日本初(?)有罪率99.9%の刑事裁判で〝二度も〟無罪判決を勝ち取った男のブログ!

過去、二度も刑事裁判の被告人として法廷に立たされるも、自力で反証、反駁をし二度も無罪判決を勝ち取る!そんな私が、あらゆる事を綴る!

不意打ちの無罪判決!!!(前編)



 こんにちは

 今日は、春の日差しで暖かいですね

 しかし、花粉も多いらしいので、くれぐれも気を付けましょう


 昨日も、最近の無罪判決についてお話しました

 相変わらず、痴漢事件での無罪判決が多いですね

 しかも、昨日の事件は、裁判官の判断が『女性の勘違い』と、判示していましたから、いかにバカげた事件だったかが分かります


 さて、今日も、最近の無罪判決についてお話する予定でしたが、究極のサプライズが起きたので、それについてお話します


 昨日の午後、突如下記のニュースが流れました


 両親殺害事件、長男に無罪=「犯人認定に合理的疑い」―さいたま地裁


 埼玉県熊谷市で2011年、同居の両親を殺害後、自宅に火を付けたとして殺人、非現住建造物等放火の罪に問われた長男の無職羽鳥浩一被告(43)の裁判員裁判の判決で、さいたま地裁(栗原正史裁判長)は3日、「犯人であると認定するには合理的疑いが残る」として、無罪(求刑無期懲役)を言い渡した。

 判決は、羽鳥被告宅の複数箇所から灯油反応が検出されており、放火されたと判断。

 また、母輝子さん=当時(69)=の甲状軟骨が折れ、ひもで首を圧迫されたような痕があり他殺と認定した。
 
 しかし、父平吉さん=同(68)=の急性硬膜下血腫については「何者かの攻撃で生じたとまでは認められず、他殺とは言えない」として、夫婦が健康状態で問題を抱えていたことを踏まえ、「心中であっても十分説明がつく」とした。
 
 さらに窃盗目的の第三者による犯行の可能性などにも言及。

 羽鳥被告が事件後連絡が取れなくなり、静岡県内で発見されたことについては「遺体を発見し、犯人と疑われることを恐れ通報しないことも否定できない」とした。
 
 羽鳥被告は11年3月10~11日、熊谷市善ケ島の自宅で平吉さんと輝子さんを殺害し、自宅に火を付けたとして逮捕、起訴されていた。
 
 同被告の弁護人は「主張がほとんど裁判所に認められた形になって良かった」と語った。
 
 さいたま地検の片山巌次席検事の話 判決内容を精査検討した上で、上級庁とも協議して適切に対処する。



 



 と言う事件で、ボクはこの事件の判決を傍聴に行っていたのです

 
 実は、遡ること二週間前、ボクはふと何気なくさいたま地裁に傍聴に行こうと思い、何か事件はないかとさいたま地裁に電話しました

 すると、偶然にも裁判員裁判が開かれていて、しかも、その罪名が殺人と放火だと言うので、俄然興味が湧き急いでハンドルを切ったのです

 その時の様子が、下記の記事です

 
 『殺人、現住建造物放火事件』(※リンク)


 ボクとしては、何の情報も詰め込まないで傍聴に行ったので、一体どんな事件なのかは分かりませんでした

 しかし、帰ってから調べて見ると、被告人が両親を殺害し自宅に放火したって言うとんでもない事件だったのです

 更に、被告人は否認していて、供述と矛盾する客観的証拠も上がっていたので、ボクは120%有罪だろうと思っていたのです

 
 だから、さして興味も湧かなかったので、その後の公判は全く傍聴に行く気にはならなかったのです

 ただ、判決だけは、上記の記事でも綴っているように、もしかしたら傍聴に行くかも、と思っていました

 その理由は、両親二人を殺害し、更に自宅を放火して、無期懲役を求刑された被告人には、一体どんな判決が下されるのか興味があったからです

 それに、本ブログでも、その裁判の一端を綴った以上、やはり結果は書いておかないとな、と言う思いもあり、ボクは判決は傍聴に行こうと決めたのです

 
 まさかこの時、究極のサプライズが待っていようとは、一ミクロンも想像しませんでした…


 
 さて、判決当日の状況ですが…


 と、このまま書こうと思ったのですが、やはりもったいぶりたいので、当日の詳細は明日お話します

 意地悪でごめんなさい(笑)



 人気ブログランキングバナー


 


 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います)