日本初(?)有罪率99.9%の刑事裁判で〝二度も〟無罪判決を勝ち取った男のブログ!

過去、二度も刑事裁判の被告人として法廷に立たされるも、自力で反証、反駁をし二度も無罪判決を勝ち取る!そんな私が、あらゆる事を綴る!

第1話を鑑賞して👀👀👀



 こんにちは☀

 今日も長閑な天気ですね😄😄

 昨日は、更新できなくてスミマセンでした🙏💦💦

 一昨日珍しく酔っ払っちゃって、すこぶる二日酔いでした🍺😵🌀(笑)

 今日は完全に復活したので大丈夫です👍👍


 さて、今日は話題の新ドラマについてお話します✒

 先日の日曜日から始まった注目のドラマ『99.9』✨✨✨

 皆さんはご覧になりましたか⁉

 ボクもようやく昨日二日酔いの中ラストまで鑑賞しました👀👀

 まずは、どんな内容だったのかオサライしましょう📝👓


 〈第1話〉


 深山大翔 (松本潤) は、お金にならない刑事事件ばかりを引き受ける貧乏弁護士。
 ある日、何度も無罪を勝ち取っている実績を買われ、日本4大法律事務所の1つ、斑目法律事務所の所長・斑目春彦 (岸部一徳) からヘッドハンティングされる。

 社会貢献の名目で新設された斑目法律事務所の刑事事件専門チームにパラリーガルの 明石達也 (片桐仁) とともに移籍した深山であったが、バディを組むはずの室長・佐田篤弘 (香川照之) は、大企業の顧問弁護士を務め巨額の利益をもたらしてきた民事のトッププレーヤー。
 斑目から1年後のマネージングパートナー昇格を条件に出され、渋々異動を了承したものの、金にならない刑事事件には全く興味がない様子だ。
 さらにチームのもう一人の弁護士である 立花彩乃 (榮倉奈々) も、斑目の命により、これまでの業務とは全く畑違いの刑事事件ルームに嫌々入ることになってしまった弁護士だった。

 そんなチームのもとへ殺人事件の弁護依頼が舞い込む。
 依頼人の赤木義男は運送業の経営者で、流通業界の風雲児としてメディアを賑わせたネットショップ社長が殺害された事件の殺人容疑として逮捕されたが、本人は酒に酔っていて事件当日の記憶がなく、事件の関与を否定。無実を訴えている。

 しかし、検察庁の調べによると、指紋のついた凶器や防犯カメラの映像などの物的証拠に加え、容疑者の赤木は被害者から仕事の契約を一方的に打ち切られており動機も充分。
 まさに赤木が犯人である条件が揃っていた。

 検察は有罪確実な案件しか起訴しないから日本の刑事事件は起訴されると 99.9% 有罪になる。
 検事出身の佐田は、容疑者に罪を認めさせ反省を示した上で情状酌量を探る道を探すのが弁護士の仕事だと深山に促す。
 だが、深山は 「肝心なのは調書より事実。99.9% 有罪が確定していても、0.1% に事実が隠されているかもしれない」 と諦めない。

 そして、事件の状況を丁寧に検証する深山の頭には、ある可能性が浮かんでくる。
 その可能性を探るためには、佐田の力が必要になるが…。
果たして、深山たちは事件の真相を明らかにすることができるのか?



 と言う事件でした😄😄

 のっけから検証実験をやって、見事に無罪を勝ち取る敏腕弁護士の深山先生😉😉

 検証実験に体を張った、パラリーガルって言葉をボクは何気に初めて聞いたので調べてみました🔍👓

 パラリーガル(=リーガルアシスタント)とは、弁護士の監督の下で、法律知識を駆使して、実質的な法務業務を行う人のことです。
 弁護士と異なる点は、特別な資格を必要としないため、法律に関する判断を行って、顧客に直接法的なアドバイスをすることはできない、というところにあります。


 だそうで、要するに弁護士の助手ですね😆😆

 助手が居るのは知ってましたが、それをパラリーガルって呼ぶのは今回のドラマで知りました📝✒

 ホント、勉強になりますね😄😄😄


 その後、超大手の斑目法律事務所にヘッドハンティングされるわけですが、まぁそのオフィスがオサレだこと❗❗❗(笑)

 あんな高層ビルの景色が良いところで弁護士事務所を開業するなんて羨ましいですね😁😁😁

 仮に、現実にそういう事務所があるのなら、そこは相当儲かっていると言うことですね💴

 なので、そこはドラマのファンタジーな部分でもあるのでしょう💦💦💦

 大体の弁護士事務所は、駅前の雑居ビルに入っていて、オサレ感は皆無ですからね😁😁


 
 そして、事件が発生して早速容疑者に面会に行くのですが、この時も深山先生らしい面会で印象に残りました😄😄😄

 それは、相手の事を知ろうと長い時間掛けて質問していたからです✨✨

 これは、面会室のアクリル番の“向こう側”に行った経験がある人にしか分からないと思いますが、弁護士の面会時間が長ければ長いほど、中に入っている人は安心するのです❗❗❗

