日本初(?)有罪率99.9%の刑事裁判で〝二度も〟無罪判決を勝ち取った男のブログ!

過去、二度も刑事裁判の被告人として法廷に立たされるも、自力で反証、反駁をし二度も無罪判決を勝ち取る!そんな私が、あらゆる事を綴る!

泳がせ捜査⁉



 こんにちは✨😃❗

 今日も清々しい天気ですね☀

 今週最後の更新になりますので、どうぞ宜しくお願いします😭✨


 さて、今日はボクが愛読している朝日新聞デジタルより、気になった事件があったので紹介したいと思います📰📰📰

 まずはこちらをご覧下さい👀


 大阪府警の協力者が銃保管 「泳がせ捜査で無罪」と主張


 拳銃と実弾を隠し持ったとして奈良県警に逮捕され、銃刀法違反(加重所持)の罪に問われた被告の男が、大阪府警の「泳がせ捜査」に協力していたので無罪だと主張する裁判の判決が5月9日、奈良地裁葛城支部である。
 府警は被告を捜査協力者と認めたが、泳がせ捜査は否定。
 検察側も「あり得ない話」として懲役7年を求刑している。
 
 男は無職の中西知已(ともみ)被告(54)。
 論告によると2014年5月、大阪市浪速区の当時の自宅に拳銃3丁と、適合する実弾45発を所持していたとされる。
 奈良県警が家宅捜索で階段下から発見。現行犯逮捕した。
 被告は法廷で、流通ルート解明のため、大阪府警の泳がせ捜査に協力していたと主張。
 「他府県警に捕まれば黙秘し、調書も取らせないと約束していた」と述べ、拳銃と実弾は府警の承認のもと買い手から預かっていたと訴える。
 公判では被告宅の捜索の際、奈良県警の警官が「大阪府警に助けてもらえ」と同僚が発言したと認め、被告も「首が飛ぶぞ」と言い返した状況が明らかになった。
 
 一体どういうことなのか。
 被告人質問での供述などによると、中西被告は14年2月、大阪市中央区のホテルでの拳銃取引を仲介し、売人グループが持参した拳銃と実弾を本物と確認し、代金215万円を支払った。
 その後、近くに止めた車で待っていた買い手に拳銃と実弾を渡した。
 4日後、買い手から「預け先が急にリフォーム工事に入った」と頼まれ、拳銃と実弾を預かった。
 翌日、捜査で協力していた大阪府警捜査4課の警部に保管のことを報告し、その後に「課長の承認が出た」と告げられたと主張する。
 府警側は公判で、警部が12年10月に同僚警視の紹介で被告と知り合い、捜査4課が14年4月までに、複数回に分けて計約130万円の捜査協力費を払ったことを認めた。
 暴力団関連の情報提供への謝礼という。
 
 警部は公判で、被告から連絡を受け、拳銃の取引があったホテルに行った点は認めたが、「実際に取引があるという具体的な情報ではなかった」と反論。
 翌日以降も取引のことは話題に上らず、拳銃類の保管も知らなかったと泳がせ捜査を否定する。
 検察側はさらに、被告が一連の拳銃売買を「やりすぎた」と供述するなど、違法性を明確に認識していたと強調する。

 ■「警部は好きだが、頑張りすぎた」
 勾留中の中西被告は昨年7月と今年4、5月、朝日新聞の記者と面会した。
 主なやり取りは以下の通り。

 ――警部との関係は
 暴力団や半グレなどの最前線の情報を収集し、ほぼ毎日連絡していた。謝礼は受け取っていなかったが、途中から月10万円を渡されるようになった。警部と私は兄貴と弟分のような関係。靖国神社のストラップを「兄弟分の印だ」と言われてもらったこともある。

 ――なぜ拳銃取引の仲介を
 私は拳銃の知識が豊富なので、本物か確かめるために立ち会うことが多い。今回もそうだ。事前に警部に目利きすることを伝え、「現場では逮捕しない」と了承してもらっていた。

 ――自宅保管は伝えたか
 2014年2月に預かり、翌日に警部に報告した。公判で検察側は否定しているが、私は携帯で拳銃を撮影し、翌月に印刷した紙を渡した。捜査協力者を使った泳がせ捜査で、違法という認識はなかった。

