日本初(?)有罪率99.9%の刑事裁判で〝二度も〟無罪判決を勝ち取った男のブログ!

過去、二度も刑事裁判の被告人として法廷に立たされるも、自力で反証、反駁をし二度も無罪判決を勝ち取る!そんな私が、あらゆる事を綴る!

意外な展開。



 こんにちは

 今日も、北風ビュービューで参っちゃいますね

 くれぐれも、風邪を引かいないように気を付けましょう


 昨日は、冤罪コンサルタント初のケースをお話しました

 ホント、特捜部に逮捕されるなんて〝大物〟ですよね


 さて、今日は、接見禁止一部解除請求を出した後のお話をします


 ボクが、LINEで不明な点を教え、彼女さんはその通りに裁判所宛に接見禁止一部解除請求を出したと、報告がありました

 すると、次の日に以下の内容のラインが届きました


 『何か、特捜部からいきなり電話が来ました

 『○○(彼氏)さんとは、どういう関係なんだ

 『何か、預かっているものはないか

 『何で、この方法を知っているんだ

 『とか、色々聞かれました。』



 と、言う内容でした

 要するに、接見禁止一部解除請求を出したら、特捜部の検事から電話が来たと言うのです

 こんなの、ボクが知る限り前代未聞です

 普通は、接見禁止一部解除請求を出したからといって、殊更検察官が問い合わせしてくるなんてないですから


 今回の対応には、二点理由があって、まず、裁判所に接見禁止一部解除請求を出すと、その請求に対し裁判所は検察官に意見を訊くのです

 これは、保釈の請求の時も同じで、最終的な判断は裁判所によりますが、形式的にでも検察官に意見を訊かないといけないのです


 接見禁止一部解除決定書



 この写真のとおり、〝検察官の意見を聴いた上〟と、なっていますよね

 ですから、一応裁判官は、検察官に意見を訊くのです

 だからと言って、検察官の意見に縛られることはありません

 あくまでも、最終的な判断は裁判官なので、検察官がダメだと言っても、それに縛られず独断で決定を出せます


 それともう一点、彼女さんに直接電話が来た理由は、ボクはもしかしたらと思い、

 『接見禁止一部解除請求書に、自分の携帯の番号を書きませんでした

 と、訊くと、

 『はい。書きました。』

 との事だったのです

 やはり、彼女さんは、ご丁寧に自分の携帯番号を接見禁止一部解除請求書に記載したそうなのです

 だから、特捜部の検事は、彼女さんの連絡先を知り、電話を架けたという事なのです


 とは言え、例え電話番号が記載してあったとしても、普通は連絡なんてして来ないものですがね

 
 恐らく、前記のとおり、特捜部の検事が『何で、この方法を知っているんだ』と、彼女さんに聞いたように、この裏技を知っている彼女さんを、只者ではないと思ったのでしょう(笑)

 だから、背後に何かあるんじゃないかと勘繰ったのです

 しかし、彼女さんには彼氏さんから何か預かったりとか、事件には一切関与していないので、何を言われようが否定するしかありません

 そもそも、逮捕自体が寝耳にウォーターなんですから、逮捕を予見して彼氏さんに協力するも何もありません

 
 また、彼女さんは、検事からこの方法の入手先を訊かれた時に、気を利かせて〝ネットで見付けた〟と、言ってくれたそうなんです

 ボクとしては、〝逆転無罪のブログを読んで〟と、言ってもらって全然構わなかったんですがね

 別に、法律に触れる事を書いている訳ではないんですからね


 と、言うように、いかにあの接見禁止一部解除請求が、裏技か分かるでしょう


 彼氏さんは、逮捕事実を完全否認している為、こうして接見禁止が付いているので、その裏を掻い潜る接見禁止一部解除請求は、特捜部からすれば非常に煙たいのだと思います


 しかし、手紙の内容は、何ら事件に関係のないことですから、検察官も反対意見を出したとしても、裁判所は許可せざるを得ません

 そして、案の定、それから一週間位経った頃に、彼女さんから、

 
 『接見禁止一部解除決定が出ました。』


 と、LINEが届きました

 そうです

 特捜部の検事から電話がありましたが、無事に手紙は彼氏さんの元に届いたのです


 きっと、彼氏さんも突然の手紙に、それも本来なら手紙が届かない状況なのに届いて、相当嬉しいでしょうね

 これは、経験者しか分かりませんが、何者にも代え難いくらいメチャメチャ嬉しいのです


 こうして、紆余曲折ありましたが、無事に彼氏さんの元へ、ラブレターを送ることが出来ました

 めでたしめでたし

 ボクも、お役に立てて何よりでした


 因みに、彼女さんからは、今でもたまに何か質問があるとLINEが来て、返せる時に返信しています


 さて、明日は、昨日ニュースになったあの話題について触れたいと思います



 人気ブログランキングバナー


 


 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います)