日本初(?)有罪率99.9%の刑事裁判で〝二度も〟無罪判決を勝ち取った男のブログ!

過去、二度も刑事裁判の被告人として法廷に立たされるも、自力で反証、反駁をし二度も無罪判決を勝ち取る!そんな私が、あらゆる事を綴る!

北尾トロさんと初対面。



 こんにちは

 今日は、晴れましたが風が強いですね

 今週最後の金曜日、くれぐれも飲み過ぎには注意しましょう


 昨日は、栩内選手の判決についてお話しました

 実に、激アマ判決で、今後の覚せい剤事案の裁判に悪影響を及ぼすことは必至でしょう


 さて、今日は、先日途中になっていた、北尾トロさんのトークショーの続きをお話します

 先日は、トークショーの後、購入した本にサインを貰おうと並んでいた所までお話しました

 
 そうそう、肝心なトークショーの内容について、サラっとしか触れていなかったのでここでお話しますね

 北尾さんは、裁判員裁判が始まる以前、もっと言えば〝裁判傍聴〟と、言うものがメジャーになる前から、傍聴をしていた方でした

 ですから、傍聴の生き字引と言っても過言ではありません

 
 今回の出版は、裁判員裁判が始まって以来初めてのモノっだったので、書籍の内容も裁判員裁判のことが多く綴られています

 ですから、以前の傍聴と最近の傍聴を比較し、やはり裁判員裁判になってから、より刑事裁判が身近なものになったと感じると言っていました

 また、明らかに、傍聴に来ている人種が変わっているとも言っていました

 若い方や、カップルまでもが傍聴に訪れるようになり、裁判傍聴というものが大きく変わったと言っていました

 
 特に、裁判員裁判は注目されることが多く、傍聴人も非常に多くなったと言っていました

 これには、ボクも同意見で、たまに傍聴に行った際に裁判員裁判を観ると、傍聴人の数が非常に多いのです

 少なくとも、ボクの裁判の時よりは全然居ますね(笑)

 ホント、羨ましい限りです


 それから、北尾さんは、裁判の内容も大きく変わったと言っていました

 裁判員裁判以前は、身内にしか分からない用語で淡々と進行していったのが、今では分かりやすい言葉に変えて、誰にでも分かるように検察が努力している、と

 確かに、裁判員裁判を観ると、非常に分かりやすい言葉で、じっくりと進行しているのを感じます

 これは、法律の素人である裁判員に、分かりやすく理解して貰う為の賜物でしょう

 ボクも、裁判員裁判を傍聴していて感じるのが、検察が請求する証拠に関して、非常に丁寧に解説しているなと感じます

 これは、ホントいい事だと思います

 裁判員が理解出来ると言うことは、傍聴人にも理解出来ると言うことですからね


 最後に、裁判員裁判を傍聴したことがないのなら、是非傍聴することをオススメしますと言っていました

 とにかく、百聞は一見にしかずだという事です


 ボクは、自分自身が法廷の柵の向こう側に居た経験があるので、北尾さんの話には非常にシックリ来るものがありました

 また、まだ一度も裁判傍聴をしたことがない人には、いい導火線になったと思います

 その位、興味が惹かれるトークショーの内容でした


 ボクは、今回トークショーに参加したのは、北尾さんに会ってみたいのは勿論のこと、一番は逆転無罪経験者、ひいては冤罪コンサルタントのボクを、お見知りおきしてもらうのがメインでした

 ボクの中では、嫌と言うほど裁判傍聴をしている北尾さんでも、逆転無罪経験者はそうそう巡り会ったことがないだろうと思い、絶対に興味を持ってくれるだろうと言う計算があったのです

 お互い、刑事裁判という共通項があるので、今後何か絡めたら良いなと思ったのです

 
 この時点で、既に本ブログはスタートしていて、一丁前にブログの名刺も作っていたので、それを持参して参加したのです

 そうです

 ボクが、列に並びながら考えていた作戦とは、サインを貰うついでに、ボクの名刺を渡すことでした



 そして、いよいよボクの番が来て、

 『裏モノジャパンの時から読んでいました

 と、言うと、

 『あ~、懐かしいね

 と、言ってくれて、続けてボクは、

 『実はボク、少し前に東京高裁で逆転無罪で出てきたんですよ。』

 と、言うと、

 『えっそうなのどの位入っていたの

 と、訊かれたので、

 『一年七ヶ月勾留されていました。』

 と、言うと、

 『いや~、随分と長かったね。でも良かったね。逆転無罪になった人なんて、今まで会ったことがないわ。』

 と、言ってくれて、ボクは、

 『で、自分ブログをやってるので、良かったら覗いてみて下さい

 と、言って用意していた名刺を渡すと、

 『へぇ。是非見てみるね。今日は、この後ちょっと打ち上げなので、改めて連絡させてもらいますね。』

 と、言ってくれて、ボクは会場を後にしました


 ボクとしては、当初の目的を果たせたので、大満足で帰りの電車に揺られていました


 すると、その日の北尾さんのツイッターに、今日のトークショーの事が呟かれていて、『逆転無罪経験者も来ていて楽しかった。』と、書いてあり〝あっ、ボクの事だな〟と、思い嬉しかったです


 その後、暫くしてから、突然北尾さんからメールが届きました

 一体、その内容とは



 続きは、また来週お話する予定です

 皆さん、良い週末を



 人気ブログランキングバナー


 


 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います)