日本初(?)有罪率99.9%の刑事裁判で〝二度も〟無罪判決を勝ち取った男のブログ!

過去、二度も刑事裁判の被告人として法廷に立たされるも、自力で反証、反駁をし二度も無罪判決を勝ち取る!そんな私が、あらゆる事を綴る!

やり過ぎな職務質問😠😠😠(見解編)



 こんにちは☀

 今日はいい天気で海日和ですね🌊
 
 なので、このblogを書いたらプールに行って日焼けしてきます☀😆☀


 さて、今日は今回のやり過ぎな職務質問について、Tさんの思いとボクの見解をお話します✒

 これまで3回に分けてその時の模様をお話しました💨💨💨

 最初は面倒臭いと思いながらも渋々応じ、何も法律に触れるような物は所持していなかったのですんなり終了しました🔚🔚🔚

 ところが、ここからが普通の職務質問とは一線を画していましたね💢💢💢

 何と喫煙所を出た所でもう一度声を掛けてきて、今度は警察署でオシッコを採らせて欲しいと言ってきたのです❗❗❗

 これにはTさんも到底納得が行かず徹底的に抗議、反論するも警察も一歩も引かないので、仕方なくパトカーに乗って池袋警察署に行くことに🚨🚨🚨

 そして、バタバタしたものの結局覚醒剤の陽性反応は出ずに上野までパトカーで送らせたのでした🚓🚓🚓

 この間に掛かった時間は何と4時間でした❗❗❗



 ボクはこの顛末を電話で聞いたのですが、堰を切ったようにTさんの話が止まらない止まらない😆😆😆(笑)
 
 それだけ憤懣やる方なかったのでしょう😡💢😡

 一通りの状況説明を聞いた後、ボクはこうTさんに訊いてみました👂😢💦


 『今回のやり過ぎな職務質問を受けての感想は⁉』

 『とにかく疲れた😣💦⤵何で俺だけなんだよという感じ。』


 更に、

 
 『今言いたい事があるとしたらどんな事ですか⁉』

 『特にないけど、強いて言うなら池袋は縁起が悪いから行きたくないな。』


 と言ってました💦💦💦

 これがTさんの率直な感想です😣😣😣

 ホント災難だったと思います😞😞😞


 一方で、今回の職務質問の正当性及び妥当性についてですが、どう見てもその域を逸脱していると言わざるを得ません❗❗❗

 まず、ボクがとても首を傾げたのが、一度一通りバンカケを終了したのに、もう一度声を掛けた点です💨💨💨

 通常は、もしオシッコを採らせて欲しいと言うのなら、最初のバンカケの時点で言います💧💧💧
 
 なのに、わざわざ解放してからまたしても声を掛けると言うしつこさ💢💢💢

 これは明らかに任意の域を逸脱しています❗

 例えば、元々Tさんを内偵していたと言うのならまだ分からなくもありません💦💦💦

 ところが、Tさんは内偵されていた訳でも何でもなく、たまたま中池袋公園の喫煙所でタバコを吸っていただけなのです😃🚬

 ですから、単なる喫煙者にそこまでしつこくする理由はないのです💨💨💨


 しかしながら、すっぽんのようにしつこくされてしまったのは、恐らく不運にもTさんの容姿に理由があったのだと思います😃💡

 思います、と言いましたが間違いなくそうです😆😆(笑)

 Tさんは年齢の割には細く、肌が浅黒くて頬がこけているのです😃😃😃

 加えてとても汗かきなのです😵💦

 これは覚醒剤の影響だからではなく、Tさんの体質そのものなのです💦💦💦

 しかし、とても皮肉な事に前述の身体的特徴は、覚醒剤常習者の特徴にピタリと当てはまるのです💡💡💡

 そうすると、バンカケする側からすれば、“明らかにシャブ中だろう”と疑念が深まるばかりだったのです😒😒😒

 確かに、Tさんは覚醒剤経験者でした💧💧💧

 でもそれは、1999年にやったのが最後でかれこれ17年も前なのです😣😣😣

 それも、一時的にやっただけで常習していたわけではなかったそうです💨💨💨

 ですから、当時の覚醒剤の影響が残っているとは考えられないのです😵😵😵

 しかし、元々のTさんの風貌が災いして、今回のようになってしまったのです😡😡😡


 警察側とすれば、所持品検査では何も出てこなかったけど、間違いなくやってるだろうから尿検査しよう、となったのです💡💡💡

 では、2回目のバンカケでのオシッコの検査を拒否出来たのか⁉

 これは厳しいと言わざるを得ません❗❗❗

 確かに、バンカケの法的根拠である、警察官職務執行法、略して警職法には“任意”となっていますが、事実上は任意と言う名の強制なのが現実です💢💢💢

 ホント、理不尽、不条理、不合理、不平等なのですが悲しいかなこれが現実なのです😠😠😠
 

 改めて、警察官職務執行法を抜粋します📝✒


(質問)
 
