日本初(?)有罪率99.9%の刑事裁判で〝二度も〟無罪判決を勝ち取った男のブログ!

過去、二度も刑事裁判の被告人として法廷に立たされるも、自力で反証、反駁をし二度も無罪判決を勝ち取る!そんな私が、あらゆる事を綴る!

刑務所建て替えは許せない?



 こんにちは

 今日も、清々しい陽気ですね

 ってか、蒸し暑いですね


 昨日は、2日に亘り、ある援交事件から、警察の捜査の舞台裏をお話しました

 捜査関係事項照会と言う、任意という名の事実上の強制で、関係各所から一般人が入手出来ない情報を得ています

 ホント、これは捜査機関の特権と言えるでしょうね

 この特権が、一般人にもあればと思うと、色々な妄想を巡らせます

 この特権を悪用した、〝援交デカ〟のその後は、来週初公判を観に行ってくるので、追ってブログで詳報しますね


 さて、今日も、最近の話題をお話します

 先日、下記のニュースを目にしました


 全室個室の刑務所に「厚遇納得できない」の声も

 
 老朽化のため改築中の旭川刑務所(北海道旭川市、総定員約400人)が全国で初めて、複数の受刑者を収容する雑居房を廃止して、全てベッド付きの独居房(個室)となることになった。

 受刑者間のトラブルや犯罪情報のやり取りの防止、高齢者対策などが狙いで、札幌矯正管区は「更生に必要な環境づくり」と意義を強調している。

 一方、犯罪被害者の中には「厚遇は納得できない」などの声もある。

 ◆16年までに完成予定

 同管区によると、現在の旭川刑務所は築約50年。

 主に殺人などで刑期が10年以上の受刑者を、雑居房または独居房で収容している。

 2011年から建て替えを進めており、16年までに総定員約500人の新施設が完成する予定だ。

 全て約7平方メートルの独居房で、室内には木製のベッドやテレビがあり、暖房も完備されている。

 現在の施設は和室だが、ベッドにかえるのは、受刑者が布団を上げ下げする負担をなくすため。

 今年3月末現在、同刑務所の受刑者264人のうち21人が70歳以上で、高齢受刑者に配慮した結果だという。



 と言うニュースでした

 ボクとしては、大変羨ましいなと言うのが率直な感想です

 皆さんは、どう思いましたか

 〝犯罪者なんだから汚ねえ部屋で寝かしとけばイイんだ〟とか〝そんな贅沢させるな〟等と思う人も居るでしょう

 確かに、一見するとそう思う部分はあるかも知れません


 しかし、今回の新舎房の建設は、決して贅沢な話ではありません

 ボクも、過去に約半年間刑務所生活を経験しましたが、それはそれはボロい建物でした

 築30年以上は経っている、コンクリート造りの舎房で、畳もボロくなっていて、決して綺麗とは言えませんでした

 そんなポンコツな舎房に、当時は定員オーバーだった為(恐らく今も)、本来一人用の独居房に、二名で入って居ましたから

 雑居房に関しては、8名定員の所に、10名入って居ましたからね

 なので、かなりギュウギュウでの生活を強いられていました

 幸い、ボクは雑居房には一度も行かなかったので、そのギュウギュウさは体験してませんが、雑居房に居た人の話を聞くと、かなり窮屈だと言っていました

 だって、8名でさえ多いのに、10名も入るんですから、トイレなんか大変ですよね

 刑務所では、ひと部屋ワン便器ですから(笑)

 全員が、同じタイミングで用を足したい事はないにせよ、朝の工場に行く前はバタバタしてますから大変です


 その点、独居房はそんな事は一切気にせず、自分の好きな時に用を足せます

 要するに、他の人に合わせなくていいという事です

 これは、ただでさえ不自由な刑務所生活の中で、相当精神的に楽ですね

 だから、ボクは独居房派なのです

 だって、その後二度と会わない人間に、何でイチイチ気を遣わなきゃいけないんですか

 だから、ボクは雑居房はとにかく嫌いです


 そして、今回旭川刑務所の建て替えですが、実にいい判断だと思います

 ボクの理想でもあるのですが、刑務所は全員独居房の方がイイんですよ

 そうすれば、受刑者同士の喧嘩はなくなるし、変な悪知恵も働かないし、不要なトラブルが無くなるので、メリットしかありません

 ただ、大部屋に大人数収容する方が、スペース的には効率がイイですが、別に刑務所がある所なんて大抵田舎なんですから何とかなるでしょう

 後は、建て替え費用の問題でしょうか


 何だか、犯罪被害者からは、〝厚遇は納得出来ない〟との声もあるみたいですが、決して厚遇ではないですよ

 現に、今でも独居房にはテレビは一台備え付けてありますし、ベッドではないにせよ布団は一式ありますから、今と何ら変わらないですよ

 それが、ただ単にベッドになるだけで、ホテルのようにベッドメイキングが居る訳ではなく、恐らくベッドの上に今の布団を敷くだけなので、畳む作業はやると思いますよ

 分かりやすく言うと、部屋が新築マンションになるだけだという事です

 これも、築年数が大して経っていないにも拘わらず、不必要に建て替えをしている訳ではなく、50年という半世紀もの時間が経ったからであり、正当な判断と言えます

 だって、皆さんが家を借りる時、幾ら家賃が安いとは言え、築50年のマンションを借りようと思いますか

 余程の個性的な感性をお持ちでない人以外、まず借りませんよね

 受刑者達は、その字の如く、刑を受ける者なので、幾ら建物がボロくても、〝ここで生活してもらうから〟、と言われればそれに従うしかないのです

 つまり、嫌々であっても文句は言えないという事です

 なので、旭川刑務所の受刑者達は、超喜んでいると思いますよ(笑)


 まず、現実的には不可能でしょうが、全国の老朽化した刑務所は立て直し、全室独居房になればイイとボクは思います

 今日は、そんなお話でした


 さて、明日は、毎月恒例のテーマをお話する予定です


 
 人気ブログランキングバナー


 


 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います)