 ――今はどう思うのか
 警部のことは人として好きだが、頑張りすぎたと思っている。ここまでやらんでもよかったかなと。
 
 《泳がせ捜査》
 
 拳銃や違法薬物の取引情報を得てもすぐ逮捕せず、流通経路を割り出して密売組織を摘発する「コントロールド・デリバリー」と言われる捜査手法。
 麻薬特例法では、税関で違法薬物を押収せず国内で流通した時点で逮捕する捜査を認めている。
 銃刀法では「短銃と認識しているもの」を受け取った場合も処罰の対象で、捜査当局が偽の銃とすり替えて流通させ、買い手に渡った時点で逮捕する捜査は認めているが、本物を泳がせることの適否は明文化されておらず、違法との見方が一般的だ。
 さらに同法は、警察官が都道府県公安委員会の許可を受けて銃を譲り受けることは認めているが、捜査協力者への譲渡規定はなく、これも違法の疑いが強いとされる。



 と言う異色の事件でした💧💧💧

 同じ刑事裁判でもまず滅多に出ない種類ですね💦💦💦

 少し前の記事で、違法おとり捜査の再審開始についてお話しました✒

 何だかその事件に似ているような似ていないような😓😓😓


 ボクがこの事件を知って率直に感じたのは、この被告の言い分はホントなんだろうなという事です✨✨✨

 そうでなければ、ここまで具体的かつ詳細に話せないと思うんですよね💨💨💨

 罪を免れたいが為の創作、すなわち作り話だとしたらここまで具体的な話は出来ないと思うのです💧💧💧

 勿の論、世の中には沢山のペテン師が居ますから、あ~でもないこ~でもないと、次から次へ源泉から湧き出る温泉のように作り話が出来る人も居るでしょう😓😓😓(笑)

 だとしても、この被告の話は非常に具体的で迫真性に富んでるんですよね😄😄


 そうでなければ、警部が公判で証言したりしないんですよね😒😒😒

 全くのデタラメなら、警部自身もこの被告と会った事さえ否定するでしょう💨💨💨

 あるいは、“そんな人間なんて知らない”と証言するかも知れません😓😓😓

 と言うことは、どこまで親密だったかはさておき、少なくとも捜査協力者として関係があったことは間違いないのです💦💦💦

 その証拠が、

 府警側は公判で、警部が12年10月に同僚警視の紹介で被告と知り合い、捜査4課が14年4月までに、複数回に分けて計約130万円の捜査協力費を払ったことを認めた。

 と言う部分です💡💡💡

 それにしても、複数回に分けてでも約130万円の捜査協力費を払ったってスゴくないですか⁉

 その情報がホントかどうかも分からないのに、良くもそれだけの大金を支払ったなと思わずにはいられません😒😒😒

 大金の出所は、何より我々の税金ですからね😡😡😡

 この警部のポケットマネーではないですからね💦💦💦

 ましてや、靖国神社のストラップを「兄弟分の印だ」と言ってもらったと言うんですからね😂😂😂

 そう考えると、大阪府警とこの被告は蜜月だったことは間違いありません😄😄😄


 一方で、何でこの事件を奈良県警がパクったのかが今一良く分かりません💧💧💧

 ましてや、奈良県警の警察官が『大阪府警に助けてもらえ』と言ったということは、この関係性を知っていたと言うことになります💨💨💨

 なのに、何で殊更パクったのかが不思議なんですよね😓😓😓

 また、奈良県警がどうしてこの被告が拳銃を所持していた事を知っていたのかも気になります💧💧💧

 と言うように、今回の事件は謎だらけなのです😔😔😔

 特に、今回のような拳銃の事案はそう簡単にパクれる訳ではありません😒😒😒

 毎日のように起こる万引き事件とは次元が違いますからね💨💨💨
 
 
 ボクが思うに、大阪府警は保身に走っただけだと思います😣😣😣
 
 何故なら、泳がせ捜査をしていたことを認めたら、かなり問題になるからです💦💦💦

 記事にもある通り、捜査の途中で偽物の銃にすり替えるならまだしも、今回は本物なので明文化はされていなくても、流石にそれはまずいと言う考えに至るのは理解できます😃💡

 果たして、今回の判決はどうなったのか⁉

 この続きは来週お話する予定です✒


 それでは、皆さん良い週末をお過ごし下さいね😉✨

 来週お会いしましょう😊😊😊
 

 
 人気ブログランキングバナー


 


 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います)