日本初(?)有罪率99.9%の刑事裁判で〝二度も〟無罪判決を勝ち取った男のブログ!

過去、二度も刑事裁判の被告人として法廷に立たされるも、自力で反証、反駁をし二度も無罪判決を勝ち取る!そんな私が、あらゆる事を綴る!

注目の新ドラマ始まる✨🆕✨



 こんにちは(´∀`)ノ

 今日は春の陽気でキモティですね😋☀


 本来なら、本日はblogは定休日なのですが、今週の木曜日に書けなかった分のスライドです😆😆

 どうしても、今週中に書きたい内容があったのです😄😄😄

 なので、どうかお付き合い下さい❗


 さて、ここ最近TBSもしくは関東以外の方はTBS系列の番組を観ていると、番宣のCMで『99.9』というドラマを良く見掛けると思います📺📺📺❇

 そうなんです❗

 何と、明日17日の日曜日21時から、TBSで刑事専門弁護士のドラマがスタートするのです❗
 
 そのタイトルが何と『99.9』と言う名前で、おもいっきりボクのblogのタイトルと被っています😆😆(笑)

 
 新ドラマ『99.9』(※リンク)


 参考までにリンクを貼ったので、どんなドラマなのか飛んでみて下さい✨✨


 では、実際にどんなにかドラマなのかを公式サイトから引用したいと思います❗

 
 〈はじめに〉

 
 TBS では4月期の日曜劇場 (毎週日曜よる9時~) で、個性的な刑事専門弁護士たちが、ぶつかり合いながらも、逆転不可能と思われる刑事事件に挑んでいく、新感覚の痛快リーガル・エンターテイメント 『 99.9-刑事専門弁護士-』 を放送することが決定した。

 刑事専門弁護士に特化したドラマは、連続ドラマ史上初。
 タイトルの数字は、日本の刑事事件における裁判有罪率 (起訴された際に、裁判で有罪になる確率) を示している。
 その確率は 99.9% とも言われ、世界一の有罪率を誇っており、日本の司法制度の高い信頼性の証明とも言えるだろう。

 だが、そこには大きな落とし穴が隠されている。
 一旦起訴されると、検察の考えたストーリーが正しいと鵜呑みにされがちなのだ。
 さらに、刑事事件を専門に扱う弁護士の数も極端に少ないため、丁寧に検証することは極めて困難となってしまう。
 だが、たとえ 99.9% 有罪が確定している事件でも、残り 0.1% が確定しない限り、それは本当の意味で “事実” に辿り付いたことにはならない。
 このドラマでは、最後の 0.1% まであきらめず、事実を追い求めていく姿を描いた物語である。

 今回、日曜劇場初主演となる 松本潤 は、2009年4月期に放送した 「スマイル」 以来実に7年ぶりとなる TBS 連続ドラマ出演。
 そんな松本が、今回、弁護士役に初挑戦する。
 彼が演じる深山大翔は、たとえ 99.9% 確定してしまった案件でも、残された 0.1% の事実を自らが納得するまでとことん追及する超型破りな若手弁護士だ。
 そして、深山とひょんなことからチームを組むことになる弁護士・佐田篤弘を演じるのは、香川照之。
 佐田は、民事のプロとして、時に手段を選ばず勝利にこだわってきた敏腕だが、新設された刑事事件専門チームのリーダーを任され、金にならない刑事事件を担当する事を屈辱的と受け止めている。
 真逆のスタンスの深山とは、ぶつかり合いながら仕事を進めていく。
 松本と香川は、この作品がドラマ初共演となり、2人がどんな掛け合いを演じるのかも見どころのひとつだ。
 佐田同様に深山とチームを組むことになる立花彩乃に 榮倉奈々。
 彼女が演じる彩乃は、幼い頃から記憶力がよく、勉強もできたため、エリートの階段を躓くことなく昇ってきた優等生弁護士。
 畑違いの刑事事件を担当することになり悪戦苦闘する。
 当初は深山を嫌い、事務所では先輩だと対等以上の態度で接するが、自分にないものを持っている点をどこか羨ましく思い始め……。

 深山と佐田を引き合わせるキーマンで、斑目法律事務所の所長・斑目春彦を演じるのは、岸部一徳。
 斑目は、一代で事務所を日本4大法律事務所の一つにまで育て上げた超やり手弁護士。
 次期後継者と見込んでいる佐田に新設したチームの運営を任せ、刑事事件の弁護で名を馳せていた深山をヘッドハンティングする。
 深山と敵対する検事・丸川貴久を演じるのは 青木崇高。
 師匠と仰いでいる大友検事正の手法を見事なまでに引き継いでいるが、正義のために入った検察で、正義が裏切られる実状に徐々に疑念を抱いていく。

