日本初(?)有罪率99.9%の刑事裁判で〝二度も〟無罪判決を勝ち取った男のブログ!

過去、二度も刑事裁判の被告人として法廷に立たされるも、自力で反証、反駁をし二度も無罪判決を勝ち取る!そんな私が、あらゆる事を綴る!

世にも奇妙な誘拐監禁事件😣😣😣

 
 こんばんは🌙😃

 今日は風が強くなくていい天気ですね😄😄
 
 あの強風の中、洗濯物をそのまま干しっぱなしで出掛けたら、ハンガーに掛けた洋服があちこちに散らばっていました😅😅😅


 昨日は、栃木の幼女殺害事件の判決についてお話しました✒

 結果的には有罪判決でしたが、1歩違えば無罪の可能性もあった訳ですから、検察側からすれば薄氷の勝利と言っても過言ではないでしょう😓😓

 とは言え、勝ちは勝ちですからね💨💨💨

 ホント、今後の裁判の行方が気になりますね😆😆


 さて、今日は最近の気になった事件についてお話します✒

 まずはこちらをご覧下さい👀


 「別の女の子も尾行」 誘拐容疑者が供述 埼玉・朝霞


 埼玉県朝霞市から連れ去られた少女(15)が2年後に保護された事件で、未成年者誘拐容疑で逮捕された男が「朝霞市周辺で複数の中学校を下見し、別の女の子も尾行した」と供述していることが、捜査関係者への取材でわかった。
 容疑者の供述や被害に遭った少女の話からは、事件の特異性が浮かび上がる。
 
 逮捕されたのは東京都中野区の寺内樺風(かぶ)容疑者(23)。
 県警などによると、千葉市のアパートは玄関ドアと窓は内側から開けられず、少女の部屋の電灯は使えなかった。数回の外出時は手をつかまれ、パソコンは限られた動画サイトしか見られなかった。少女は本名ではなく、別名で呼ばれていたという。
 
 寺内容疑者が外出している間、少女は1人で部屋にいたことになる。
 周辺は人や車の往来がある場所だ。犯罪者の行動心理に詳しい立正大学の小宮信夫教授(犯罪学)は、寺内容疑者が少女を別名で呼んでいた点に着目。
 「事件の発覚防止だけでなく、新たな人生を踏み出したのだ、と暗示をかけるためだった可能性がある」とみる。
 捜査関係者の説明では、寺内容疑者は「ネットで調べ、田舎過ぎず、都会過ぎず(誘拐するには)良い場所を選んだ」と供述。
 被害に遭った少女以外にも尾行したと話しているという。
 
 捜査資料によると、少女は2014年3月10日午後3時45分ごろ、自宅前で白い手袋の若い男と立ち話をする姿が目撃されたが、直前に帰宅途中の少女をとらえた防犯カメラには、不審者は写っていなかった。
 県警は、事件と家出の「両にらみ」で捜査。家族からの通報を受けて当日夜に朝霞署員が自宅に入り、警察犬がにおいを追跡したが、約300メートル離れた場所で追えなくなった。
 2日後に誘拐事件などを専門とする捜査1課特殊班を投入。家族の意向を受けて13日に公開手配に踏み切り、県内の宿泊施設なども一斉捜査した。
 19日には、寺内容疑者が少女に書かせた「私は元気に過ごしているよ」などと記された手紙が自宅に届き、消印のあった上尾郵便局(埼玉県上尾市)管内に捜査員を大量動員。だが、消息はつかめなかった。
 
 ■同級生「おとなしい印象」
 「中学生のころから、女の子を誘拐したい願望があった」と供述した寺内容疑者について、大阪府内の国立大付属中学・高校時代の同級生の男性は「パソコンや無線機、航空機が好きで、おとなしい印象」と振り返る。
 11年4月に千葉大学に入学。
 2年生の秋から1年間、航空免許取得とカナダでの語学留学のため休学した。
 無断欠席はなく、成績は平均的。
 同じ学科にいた男性は「帰国後は1学年下の学生と授業を受けていた。学科では1人でいることが多かった」という。
 「優しく、監禁なんてするような感じの子ではない」。大阪市内に住む寺内容疑者の祖母は話した。
 少女が監禁状態にあったとされる昨春ごろには、1週間ほど帰省していたという。



