日本初(?)有罪率99.9%の刑事裁判で〝二度も〟無罪判決を勝ち取った男のブログ!

過去、二度も刑事裁判の被告人として法廷に立たされるも、自力で反証、反駁をし二度も無罪判決を勝ち取る!そんな私が、あらゆる事を綴る!

拘置所のラジオ事情。

人気ブログランキングバナー





 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいナッシー!)


 おはようございます

 相変わらず、厳しい寒さが続いていますが、いかがお過ごしでしょうか

 ホント、こんな寒い中、小菅ヒルズでは一応暖房が効いていますが、効いているのはあくまでも部屋の前の通路だけなので、詰まり、職員が仕事をするのに寒くならないようにする為のものなのです

 一応、食事等を入れる〝食器孔〟と言う、小窓の下に長方形の網目状の窓があって、そこから通路に流れている空気が入って来るという建前なんですが、実際はほんの申し訳程度しか空気は入って来ません…

 ですから、独房の中には殆ど暖かい空気は入って来ませんので、事実上暖房は効いていないのと同じです…

 なので、防寒対策の服を着て、手袋を常にしていないと寒くて寒くて仕方ないです…

 ってか、それでも暖かい訳ではなく、何とか寒くないというレベルです。

 とにかく、冬の小菅ヒルズ、すなわち拘置所はとても、メチャメチャ寒いのです

 単純な話で、皆さんは現在暖房を使用していると思いますが、それを付けないで生活すれば、拘置所と同じ真冬を実体験出来るので、是非ともやってみて下さい(笑)

 因みに、その際、洗い物をする時にお湯を使ってはいけません

 何故なら、拘置所では、ご丁寧にお湯なんて出ないからです…

 部屋に備え付けの水道は、あくまでも水しか出ません

 お湯が出るのは、唯一入浴時のお風呂だけです

 従って、この厳冬の中、一切暖房を使用せずに、洗い物等は全て水を使用するという生活が、拘置所の冬の生活なのです…


 さて、昨日は拘置所のお正月事情をお話ししましたが、あんな所でも若干気を遣ってくれている事実を、知って頂ければといいかな、と。

 今日は、拘置所繋がりで、拘置所のラジオ事情についてお話しします

 早速、皆さんに質問ですが、普段の日常生活の中で、ラジオって聴きますか

 おそらく、殆どの方が、〝聴かないな~〟と、回答するのではないでしょうか。

 職業柄、運送関係の方は、移動の車の中で聴くと言う方は多いかと思います

 やはり、普段の生活では、圧倒的にテレビを何気なくでも付けるのが、無意識の行動でしてしまうのではないでしょうか。

 
 今回、何故拘置所のラジオ事情をお話ししようと思ったのかと言うと、単純に拘置所でラジオを聴いていたらすっかりラジオが好きになってしまったからです

 で、これ結構勘違いしている人が多いのですが、拘置所ではテレビは観れません

 テレビが観れるのは、あくまでも刑務所であって、拘置所では観れません…

 おそらく、こう言った勘違いの原因は、拘置所と刑務所が一緒くたになっているからだと思います。

 では、拘置所ではテレビが観れない代わりに、ラジオが流れているのです

 流れる時間帯や、放送番組はその施設によって違いますが、基本的には平日は夕方5時から夜9時の消灯までで、土日祭日は朝9時から夜9時まで流れています

 平日の昼間は、施設によって、お昼に一時間だけ流れたり、午前と午後に30分だけ流れたりと、施設によってバラツキがありますが、要は平日の昼間は殆ど聴けません

 土日祭日は、小菅ヒルズでは、朝9時からラジオが流れますが、11時になったら一回切れて12時から流れ、夕方4時に一回切れて、5時からまた流れます

 
 因みに、小菅ヒルズでは面白い現象があって、毎日お昼少し前と夜6時50分から、NHKラジオのニュースが流れているのですが、お昼に流れるニュースはその日の朝7時のニュースを録音したものが流れ、夜のニュースはその日の昼のニュースを録音したものが流れるのです 

 詰まり、ニュースに完璧なタイムラグがあるのです。

 何故、こんな事をしているのかと言うと、証拠隠滅を防ぐ為と、拘置所にとって都合の良くないニュースを削除する為らしいのです

 例えば、リアルタイムにニュースの情報源を聴いて、共犯者が起訴事実を認めたのかとか、裁判でどんな証言をしたのか等、ニュースから入って来る情報にタイムラグを置くことで、そう言った情報を遮断とまではいかなくても、制限をかけているのです。

 ボクから言わせると、こんなことをした所で、一体何の意味があるんだってつくづく思いますよ

 だって、身柄を拘束されている以上、一体どんな証拠隠滅が出来るんだって話です

 しかも、そのニュースに制限をかけた所で、他の番組でもちょくちょくニュースが流れる為、そこでリアルタイムのニュースが聴けちゃうので、実は全く意味が無いんです。(笑)

 流石に、小菅ヒルズも生放送のラジオに対しては何も出来ませんからね…


 一方、ボクが一審時に居た千葉刑務所では、こんな面倒な事は一切しなくて、そのままリアルタイムのラジオが聴けました

 ただ、千葉刑務所はその名の通り刑務所なので、夕方5時からではなく、6時からじゃないとラジオが流れないんですよね…

 これは、刑務所のテレビ視聴が原因と思われます。

 基本的に刑務所では、平日は夜6時から9時までがテレビ視聴時間なので、ラジオもそれに合わせているのだと思います

 千葉刑務所では、所在地が千葉県と言う事もあってか、比較的bayfm78が多く流れていた気がしました

 ホント、千葉刑務所の番組選局に関しては、ボクの中では酷かったですね…


 そして、控訴審の為に移送した〝小菅ヒルズ〟ですが、ボクの印象ではまだ千葉刑務所より良かったです

 小菅ヒルズは、所在地が東京にあるからか、比較的TOKYO FMとJ-WAVEが多く流れていた気がします

 小菅ヒルズの番組選択も、〝なんでやねん〟と首を傾げたくなるものも多々ありましたが、全体的にはまあまあかなと思いました


 さて、明日はボクが居た千葉刑務所、東京拘置所で当時流れていた番組を、思い出せる範囲で書こうと思います