 さらに、奥田瑛二 が、豪腕で鳴らし有罪率 100% を誇る名声に満ちた次期検事総長候補・大友修一を演じる。
 佐田が検察庁に勤めていた頃、佐田の能力を認め高く評価していた人物でもあったが、その佐田があっさり検察庁を辞めたことに対し不快感を抱いている。


 無実を証明できる確率がたとえ 0.1% だとしても、最後の瞬間まであきらめず、事実を追い求めていく主人公と、真逆のスタンスで生きてきた利益至上主義の個性派弁護士たちが交わったとき、チームにどんな化学反応が起こるのか。
 二転三転する逆転劇の末、“偽りの真実” が覆され、事件の真相に迫ったとき、そこにはどんな “事実” が待ち受けているのか。
 日曜劇場にふさわしい至極のエンターテイメント作品をお届けします!



 〈出演者〉


 深山大翔 みやまひろと (33) … 松本 潤
 佐田篤弘 さだあつひろ (47) … 香川照之
 立花彩乃 たちばなあやの (27) … 榮倉奈々
     
 丸川貴久 まるかわたかひさ (36) … 青木崇高
 明石達也 あかしたつや (40) … 片桐 仁
 藤野宏樹 ふじのひろき (44) … マギー
 戸川奈津子 とがわなつこ (41) … 渡辺真起子
 落合陽平 おちあいようへい (27) … 馬場 徹
 佐田由紀子 さだゆきこ (36) … 映美くらら
 坂東健太 ばんどうけんた (44) … 池田貴史
 加奈子 かなこ (24) … 岸井ゆきの
 志賀 誠 しがまこと (46) … 藤本隆宏
     
 大友修一 おおともしゅういち (60) … 奥田瑛二
 斑目春彦 まだらめはるひこ (65) … 岸部一徳


 と言うことで、何と主演は今をトキメク嵐のマツジュンこと松本潤さんです✨✨✨

 もう、これだけでジャニーズファンを取り込めましたね(笑)

 あらすじを見ると分かる通り、“お金にならない刑事事件ばかりを…”とありますが、これは現実の世界でも正しくその通りですから❗

 ホント、刑事事件はお金にならないですよ😓😓

 なので、あらすじで述べている内容は大正解です⭕⭕⭕


 そんな正義感の塊の深山弁護士が、大手の弁護士事務所にヘッドハンティングされると言うのは正しくドラマっぽいなと言う印象ですね😄😄😄

 そこから、どう刑事事件に立ち向かって行くのか非常に楽しみですね😃💕

 これまで、リーガルハイや離婚弁護士(いずれもフジテレビ系列)等の弁護士ドラマはありましたが、刑事事件に特化した弁護士ドラマは初めてです❗

 なので、ボクはとっても嬉しいです😌🌸💕

 何故なら、刑事裁判と言うものをドラマを通じて知ってもらえるからです✨✨

 加えて、ドラマのサブタイトルにもあるように、“無実を証明できる確立0.1%”とあるように、いかに日本の刑事裁判で無罪判決を勝ち取る事が難儀なのかを知ってもらえるいいきっかけにもなると思っています❗
 

 そう考えると、ホントにホントにしつこいですが、ボクの逆転無罪ってメチャメチャスゴいんですよ😆😆😆

 ドラマのタイトルもあるとおり、日本の刑事裁判は起訴されたら99.9%は有罪ですからね💨💨💨

 なので、無罪になる確立はたったの0.1%だと言うことです😓😓😓

 それがボクは、一審で有罪になってからの逆転での無罪なので同じ無罪でも桁外れにスゴいのです⤴⤴

 恐らく、ドラマのタイトルに99.9と名付けたのは、それだけ日本の刑事裁判で無罪を勝ち取る事が難しいことを表す為に、敢えてその数字を使ったのだと思います❗


 一体どんな内容なのかとても気になります😍😍

 きっと、10話~11話で終了する中で、毎回1話簡潔で無罪を勝ち取るって感じではないと思うんですよね😅😅😅

 いくらドラマとは言え、そんなに毎回毎回マツジュンが担当した事件がポンポン無罪になるのは、余りにも現実との乖離がありますからね😓😓😓

 まっ、とにかく明日からのオンエアーを楽しみにしましょう👍


 ボクは、当然ながら毎週録画をして、ドラマの内容と現実の刑事裁判の違いなどをボクの視点から綴りたいと思います✒

 ですので、ドラマとは平行してボクの見解も楽しんでくれればと思います😊😊

 とりあえずは、明日の21時からはテレビの前に体育座りをしましょう👍



 さて、来週は早速新ドラマ『99.9』を観た感想や見解をお話する予定です✒

 それでは、皆さんよい週末をお過ごし下さい😄😄😄


 
 人気ブログランキングバナー


 


 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います)