日本初(?)有罪率99.9%の刑事裁判で〝二度も〟無罪判決を勝ち取った男のブログ!

過去、二度も刑事裁判の被告人として法廷に立たされるも、自力で反証、反駁をし二度も無罪判決を勝ち取る!そんな私が、あらゆる事を綴る!

今日で、ブログを始めてから丁度一年が経ちました!


 おはようございます

 昨日の雨も上がり、今日は天気が良さそうですね

 たまには、涼しい日もあっていいでしょう


 昨日は、彼女が居た札幌刑務所のご飯事情をお話ししましたね

 ホント、刑務所レベルといは言え、ご飯のウマイマズイは死活問題ですから


 さて、今日はちょっと話題を変えて、、タイトルにある通り本ブログを始めて、今日で丸一年が経った事についてお話ししたいと思います

 
 去年の8月13日に、『奇跡の逆転無罪判決』と言う、記事から産声を上げたこのブログも、早いもので今日で丸一年が経ちました


 ホントに、ホントに、ホントに、ありがとうございます

 こうして、この拙いブログを続けられるのも、皆さんのお蔭だと痛感しております


 
 今日は、丁度一年が経ったので、このブログの誕生秘話(ってものでもないけど)をお話しようと思います

 
 そもそも、ボクがこのブログを始めようと思い付いたのが、逆転無罪判決〝後〟ではなく、逆転無罪判決〝前〟なのです

 そう、ボクは、小菅ヒルズのB棟11階39室に居る時から、〝逆転無罪になって、絶対にこの体験記をブログで発信するんだ〟と、心に決めていたのです

 これは、後出しジャンケン、詰まり逆転無罪になったから言っているのではなく、ホントに被告人として拘置所にぶち込まれている時から描いていた青写真だったのです

 その証拠に、被告人だった当時、ボクに多大なアドバイスをしてくれている、〝桃山商事の清田先生〟に、手紙や面会時に話していたのです


 勿論、この時は、単なる取らぬ狸の皮算用以外の何物でもありませんでした

 何故ならば、逆転無罪判決なんて、そうそう滅多に出る物ではないからです

 確かに、控訴審の流れ的には、逆転無罪の流れでしたし、逆に逆転無罪になるのにはこの流れを踏まない限り有り得ませんでしたから、その公算は大きかったでしょう

 しかしながら、それは判決を聞いて初めて分かる事ですから、判決が出るまでは全く安心出来ません

 従って、この時のボクの考えは、非常に不確定要素の多い砂上の楼閣だったのです


 でもボクは、例え不確定要素の多い砂上の楼閣だとしても、とりあえずは建てておくだけで、もの凄く強いモチベーションになりました

 どんな時でも、どんな状況に居ても、前を向いて目標を持たないと、人間はダメになってしまいますからね

 ボクは、常にそう思っているので、独房の中からでも、いつ訪れるか分からない自由に強いモチベーションを抱いていました


 また、これは確実に裏の取りようがないので、作り話だと疑われるかも知れませんが、当時ボクが居たフロアを4日に一回のサイクルで担当する当直の若い職員が居たのですが、その職員とはホントに仲が良くて、しょっちゅうボクの部屋に立ち寄ってくれて、色々と話していました

