日本初(?)有罪率99.9%の刑事裁判で〝二度も〟無罪判決を勝ち取った男のブログ!

過去、二度も刑事裁判の被告人として法廷に立たされるも、自力で反証、反駁をし二度も無罪判決を勝ち取る!そんな私が、あらゆる事を綴る!

一年振りの再会。

人気ブログランキングバナー





 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います。)


 こんにちは

 今日も、いい天気ですね

 
 昨日は、ボクの記念すべき逆転無罪判決から一周年が経ったお話でした

 しつこいですが、ボクは平成25年7月2日に、一年七ヶ月、582日振りにシャバへと復帰しました

 正に、〝キセキの生還〟でした

 改めまして、皆さんには心底感謝しております


 今日は、昨日丁度一周年を迎えるに当たり、懐かしの場所へと行って来たので、その模様をお話しします

 
 懐かしの場所と聞いて、皆さんなら大体何処の場所かは想像が付くと思います

 そうですそうですよ

 あの場所です


 小菅ヒルズ(1)


 (★サムネイルなので、画像を何回かタップすると大きく表示されます


 小菅ヒルズこと、東京拘置所です

 
 ボクは、582日振りに自由の身となった、一年前と同じ時間帯に敢えて訪れて、リアルに再現しました

 何故そうしたのかと言うと、一年前のあの瞬間を忘れない為です

 いつも、当たり前のことを有り難いと感じれて、何事にも感謝できる気持ちを忘れない様に、その原点に立ち返ったのです

 自分への戒めです


 ボクが、一年前釈放されたのが午後4時位で、昨日ほど暑くはなかったです

 一年前も晴れていましたが、昨日ほど真夏日ではありませんでした


 では、ここからは、582日振りに釈放された状況を再現したので、お送りしますね


 小菅ヒルズ(2)


 この面会受付の出入口から出て来ました


 ボクが居たB棟


 ここは、ボクが居たB棟で、左側の建物の一番上の階に居ました

 部屋の場所は、この写真の一番上の手前側の窓ら辺です


 面会受付入口


 ボクは、ここから台車を引いて出て来ました

 小菅ヒルズに、面会に来た人なら分かると思いますが、この入口は一般の人と弁護人が面会する為に入る所です


 勝負服!


 この服に見覚えがある人は、ボクの裁判を傍聴しに来た人です(笑)

 ボクは、毎回この服で、一審の初公判から控訴審の判決まで出廷していました

 ボクにとっては、正に〝勝負服〟でした

 どうせ、一年前の再現をするのなら、出来る限りリアルに近付けた方が良いと思い、一年前と全く同じ格好で出向いてやりました(笑)


 一年前の再現(1)


 この道を、台車を押して歩いて出口に向かっていました

 この時、職員が一人付いて来ていました

 それは、荷物を降ろしたら、台車を回収する為です
 

 一年前の再現(2)


 この時は、こんな感じでキョロキョロして、本当に現実なのかまだ信じれてませんでした(笑)

 
 一年目の再現(3)

 
 ホント、フワフワした感じで歩いていました(笑)
 

 一年前の再現(4)


 こうやって、台車を押していました

 何故、台車なのかと言うと、ボクは荷物が沢山あったので、それらを全て持ち帰らないといけないからです

 帰る時は、要らない荷物を何一つとして廃棄してくれないのです…

 ダンボール4箱に、布団一式と、とにかく荷物が多かったのです


 一年前の再現(5)


 そして、出口について、荷物を降ろして職員とお別れです

 ホント、この辺は非常に冷たくて、荷物を降ろしたら後は勝手にどうぞと言う感じで、どう帰ろうがこっちは知ったこっちゃないと言う感じでした(笑)

 まあ、そりゃそうなんですが、何か釈然としませんでした


 迎えのタクシーを待つ


 荷物を歩道に降ろして、家族にタクシーを呼んでもらいました

 タクシーを待つ間、こうしてフェンスに座り、目の前の自販機で582日振りに缶コーヒーを飲みました

 それが、またウマイのなんの

 この時も、まだこれが現実なのか信じられない心境でした


 そして、迎えのタクシーが来たのですが、荷物が多すぎて入りきるか心配でしたが、何とか足元にダンボールを置いたりして、ギリギリ荷物と人間を乗せて、582日振りに自宅へと帰って行きました


 
 感慨に耽る(1)


  
 感慨に耽る(2)


 ちょっと、感慨に耽ってみました

 一年前までは、この建物から出る為に、深海から水面に上がるように一生懸命もがきまくって、ようやく息が出来ました

 ホントに、この深海は深くて遠かった…。

 でも、今はやっと抜け出せて、普通に楽しい生活を送れているので、何と幸せな事でしょうか


 そんな事を想いながら、ボクは次の目的地へと向かいました

 果たして、その場所とは(だいたい想像が付くよねwww)

 続きはまた明日