恐れがあるからです💨💨💨

 確かに、匂いを嗅ぐと言う行為も実行行為なのかもしれませんが、ただ単に息をしていただけとの線引きが難しいでしょう😅💦

 特に、痴漢事件のような被害女性の証言に依拠する場合は要注意です⚠⚠⚠

 女性側が『不快だ』と主張すれば、その一言でパクられる可能性があるのです❗

 勿論、全てそうなると言うワケではありません😓😓😓

 ただ、世の中には色々な人が存在するので、たまたま鼻息が荒かったのを髪の毛の匂いを故意に嗅がれたと勘違いする人が居るのも事実です😒😒😒

 そういう人に当たるととっても厄介です😡😡😡

 もう自分は間違ってないと頑として被害を主張しますから😒😒😒


 勿論、警察側もその辺は慎重に判断するのでしょうが(そうあってもらいたい)、その辺は臨場した警察官の胸三寸に委ねられるので怖いですよね(>_<)

 痴漢行為に該当する、『卑わいな言動』という言葉は曖昧で幅広い行為に当てはめることが可能なのだそうです💦💦💦

 そうすると、匂いを嗅ぐと言う行為を卑わいな言動に解釈すると言うのが今回の理屈なのです💨💨💨

 でもですよ、満員電車ではこちらが望んでいなくても、状況次第では髪の毛の匂いを嗅ぎたくなくても嗅いでしまいますよね⁉

 ボクもしょっちゅう電車に乗りますし、痴漢電車ナンバーワンと不名誉なあだ名を付けられている埼京線にも乗りますが、タイミングによってはとんでもない混みようです🈵🚻🚻

 
 ただ、これはボクの勝手な手法なのですが、普段電車移動の際はリュックが多いので、そのまま背負っていると邪魔になるため、車内の網棚に置きたいのです❗

 そこで、ボクは電車がホームに滑り込んだ時に瞬時に座席の前が空いているかを確認し、ドアが開いたら一目散にそこに進んでリュックを網棚に置きます📦📦📦

 だいたい混雑時は座れませんから、立つのは当然の事としても最悪リュックだけは網棚に置きたいんですよね😓😓😓

 それにボクのスマホは大きいので、両手を空けておきたいのもあるんです😵😵

 なので、電車内の奥に進むので、状況的に女性の髪の毛の匂いを嗅ぐ位置に居ないのです😄😄😄

 ですから、嗅ぎたくても嗅げません(笑)

 まっ、そんな趣味は全くないですけどね😆😆😆(笑)


 とにかくボクが驚いたのが、お尻や胸や脚等を触るという実行行為がなくても、場合によってはパクられてしまうと言う怖さです😫😫😫

 勿論、故意に匂いを嗅いでいる人はもっての外ですけどね😠😠😠

 そうじゃない人が殆どの中、本人はそんなつもりはなくても万が一でも勘違いされてはたまったモノではありません💨💨💨

 何度も何度も言ってますが、疑いを晴らすと言うのはとてもとても大変なのです😱😱😱
 
 例えるなら、砂漠の中でダイヤを見付けるようなものです🔶🔶🔶(笑)

 
 ただ、実際に触ったとかの行為がない以上、罰則自体は軽微なんですから、何がなんでもパクると言うのは止めて欲しいですね❗

 仮に冤罪の場合でも、パクられずにシャバで闘えるのは天国と地獄ほどの開きがありますから😣😣😣

 なので、エア痴漢で検挙したとしても、全員が全員パクって留置場に入れるような事は止めて、全て身柄を拘束しないで任意捜査にするべきです😃💡

 ただ、常習犯は懲罰の意味も込めてパクるべきで、ボクが言っているのは万が一エア痴漢で犯人と間違われた場合の話です💧💧💧


 ホント、エア痴漢でも万が一はパクられてしまうなんて、つくづく世知辛い世の中ですね😢😢

 今日はそんなお話でした✒☺

 皆さん、くれぐれも電車に乗る時は気を付けましょう⚠⚠⚠

 
 
『天災と冤罪は、不意打ちにやって来る』

 
 さて、明日も最近の話題をお話する予定です😆😆

 
 
 人気ブログランキングバナー


 


 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います)