日本初(?)有罪率99.9%の刑事裁判で〝二度も〟無罪判決を勝ち取った男のブログ!

過去、二度も刑事裁判の被告人として法廷に立たされるも、自力で反証、反駁をし二度も無罪判決を勝ち取る!そんな私が、あらゆる事を綴る!

2016年01月の記事

野々村選手に会いたい😄😄



 こんにちは(´∀`)ノ

 今日は暖かいですね♨☀

 
 昨日も、野々村選手の話題をお話しました✒

 在宅起訴なのに、まさかまさかの勾留と言う異例の強制拘束となりました💨💨💨

 法律上では、在宅起訴の人間も場合によっては勾留出来るのですが、それが執行されることは殆どなく、事実上は在宅起訴なのに勾留なんてまずありません😅😅😅

 にも拘らず勾留されてしまうなんて、ある意味逆転無罪になるのと同じ位稀有でしょう💡💡

 そういう意味では、野々村選手はサプライズを起こしてくれるので嬉しい限りです😄😄😄(笑)


 さて、今日も野々村選手についてお話します✒

 今日は一体どんな事だと思うでしょうが、実は野々村選手が異例の勾留をされたことで、面白いことを思い付いちゃったのです😃💡

 それは、野々村選手に会いに行こう、と言うことです❗❗❗

 仮に、野々村選手が勾留されずに自宅に帰っていたら、マスコミでない限り野々村選手の自宅を知る由もありません💦💦💦

 それに、ヨネスケみたいに“隣の晩御飯~🌃🍴”って訳にはいかないですからね😅

 自宅に突撃した所で、突き返されるのがオチでしょう😒😒😒


 しかし、今回勾留されたことで野々村選手の所在が否が応でも判明してしまったのです💡💡💡

 それは、神戸拘置所です🏢🏢🏢

 野々村選手は、神戸拘置所に被告人として勾留されているので、直接面会に行けば会えます❗❗❗

 但し、理論上は😓😓😓

 理論上は、接見禁止がついていない限り、面会受付をすれば面会出来ます💡💡

 しかし事実上は、全く見ず知らずの人が行っても、野々村選手が会いたがらないでしょう😓😓😓

 ましてやあんな○チガイですからね😓😓⤵(笑)

 
 拘置所では、面会人が来ると職員から『○○さんという人が面会に来たよ』と教えてもらえるので、自分が全く知らない人で会いたくないと思えば拒否出来るのです😅💦

 また、面会室まで行って入り口のドアの小窓から、どんな人なのかを確認してから拒否する事も出来ます💦💦💦

 すなわち、面会を受け入れるも受け入れないも本人の自由だと言うことです❗❗❗

 まっ、関東圏内ならダメ元で面会に行ったのですが、流石に神戸までは現実的に行けないですよね⤵⤵⤵

 もし、神戸拘置所からそう遠くない人は、行ってみてもいいかも知れません😄😄(笑)


 
 一方で、神戸拘置所に居ると言うことは、もう1つ野々村選手にアクセスする方法があります💡💡💡

 それは手紙を書くことです📩📩📩
 
 神戸拘置所に居ることは分かっているんですから、神戸拘置所の住所に野々村選手の名前を書けば確実に本人に届きます✉✉

 ただ、本人が届いた手紙を読むかどうかは全く別問題ですが😒😒😒

 でも、所在が分かっている以上、読んでもらえるかはともかく確実に届きます💨💨💨

 
 なので、ボクは野々村選手に手紙を書いてみようかなと思うのです❗

 内容は思案中ですが、返事をもらうなら擁護するような内容が良いのか、あるいは疑問に思っている事を率直にぶつけるか、非常に悩むところです( ̄~ ̄;)