 第二条  警察官は、異常な挙動その他周囲の事情から合理的に判断して何らかの犯罪を犯し、若しくは犯そうとしていると疑うに足りる相当な理由のある者又は既に行われた犯罪について、若しくは犯罪が行われようとしていることについて知つていると認められる者を停止させて質問することができる。

 2  その場で前項の質問をすることが本人に対して不利であり、又は交通の妨害になると認められる場合においては、質問するため、その者に附近の警察署、派出所又は駐在所に同行することを求めることができる。

 3  前二項に規定する者は、刑事訴訟に関する法律の規定によらない限り、身柄を拘束され、又はその意に反して警察署、派出所若しくは駐在所に連行され、若しくは答弁を強要されることはない。

 4  警察官は、刑事訴訟に関する法律により逮捕されている者については、その身体について凶器を所持しているかどうかを調べることができる。


 
 3項に記載されている、

 前二項に規定する者は、刑事訴訟に関する法律の規定によらない限り、身柄を拘束され、又はその意に反して警察署、派出所若しくは駐在所に連行され、若しくは答弁を強要されることはない。

 と言うのが正しく任意である根拠なのです💦💦💦

 刑事訴訟に関する法律の規定によらない限りとは、令状等の強制力を意味しています✨

 要するに、捜索差押え令状や逮捕状の事です💡💡

 それがない場合は、本人の意思に反して警察署に行く必要もなければ答弁を強要されることはない、と言っているのです💧💧💧

 ですから、Tさんの場合もこの条文に当てはまるので、警職法第2条3項を根拠に断る事は“法律上”は出来るのです❗

 しかしながら、警察官としてもその旨反論されたからと言って、『はい。確かにその通りですね。じゃあ大丈夫です。』とはならないのです😒😒😒

 これが、ボクが何度も何度も言っている、“法律上と事実上の乖離”です💨💨💨


 時には、理論武装して徹底的に言い争えば警察としても“こいつ面倒臭そうな奴だな”と引いてくれる場合もありますが、大概は中途半端に法律を持ち出すと“何か疚しい事があるからだ”と火に油を注ぐ事になります(笑)

 そこは難しい所ですね😞😞😞

 警察も、反論する奴ほど何かがある、と思ってますからね😒😒😒

 
 では、今回Tさんはどうすれば良かったのかと言うと、ボクは単純に2回目に声を掛けられたら一切応じずに駅に向かって歩き、そのまま電車に乗っちゃえば良かったと思います🚃💨
 
 当然警察官は追い掛けて来ますが、パトカーを置きっぱなしにしてTさんと一緒に電車には乗れませんからね💦💦💦

 また、任意なので無理矢理身体に触れたり押さえつける事は出来ませんからね💨💨💨

 なのでそこを利用して、ぐいぐい駅まで歩いちゃえば良かったのかも知れません😆😆😆

 とまあ、当事者じゃないからこそこうして言えるのですが😣😣😣

 ただ、この作戦はアリだとは思います👍👍👍


 一方で、今回のバンカケは誰が見てもやり過ぎですよね😡😡😡😡

 1度だけならまだしも2度もバンカケして、無理矢理警察署に行ってオシッコの検査をさせるのは、任意を到底逸脱しています😒😒😒

 しかも、何だかんだと4時間も身柄を拘束したのは任意とは言えませんよね😓😓😓

 Tさんが望んだのならまだしも、一切望んでいないんですからね💨💨💨
 
 また、コンビニにタバコを買いに行った時の金魚の糞には笑いましたね😁😁😁

 たった一人の人間がタバコを買いに行くだけだと言うのに、大の大人がゾロゾロとついて来るんですからね😅😅😅

 でも、最終的には池袋署のデカ達にため息をつかせてしてやったりでした❗❗❗

 ホントざまぁみろですね😊😊😊


 皆さんも、いつどこでバンカケに遭うか分かりません😣😣😣

 “バンカケと天災は不意打ちにやってくる”

 こう覚えましょう(笑)

 ですので、その時の気分でどうしても応じたくなければ徹底抗戦して拒否すればいいし、面倒臭いからと応じるのもアリです😆😆😆

 警察は、こっちが根負けするのを待ってるんですから💦💦💦

 一応、今回触れた警職法は頭に入れておくと良いかも知れませんね👍👍👍

 『警職法第2条3項を根拠に拒否します❗』

 と言っても良いかも知れませんね😊😊😊

 
 さて、来週は最近の話題をお話する予定です✒

 それでは、梅雨明けした週末を楽しくお過ごし下さい😄😄😄

 

 人気ブログランキングバナー


 


 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います)