日本初(?)有罪率99.9%の刑事裁判で〝二度も〟無罪判決を勝ち取った男のブログ!

過去、二度も刑事裁判の被告人として法廷に立たされるも、自力で反証、反駁をし二度も無罪判決を勝ち取る!そんな私が、あらゆる事を綴る!

大森警察署のご飯事情。

人気ブログランキングバナー





 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいナッシー!)


 ハイサイ~

 今日も、天気良いさぁ~

 と、突然沖縄チックになりましたが、実は28日~30日まで37年目にして初めて沖縄に行ったのです

 いやはや、沖縄に行った経験のある方なら、ホント誰もが感じていると思いますが、沖縄はとっても最高さぁ~

 逆転無罪in沖縄編については、来週辺りに色々とお話ししますのでご期待下さいさぁ~(笑)


 さて、一昨日は留置場と拘置所のお風呂事情についてお話ししましたね

 ホント、〝カラスの行水〟でしたね…

 〝湯船でゆっくり身体を暖めよう〟なんて事は、一切出来ませんでしたからね…

 因みに、書き忘れましたが、留置場も拘置所もドライヤーは無いので必然的に自然乾燥になります

 従って、クセ毛の人とか(ボクは正しく)髪の毛が伸びて来ると大変です…

 一応、拘置所では櫛やコームは購入出来るのですが、いかんせん熱風を当てられないので櫛があっても余り意味が無いんですよね…

 この辺の事情は、〝拘置所の床屋事情〟で詳しくお話ししますね


 で、今日は留置場の食事事情についてお話ししますね

 基本的には、朝、昼、晩、と三食支給されるのはデフォルトです

 まっ、当たり前田の敦子ですが。(笑)


 まずは、ボクが最初に留置されていた警視庁大森警察署からお話しします

 結論から言うと、〝とっても究極に最悪に激マズ〟でした

 これは、警視庁管内で一度でもパクられて、留置場に入った経験がある方ならボクと同感だと思います…

 
 基本的には、三食全てお弁当なんですね

 しかし、そのお弁当が冷たい冷たい…

 そりゃあ、美味しい駅弁の様に、冷めても美味しいお弁当ならば冷えてても大丈夫ですが、いやいや留置場のお弁当は駅弁と同じ〝弁当〟と言う括りは一緒でも、天と地程の開きがありました


 お弁当は、一重のお弁当で、メインの美味しくないおかずに、申し訳程度に副菜がちょっぴりある程度…

 そこに、茶碗一杯位の白米が敷いてあります

 今は、スーパーでも大変ボリュームがあるお弁当で、298円とかで販売していますので、それと比較するとこの留置場のお弁当は20円位のクオリティーでした


 朝は、7時前には支給され、白米におしんこが少々にふりかけが付いていたりと、メチャメチャ質素極まりない

 それに、味の薄い味噌汁が一杯

 飲み物は、お茶ではなくて何と〝白湯〟です

 詰まり、単なる〝お湯〟です

 
 あの、皆さんは単なるお湯を飲む機会ってありますか

 あるいは、自ら積極的にお湯を飲みますか(笑)

 まず、お湯だけを飲む人なんていないのではないでしょうか。

 これは、現在の自販機事情を見れば一目瞭然でしょう

 ミネラルウォーターは売っていても、ミネラル〝ホット〟ウォーターは売ってませんよね…

 すなわち、それだけ全く需要がないと言う証拠ですね

 
 なのに、警視庁管内留置場は、毎回ご飯の時にお湯を支給するのです

 完全な時代錯誤も甚だしいと思いませんか

 ってか、せめて安い物でいいからお茶にしてくれよ、と声を大にして言いたい


 で、普通に考えて、お湯単体で飲むと全然美味しくないじゃないですか

 試しに、お湯を沸かしてそれだけで飲んでみて下さい(笑)

 決して美味しくないですから

 
 ところが、ところがですよ、初めはマズイと思っていた単なるお湯が、毎日嫌々ながらでも飲んでいると不思議な事に美味しく感じて来てしまうのです

 ホント、究極の底辺ですよね…

 だって、単なるお湯が美味しく感じる位ですから、お湯以上の味が付いた物なら何でも美味しく感じますからね。(笑)

 そういう意味では、この〝お湯体験〟は貴重だったのかも知れませんね…

 まっ、強制的に支給されたから無理矢理飲んだだけで、自らお湯を選択する事なんて決してないですが。


 そして、昼食は12時丁度に支給され、警視庁の留置場は毎日食パンが4枚と、それに塗る物とジュースと一品の揚げ物のパターンでした

 パンは、8枚切りの厚さで4枚入っていて、学校の給食で支給される小さいジャムやチョコレートが、日替わりで組み合わせを変えて3品支給されます

 例えば、今日はイチゴジャムとマーガリンだったら、明日はチョコレートとピーナッツと言う様に。

 マーガリンは、デフォルトで毎日支給されましたね

 ボクは、パンが大好きなので昼食は結構好きでしたね

 とは言え、あくまでも留置場レベルでの話です。(笑)

 〝シャバ〟と比較したら、それはそれは話になりませんから

 ボクは、いつも何だかんだでパンは全部食べてましたね


 続いて、夕食ですが、17時に支給されてある種メインのお弁当ですが、これがホントふざけたお弁当なんですよね…

 例えば、メインのおかずは、オリジン弁当なら野球で言う所の二軍の選手なのに、警視庁のお弁当では一軍のスタメン扱いなんですからね(笑)

 一体、どこがメインだよ、って毎日毎日疑問に思っていました

 そんな〝選手〟が、スタメンで出てる位なんですから、そりゃ質も落ちますよね

 一応、お弁当のおかずが入る部分には、食べ物で全て埋まっているのですが副菜もマズイマズイ…

 それに、量も少ないので全然お腹一杯になんてなりません…


 では、たらふく食べたい人はどうするのかと言うと、お金がある人は自分でお弁当を購入出来るのです

 これを、業界用語で〝自弁〟と言います

 〝自〟分で買うお〝弁〟当だから自弁なんですね

 ボクも、自弁を何回か購入して食べましたが、まあまあ美味しかったですよ

 あくまでも、留置場レベルでの話ですよ。(笑)

 生姜焼き弁当や、ミックス弁当等々、そこそこ種類も豊富でした

 この自弁は、各警察によって発注業者が違うので、それぞれお弁当の内容が異なります

 
 こうして、警視庁大森警察署でのご飯事情を振り返りましたが、つくづく最悪でしたね…

 ホント、今は自分がいつ何を食べようが自由ですから、これ程幸せな事はありません

 因みに、逆転無罪後に〝シャバ〟で、一度もお湯は飲んでません

 今日は、そんなお話でした

 
 来週は、ボクが再逮捕されて移送した、千葉東警察署での食事事情をお話しします


 良い週末を