 とは言え、この2ヶ月の間しか、接触するチャンスはないと思うので、考えて手紙を出してみようと思います✨✨✨

 その際は、どんな内容の手紙を送ったのかblogで公開しますので、是非楽しみにしていて下さい😉

 今日はそんなお話でした✒😄

 
 今後もますます目が離せない野々村選手に注目です👀
 

 さて、来週はボクが年末年始にハマった高校サッカーについてお話する予定です✒

 それでは良い週末をお過ごし下さい😊😊

 

 人気ブログランキングバナー


 


 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います)


異例の強制拘束❗❗❗



 こんにちは(・∀・)ノ

 今日は結構暖かいですね♨☀

 朝は寒くても、昼間がこのくらい暖かいと良いですね😆😆😆


 昨日は、あの号泣会見で有名になった野々村選手についてお話しました✒

 通常なら発布される事のない勾引状を発布され、強制力で法廷に引きずり出されるなんてホントに異例中の異例です💨💨💨

 更には、素直に罪を認めるのかと思いきや、一転して完全否認に転じるなど、全く理解出来ない行動を採っています💦💦💦


 さて、今日も当初の話題を変更してお話しします✒

 何故なら、全く予想外の展開が待っていたからです✨✨

 まずはこちらをご覧下さい👀


 野々村元議員 在宅起訴でも拘置所に勾留 異例の措置に


 政務活動費をだましとった罪などで在宅起訴された兵庫県議会の元議員、野々村竜太郎被告について、神戸地方裁判所は26日の初公判の後、拘置所に2か月間勾留する異例の措置をとりました。
 裁判所は、次回の裁判に出廷しないおそれがあるためとしていて、審理は今後、元議員の身柄を拘束したまま進められる見通しです。

 兵庫県議会の議員だった野々村竜太郎被告(49)は、おととし7月までの3年間に、兵庫県の城崎温泉などに344回にわたって日帰り出張をしたとするうその報告などで、政務活動費910万円余りをだまし取ったとして、詐欺などの罪で在宅起訴されました。
 26日の初公判で、野々村元議員は「虚偽の申請で政務活動費の返還を免れたことはありません」などと述べ、起訴された内容を否認した一方、政務活動費の使いみちなどについては、「覚えていない」と繰り返し、具体的な説明をしませんでした。

 これを受けて、裁判所は元議員を3月25日まで2か月間、拘置所に勾留することを決めました。
 
 在宅起訴された被告が、初公判の後、身柄を拘束され、勾留されるのは異例です。

 裁判所は、野々村元議員が、当初、去年11月に予定されていた初公判を正当な理由がなく欠席したことなどから、次回の裁判に出廷しないおそれがあるためとしていて、審理は今後、元議員の身柄を拘束したまま進められる見通しです。



 と言うことで、何と野々村選手は初公判の後身柄を拘束されてしまったのです❗❗❗

 これは超異例のことです💨💨💨

 少なくとも、ボクは今まで聞いた事がありません😅😅😅


 では、何で超異例なのかと言うと、野々村選手は在宅起訴されているので、本来ならシャバで普通に生活しながら裁判を迎えれるからです😃💡

 在宅起訴と言うのは、その名の通り家に居ながら起訴されるという意味なので、殊更身柄を拘束されることはないのです❗

 普段の日常と変わらず、仕事に行ったり遊んだりと言う社会生活を送りながら、指定された日に裁判所に行けばいいだけなのです✨✨

 ですから、同じ起訴でも、在宅起訴はスゴく楽なのです😅😅

 通常は、逮捕され身柄を拘束されたまま起訴されるので、拘置所で不自由な生活を送りながら裁判を迎える訳です🔍👓

 それが、自由の身で裁判が受けられるんですから、ホント天と地程の開きがあります💨💨💨

 だって、在宅起訴なら仕事にも行けるし、ラーメン二郎を食べたければ食べに行けるし、ジムに行ってトレーニングをしたければ出来るし、セックスしたければ出来るわで、勾留されているよりも全く世界が違うからです💦💦💦


