日本初(?)有罪率99.9%の刑事裁判で〝二度も〟無罪判決を勝ち取った男のブログ!

過去、二度も刑事裁判の被告人として法廷に立たされるも、自力で反証、反駁をし二度も無罪判決を勝ち取る!そんな私が、あらゆる事を綴る!

2014年度印象に残った事件簿(1月~3月)。


 こんにちは

 今日も、スッキリな天気で清々しいですね

 早くも、今年も残り僅かとなりましたね


 さて、今日は、いつもと趣向を変えて、逆転無罪が振り返る2014年をお話します

 今年も、森羅万象色々ありましたね

 ボクも、改めて振り返ってみて、〝あ~、こんな事件あったなぁ〟と、思い出します


 そこで、今日から4回に分けて、三ヶ月単位で今年を振り返りたいと思います

 また、こういうブログ故、事件に特化してお話します

 では、早速行きましょう


 【1月】

 
 ・7日  強盗・集団強姦容疑で逮捕された杉本裕太容疑者、横浜地検川崎支部から逃走(1/9 横浜市内で発見・逮捕)

 ・21日 オウム真理教元幹部の平田信の第4回公判 元幹部 中川智正死刑囚が異例の証人出廷

 ・25日 [アクリフーズ冷凍食品農薬混入] 契約社員の阿部利樹容疑者を偽計業務妨害で逮捕

 ・27日 札幌市 小学3年生の幡谷りなさんが、ノートを買いに家を出たまま行方不明に
 └2/2 りなさんを無事保護 松井創容疑者(26)を監禁の疑いで逮捕

 ・31日 韓国・ソウルの国際会議に出席予定だった内閣府職員が18日、北九州市若松区沖で変死
 ├1/18 北九州市若松区沖響灘のゴムボート内に倒れている人を発見 荒波で近づけず
 ├1/20 ゴムボートが転覆 防波堤の下から男性の遺体を発見
 └1/23 警察から内閣府へ遺体の照会


 
 1月は、年明け早々から、ある選手がマスコミを賑わしましたね(笑)

 そうです

 横浜地検川崎支部から脱走した、杉本選手です

 当時、地検から脱走出来るのは容易なのかどうかを本ブログでも綴りましたが、杉本選手にとって、都合の良い偶然が幾重も重なり、脱走という神業をやってのけました

 全く、脱走しようと考えること自体がキ○ガイですよね(笑)

 ボクも、〝入った〟経験、すなわち杉本選手と同じ境遇を体験しましたが、脱走しようなんて考えもしなかったですし、そもそも脱走なんてまず無理ですから

 そう考えると、大いに世間を騒がせたとは言え、杉本選手のやった事は非常にスゴイ事です(決して褒めてません)

 
 その後、裁判でどうなったのか調べてみたところ、まだ裁判は始まっておらず、初公判の日時も決まっていないそうなので、判決まではまだまだ時間が掛かりそうな気配です


 【2月】


 16日 ジャーナリストの山路徹さん、神奈川県内で大雪取材中に襲われ車ボコボコ 同僚軽傷

 20日 元関脇・琴富士こと「焼肉 貴闘力」店長 小林孝也容疑者、韓国籍女性との結婚詐欺容疑で逮捕

 21日 都内公立図書館で、アンネ・フランク著書「アンネの日記」が破られる被害 約300冊
 ├3/14 破られた本の破片を発見 書店不法侵入で逮捕された男を再逮捕

 23日 日本テレビ「スッキリ!」に出演 気象予報士の武田恭明容疑者を淫行容疑で逮捕



 二月は、大きな事件はありませんでしたが、やはりスッキリの武田選手の援交事件でしょう

 本ブログでも触れましたが、全く人生を棒に振ってしまいましたよね

 当然、もうテレビでは観ることは出来ないですが、もうとっくに釈放されているでしょう

 淫行容疑なんて、悪質でない限り罰金が関の山なので、恐らく今年の3月にはシャバには出て来ていると思います

 武田選手は今、寒さが厳しさを増す今日この頃、あの〝一発〟をどう感じているのでしょうか…。


 【3月】


 5日  [遠隔操作ウィルス事件] 片山祐輔被告が保釈 保釈保証金1000万円

 6日  [大阪個室ビデオ店放火殺人] 小川和弘被告の死刑判決確定=最高裁第一小法廷

 7日  [仮谷さん拉致監禁] オウム真理教元幹部 平田信被告に懲役9年の判決=東京地裁/裁判員裁判

 12日 [結婚詐欺・連続不審死] 木島佳苗被告に死刑判決=東京高裁/二審

 13日 [東芝機密情報流出] 提携先のサンディスク元社員 杉田吉隆容疑者を不正競争防止法違反の疑いで逮捕
 ├詳細:東芝NAND型フラッシュメモリの最高機密情報が「韓国SKハイニックス」に流出
 ├3/13 [損失約1000億円] 東芝、韓国SKハイニックスを相手に損害賠償求め東京地裁に提訴
 ├3/15 サンディスクの給与待遇に不満 1年間かけ情報を不正コピー、韓国SKに持ち込み転

