日本初(?)有罪率99.9%の刑事裁判で〝二度も〟無罪判決を勝ち取った男のブログ!

過去、二度も刑事裁判の被告人として法廷に立たされるも、自力で反証、反駁をし二度も無罪判決を勝ち取る!そんな私が、あらゆる事を綴る!

判決直後の彼女は?



 こんにちは

 今日も、清々しい陽気ですね

 九十九里海岸のトドは、無事に保護されて良かったですね


 昨日は、カレッシーの判決についてお話しましたね

 懲役二年と言う、ボクが予想した通りの判決となり、カレッシーは塀の向こうへと消えて行きました…。


 さて、今日はカレッシーの判決を聞いたXさんについてです

 果たして、彼女はどんな行動を執ったのか

 
 
 ボクは、判決終了後、ホームで彼女が乗った電車を見送るように、カレッシーを見送った後、ボクはXさんに電話をしました

 元々、彼女はカレッシーから傍聴に来ないでくれと言われていたので来場せず、ボクが判決終了後に電話で判決内容を伝える段取りになっていたのです

 その理由は、自分がブレスレッドをしている姿を見られたくないから、との事です

 なので、裁判所を出て直ぐにダイヤルを回しました(笑)

 ところが、一向に出ないのです

 仕方ないので、判決内容をラインしましたが、一向に既読になりません

 
 その後、ようやく折り返し電話があったのが一時間後でした

 ボクは、電話に出なかった理由を訊ねると、〝スマホの写真をWi-Fiでパソコンに取り込んでて気付かなかった〟とのこと…

 この回答を聞いて、ボクは非常に呆れ、


 『普通さ、大事な人の判決なら気になって、受話器をを握り締めて電話が掛かって来るのを待ってるんじゃないの


 と、彼女に言いました

 勿論、その辺は彼女の価値観なのでボクが口出しすることは出来ませんが、とは言え普通は彼氏の判決なら気になって気になって、一秒でも早く結果を知りたいと思うんですよね

 
 皆さんも、そう思いませんか

 自分の大事な人が、判決を迎え、何年か懲役に行かなければならない状況なら、非常に気になると思うんですよね

 勿論、実刑は免れないのは分かっていたとは言え、その期間がどの位なのかは、敢えて意識しなくても無意識に気になると思うんですよね

 ホントに、その人の事が好きならば


 じゃあ、彼女はカレッシーの事がそんなに好きじゃなかったのかと言うと、そうではないんです

 実は、カレッシーが保釈で出て来てから、彼女はボクに『私結婚するかも』と、言っていたのです(笑)

 だからボクは、『えっこれから懲役に行く人間と結婚なんて出来るのと、言いました(笑)

 だってそうでしょう

 これから、刑務所に何年か確実に行かなきゃいけない人と、結婚なんて考えられますか

 だって、結婚したって、のっけから別居ですよ(笑)

 それも、仕事の都合で家が別々と言うレベルならまだしも、シャバとムショの別居なんて、開きがあり過ぎるでしょう

 奥さんは、もう浮気し放題

 だって、旦那は塀の中に居るんですから、LINEも出来なければ電話も出来ないんですから、何をやってもバレっこない(笑)


 それはさておき、ともかくこれから刑務所に行かなきゃならない人間と、それも初めてではなく何度目かの〝オツトメ〟になる人間と、そもそも結婚をしようと思う彼女の考えがボクには理解出来ませんでした

 きっと、皆さんもそうではないですか

 千差万別、十人十色、蓼食う虫も好き好き、とは言いますが

 まっ、心理学には〝ロミオとジュリエット効果〟と言うものが存在するので、もしかしたらその通りになってしまったのですかね


 と、言う位の思いが彼女にありながら、愛しのカレッシーの判決時に、呑気にWi-Fiで写真を取り込んで電話に気付かないんですから、つくづく究極のアホだなと思いました

 そりゃあ、そんなにカレッシーの事が好きじゃない、と言うのならまだしも、結婚しようとまで想っているのに、何でその運命を左右する判決が気にならないのかが分かりません

 ホント、彼女の矛盾する行動に首を傾げながら、ボクは判決内容を伝えると、彼女は特に驚きもせず、淡々と〝二年か~〟と呟いていました

 そこでボクは、

 『二年懲役に行っても、結婚するの

 と、意地の悪い質問をしてみると、彼女は、

 『どうしようかな…』

 と、笑いながら答えていました

 全く、どこまでバカなんだか

 そんな事を思いながら、ボクは電話を切りました


 そして、ボクはその後のカレッシーの状況を聞こうと彼女に連絡すると、何と彼女は思わぬ行動を執ったのです

 その行動とは

 続きは、また明日お話する予定です

 

人気ブログランキングバナー





 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います)