日本初(?)有罪率99.9%の刑事裁判で〝二度も〟無罪判決を勝ち取った男のブログ!

過去、二度も刑事裁判の被告人として法廷に立たされるも、自力で反証、反駁をし二度も無罪判決を勝ち取る!そんな私が、あらゆる事を綴る!

捜査関係事項照会。(2)



 こんにちは

 今日も暑いですね

 今日から6月ですね


 先週は、ボクが一時期勾留されていた、大森警察署の刑事が、自分が援交したJCの個人情報を得るために、捜査に一切関係ないにも拘わらず、捜査関係事項照会書を作成したと言うお話でした

 正に、〝性欲に負けたデカ〟でした

 お陰で、彼は懲戒免職となり、退職金も一円も貰えず、人生を棒に振ってしまいました

 でも、彼は自分の欲望の赴くままに、後先考えずに突っ走ったんですから、逆にスゴイですよね(笑)

 
 さて、今日は、このテーマの続きをお話します

 改めて、捜査関係事項照会とは、警察や検察が、捜査に必要と認められる際に、関係各所に問い合わせる方法の一つです

 これは、捜査権限を持つ者にしか許されていない特権であり、一般人が入手する事は出来ません

 これが、一般人にも入手出来たら、ムカつく人間の弱みを沢山握れるのに…(笑)

 と、言うように、捜査権限を持つ警察や検察には、絶大な権限があるという事です


 で、この捜査関係事項照会書ですが、ボクの裁判記録の中にもあったので、皆さん普段お目にかかる事はないと思うので、是非公開したいと思います

 では、早速見て行きましょう


 捜査関係事項照会(1)


 こういう書類を、携帯電話会社に送付するんですね

 ここに記載のある、〝刑事訴訟法第197条第2項により〟と言うのは、下記の条文から構成されています


 捜査機関は、公務所や公私の団体に、捜査上必要な報告を、要求することができる。 


 この法的根拠に基づいて、警察は関係各所に捜査関係事項照会をするのです

 

 捜査関係事項照会(2)


 ここに、調べて欲しい内容を、詳細に記載しているのです

 この場合、ソフトバンクに、携帯電話の番号から、その名義人の個人情報を照会していますね


 捜査関係事項照会(3)


 すると、照会してから8日後に、ソフトバンクから照会事項回答書と言う形で、回答が届いていることが分かります

 そこには、契約年月日や、名義人、生年月日、契約者住所、等々の詳細な情報が記載されていました

 ホント、携帯電話の番号一つから、全てが分かってしまいますね


 因みに、写真では一切個人情報の部分は隠していませんが、こいつは共犯者の一人で、自分の罪を軽くしたいが為に、嘘の供述をしたバカの一人なので、そんなバカにプライバシーも糞もないので、全開で掲載させてもらってます(笑)

 中には、それはまずいんじゃないの、と思う人も居るかも知れませんが、全然関係ありません

 
 このような書類形式で、捜査関係事項照会をしていくのです

 電話だと、警察を名乗った第三者が居るかも知れませんので、きちんと警察署に郵送するようにして、ホントに警察からの照会かを確認しているのですね

 尤も、捜査事項照会書を偽造して、郵送先を別の場所にしたとしても、そんなモノはソッコーでバレるでしょうね


 ただ、この捜査事項照会は、強制ではなくあくまでも任意なのです

 ですから、問い合わせ先は、回答を拒むことが出来るのです

 改めて、前記の条文を見て下さい

 
 〝捜査機関は、公務所や公私の団体に、捜査上必要な報告を、要求することができる。〟 


 と、なっていて、必ず回答しなければならない、とはなっていません

 なので、別に回答を拒否出来るのです


 では、回答を拒否するとどうなるのか

 今度は、裁判所に捜索差押許可状を請求して、強制力で差し押さえに掛かるのです

 ですから、回答を拒否したとしても、どのみち差し押さえられるんですから同じなのです

 それを見越しているから、携帯電話会社は、照会が来た時点ですんなり回答をするのです

 それに、拒む理由もないじゃないですか

 個人からの照会ならまだしも、警察や検察から〝捜査の為だから〟と、言われれば〝じゃあ、そうなんだ〟と、従うしかないじゃないですか

 結局、拒んだとしても、最終的には応じることになるのですから、だったらば初めから応じておけばいい、と言う事なのです


 ですから、今回の徳重選手の事件も、照会を受けた携帯電話会社は、何の疑いもなく応じたのです

 しかしながら、書類でやり取りする以上、明確な証拠が残っているんですから、調べればソッコーでバレるワケです

 なのに、何故に徳重選手は、JCの個人情報を調べようとしたのでしょうか

 仮に、調べた所で、一体どうしようと言うのでしょうか

 その辺が、ボクには到底理解出来ないんですよね


 以上、今回は2回に亘り、警察の捜査の舞台裏をお話しました


 さて、明日も、最近の話題をお話する予定です

 

 人気ブログランキングバナー


 


 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います)