日本初(?)有罪率99.9%の刑事裁判で〝二度も〟無罪判決を勝ち取った男のブログ!

過去、二度も刑事裁判の被告人として法廷に立たされるも、自力で反証、反駁をし二度も無罪判決を勝ち取る!そんな私が、あらゆる事を綴る!

3年7ヶ月振りの温泉…。



 こんにちは

 今日は、過ごしやすい陽気ですね

 新しい一週間、張り切って行きましょう


 先週は、枕営業は公知の事実なのかと言うテーマでお話しました

 ホント、非常に珍しい民事裁判で、訴えを起こした奥さんには、ある意味素晴らしい勇気だったと思います

 加えて、裁判所が〝枕営業〟を公知の事実と認めたことは、かなり衝撃的でしたね

 今後、同様の裁判があちこちで勃発する事はないと思いますが、色々な意味で衝撃を与えた裁判でした


 さて、今日は、久し振りに呟いてみたいと思います

 先週の金曜日に、ふとしたキッカケで温泉に行くことになりました

 まっ、温泉と言ってもスーパー銭湯ですが(笑)

 このスーパー銭湯には、ちょっとした思い入れがあって、先日久し振りに訪れたので、非常に感慨深くなり筆を執った次第です


 題名にあるとおり、このスーパー銭湯に前回訪れたのは、3年7ヶ月前なのです

 厳密に言うと、平成23年11月26日(土)でした

 何故、こんなにも明確に記憶しているのかと言うと、その3日後の11月29日にボクはパクられたからです

 また、この時は、父親と二人で行ったので、パクられる前に最後に父親に会った日でもあるのです

 だから、余計に強い記憶としてインプットされているのです


 この時は、たまたまサッカーが埼玉であり、終わってから特に予定も無かったので、帰りがてらに実家に寄ろうと思ったのです

 そこで、スマホにイヤホンマイクを装着して実家に電話をし、〝清河寺温泉に行こうよ〟と電話に出た父親に言い、行くこととなったのです

 まさか、この時父親と会うのが最後(パクられる前)だとは、夢にも思いませんでした

 当日は、夕方頃に訪れ、時期的にもう日が暮れて真っ暗でした

 スーパー銭湯ですから、大小様々なお風呂があり、ボクと父親はあちこち移動しながら温泉に浸かっていました

 
 この時、父親と話した事といえば、この年にボクが所属する東京都リーグのチームが、全勝優勝して来季から1部で戦う事になったので、専らサッカーの話でした

 父親もサッカーをやっていて、高校の時は国体の埼玉県代表にキーパーで選ばれる位の実力の持ち主だったのです

 現在は、年齢的にもその面影は皆無で、お腹がたぬきのように出っ張り、正にメタボの見本のような体型となってしまい、ボクにとっては反面教師となっています(笑)

 また、この年のリーグ戦を、結構観戦に来てくれていたので、優勝するまでの道のりを多少は知っていたのです

 なので、〝来季からはもっとレベルが上がるから大変だぞ〟等と言われたのを、昨日の事のように覚えています

 ボク自身も、念願の1部昇格だったので、非常に楽しみでワクワクしていました

 
 しかしながら、その思いは、その3日後の突然の逮捕で、叶うことはありませんでした

 ボクが、一人独房で戦っている最中、チームも1部リーグで戦っていましたが、なかなか思うような結果が出ず、何と一年で2部に降格してしまったのです

 ボクは、ずっと楽しみにしていた1部での試合は、拘置所の独房に居た為、一秒足りとも出られませんでした

 この悔しさは、決して言葉では表現できない思いです

 恐らく、サッカー人生の中で、1番悔しかったと思います


 少し話が逸れましたが、そんな楽しみで仕方なかった1部での展望を、父親と話した温泉だったのです

 そこに、先週の金曜日の訪れて、〝あっ、パクられる前最後に来た温泉だ〟と、感慨に浸ったのです

 3年7ヶ月振りに訪れた温泉は、当時と全く変わっていませんでした

 ボクは、〝前回来てからもう3年7ヶ月も経ったのか〟と、時の流れを痛感しました

 加えて、こうしてまた無事に来られてホントに幸せだな、とも強く思いました

 だって、逆転無罪にならなければ、今頃どこかの刑務所で、15分と言うカラスの行水のようなお風呂に入っていたんですからね…

 そう考えると、先週の金曜日に温泉に行けたのも、ホントに奇跡と書いてミラクルなのです


 きっと、皆さんにも、そういうふと初心に帰れる場所があると思うんです

 何ていうか、〝思い出の目次〟と言うのか

 そういう場所に、たまには訪れて、原点に帰ったり初心に帰るのは、非常にイイ事だと思いますよ

 そうすると、いかに今の現状が幸せなのかが気付けるはずです


 そうそう

 今回の3年7ヶ月振りの温泉で、非常に不思議な邂逅がありました

 一通り温泉を満喫した後、帰ろうと靴脱ぎ場で靴を履こうとしていると、そこにひと組の家族連れが居ました

 小さい子供が2人と、その両親で、お子さんが靴を履こうとしているのを見守る母親

 ボクは、〝家族で温泉なんていい家族だな〟なんて思いながら靴を履いて出ました


 すると、少し経ってから、スマホのフェイスブックのメッセンジャーが鳴り、誰だろうと開くと、フェイスブック上で繋がっている昔の知り合いで、〝さっき清河寺温泉に居たでしょ〟と、書かれてあり、ボクは〝えっ、何で知ってるのと、思いながら〝居たよ〟と、返信すると、驚愕の返信が

 〝さっき、靴脱ぎ場で家族連れが居たでしょ。それ私だよ。〟

 と、書かれてあったのです

 つまり、さっき靴脱ぎ場で何気なく見掛けた母親が、実はボクの昔の知り合いだったのです

 ボクは、全く気付かなかったのですが、向こうは直ぐに気付いたらしいです

 いやはや、大変ビックリしました

 向こうは、結婚して子供も居て、住んでいる場所も全然違うのに、偶然にもこんな場所で会うとは

 全く、何とも言えぬご縁があるものです


 と、言うような、感慨に浸りながらも不思議な出来事に遭遇した、3年7ヶ月振りの温泉でした

 皆さんも、たまにはそういう場所に、出掛けてみてはいかがですか


 さて、明日は、最近の話題をお話する予定です


 
 人気ブログランキングバナー


 


 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います)