日本初(?)有罪率99.9%の刑事裁判で〝二度も〟無罪判決を勝ち取った男のブログ!

過去、二度も刑事裁判の被告人として法廷に立たされるも、自力で反証、反駁をし二度も無罪判決を勝ち取る!そんな私が、あらゆる事を綴る!

逆転無罪判決から八ヶ月が経ちました…。

人気ブログランキングバナー





 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います。)


 おはようございます

 今日から、三月の新しい週がが始まりましたね


 さて、先週は那覇簡易裁判所での傍聴についてお話ししましたね

 ホント、法廷も簡易でビックリさせられました


 今日は、当初那覇簡裁の傍聴の続きをお話しようと思ったのですが、昨日は3月2日で、丁度逆転無罪判決から八ヶ月が経ったので、その事についてお話ししますね

 本来なら、毎月2日は判決〝月〟命日なので、先月もこのタイトルでお話ししなければいけなかったのですが、ついついうっかりして失念してしまいました…

 なので、先月の分も含めて今日はお話しします

 
 只今申し上げた通り、「判決〝月〟命日をうっかり失念してしまった」訳ですが、これこそが正に初心忘れべからず、ではなくて『初心忘れている』なのです

 やはり、逆転無罪判決から当然日々時間は流れて行く訳で、その時間が経てば経つほど、ついそのありがたみと言うか、重みを忘れてしまいがちなんですよね…

 逆転無罪〝前〟は、今当たり前に過ごして居る〝自由〟を最大級欲していて、大袈裟ですが〝夢〟にまで見ていました

 ところが、いざその〝夢〟が手に入ると、それが当たり前になり、それを欲していた時の事実を忘れがちなんですね…

 そうすると、当たり前の事を有り難いと感じなくなって来てしまう…

 勿論、そんな風には感じていませんが、自分自身への警鐘として…

 例えるならば、狙った女を口説く前は一生懸命〝おもてなし〟していたのに、いざ口説けたらそのおもてなしをしなくなってしまう…

 所謂、〝釣った魚に餌をやらない〟状態ですかね。(笑)

 因みに、ボクはそ、そ、そ、そ、そ、そ、んなこたありません…(滝の様に流れる汗)

 これではいけません

 特に、ボクの様な経験をした人間ならば、そういう経験が無い人よりも、尚更その当たり前が有り難いと感じ易いはずなのに、その大事な判決〝月〟命日を失念するなんて、とんでもない〝金髪豚ヤロー〟ですね

 ボクは、自分に怒ってます(笑)

 なので、改めて気を引き締めたいと思います

 と、ノムさんのボヤキみたいになってしまいましたが


 さて、改めて逆転無罪判決からの八ヶ月を振り返ると、毎度の事ですがあっという間に過ぎ去ってしまった印象です

 今年は、〝自由の身〟で年末年始を迎えられ、ごくごく普通で至って平和なお正月を過ごせました

 未だに、年末年始に録画した数々の特番をなかなか時間が無くて観れていません…

 去年は、小菅ヒルズの独房で、当時毎日取っていた日刊スポーツのテレビ欄を眺めながら、「うぉ~、これメッチャ面白そう観たいな~」と、何度となく思った事か…

 それが、今年はそんな事は思わず自由に観れたんですから、これはこれはとてつもなく幸せじゃないですか。

 この感覚は、ボクと同じような体験をしないと、なかなかリアルに感じ取れないのではないでしょうかね…

 一見すると、「こいつ何でも感動し過じゃね」と、思われるでしょうけど、そう思われる位の感覚になってしまうのが〝拘置所生活〟なんですよね…

 だから、ボクがこう綴って、それに対して前記のように思われるのなんて全然構わナッシーなのです


 で、一月は近々お話しする予定の「刑事補償請求」「裁判費用補償請求」の書面作成に追われて、あっという間に半月が経ってしまいましたね

 お蔭で、何とか期限までに提出できたので、後は幾ら補償されるのかを待つばかりです

 この模様は、別途カテゴリを設けて詳細にお話ししたいと思います

 今回は、弁護士を付けずに全て自分でやったので


 その後は、今お伝えしている人生初の沖縄に行ったり、アルバイトをしたり、ジムに行ったり、週末はサッカーをしたりと、ホント充実した日々を送らせてもらっています

 ボクが言うのもあれですが、二月は何と言っても関東地方は大雪に見舞われたのが大きな出来事だったのではないでしょうか。

 二週続けてでしたから、結構いい迷惑でしたね…

 タイミング的に、〝ホワイトバレンタイン〟になりましたが、ホント迷惑この上なかったですね

 まっ、この迷惑さを感じられるのも〝シャバ〟に居られるからなんですけどね

 これが、もし小菅ヒルズに居たら、何にも感じられませんでしたからね…

 当然、雪景色なんて見れませんから

 部屋の窓から、外の景色は殆ど見えませんから…

 あっ、影響を受けるとしたら、平日の屋外運動が恐らく中止になった位でしょうか。

 
 何より、洗い物をする時にお湯が使えるのが最高ですよね

 「はっそんなの当たり前田の敦子じゃん」と、思うでしょうが、去年のボクはこの時期小菅ヒルズの独房で、洗面をする時や洗い物をする時は、全て水でやっていました

 そうです、小菅ヒルズでは部屋に備え付けの水道からは、水しか出ません…

 お湯なんて、一切出ません…

 唯一、お湯が使えるのが週二回の入浴時の時だけです

 もう~、これが冬は冷たいのなんの

 ホント、出来る限り水道は使いたくなかったですが、どうしたって水道を使わないといけないですからね…

 だから、なるべく水に触れる時間を短くして、洗面とか洗い物をしていました

 今振り返ると、とても懐かしいですね

 
 また、冬は沢山洋服を着なくては寒いので、色んな洋服を着れるのでこれは非常に楽しいですよね

 〝コーディネートはこーでねーと〟なんてね(笑)

 去年なんて、小菅ヒルズではこの時期スウェットしか着てませんでしたから、コーディネートも糞もありません。(笑)

 だって、誰に見られる訳でもなく、デートする訳でもないのに、毎日洋服を変えたって何の意味があるんでしょうか。

 だから、今年は何処かに出掛ける時に、洋服とニラメッコをしながら〝どれを着ようかな~〟と考えるのがとてつもなく楽しいのです

 ホント、自由あっての事ですからね


 ともかく、逆転無罪後初の一月二月は、極めて冬らしさを満喫出来ましたね

 まっ、今もそれは継続中ですが


 改めて、こうして逆転無罪から八ヶ月が経った事を綴れるのも、周りの方々のお蔭だと心底感じています

 この場を借りて、お礼を言わせて下さい

 本当に、本当に、ありがとうございます

 ホント、ボクは幸せ者ですね


 さて、明日は逆転無罪in沖縄簡裁傍聴記をお送りしますね