日本初(?)有罪率99.9%の刑事裁判で〝二度も〟無罪判決を勝ち取った男のブログ!

過去、二度も刑事裁判の被告人として法廷に立たされるも、自力で反証、反駁をし二度も無罪判決を勝ち取る!そんな私が、あらゆる事を綴る!

毎度の議論💦💦



 こんにちは☀

 今日は清々しい天気ですね😆😆

 
 さて、今日は当初の予定を変更してお話します✒

 先日発生した凄惨なストーカー事件についてです😭😭

 まずはこちらをご覧下さい👀


 警視庁、ストーカー相談として受理せず アイドル刺傷


 アイドル活動をしていた東京都武蔵野市の大学生冨田真由さん(20)がファンの男に襲われた事件で、事前に冨田さんから相談を受けた警視庁武蔵野署が「ストーカー相談」として受理せず、「一般相談」として扱っていたことが分かった。冨田さんは、男からのツイッターでの執拗(しつよう)な書き込みを訴えていたが、こうした行為は内容によってはストーカー規制法の規制の対象外となる。
 
 冨田さんを刃物で襲ったとして殺人未遂容疑などで逮捕、送検されたのは京都市右京区太秦中筋町の会社員岩埼(いわざき)友宏容疑者(27)。
 
 捜査関係者によると、冨田さんは事件12日前の5月9日に武蔵野署を訪れ、岩埼容疑者の名前を挙げて「ツイッターで執拗な書き込みがされている」と相談。
 書き込み内容を印刷した紙を署の担当者に渡し、「友達にまで迷惑をかけているから、やめさせてほしい」と訴えた。
 署では3人が対応し、書き込み内容を確認した上で「一般相談」と判断したという。
 ストーカー規制法では、電話やメールを執拗に繰り返す行為を「つきまとい等」として規制しているが、ツイッターなどSNSを使った同様の行為は対象としていない。
 ストーカー行為の規制のあり方を検討した警察庁の有識者会議は2014年8月、SNSによってしつこくメッセージを送る行為も規制対象に加えるよう提言。同庁は国会議員と協議しながら検討しているが、法改正には至っていない。
 
 今回、岩埼容疑者が送ったとみられるツイッターの書き込みは、冨田さんのツイッターに直接送るものだった。
 送信は1月18日に始まり、冨田さんが送信を受け付けない「ブロック」を設定する4月28日まで、101日間で計340件に上っていた。
 岩埼容疑者は、冨田さんへのファンレターで自分の名前や住所を伝えており、冨田さんは署への相談でその住所も伝えたが、署は電話での連絡ができなかったため接触していなかったという。

 ■署から対策本部への報告なし
 
 ストーカー対策をめぐっては、2013年10月に東京都三鷹市の女子高校生が元交際相手に殺害された事件で、事前にストーカー行為の相談があったのに防げなかったことから、警視庁が新たな取り組みをまとめ、現在の「人身安全関連事案総合対策本部」となる部署も新設した。
 三鷹市の事件では、危害を加えるとの言動が事前に把握されておらず、危険が切迫しているという判断をしていなかった。
 このことを教訓に、警視庁は、警察署がストーカー相談を受けた場合、新設された対策本部の専門チームに報告し、そこで事態の危険性や切迫性を評価することにした。
 
 しかし今回は、女性の訴えを受けた武蔵野署が「ストーカー相談」として扱っていなかったため、署から対策本部への報告はなかったという。
 ある捜査幹部は「憧れるアイドルに近づきたいというファン心理と、ストーカーの心理との線引きは難しく、一般人同士の関係性と比べて判断しにくいケースもある」と話す。
 武蔵野署に相談する前の5月4日には、冨田さんの母親が、岩埼友宏容疑者の自宅を管轄する京都府警右京署に「嫌がらせを受けている場合、どう対処すべきでしょうか」と電話で相談。
 右京署員は岩埼容疑者の名前や詳しい住所を確認せず、冨田さんの自宅近くの警察署に相談するよう伝えたという。
 
 警視庁は今回の対応について、相談内容が岩埼容疑者によるツイッターの書き込みをやめるよう求めるものだったことなどから、「ただちに相談者の身に危険が及ぶ可能性は低いと判断した」と説明。
 今後、今回の対応が適切だったかどうかを検証するという。



 それから朝日新聞の社説です📰📰📰


 (社説)ストーカー 警察相談なぜ生かせぬ

 
 特定の相手につきまとうストーカーによる悲劇が、また起きた。警察への事前の相談が今回も生かされなかった。
 東京都小金井市で冨田真由さん(20)が、自らの公演に向かう途中に襲われて1週間たつ。次第に判明した事実は、警察の対応のまずさを示している。
 
 事件の2週間前に武蔵野市の警察署へ相談に行き、容疑者の男の名前や住所、ツイッターへの執拗(しつよう)な書き込みを訴え、2日前に公演の情報も告げていた。
 にもかかわらず警視庁はストーカー事案とみていなかった。
 一般的な相談として扱い、公演の場所も緊急対応用システムに入力していなかった。
 おそらくはそうとも知らず、事件時に110番をかけて助けを求めた冨田さんの無念さは、いかばかりか。
 いまも意識不明のままであり、快復を祈らずにいられない。
 