 彼からは、拘置所の色々な舞台裏を聞いたりと、いつも15分の見回りの度に、ボクの部屋に寄ってしゃべっていました

 当直の職員は、基本暇なので、ボクと話すのも良い時間潰しだったのでしょう

 当然、話の流れの中で、ボクの裁判の状況も話していたので、ボクはその職員に、

 
 「ボクが逆転無罪になってシャバに出たら、ブログを始めるから、是非とも内田浩樹で検索してみてね。」 


 と、口癖のように言っていたのです

 これホントの話ですから


 そして、現実にその通りになり、当然仕事上ボクが逆転無罪になった事は分かるので、もしかしたらその職員もこのブログを見てくれているかも知れません

 改めて、バイクとパチスロが好きな担当さん、当時はいつもいつも話してくれてありがとうございました

 ホント、当時は4日に一回話せるのを、心待ちにしていました

 今度は、いつの日か奇跡的にシャバで話せる日を心待ちにしています


 と、ボクは裁判中から、このブログの立ち上げを考えていたのです


 そして、ボクが夢にまで見た結果を手に入れ、判決から14日後に無罪が確定してから、いよいよブログ立ち上げの準備を始めました

 そう、ボクは無罪になってから、直ぐにブログを立ち上げようとは思わず、きちんと無罪が〝確定〟してからブログを書き始めようと思っていたのです

 何故なら、もし検察が上告して来たら、まだ無罪は確定せず被告人のままだからです

 すなわち、ブログのタイトルを謳えないのです

 だから、ボクはじっと判決後14日間が過ぎるのを待っていたのです(笑)


 そして、7月16日に無事に無罪が確定し、被告人から一般人に復帰して、いよいよ念願だったブログを書けると、欣喜雀々としたのを覚えています
 
 この時、ボクに多大なる影響を与えてくれたのが、フリーライターで、失恋ホスト〝桃山商事〟の代表である清田先生です

 彼は、ボクの裁判を、一審から全て傍聴に来てくれて、唯一ボクの仲間ではの皆勤賞なのです

 ボクの逆転無罪劇を、間近で見ていた〝生き証人〟です(まだ生きてますwww)

 ボクは、彼に〝絶対にボクの裁判は面白い事になるから観に来た方が良い〟と、言っていて、それをホントに実行してくれたのです

 だから、一審で〝キセキ〟の有罪判決を受けて地獄に落とされた瞬間も、控訴審で〝キセキ〟の逆転無罪判決を受けて天国に舞い戻った瞬間も、全て見ているのです

〝最悪〟〝最高〟の両方を見届けたのです


 ボクは、彼にブログをやる上で、どうすれば良いか、どう書けば良いか、等々多大な意見を頂戴して参考にして来ました

 それが、現在に繋がっている訳です

 このブログを書く上で、彼の意見はかなり重要視しているのです

 因みに、逆転無罪の赤いアイコンも、清田先生がデザインしてくれたのです

 改めて、この場を借りて、大変ありがとうございますと言いたいです

 そして、今後とも色々とアドバイスをお願いします


 改めて、このブログでの一年を振り返ると、初めは何をどう書けば良いか分からず、使い方も良く分からずで、右往左往しましたが、徐々に慣れて来て現在に至っています

 クオリティーとしては、全然まだまだだと思いますが、ボクはボクなりのやり方、書き方で色々と伝えて行ければ良いなと思っています

 
 昨日現在で、これまで219本の記事を書きましたが、これがどんな数字なのかは分かりません(笑)

 多いのか、少ないのか、そんなのは全く分かりません

 ただ、ボクとしては、記事の数が多い少ないに拘わらず、ボクのブログから皆さんが些細な事でも良いので、何かを感じ取ってくれる事が、何よりの喜びであり幸せであるのです

 〝今日の内容面白かったよ〟とか〝いつも読んでますよ〟とか言ってもらえる事は、ホント作者冥利に尽きます

 改めて、ありがとうございます


 また、ボクと直接会った事がない読者の方、たまにコメントをくれる方、ホントにホントにありがとうございます


 今日で一年が経ちますが、来年もボクが何かを綴っているかは分かりません

 もしかしたら、今月で終了してしまうかも知れないし、10年位続くかも知れませんし、こればかりはボクの気分次第なので分かりません(笑)

 ですが、このブログが続く限り、皆さんには温かい目で見守って頂き、応援してくれればと思います


 とにかく、この一年、ボクの稚拙な文章にお付き合い下さってありがとうございます

 今後とも、当ブログをどうぞ宜しくお願い致します


 ※明日から、お盆休みに入るので次の更新は18日になります



人気ブログランキングバナー





 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います)