日本初(?)有罪率99.9%の刑事裁判で〝二度も〟無罪判決を勝ち取った男のブログ!

過去、二度も刑事裁判の被告人として法廷に立たされるも、自力で反証、反駁をし二度も無罪判決を勝ち取る!そんな私が、あらゆる事を綴る!

小菅ヒルズでのショッピング。

 こんにちは

 台風も、関東を直撃しないで通り過ぎたみたいで何よりでした

 しかし、今回の台風で甚大な被害に遭われた方々には、心よりお見舞い申し上げます

 
 さて、昨日は小菅ヒルズでのお風呂事情についてお話ししましたね

 ホント、入浴時間がカラスの行水かと思うような短さでしたね

 加えて、このご時世に洗顔フォームではなく、牛乳石鹸で顔を洗わないといけないと言う不条理…

 こう書くと、つくづく当たり前かつ自由にお風呂に入れることが幸せですよね


 今日も、ヒルズでの生活について訊いて行きました


 内 『東拘でさ、毎回買っていた物って何

 X 『あんぱんとメロンパンかな。』

 内 『へぇ。そう言えば、食パンって山崎の超芳醇だった

 X 『いや、ノーブランドだったよ。』

 内 『えっ。じゃあ、どっかの知らない工場が作ってるようなやつ

 X 『そうそう。』

 内 『じゃあ、変わったんだね。今は、山崎の超芳醇だから

 X 『へぇ。いいな~。そう言えば、食パンに色々挟むのが流行ってたよ。』

 内 『挟む何を挟むの

 X 『おかずとかを挟んで食べるんだよ。』

 内 『へぇ。そういう事してたんだ。後は、コーヒースティックとか買ってなかった

 X 『あ~。買ってた買ってた。』

 内 『お湯が配られて、それでコーヒー飲んでたでしょう

 X 『あ~、飲んでた飲んでた。懐かしいね。ってか、こんな事で話が盛り上がるなんてヤバいよね。(笑)』

 内 『しょうがないじゃん、現実にあった事なんだから。(笑)』


 小菅ヒルズこと、東京拘置所では、買える品目は決められていますが、文房具や日用品から食糧品までそれなりにショッピングが出来るのです

 そこで、彼女が毎回購入していたのが、あんぱんとメロンパンだったそうです

 
 因みに、ボクは、毎回超芳醇を注文して、一日一枚ずつ食べていました

 パンに塗る、チョコやピーナッツも購入してたので、それを箸で塗って食べていました

 まあ、単なる食パンで、トースターで焼けもしないのに、これがウマイのなんの

 しかし、シャバに出て来てからは、一度も焼いてないパンにチョコを塗って食べてなんかいません

 何故なら、そんな事をしなくても、トースターで焼けたりと、選択肢が沢山あるからです

 単なる焼いてない食パンに、何かを塗って食べると言う選択肢は、ボクの中では最下位なのです

 きっと、皆さんもそうじゃないですか

 

 確かに、ヒルズでは食パンに始まり、菓子パンも購入出来ましたが、その種類と言ったらホントふざけていて、あんぱん、ジャムパン、メロンパン、うぐいすパン、クリームパン、イチゴジャムとマーガリンのコッペパンしか買えませんでした

 ですから、今時のコンビニに売っている様な、オサレなチョコデニッシュとかランチパックだとかは一切買えませんでした

 ってか、このご時世にうぐいすパンなんて買いますか

 そもそも、うぐいすパンって知ってますか(笑)

 少なくとも、ボクは知りませんでしたから、購入しようとは一切思いませんでした


 ホント、今振り返ると、ヒルズで購入出来る菓子パンはドノーマルな物しか買えませんでした

 うぐいすパンもそうですが、単なるジャムパンとかクリームパンって、皆さん買いますか

 そもそも、そんなドノーマルなパンは、コンビニじゃ見掛けませんよね

 何故、見掛けないかって、ドノーマル過ぎて売れないからです

 しかし、野球で言う二軍選手の様なパンでも、ヒルズじゃ一軍スタメンなのです

 これは、その種類しか購入出来ない為、その中から選ばざるを得ないからです

 要するに、選手(パン)自体が少ないから、試合に出さざるを得ないのと同じです

 これらのパンも、ボクの時は全て山崎パンでしたから、相当な売り上げがヒルズから生まれているのでしょう


 後、コーヒースティックと言うのは、ヒルズでは午前10時と午後3時の二回、お湯が配られて、そこでインスタントコーヒーや紅茶やココアが飲めるのです

 尤も、そのインスタントのコーヒー等は、自分のお金が無いと購入出来ませんから、予め購入日に買っておかないといけません

 そうしておかないと、いざお湯が配られてもコーヒーが飲めませんからね

 この、たかがインスタントコーヒーは、シャバに居る時のように、好きな時に好きな物を買えない反動から、とってもとってもウマイのです

 だから、ボクは毎日欠かさず飲んでいました


 きっと、今だとセブンカフェが大人気ですから、チラッと寄った時に100円でコーヒーを買うかと思います

 それが、10時と15時と決められていたらどうでしょうか

 多分、その時に飲むコーヒーは、いつにも増して美味しいはずです

 これは、自分の自由意志では買えない反動が、同じコーヒーの味なのにも拘わらず、美味しさを倍増させるのだと思います

 つくづく、自由にコーヒーを買えるのって幸せですよね


 因みに、ヒルズでは、どうやって文房具や日用品や食糧品を購入するのかと言うと、マークシートに記入して購入するのです

 各品物に、コード番号が決められていて、その番号をマークシートに塗り潰し、数量も塗り潰すのです

 各曜日に、何が購入出来るか決まっていて、例えば金曜日なら日用品の購入日で、昨日の話で出たエッセンシャルシャンプーはコード番号が226でしたから、マークシートに226と数量の1を塗り潰していました

 そして、金曜日に注文した日用品は、翌週の水曜日に届くのです

 ですから、食糧品も同じく、注文してから手元に届くまで多少のタイムラグがあるので、無くならない事を見据えて購入しないといけません



 さて、今日はこの辺にしておいて、続きはまた来週お話しします

 良い週末を
 


人気ブログランキングバナー





 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います)