日本初(?)有罪率99.9%の刑事裁判で〝二度も〟無罪判決を勝ち取った男のブログ!

過去、二度も刑事裁判の被告人として法廷に立たされるも、自力で反証、反駁をし二度も無罪判決を勝ち取る!そんな私が、あらゆる事を綴る!

懐かしの護送バス🚌🚌🚌



 こんにちは☔☔☔

 今日はどんよりな天気ですね💦💦

 新年度の新しい一週間張り切って行きましょう✨🆕✨


 さて、今日は久し振りに呟いてみたいと思います😄😄

 最近の内容は、時事ネタばかりだったので気分転換にどうかなと思いまして😆😆  

 
 ボクは昨日、サッカーの練習試合に向かう途中、国道298号線を草加市方面に向けて走っていました🚕

 この道路は二車線ずつの幹線道路で、真上を東京外環自動車道が走っています💨💨

 事実上のバイパスですね✨✨

 
 そこを走っていると、対向車に赤色灯を回した白いバスとスレ違いました🚌

 バスの大きさは、街でたまに見掛けるロケバスよりも二回りくらい小さい小型なバスです💡💡

 恐らく見たこともある人は多いのではないでしょうか⁉

 
 


 こんな感じのバスです💨💨

 
 このバスは、警察署から検察庁へと容疑者(被疑者)を護送する為のバスです🚌

 このバスに、手錠と腰縄をされ、更に手錠に付いている輪っかに紐を通されて1列に並ばされます💦💦

 これは、仮に逃走しようとしても、単独で逃げないようにする為の措置ですね😣😣

 つまり、手錠をしたまま走って逃げようにも、他の人と紐で繋がっているのでまず逃走は不可能です😒😒😒

 とにかく、念には念を入れて対策を執っているのです💨💨💨


 このバスで、近場の警察署を回って容疑者達を乗せて検察庁へと向かうのです✨✨

 何故なら、その方が効率が良いからです💡💡

 例えば、1号車はA警察署とB警察署とC警察署とD警察署を回って検察庁へと向かう感じです💦💦

 帰りは、逆に検察庁から各警察署へと容疑者を送り届けます💨💨

 要するに、キャバクラの送りと同じですね😄😄(笑)

 これは、その日の容疑者の人数によって変動します😭

 特に東京23区内の警察署は、日によってルートが変わる可能性は高いです✨✨

 それは、警視庁管内は容疑者の数が多いからです😅😅

 埼玉、千葉、神奈川等は余程沢山パクらない限り、寄る警察署が変わることはないでしょう💦💦

 この方法を、集団押送(しゅうだんおうそう)と言います❗

 現在では、ほぼ全国でこの方法が採られていると思います💡💡



 ちょっと護送バスの説明になっちゃいましたね😓😓

 かつてはボクもこの護送バスに何度も何度も乗せられました😒😒😒

 ホント、これ程不愉快なドライブはありませんでした😡😡😡(笑)

 手錠をされて、二列で座り私語も一切禁止で、ただただ流れ行く景色を眺めているだけ💦💦💦

 護送バスから見えた景色は、何らいつもと変わらない日常なのに、変わったのは景色を見ている側の状況です😭😭😭

 パクられる前は、自由に自分で車を運転しながら流れ行く景色を見ていたのに、ある日突然パクられたのをきっかけにその状況が一変しました💨💨💨

 正に天国から地獄です😠😠😠

 
 護送バスに乗っている当時、ボクが常々思っていたのは、“いつになったら窓の向こうに行けるのだろう”と言うことでした😢😢😢

 いつ終わりが来るか分からない、ゴールが見えない中、ボクはその日が来るのを待つしかないと思っていました😣😣😣

 今振り返ると、警察署から検察庁へと向かう護送バスの中から見た景色は、物凄く悲しかったですし虚しかったですね😭😭😭

 何でボクはこんな所から眺めなければいけないのだろう、と😓😓😓

 ホント、手を伸ばせば直ぐに届きそうな景色✨✨

 護送バスの窓ガラスを1枚隔てた向こうに広がる自由…😢😢😢

 これがホントに近くて遠い…😭😭😭

 
 そんなことを感じていた護送バスとスレ違い、サッカーに向かう途中の自分の車を運転しながら何て幸せなんだと感じました😢😢😢

 お陰さまで、今は手錠もなく自由に車を運転して出掛けられます😆😆😆

 時間的に午前8時位だったので、恐らく検察庁へと向かう途中だったのでしょう😅😅

 その中には、直ぐにシャバに出れる人も居ればしばらく帰って来れない人も居るでしょう😣😣😣

 護送バスの中から外の景色は見えても、外から中の様子はスモークガラスになっているので見えません💦💦

 
 たまたまスレ違った護送バスを見て、あの懐かしい日々を一瞬にして思い出しました💡💡

 改めて、自由って幸せですね😊😊😊

 今日はそんなお話でした✒


 さて、明日は最近の話題をお話する予定です✨✨

 

 人気ブログランキングバナー


 


 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います)