日本初(?)有罪率99.9%の刑事裁判で〝二度も〟無罪判決を勝ち取った男のブログ!

過去、二度も刑事裁判の被告人として法廷に立たされるも、自力で反証、反駁をし二度も無罪判決を勝ち取る!そんな私が、あらゆる事を綴る!

裁判費用補償請求意見書。

人気ブログランキングバナー





 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います。)


 こんにちは

 いよいよ、昨日からGWが始まりましたね

 皆さんは、GWに何処かへ出掛けるのでしょうか

 ボクは、何処かに出掛ける予定は無く、のほほんと過ごしたいと思います

 因みに、本ブログも、キッチリGW休みをさせて頂きますので、宜しくお願いします(赤い日のみ)


 先週は、求意見書について、裁判所に訊きに行ったお話でしたね

 全く、裁判所と言う所は、非常に不親切ですよね…

 一言、電話か文章で教えてくれれば良いのに…


 さて、今日は、ボクが作成した求意見書を全文公開します

 折角、何か言いたい事があるのなら更に言っていいとのことだったので、じゃあ言わせてもらおうかな、と。


 では、早速行きましょう



 平成26年(や)第1号


 意 見 書

 平成26年2月17日

 東京高等裁判所第四刑事部 御中

 本籍 埼玉県〇〇〇市〇〇区〇〇町〇丁目〇〇〇〇番地

 住所 埼玉県〇〇〇市〇〇区〇〇町〇丁目〇〇〇〇番地

 請求人 内 田 浩 樹

 昭和51年12月15日生


 1 意見の趣旨

 平成26年2月5日に、東京高等裁判所第四刑事部より、刑事訴訟法188条の7、刑事補償法14条前段に基づき意見を求められたので、それについて回答する。


 2 請求の正当性

 本件請求は、本来であれば裁判を受ける必要のない請求人が、小原優作と後藤隼の偽証により起訴された事件である。
 加えて、検察は自分達に都合の悪い証拠を多数隠蔽していたのは、同時に提出した「刑事補償請求書」に詳述の通りである。
  
 請求人が、何らかの行為をして、その点の法令解釈の結果、罪には当たらないと言う無罪判決とは違い、本件は明らかに請求人には一切の非や違法性は皆無である。

 従って、請求人は刑事裁判を受ける必要性は一切なかったのであるから、その裁判に掛かった弁護士費用は補償されて然るべきである!


 3 検察官の回答

 本件請求に対して、恐らく検察官は「本件請求は理由がないから、棄却を求める」と主張して来ると思料される。
 しかし、本件請求が極めて正当であるのは前記の通りであるし、また、別途「刑事補償請求書」でも詳細に主張した通りである。

 従って、裁判所は検察官の意見こそ理由がないものと判断して然るべきである。


 4 請求の決定

 本件請求は、何度も主張している通り、極めて正当であって請求人には何の落ち度もないのであるから直ちに請求通りの決定を下すべきである!
  
 本来、支払う必要のない弁護士費用を支払っているのであるから、支払った分は還って来て当然である。

 また、金額も90万円と、決して安い金額ではない事も併せると、請求人の金銭的負担は非常に重いのであるから、その点を十分に考慮して頂きたい。

 以上の通り、裁判所におかれましては、一日も早い決定を下して頂きたい事を、強く、強く希望する!



 以上です


 この意見書の主張通り、ボクの意見は認められたのでしょうか…。


 請求額は、満額下りたのでしょうか…。


 いつ、決定は下りたのでしょうか…。


 詳細は、近々詳報しますね


 明後日は、刑事補償請求意見書を全文公開しますね