 何故なら、パクられると弁護士だけが頼りだからです😅😅😅

 特に、やってませんと否認していると、自動的に接見禁止が付くので、面会出来るのが弁護士しか居ないからです💨💨💨

 ですから、弁護士とたくさん話をしたくなるのです😣😣😣

 そんな中、深山先生のようにグイグイ質問してくれるのは、中に入っている人にとっては大変な勇気になるのです⤴⤴⤴

 この感覚は、パクられて弁護士との面会を経験した人なら確実に分かると思います😉😉

 因みに、ボクの弁護士は自分の言いたい事だけ言ったら“じゃ、そういうことで。”と言ってそそくさと帰って行きましたからね😒😒😒😒

 全く心許なかったですよ😭😭😭


 
 その後、犯行現場の防犯カメラの再現実験をするのですが、ここはドラマしかあり得ないシチュエーションでした💦💦💦

 と言うのも、パクられて直ぐに検察が持ってる証拠を見れるはずがないからです💨💨💨

 あくまでも、証拠開示は起訴されてからになるので、容疑者の段階で防犯カメラの、それも静止画ではなく動画を入手することはいくら弁護士でも不可能でしょう😓😓😓

 それに、防犯カメラの動画が証拠開示されるのも、ボクはあんまり見たことはありませんね😅😅

 ボクの時も防犯カメラの画像が証拠開示されましたが、動画を切り取った静止画の画像が何パターンか出て来た位でしたから💧💧💧

 尤も、殺人事件のような大きな事件なら別なのかも知れませんが💦💦💦

 従って、この防犯カメラの動画を見れるのは、ドラマならではだなと言う印象ですね😄😄
 

 
 そして、刑事事件ルームの室長である元検事の佐田先生と弁護方針を巡って議論になりました❗

 この時のやり取りが印象的だったので引用しますね✒


 佐田

 『日本の刑事事件が、起訴されたら99.9%は有罪になるって事は知ってるよな⁉それは検察が有罪確実な案件だけを起訴するからだ。裁判官もそれが分かっているから検察調書を何より信頼する。一旦起訴されたらな、裁判ってのは、事実よりも、検察の描いたストーリー通りに進む。だから諦めろ。』

 深山

 『99.9%有罪だとしても、そこに事実があるとは限らない。0.1%に、事実が隠されているかも知れない。』

 

 ボクは佐田先生の台詞を聞いた時、これはメッセージなんだなと感じました😆😆😆

 そのメッセージの意味とは、刑事裁判を全く知らない人に、刑事裁判の現実を知ってもらう意図があるのだなと言うことです✨✨✨

 恐らく、ボクのblogを読んでくれている人ならそんな事はとっくに知っていると思いますが、刑事裁判を全く知らない人にとっては“えっ👀⁉そうなんだ❗”って言う新事実なのです💨💨💨

 だって、刑事裁判なんて興味ない人には全く知らない分野ですからね😥😥😥(笑)

 起訴って何⁉、って感じの人も多いかと思います😣😣

 でもこればかりは仕方がないんですよね💧💧

 視聴者も、ボクのように刑事裁判に興味がある人よりも、嵐のマツジュンを観たい人の方が多いでしょうからね😁😁😁

 こうして、随所に刑事裁判を全く知らない人に向けて、刑事裁判の現実を知ってもらおうと言う意図が垣間見えます😆😆😆

 大変素晴らしいと思います❗


 その後、目撃証人の証言の矛盾を突いて真実を暴いて行くわけですが、これこそが刑事裁判の醍醐味ですよね😄😄

 最初は自信満々だった証人が、弁護側の舌鋒鋭い尋問に耐えきれなくなり、嘘の証言をしていた事を認めてしまう💨💨💨

 深山先生の尋問の方法は実にアッパレでした😃💦

 最初に言質を取っておいてから、それを崩す証拠を突き付けて“あれ⁉さっき○○って言いましたよね⁉”と追い詰めて行くのは見ていて非常に気持ちいいですね😆😆😆

 何故なら、ボクの控訴審でも全く同じ状況だったからです⤴⤴⤴

 この時は弁護士が全く使い物にならなくて、小川正持裁判長(当時)がこれでもかと言う位証人を追い詰めて、最終的に嘘の証言をしていた事を認めさせ、そこからボクの逆転劇が始まったのです❗❗

 何だか、その時の光景とリンクしましたね✨✨✨

 とても痛快でした😄😄😄

 検察が負けてざまぁみろでした(笑)


 こうして、無事に冤罪を晴らすことが出来ました😊😊😊

 第1話の感想としては、一言で非常に面白かったですね😆😆

 特に、深山先生の耳に手を当てるポーズは独特の雰囲気があって良いですね❗

 また、これはおかしいと思ったら納得が行くまで検証する強い信念も見所ですね⤴⤴

 一見すると、飄々としているからこそのギャップがまた良いんですね👍👍👍

 また、方向性の違う佐田先生との絡みも非常に面白いなと思いました😄😄

 今後もこのドラマから目が離せませんね❗

 皆さん、今週もきちんと観ましょうね👀👀


 さて、明日は最近の気になった事件をお話する予定です✒✨😄
 

 
 人気ブログランキングバナー


 


 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います)