日本初(?)有罪率99.9%の刑事裁判で〝二度も〟無罪判決を勝ち取った男のブログ!

過去、二度も刑事裁判の被告人として法廷に立たされるも、自力で反証、反駁をし二度も無罪判決を勝ち取る!そんな私が、あらゆる事を綴る!

無期懲役囚〝生〟への執念。(2)



 こんにちは

 今日も暑そうですね

 今週最後の金曜日、張り切って行きましょう

 
 昨日は、先日の報道特集で取り上げられた、『無期懲役囚〝生〟への執念』と言う、テーマでお話しました

 一昔前は、15年務めれば仮釈放でシャバへ出れたのですが(絶対ではない)、今ではそれは幻想になってしまいました

 2004年の刑法改正で、有期懲役の上限が30年に引き上げられたからです

 従って、自動的に、最低でも30年刑務所で受刑生活を送ってからでないと、仮釈放の対象にならないのです

 しかし、これはあくまでも理論上で、事実上は仮釈放なんて殆どないのが現状です

 まっ、無期懲役なんですから、仮釈放があると思う方が図々しいのです


 さて、今日は、昨日の続きをお話します

 前述のとおり、無期懲役囚達は、生きてシャバへ帰りたいという強い執念が芽生え、ある行動を起こす人が多いそうです

 それは、とことん筋トレをするという事です

 ちょっと、写真を撮ったので添付します


 ここが、岡山刑務所の運動場です

 ホント、田舎ですよね


 写真⑧


 とことん走ってます

 
 写真①


  非常に柔らかい体ですね


 写真③


 一生懸命腕立てしています


 写真②


 見て下さいこの腹筋


 写真⑤


 50代前半でこの腹筋ですよ

 ボクも筋トレをしていますが、ボクよりハッキリしたシックスパックですよ

 これを観た時、思わず目を見開いてしまいました(笑)

 加えて、素晴らしい大胸筋

 顔は分からないですが、体だけなら超イケメンですよね(笑)

 ただ、この体を作るのに、29年も塀の中に居るのはどうかと思いますが… 


 写真④


 今度は、一生懸命チンニング(懸垂)をしています 


 写真⑥


 見て下さい、この僧帽筋と広背筋

 これは、相当トレーニングしていますよ


 写真⑦


 左の白いシャツを着た人の腕も見て下さい

 素晴らしい太さですよね


 平日は、工場に出役(しゅつえき)すると、30分の運動時間があり、そこでとことん筋トレをするそうです

 休日は、部屋の中で筋トレをするそうです

 この感覚、ボクは非常に良く分かります

 何せ、ボクもずっと筋トレしてましたから(笑)

 何故かと言うと、何もすることがないからです

 シャバに居るみたいに、スマホであれこれしたり、どこかに野暮用で出掛けたり、すなわち〝予定〟がないので、何かをして時間を潰そうと考えるワケです


 それともう一点が、塀の中に閉じ込められていると、満足に体も動かせないので、体の衰えを防ぐ為にも筋トレをして〝老化〟を防ぐのです

 いつシャバに出ても良いように、足腰を鍛えておくのです

 それにしても、上記の写真の人達は、相当筋トレをしていますね

 じゃなければ、あんなにお腹は割れません

 ただ、刑務所の食事は、シャバの食べ物よりもカロリーが低いし、甘い物やお酒等飲めませんから、必然的に痩せるので、その分腹筋の割れが目立つのです

 つまり、自動的に〝絞っている〟状態だという事です

 これが、シャバに出てバクバク食べると、ソッコーで太ります


 しかし、この人達とボクとでは、絶対的に違う点があります

 それは、ゴールがあるという事です

 ボクの場合、仮に有罪が覆らなくて懲役に行ったとしても、2年とか3年後には、ところてんのように刑務所から追い出されます

 ですから、自分の中で、いついつにはシャバに出れると計算できます

 ですが、この人達は無期懲役ですから、いつシャバに出れるか分からない、すなわちゴールが見えないし分からないワケです

 にも拘わらず、いつシャバに出れるかも分からないのに、その日の為にずっと筋トレをやり続ける根性にアッパレだなと思います

 例えるなら、マラソンでゴールがないのに走り続けるようなものです

 ゴールが分からないから、ペースが掴めないし、途中で歩いてしまうでしょう

 そんな中、受刑者達は、皆が皆ではないにせよ、いつの日か訪れる(かもしれないし、そうならないかもしれない)シャバを夢見て体を鍛え上げるのです

 あるいは、鍛え続けたまま、塀の中で獄死するかのどちらかです


 今日は、ここまでにして、来週もこの続きをお話する予定です

 それでは、良い週末を

 

 人気ブログランキングバナー


 


 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います)