日本初(?)有罪率99.9%の刑事裁判で〝二度も〟無罪判決を勝ち取った男のブログ!

過去、二度も刑事裁判の被告人として法廷に立たされるも、自力で反証、反駁をし二度も無罪判決を勝ち取る!そんな私が、あらゆる事を綴る!

次に向かった場所。

人気ブログランキングバナー





 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います。)


 おはようございます

 今日は、生憎の雨ですね…

 今週最後の金曜日、飲み過ぎには注意しましょう


 昨日は、逆転無罪判決から丁度一年目の同日同時間帯に、懐かしの小菅ヒルズに行き、一年前の再現をしてきたお話でした

 あんな馬鹿げたことが出来るのも、逆転無罪になったからこそだと思っています(笑)

 正に、〝逆転無罪特権〟です(笑)


 今日は、この〝逆転無罪特権〟の続きをお話しします

 
 ボクは、7月2日に、小菅ヒルズに行くのは勿論のこと、もう一つ外せない場所がありました


 それは…。


 東京高等裁判所です


 まっ、殆どの方が予想出来たでしょうけど(笑)


 やはり、ボクの逆転無罪は全てはここから始まっていますから、すなわち原点なので、外す訳にはいきません

 ただ、逆転無罪判決後も、幾度となくここを訪れているので、久し振りの再会では全く無いですが、例の〝勝負服〟を着ての再会はまだでしたし、どうしてもやりたいこともあったので、7月2日がベストだったのです


 ボクは、小菅ヒルズで一通りの撮影を終えた後、ハンドルを霞ヶ関へと切りました

 護送バスでは、常に首都高で行くのですが、この日は空いてそうだったので、下道で向かいました

 小菅から、だいたい30分位で霞ヶ関の官庁街に到着し、いつも電車で足を運んでいた見慣れた景色が見えて来ました


 東京地方(高等)裁判所前

 (※サムネイルなので、画像を何回かタップすると大きく表示されます


 この日は、注目の裁判が無かったのか、非常に閑散としてました

 尤も、到着したのが17時近かった事もありますが


 そして、ボクが逆転無罪判決後にどうしてもやりたかったことがこちら


 逆転無罪だ!

 

 逆転無罪だぜぇ!


 ボクは、逆転無罪判決後に、どうしてもこれをやりたかったのです(笑)

 良く、何か注目の判決があると、弁護士が〝勝訴〟とか書いた紙を持って走って来るじゃないですか

 あれですあれです

 あれを、やりたかったんですよ

 弁護士じゃなくて、逆転無罪の当事者が

 去年の7月2日から、幾度となくここを通っていますが、〝勝負服〟を着ての登場は一年振りでした

 
 一年前の7月2日、ボクはこの格好で、東京高等裁判所506号法廷13時30分に、


 『主文。原判決を破棄する。被告人は無罪。』


 の、一言で582日振りの自由を手に入れました


 一年前は、この格好に、ブレスレッドを嵌められて護送バスで来たのに、帰りはブレスレッドを嵌められずに帰りました

 こうして、その時の格好で同じ場所を訪れてみると、いつにも増して、その時の状況が鮮明に蘇って来ますね

 つくづく、一年前の同じ日のあの瞬間を、絶対に忘れてはならないと思いました


 
 その後、ボクは〝逆転無罪一周年〟を祝うべく、家族とある場所へと向かいました


 その場所とは…。


 勝負服で叙々苑


 ここです(笑)

 しかも、敢えて〝勝負服〟で、焼肉を食ってやろうと思い、そのままの格好で来ちゃいました(笑)

 ここは、同じ叙々苑でも、西新宿にある東京オペラシティ53階にある、日本で一番高い場所にある焼肉屋さんです

 何故、ここを選んだのかと言うと、つい一年前までは小菅ヒルズの11階に居たのに、その一年後は更に高みの場所で、小菅ヒルズを見下ろしながら(実際は見えないけど)、美味しい焼肉を食べてやろうと思ったからです


 実際、小菅ヒルズは見えませんが、新宿の摩天楼は一望できます


 綺麗な景色(1)

 
 綺麗な景色(2)


 とても綺麗ですよね

 勿論、夜景の方が綺麗なのですが、写真を撮ってもガラスに反射しちゃって上手く撮れなかったので、明るい時の写真を載せました

 
 で、食べた物の一部がこちら


 定番の叙々苑サラダ


 定番の叙々苑サラダ


 
 ねぎタン塩


 ねぎタン塩

 まずはこれからでしょう


 壺漬けカルビ


 壺漬けカルビ

 ハサミで切るのが面倒ですが絶品
 

 上カルビ


 上カルビ

 メチャメチャ脂が乗っててジューシー


 そして、最後は記念にパシャリ…。

 
 夜景が綺麗



 改めて、一年前の7月2日に、ボクは582日振りにシャバへと復帰した訳ですが、こうして自分が一年前に居た場所を振り返ると、何とも言えぬ感情が込み上げて来ます

 まるで、下水管が破裂して、水柱が立ち、当たり一面が水浸しになるような、そんな感じです

 こうして、一年後にこんな馬鹿げたことが出来るのも、前提は自由であるからこそです

 自由じゃなければ、馬鹿げたことをやりたくてもやれませんからね…

 ですから、何度も言うとおり、いつまでもこの初心を忘れずに、当たり前のことを有り難いと思いながら精進して行きたいと思います


 そして、ボクのブログを見て、一人でも多くの方が何かを感じ取ってくれたなら、作者としてこれ程嬉しい事はありません


 
 さて、来週は、例の彼女のお話の続きです

 ワールドカップも、ベスト8が出揃ったので、しっかりと見届けましょう

 それでは、良い週末を