 3年前、女子高生が刺殺された三鷹ストーカー事件で、当時の警視総監はこう謝った。「警視庁を頼って相談に来られた方の尊い命を救うことができなかったことは痛恨の極みです」
 この時も、事前の相談を犯行の防止につなげられなかった。警視庁の責任は重い。
 全国の警察に寄せられるストーカー相談は、昨年で約2万2千件にのぼる。
 三鷹事件後、ストーカー相談はすべて、各都道府県警本部の専門チームに上げるように警察庁は仕組みを改めた。
 チェック票で危険性を判断し、加害者が過去に似た行為をしていないか確認するよう全国に通知した。
 
 しかし今回のように、警察の判断で入り口から違う扱いのレールに乗せられてしまえば、対応の改善策も意味がない。
 警視庁は3年前、別の女性からも同じ男についての相談を受けていたが、男の氏名を情報共有システムに記録するのを忘れていた。
 冨田さんの相談を受けた署は、ツイッターの内容から、ただちに身に危険が及ぶ可能性は低いと判断したという。
 男のものとみられるブログに「死ね死ね」などの書き込みがあることは事件後まで気づかなかった。
 「この種の事案は急展開して重大事件に発展するおそれが高く、相談者の身体に危険が迫っているおそれがあることを常に念頭に置く必要がある」。3年前の警視総監の言葉を、警察はもう一度かみしめてほしい。
 ツイッターやLINEなど、つきまといの手段は多様化しており、効果的な対応が必要だ。 警察は一連の対応を検証し、問題点を真剣に洗い出すべきだ。



 と言うことで、警察の対応のまずさが浮き彫りとなりました💨💨

 確かに、今回の警視庁の対応は間違っていたと思いますし、つくづく肝心な時に役に立たないなと思いました😒😒😒

 事件発生現場に向かわずに、自宅に向かっちゃったと言うんですからね😓😓😓

 
 そして、今回のような事件がある度に毎回起こるのが、“事件は防げなかったのか⁉”と言う議論です💧💧💧

 ボクが思うに、まず防げなかったでしょうね💨💨💨

 何故なら、犯行を実行する人間は、どんなに対策を施していてもそれを上回るからです❗

 ですから、仮に警察が何らかの対策を施していても、その間隙を縫って犯行を実行していたでしょうね😓😓

 いくらストーカーから執拗に追われていると言っても、残念ながら警察は24時間警備をしてくれるわけではありません💦💦💦

 一人の人間の為に、警察官を何人も派遣出来ません😢😢😢

 それに、極論ですが大臣以上の人間でない限り、24時間SPに警備されることは不可能です😣😣😣

 SPがずっとくっついていれば、今回の犯行は確実に防げたでしょうね💧💧💧

 岩崎容疑者が襲ってきても、SPが返り討ちにしてくれたからです😄😄

 しかしながら、一般人にそこまで国が動いてくれる事はありません😅💦💦

 悲しいかなこれが現実です😭😭😭


 勿論、今後の対策と言う意味では議論は必要です❗

 しかしながら、歴史は繰り返すではないですが、毎回毎回同じような事件が起きてると思うんです😣😣😣

 その度に、過去の教訓を活かせなかった、とか何とか言って、その時だけは議論は盛り上がり、後は潮が引いていくようにすーっと忘却の彼方へ💦💦💦

 そんな気がしてならないのです😡😡😡

 皆さんもそう思いませんか⁉


 ですので、いい加減警察はもっともっとストーカー事案に敏感になり、迅速に対応して欲しいですね😡😡😡

 敏感になって何らかの対策を施しておいて、何も起きなければそれに越した事はないのです💨💨

 確かに、記事にもある通りストーカーかどうかの線引きは難しい部分もあるでしょう😅

 でも、わざわざ警察署まで相談に来る時点で、かなり逼迫してる状況に間違いはないんですから、杓子定規に全ての事案を振り分けるのではなく、内容によっては直ぐに動かなければ未然に防ぐことは不可能でしょう😢😢😢

 当然ながら、今回の被害者に一ミリの落ち度はありません😓😓

 悪いのは、身勝手な妄想に取り憑かれた岩崎容疑者です😡😡😡

 こういうバカは、ホント厳罰に処して欲しいですね❗❗❗

 一生シャバに戻らないようにして欲しいと思います😡😡😡
 
 
 そう言えば、岩崎容疑者が犯行当日に東京に向かい自宅近くを歩いている姿が、近くの防犯カメラに写っている様子が公開されてましたね😅😅😅

 その日の夕方に被害者をメッタ刺しにする訳ですが、それはそれは恐ろしいですよね😒😒😒

 これから人を刺しに行く姿ですよ💨💨💨

 一体どんな決意で新幹線に乗ったのでしょうかね⁉

 わざわざ京都から武蔵小金井まで新幹線や在来線を使って出向く執念💧💧💧

 つくづく〇チガイと言わざるを得ません😒😒😒

 遅かれ早かれ、東京地裁立川支部で裁判員裁判が開かれるので、タイミングが合えば傍聴に行こうかなと思っています😄😄


 ところで、現時点でも被害に遭った冨田さんは意識不明のまま生死をさ迷っています😭😭😭

 何とか帰って来てもらうことを願わずにはいられません🙏🙏🙏

 一秒でも早く意識が回復してくれる事を祈念しています😣😣😣

 とにかく、このような事件が2度と起きないように、もっと警察はしっかりとやって欲しいですね❗❗❗


 さて、明日は話題のドラマについてお話する予定です✒

 


 人気ブログランキングバナー


 


 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います)