 19日 ガーナ駐日大使名義のビル一室でバカラ賭博 日本人12人逮捕、数百人の顧客名簿押収

 20日 [鳥取連続不審死] 上田美由紀被告に死刑判決=広島高裁/二審

 25日 [関越自動車道高速バス居眠り運転] 運転手 河野化山被告に懲役9年6月、罰金200万円=前橋地裁

 27日 [1966年・袴田事件] 袴田巌死刑囚の再審開始決定 即日釈放=静岡地裁
 ├3/28 被害者家族で唯一助かった長女(67)が死去 死因未発表

 27日 [福知山花火大会露店爆発] 渡辺良平被告に禁固5年の判決=京都地裁

 31日 [飯塚事件] 2008年に死刑執行された久間三千年元死刑囚の再審請求棄却=福岡地裁



 改めて、3月は色々とありましたね

 事件だけを取り上げれば、ホント忙しなかったですね

 
 5日の遠隔操作ウィルス事件で、保釈が決まった時はボクはビックリしましたね

 本ブログでも触れましたが、完全否認(当時)している状態で、一般人が保釈される事は非常に珍しいからです

 し、か、し、その後の展開を予想出来た人は、この時は誰も居ませんでした…。

 まさか、その後あんな展開になるとはね


 そして、以前ボクと同じマンションに住んでいた〝佳苗ちゃん〟こと、木嶋佳苗の控訴審判決ですね

 運良く、初公判と第二回公判を傍聴出来たので、以前池袋のマンションのエレベーターで会って以来の再会となりました

 多分、本人はボクの事は覚えてないでしょうけどね(笑)

 結果は、大方の予想通り控訴棄却でしたが、やはりあの事件は状況証拠が佳苗ちゃんにとって、極めて不利に働いてしまったのでどうしようもありません

 と、言うか、佳苗ちゃんが犯人でないならば、あんなに数々の偶然は起こり得ない、と言った方がいいでしょう

 今は、最高裁に上告中ですが、判決が出るまではまだ何年も掛かるでしょう


 そして何より、赤文字で強調した、袴田さんの再審開始決定で即日釈放でしょう

 だって、逮捕、勾留されてから48年ですよ48年

 ボクが生まれてから、まだ48年も経っていませんし、普通に考えたら約半世紀ですよ

 この約半世紀、同じ日本に居ながら、シャバと遮断された独房で一人孤独と、死の恐怖と闘いながら生きるなんて、想像だに出来ません

 いくら、超プラス思考のボクでさえ、間違いなく精神的におかしくなると思います

 ホント、想像だに出来ない辛さでしょう

 こんな風に、辛かったでしょう、とか書けるのは、所詮は他人事だからなんですよね

 当事者だったら、こんな風に簡単に言葉に出来ないでしょう

 
 ボクの、一年七ヶ月でさえ、途方もなく感じたのに、袴田さんは48年ですからボクの約14倍の長さです

 もう、意味が分かりません

 しかも、その長さに加えて、死刑判決を受けているので、いつ国に殺されるか分からない恐怖もセットで付いてくるのです

 この恐怖と言ったら、スミマセンが全く想像出来ません…。

 塀の中に閉じ込められていた、と言うのはボクも経験しているのでリアルに分かりますが、ボクは一審で死刑判決を受けた訳ではないので、控訴審を闘っている最中も、死の恐怖なんて一切感じなかったです

 当たり前ですが

 
 しかし、袴田さんは、無実を懸命に訴えながらも、いつ再審請求が棄却されて死刑が執行されるか分からなかったのです

 そんな状況下なら、まともに本なんて読めませんよね

 ボクは、週間SPAや裏モノジャパンを読んで、ゲラゲラ笑ってましたけど、とてもそんな気分になりませんよね


 袴田さんの事件も、東電OL殺人事件と同じで、検察の証拠開示に重大な問題があるんですよね

 簡単に言えば、被告人に有利、すなわち検察にとって不利な証拠を、敢えて開示しなかったんです

 確かに、手続き上は、検察は収集した証拠を全て開示しなければならない義務はありません

 つまり、有罪にする為に、自分達に都合のいい証拠だけを選んで裁判に出せばいいのです

 しかしながら、果たしてこれでイイのでしょうか

 これは、ボクの裁判もそうでしたが、ホント由々しき問題で、刑事裁判のあり方を根底から考え直さないといけません


 ともかく、袴田さんは釈放されて、ホントにホントにホントに良かったですね

 出来ることなら、是非袴田さんや袴田さんのお姉さんにインタビューしたいですね


 
 と、言うような、2014年3月迄の事件簿でした

 皆さんの中で、印象に残った事件はありましたか


 明日は、4月~6月を振り返る予定です

 

 人気ブログランキングバナー


 


 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います)