 今回は、これだけの事件を起こして起きながら、何故か在宅起訴されただけなので、本来なら野々村選手は自宅から裁判所に行けば良いのです💦💦

 しかしながら、昨日お話した通り前回の初公判をバックレたが為に、異例の勾引状を発布されて強制的に法廷に引きずり出されました💧💧💧

 通常なら、勾引状の効力は24時間なので昨日の初公判が終了したら自宅に帰れるのです💡💡

 ところが、そうは問屋が下ろさなかったのです😅💦💦

 神戸地裁は、今後も野々村選手が出廷しない恐れがあるとして、新たに2ヶ月間の勾留を決定したのです✨✨

 そして、野々村選手は神戸拘置所へと移送されました🚌🚌🚌


 この背景には、これまでの野々村選手の言動が影響したのは間違いありません❗❗❗
 
 誰がどう見たって、完璧に頭がオカシイ奴なんですから、次回の公判に必ず出廷するか大変怪しいところです💨💨💨

 そこで神戸地裁は、敢えて在宅起訴なのにも拘わらず、勾留を決定したのです📄📄

 
 一見すると、裁判所の独断で今回の異例の勾留を決定したと思われがちですが、実際は違います😓😓😓

 実際は、神戸地検が神戸地裁に勾留請求をして、それが認められたのです❗
 
 ですから、裁判所が勝手に勾留を決めたのではなく、神戸地検の請求に基づいて、その結果勾留が決定したのです😅💦

 なので、もし神戸地検が勾留請求をしなければ、今回の異例の勾留はなかったのです💨💨

 確かに、検察からすれば“コノヤロー”と思うでしょうからね😒😒😒

 検察だけではなく、きっと全国民がそう思っているでしょう😡😡😡

 そんな感情論だけではなく、明らかに野々村選手はオカシイですから、何とか次回の出廷を担保したいと思うのは自然の流れでしょう😓😓

 いくら、裁判所は検察の自動販売機だと言われていても、普通は在宅起訴の人間を勾留することに躊躇を覚えるはずですが、それでも勾留を決定したと言うことは、野々村選手はよっぽど裁判所に対して心証が最悪な証拠なのです❗

 だから超異例なのです❗❗❗


 つくづく、野々村選手はみんなの予想を裏切ってくれて感謝しています😄😄(笑)

 マジで😲⁉、ってことをやってくれるので、ボクとしてはネタが増えてありがたい限りです😊😊

 そして今回、異例の勾留となったことで、非常に面白い事が出来るのです😆😆😆

 これは、塀の中に居た経験があったからこその発想でしょう💡💡💡

 果たして、その面白いこととは何なのか⁉

 続きは明日お話する予定です✒😄😄
 


 人気ブログランキングバナー


 


 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います)


異例の強制出廷❗❗❗



 こんにちは✨😃❗

 相変わらず寒波絶好調ですね💦💦

 こんなに寒いと、小菅ヒルズを始めとした全国の拘置所や刑務所は地獄の寒さでしょうね😣😣

 基本的には、拘置所や刑務所は冷暖房は完備していませんから💨💨

 ただ、北海道にある刑務所だけは、さすがに凍死してしまうので暖房は完備してあります♨☀

 なので、受刑者になり行きたい刑務所の希望を聞かれると、みんな北海道にある刑務所を希望するのです❗

 何故なら、冬でも暖房があるので暖かいからです✨✨

 とは言え、その希望がみんな通る訳ではないので、完全に運に任せることになります🎯

 
 
 さて、今日は当初お話する話題を変更してお送りします✒

 昨日、こんなニュースが流れて来ました🆕👂


 元県議・野々村被告の身柄拘束…勾引状に基づき


 政務活動費(政活費)をだまし取ったとして詐欺罪などに問われ、昨年11月の初公判を欠席した元兵庫県議・野々村竜太郎被告(49)について、神戸地裁は25日、強制的に出廷させることができる勾引状こういんじょうに基づき、身柄を拘束した。

