日本初(?)有罪率99.9%の刑事裁判で〝二度も〟無罪判決を勝ち取った男のブログ!

過去、二度も刑事裁判の被告人として法廷に立たされるも、自力で反証、反駁をし二度も無罪判決を勝ち取る!そんな私が、あらゆる事を綴る!

突然の吉報(^O^)

人気ブログランキングバナー





 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います。)


 おはようございます

 今日は、雨も上がり過ごしやすそうな日ですね


 昨日は、求意見書の通知に対して、ボクが作成した「刑事補償請求意見書」の全文を公開しましたね

 これと言って、新しい主張は無かったのですが、折角意見を言える機会を与えてもらったので、言いたいことを言わせてもらいました


 今日は、その後の展開についてお話ししますね

 
 ボクは、2月18日にこれらの意見書を簡易書留で裁判所へと送付しました

 簡易書留にした理由は、万が一届かなかったら嫌だからです

 まっ、こんな事は殆ど無いのですが、確実に2月19日迄に必着させる必要があったので、簡易書留にしておけば追跡番号で追えるからです


 ボクとしては、その後どのように展開して行くかは一切分かりません…

 いかんせん、初体験の事ですから、右も左も分からない…

 とにかくは、何らかのリアクションを待つしかない

 
 〝決定が出る前に一度電話が来るのか

 〝更に何か追加で提出する物があるのか

 〝もしかしたら裁判所に呼ばれるのか



 等々、妄想しながら待つしかありません


 
 そして、一ヶ月が経ち…。

 
 二ヶ月が経ち…。


 と、簡単に書いてますが、待っているボクはそれはそれは長く感じます(笑)


 ボクは、〝そろそろ連絡が来てもいい頃だな…〟〝GW前には結果が出るんじゃないか…〟等と、日々妄想していたある日、普段滅多に電話して来ない父親から突然電話のベルが鳴りました


 
 ボクは、スマホの画面を見て、父親からの着信だと知った瞬間、〝おっ来たか〟と確信しました

 〝来たか〟と言うのは、裁判所からの連絡、詰まり〝特送〟が届いたかと言う意味です

 そんな事を思いながら、スマホの画面を人差し指で右にスライドすると、

 『あっ、オレだけど』

 と、いつもの声色の父親の声が聴こえて来て、ボクは、

 『はいはい。どうしたの

 と、その先の言葉をなんとなく分かっているのにも拘わらず、敢えて確認すると、

 『あのさ、ほら、裁判所からまた何か手紙が届いているぞ。』

 と、予想通りの答えが返って来たので、心の中で〝ヨシッ〟とガッツポーヅをしながら、

 『もう、手元にあるの

 と、訊ねると、

 『いや、不在票が入ってたからまだ取りに行ってないぞ。』

 と、返って来たので、ボクは、

 『じゃあ、ボクが取って来るからそのまま分かる所に置いておいて。』

 と、言い電話を切りました


 不在票が入っていたと言う事は、これは間違いなく〝特送〟こと特別送達を意味しています

 また、時間的に考えても、何らかの結果が出てもいい頃だったので、ボクの心中では〝決定が出たな〟と思っていました

 以前、聞いた弁護士の話では、請求を出してからだいたい二、三ヶ月掛かると言っていたので、ボクが各請求書を提出したのが1月16日で、父親からの電話が4月22日だったので、丁度時間的にも合致しています

 とは言え、やはり一つ一つ事件が違いますから、過去はそうだったとしても、今回のボクがそれに当てはまるとは限りません…

 ですから、今回の〝激アツ〟な特送でも、中を見るまでは分かりません…

 前回の様に、想定外な〝求意見書〟で、おもいっきり肩透かしを食らった前例があるので、余り過度な期待をするとそうじゃなかった時のショックがデカいので、ちょっと注意しました(笑)


 しかしながら、矛盾しますが、〝今回の特送は絶対に決定の報せだな〟と、確信していました(笑)


 
 ボクは、今回もいつもより予定をチャッチャと切り上げて、前回の時(求意見書の時)よりも急いで帰りました

 気分は、通勤快速じゃなくて、のぞみの気分です(笑)


 その帰宅の最中、母親とラインしていると、何とボクの地元の郵便局の〝ゆうゆう窓口〟が、21時迄だと言う事実が発覚しました

 ボクは、以前池袋に住んでいた時は、〝ゆうゆう窓口〟は24時間空いていたので、いつでも不在票の郵便物を受け取りに行けたのです

 なので、ボクはそのつもりでいた為、余裕をぶっこいて電車に乗っていると、母親からの報せで、ボクの自宅の集配局は21時迄だと言う事を急遽知ったので、郵便局には母親に行ってもらうことにしました

 ホントは、ボクがゆうゆう窓口で受け取りたかったのですが…

 こればかりは仕方ありません…

 今日中に、どうしても内容を見たかったので、ボクの乗っている〝のぞみ〟では郵便局に間に合わないので、仕方なく母親に取りに行ってもらいました


 そして、逸る気持ちを抑えながら自宅に着くと、そこには前回と同じ茶色い封筒が鎮座していました

 それがこちら


 特別送達

(※スマホの方は、画像を何回かタップすると大きく表示されます!)


 今回も二通なので、間違いなく、〝刑事補償請求〟〝裁判費用補償請求〟の何らかの結果が入っています


 この中身は一体…。


 続きは、連休明けに


 是非、連休中は悶々として下さい(笑)


 良いGWを