日本初(?)有罪率99.9%の刑事裁判で〝二度も〟無罪判決を勝ち取った男のブログ!

過去、二度も刑事裁判の被告人として法廷に立たされるも、自力で反証、反駁をし二度も無罪判決を勝ち取る!そんな私が、あらゆる事を綴る!

思わぬ掲示物。



 おはようございます

 今日も、秋晴れですが寒いですね

 これから、もっともっと寒くなってくるので、くれぐれも注意しましょう


 昨日は、初めての横浜地裁についてお話しました

 ホント、オサレな場所に鎮座していて、建物自体も新旧のコラボレーションで鮮やかでした


 さて、今日は横浜地裁傍聴記の続きです


 ボクは、カレッシーの開廷時間を念の為確認した後、まだ時間があったので周りを少し散歩することにしたのです

 と、言うのも、裁判所前に到着した時に、この光景が目に入ったので、裁判所の直ぐ側に検察庁があるのだな、と思ったからです

 それがこちら


 (※スマホの方は、画像を何回かタップすると大きくて綺麗な画像が見れます


     護送バスハッケン


     護送バス



 昨日の、裁判所正面の写真を撮る時に、ふとこの光景が目に入ったので、ボクは瞬時に〝あっ、検察庁が隣にあるんだな〟と、悟ったのです

 何故かと言うと、坂の途中に護送バスが停まっていたからです

 このバスで、あちこちの警察署から、被疑者を乗せて検察庁へと護送するのです

 
 これを、業界用語で〝集団押送(しゅうだんおうそう)〟と言い、逆に重大な事件の被疑者等、他の人と一緒にしないほうが良い場合には、個人単位で運ぶ〝単独押送(たんどくおうそう)〟があります

 一番分かりやすい見分け方は、テレビで送検時の様子が映った時に、他の被疑者と紐で繋がれながらバスに乗る際は集団押送、一人で周りを警察官に囲まれてワゴン車に乗せられる場合は単独押送です

 まっ、単独の場合は、大きな事件を起こしたり、マスコミを賑わすような事件を起こした人が適用されますね

 勿論、ボクは集団押送でした

 
 これを見て、ボクは裁判所の隣に検察庁があるのだなと思ったのです

 そもそも、大体どこの裁判所も、直ぐ側に検察庁があるんですよね

 なので、ここも例外ではなかったようです

 
 案の定、隣の建物に行くと、検察庁が鎮座していました


     横浜地検(1)


     横浜地検(2)


     横浜地検(3)


 ここに、毎日被疑者が運ばれて来て、検察官と対峙するのです

 ボクは、〝ここが横浜地検か~〟なんて物思いに耽りながら周りを見渡すと、ふと検察庁の掲示板に目が行きました

 すると、非常に面白い掲示物をハッケンしたのです

 それらがこちら


     押収物還付公告(1)


     押収物還付公告(2)


     押収物還付公告(3)


     押収物還付公告(4)


 これらは、検察庁脇の掲示板に掲示されていて、その名も〝押収物還付公告〟

 ボクは、初めて見る内容だったので、早速調べてみることに

 すると、下記の条文が見付かりました


 ○刑事訴訟法第499条第3項の規定により国庫に帰属した押収物の取扱要領の制定について(通達)

 
 1 制定の趣旨

 刑事訴訟法(昭和23年法律第131号)第499条第2項の規定により司法警察員が押収物の還付に関する公告を行った場合において、公告をした日から6か月以内に還付の請求がないときは、その押収物は、同条第3項の規定により国庫に帰属することから、国庫に帰属した押収物の具体的な取扱いについて定めるものである。

 2 施行年月日

 平成23年10月12日



 って、ことなんですが、要するに逮捕した被疑者から証拠品を押収したけど、還付するから還して欲しい人は公告をしてから六ヶ月以内に請求してね、請求がない場合は国のモノになりますよ、ってことです


 でも、こんなの誰が受け取りに来るのでしょうか(笑)

 しかも、品目を見ると、覚せい剤だとか注射器だとか、催涙スプレーだのバールだのと、犯罪の道具屋かと思うような代物ばかりです(笑)

 まっ、犯罪者から押収したのですから当然なのですが


 受還付人は期間内に請求されたい、なんて歌っていますが、絶対に誰も請求しないでしょう

 そもそも、こんな公告があるなんて殆どの人が知りませんし、ボクでさえ初めて知りました

 仮に、全然関係ない第三者でも受け取れるんでしょうかね

 受け取ったとしても、覚せい剤ならその場で逮捕じゃないですか(笑) 

 ホント、何でこんな無意味な事をするんでしょうかね

 全く、笑っちゃいますよね


 と、そんな事を思い首を傾げながら、ボクはカレッシーの法廷へと向かいました

 

人気ブログランキングバナー





 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います)