 野々村被告は、26日(午前10時30分開廷)に延期された初公判に出廷する。

 野々村被告は、城崎温泉(兵庫県豊岡市)への日帰り出張などを装って政活費913万円を詐取したなどとして在宅起訴されたが、昨年11月24日に予定された初公判に出廷しなかった。
 地裁が再び欠席する恐れがあるとして今月20日に勾引状を発付していた。

 地裁などによると、神戸地検の検察事務官が25日朝、勾引手続きのため大阪市内の自宅に入った。
 野々村被告は不在だったが、外出先から昼前に地裁へ移されたという。
 前日に身柄を確保したのは確実に出廷させるためだったとみられる。

 刑事訴訟法によると、勾引状は、検察官の指揮で検察事務官や警察官が執行する。
 裁判所に移されてから24時間以内は刑事施設に留置することができる。



 と言うニュースで、あの号泣会見で一躍有名になった野々村選手が、裁判に出廷する為に一時的に身柄を拘束されたと言うのです💨💨💨

 これは、ボクの知る限り初めてのケースで、非常に珍しい措置です😓😓

 少なくとも、勾引状が発布されるなんて初めて聞きました👂😆✨

 ホント、相当稀有ですよ❗❗❗

 
 では、この勾引状とは何ぞやと言うことですが、記事にもある通り、裁判の出廷を確実にする為に裁判所が出す強制力です✨✨✨


 勾引【こういん】

 被告人・容疑者や証人を一定の場所に引致する裁判およびその執行。勾引状により行う。被告人については,住居不定,または正当な理由がなく召喚に応じない場合になされ,勾留状(勾留)が発せられない限り,引致した時から24時間以内に釈放しなければならない(刑事訴訟法58,59条)。


 
 と言うように、刑事訴訟法に定められているのですが、何度も言う通りそれが執行される事は殆どありません😅😅

 何故なら、“通常”の被告人は何の問題もなく出廷するからです❗

 ですから、敢えて勾引状を発布する必要が全くないのです(´~`)

