日本初(?)有罪率99.9%の刑事裁判で〝二度も〟無罪判決を勝ち取った男のブログ!

過去、二度も刑事裁判の被告人として法廷に立たされるも、自力で反証、反駁をし二度も無罪判決を勝ち取る!そんな私が、あらゆる事を綴る!

裁判員Q&Aを読んでみて (1)



 こんにちは

 今日は雨ですね

 寒いですが、頑張りましょう


 昨日まで、裁判員候補者通知の中身をお話しました

 その中でも、一番厚みのある、裁判員Q&Aを何回かに分けて紹介しました

 ボクも、知らない発見がありました


 さて、今日は、裁判員Q&Aを読んでみての、ボクの見解をお話します

 前述のとおり、想像と違っていた部分もあったので、その点も含めて感じたことを綴ります


 まず、そもそも裁判員制度自体はどうかという点ですが、ボクは基本的には賛成です

 裁判員には負担を掛けますが、〝市民感覚〟を是非とも刑事裁判には取り入れるべきです

 その成果か、これまでの先例より判決が重くなったり、逆に軽くなったり、あるいは、これまでは有罪だった事件が無罪になったりと、その影響は既に出ています

 これは、非常にいい事だと思っています

 どうしたって、職業裁判官だけでは、何かと偏りが生じますので、それを正す意味でも、裁判員の存在は非常に大きいと思います


 ただ、ボクがどうしても解せないのは、裁判員裁判の対象事件が、重大な事件に限られている点です

 世の中には、重大事件よりも、重大じゃないと言ったらあれですが、それほど大きくない事件の方が圧倒的です

 まっ、ボクの言葉で言えば、〝実にくだらねえ事件〟ってヤツです(笑)

 罪名で例えるなら、覚せい剤取締法とか、住居侵入とか、窃盗とかです

 これらの事件全てを、裁判員裁判の対象にする必要はないとは思います


 ただ、一つ例外があって、被告人が否認している事件は、被告人からの希望により、裁判員裁判の対象にしても良いと思うんです

 これは、痴漢冤罪の第一人者である、今村核弁護士も、自身の著書で全く同じことを言っていました

 ボクも同じ考えだったので、本を読んだ時は、首を赤べこの様に振りました(笑)

 
 勿論、これを実現するには、色々と壁を乗り越えないといけません

 何故かと言うと、逮捕当初は否認していても、裁判になったら一転して認める場合があるからです

 逆に、取り調べ段階では認めていたが、裁判になった途端、否認に転じる場合もあります

 ですから、こうした被告の〝突然変異〟に、どう対応するかは十分な議論が必要です

 だからこそ、〝被告人の希望により〟と言う、但し書きが付いてるのです

 そうすれば、否認事件だからと言って、何でもかんでも裁判員裁判にするのではなく、中には通常の裁判で審理したい被告はそうすればイイのです

 それに、被告人から裁判員裁判を希望したのに、そんな人間が、途中で罪を認める可能性は相当低いと思うんです

 
 なので、どんな事件でも、被告人が希望したら、裁判員裁判で審理すればイイんです

 裁判所に行くと分かりますが、我々の知らないところでは、ホントに多くの事件が起きているのです

 
 確かに、被告人から希望した事件全てが、裁判員裁判になるのは、裁判所や裁判員は大変でしょうが、現状は検察の独断で裁判員裁判の対象となっているので、これは公正、公平な裁判という観点からは違うと思うのです

 だって、一番の当事者は、裁かれる被告人なんですから、その人間の意思に拘わらず、勝手に裁判員裁判になるのはどうかと思うんです

 ですから、裁判員裁判で審理できる権利を、被告人にも与えるべきなのです

 そうすれば、検察の独断で裁判員裁判になることはなくなります

 
 逆に、重大事件であっても、被告人が希望しなければ、裁判員裁判にはせず、通常の職業裁判官のみで審理すればイイのです

 そうすれば、裁判員の負担も無くなります

 先日もありましたが、裁判員が遺体の写真を見て失神したそうです

 そう言った事態も、被告人からの希望で裁判員裁判にすれば、なくなると思います

 まっ、殺人事件でも、被告人が裁判員裁判を希望すれば、これは(遺体の写真を見ること)仕方ないですがね

 
 つくづく、ボクは自分の裁判を、是非とも裁判員裁判でやって欲しかったですもん

 しかし、前述のボクの考えが、法律上整っていなかったので、通常の職業裁判官での審理でした

 まっ、当たり前ですが


 と、いう事で、今日はこの辺にしておきます

 明日も、この続きをお話する予定です



 人気ブログランキングバナー


 


 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います)