日本初(?)有罪率99.9%の刑事裁判で〝二度も〟無罪判決を勝ち取った男のブログ!

過去、二度も刑事裁判の被告人として法廷に立たされるも、自力で反証、反駁をし二度も無罪判決を勝ち取る!そんな私が、あらゆる事を綴る!

ボクの正直な思い…(;´_ゝ`)


人気ブログランキングバナー





 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います。)



こんにちは

今日は、風が大変強いですね


昨日は、上告とは何ぞやと言うお話をしましたね

何故、ボクが上告の話をしたのかと言うと、逆転無罪になっても、検察が上告する可能性があったからです

その意味を理解していないのに、上告上告と言っても、何の事かさっぱり分からナッシーじゃないですか。

なので、敢えて上告について触れさせてもらいました

とは言え、上告についてはもっと奥が深いのですが、それを全て話すととんでもない事になるので、要点だけを触れさせてもらいました

まっ、上告とは殆どが棄却される裁判、だと思えばいいですね



さて、今日はボクが逆転無罪判決後に、検察はどういう出方をして来るのか、どのように考えていたのかをお話します(^-^)


ボクは、逆転無罪判決後から、久し振りの自由を満喫しながらも、正直悶々としたものがありました…

例えるなら、魚の骨が喉につっかえた様な

と、言ってもボクはその経験が一度もないんですがね。(笑)

常に、ふとした瞬間に、


『検察は上告して来るのかな…』


と、言う一抹の不安を抱えて居ました


何度も言う通り、検察が上告すればボクは自由の身でありながらも被告人のままで、可能性は低いながらも万が一は判決が覆る可能性があるからです

ですから、ボクの気持ちとしては、『絶対に上告して来るな』と言う思いでした(T_T)

加えて、『上告しても、この判決を覆すのは相当無理だろうな』と言う思いもありました

その理由は、昨日お話した通り、仮に検察が上告しても上告理由に当たらないからです


とは言うものの、正直なボクの気持ちとしては、


『検察は意地でも上告して来るな』


と、言う思いでした…

そう、ボクは絶対に検察は上告して来ると思っていたのです

ボクは、家族にも回りの人間にも、

『恐らく、検察は上告して来るよ』

と、言っていました

それに対し、ボクの両親も『そうだろうな』と言っていました



何故、そう思ったのかと言うと、ボクは過去にも一度無罪判決を受け確定させています

そうすると、今回も無罪判決が確定となると、一人の人間に対して“二度も”無罪判決を確定させることになるからです

これは、日本の刑事裁判史上初めての事でしょう


だって、このblogのタイトルにある通り、日本の刑事裁判の有罪率は99.9%です

逆に、無罪判決を受ける確率は、たったの0.01%です

その、たったの0.01%の奇跡を二度も起こすなんて、通常じゃあり得ませんから、
検察としては何とかそれだけは回避したいと言う思いがあるでしょう

これは、検察の威信にも関わりますからね


ところがどっこい、逆転無罪判決後の14日目の検察の対応は、余りにも予想外のものでした


その対応とは…


続きはまた明日\(^-^)/