 と言う最近世間を賑わせた大事件ですね💨💨💨

 ボクが住んでいる最寄り駅にも、被害女性の行方を求めるポスターが貼られていました💧💧💧

 ただボクは、申し訳ないですが居なくなってから2年が経っているので、恐らくもうこの世には居ないだろうなと思っていました😣😣😣

 きっとボクと同じ思いの人は多かったと思います😢😢😢

 だって失踪してから2年ですよ⁉

 2年も何の音沙汰もなかったら、誰もが一番最悪な結果を考えますよね😞⤵⤵

 ましてや、成人した大人ではなく中学生なんですから😵😵😵


 ところが、ご承知のとおり急転直下見付かったと言うのでボクも大変ビックリしたのです❗❗❗

 まさか生きて見付かるとは😫😫😫

 いい意味で、とてもとてもビックリしましたよね👀❕❕❕

 とにもかくにも、居なくなった女子中学生が無事で何よりでしたね😣😣😣


 一方で、皆さんも同感だと思いますが、今回の事件の特異性は群を抜いていますよね⁉

 普通に考えて、本人の同意が全くない中で2年もの間一人の人間を監禁出来るのかと言うことです😓😓😓

 一見するとどこかで逃げれるチャンスはあっんじゃない、と思いますよね⁉

 しかしながら、それは部外者や外野が思う所であって、当の本人はそんな心理状況ではなかったのでしょう💨💨💨

 報道にもあるとおり、寺内選手からあれこれ言われていたみたいなので、一種の洗脳状態にあったのでしょう💦💦💦

 そうでなければ、寺内選手と二人で外出した時にパッと走って誰かに助けを求めれば良かったのに、それが出来ない心理状態だったのでしょう😒😒😒

 きっと、出来なかったと言うよりも、“しなかった”んだと思います😅

 その位の心理状態だったのです💧💧💧

 あるいは、ストックホルム症候群だったのでしょうかね💧💧💧


 つくづく、今回の事件は信じがたい事だらけですよね❗

 誘拐監禁したのが、ロリータ気質まっしぐらのオッサンならまだしも、23歳の大学生だって言うんだからこれまた驚きでした😲😲😲

 しかも、ずっと誘拐してみたかったとか供述していて、エロゲーをリアルにやってしまいました😓😓😓

 あるいは、AVの世界をそのまま実行しちゃいましたよね💨💨💨

 しかも、別の子も尾行していたとか供述しているみたいで、全く脳ミソの思考回路が理解出来ません😅😅😅

 確かに妄想では色々な事をしたいのは分かりますが、それを実行に移す時に人は理性が働いてストップが掛かるはずなんですがね💦💦💦

 つくづく、後先考えなかったのか不思議でなりません😵😵😵

 だって、どう考えたって誘拐なんてしたらパクられるからです😒😒😒

 しかしながら、寺内選手はそれを実行しちゃったのです💧💧💧

 ホントにホントにバカですね😡😡😡


 ボクは、誘拐監禁事件と聞くと、過去にあった新潟少女監禁事件を思い出してしまいますね💨💨💨

 ちょっと振り返りましょう😄😄


 新潟少女監禁事件(にいがたしょうじょかんきんじけん)とは、1990年11月13日に新潟県三条市の路上で誘拐された当時9歳の少女が、2000年1月28日に同県柏崎市の加害者宅で発見されたことにより発覚した誘拐監禁事件。
 監禁期間が約9年2カ月という長期に渡っていたことや、事件に関わる新潟県警の捜査不備や不祥事が次々と発覚したことなどから社会的注目を集めた。
 裁判は犯人の量刑に重大な影響を及ぼす併合罪の解釈を巡り最高裁まで争われ、2003年7月に懲役14年の刑が確定している。
 また、犯人が長期の引きこもり状態にあったことから、同様の状態にあった男が数カ月後に起こした西鉄バスジャック事件と共に、引きこもり問題の社会的認知度を大きく高めた事件ともなった。



 この事件は、大分前ですが社会を大変賑わせた事件でした💦💦💦

 監禁期間も9年と長期に亘り、一軒家に母親と同居していたのにも拘わらず一切気付かなかったと言う異常な事件でした😓😓😓

 今回の事件は、新潟の事件よりも監禁した期間は短かったですが、にしても本人が望んでもいない2年間なんてとてつもなく長く感じたでしょうね😭😭😭

 ホント、無事で何よりでしたね😄😄😄


 今後、寺内選手は起訴されて裁判が始まります❕❕❕

 しかもこれだけ大きな事件なので、当然ながら裁判員裁判での審理となります💨💨💨

 裁判所は、朝霞警察署なのでさいたま地裁です🏢🏢

 おもいっきり地元の裁判所なので、観に行くしかないですね😆😆😆

 暫く先の話ですが、遅かれ早かれさいたま地裁で寺内選手は裁かれます😣😣😣

 果たして、そこで何を語るのか先の楽しみにとっておこうと思います😄😄

 今後もこの事件から目が離せませんね👀👀👀


 さて、明日はこないだボクが遭遇した事件についてお話する予定です✒



 人気ブログランキングバナー


 


 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います)