 しかし、皆さんご存知の通り、野々村選手は明らかに“異常”ですから、今回は強制的に出廷を確保したのです❗

 それでも、何度も公判をバックレたのならまだしも、たったの一回欠席しただけで勾引状が発布されるのは相当稀有ですよ💨💨💨

 その位、野々村選手は検察や裁判所に対して心証が悪いと言うことです😒😒😒

 “この人は大丈夫だろう”と、思えば敢えて勾引状を発布する必要はないのですから😓😓😓
 

 では、身柄を拘束された野々村選手は、何処に収容されるのかと言うと、恐らく拘置所でしょう🏢🏢

 警察の留置場と言う可能性もなくはないですが、本来留置場は被告人になったら直ぐに移送しないといけないので、敢えてそこに身柄を置かないと思います💦💦

 あくまでも、警察の留置場は法律上は“代用監獄”となっているのです🏢

 また、検察事務官が迎えに行ったそうなので、そうすると尚更拘置所に行った可能性が高いです😉😉

 あっ、今ミヤネ屋を観ていたら、神戸拘置所から移送されるシーンが映っていたので、ボクの予想通りでしたね😊😊

 そこで一泊して、公判当日に強制的に出廷させられるのです😅😅


 因みに、ボクのように元々逮捕されて身柄を拘束されている人間は、初公判前に“召喚状”と言う書類が届くのです❗

 召喚状とは、○月○日○時○分に○○地方裁判所○号法廷で公判を行うので出廷されたい、言う初公判の案内状みたいなものです📎📄

 実は、この召喚状の下の方に、小さい字で『公判に出廷しない場合は、勾引状を発布する場合がある。』と記載されているのです💨💨💨

 なので、身柄を拘束されていても、裁判をバックレる事は出来ないのです😅

 尤も、警察署や拘置所で身柄を拘束されている場合は、公判当日に必ず職員が迎えに来るので、そこでバックレることはほぼ不可能でしょうね😒😒😒

 
 また、何故こんなにも被告人の出廷に拘るのかと言うと、一審は被告人が居ないと公判を開けないからです❗❗❗

 なので、野々村選手が出廷しない限り、永遠に裁判は進行しないので、何とか本人を引きずり出さないといけないのです💦💦💦

 だから、神戸地裁は野々村選手の奇怪な行動を警戒して、異例の勾引状を発布して出廷を担保したのです✨✨

 従って、一審に関しては今後も野々村選手の行動次第では、また勾引状が発布される可能性があるのです❗


 因みに、ボクが逆転無罪になった控訴審では、裁判に出廷しなくても勾引状が発布される事は絶対にありません❗❗❗

 何故なら、控訴審では被告人は裁判に出廷しなくても良いからです✨

 なので、出廷したければ出廷すればいいし、行きたくなければ行かなくても全然良いのです😆

 ボクは全面的に事件を争っていたので、絶対に出廷しないと嫌でしたから行きましたが、行きたくない人は出廷してませんでした😄😄

 小菅ヒルズに居る時、ボクの部屋の前の人が、控訴審に行くのに職員が迎えに来た際、“行かないです”と言ったら“分かった”とあっさり了承されてましたからね😅😅

 なので、控訴審は出廷しようがしまいが自由なのです🆓🆓🆓

 
 一方で、ボクの感覚では、いくら政務活動費を返還したからと言っても、こんなアホはパクっちゃえばいいんですよ❗❗❗

 金額も金額じゃないですか💦💦💦

 だって、たかが県議会議員が、何で300回以上も日帰り出張をする必要があるんですか⁉ 

 国会議員だってそんなに日帰り出張なんて行かないでしょう😒😒

 ですから、もう政務活動費を不正に使用したのは火を見るよりも明らかなのです💡💡

 今もミヤネ屋で号泣会見を流してましたが、何度観ても頭がオカシイとしか言えませんよね💨💨💨

 どう考えても、明白な○チガイじゃないですか😒😒😒

 何でこんなアホが、選挙で当選しちゃうんですかね😓😓😓


 どうやら、初公判では完全否認したそうです💨💨💨

 供述調書も全て警察の作文だとか言ったそうです😓😓

 だったらば、何で政務活動費を全額返還する必要があるんですか⁉

 政務活動費を不正に使用したと疑われて、それが違うと言うのなら、殊更返還する必要はないじゃないですか😵😵

 だって、不正に使用してないんでしょう⁉

 なら返す必要はなんてないじゃないですか😒😒😒

 と言うように、矛盾だらけでどうしようもないのです💧💧💧

 今後の裁判の行方が気になりますが、是非とも一発実刑にしてムショにぶちこんで欲しいと心の底から思いますね😡😡😡

 今後も野々村選手には目が離せませんね👀


 さて、明日は高校サッカー選手権についてお話する予定です✒⚽


 
 人気ブログランキングバナー


 


 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います)


iPhone一人旅🚃🚃🚃(下)



 こんにちは(。・ω・)ノ

 今日もいい天気ですね☀

 週末は大寒波のお陰で非常に寒かったですね🌁⛄🌁

 都心では、雪が降るとか言って降らなかったのは良かったですね😅✨


 さて、今日は先週からお話ししているiPhone一人旅についてです✒

 ありがたいことに、ボクのblogの熱烈な⁉読者から、“iPhoneがどうなったか早く知りたい”との声を頂き、つくづく作者冥利に尽きます😆😆😆

 なので、今日はしっかり結末までお話しますね😉😉(笑)

 相変わらず引っ張るねと言われてるので😄😄


 先週お話したとおり、ボクが思い当たる紛失したであろう場所をオサライすると、

 上野東京ライン
 横浜地裁
 横浜地裁側の喫茶店
 みなとみらい線
 東横線
 副都心線
 西武線
 それぞれの道中


 でした📝✒

 この中の上野東京ラインは、既に問い合わせ済みなので残りは7つとなりました💦💦

 また、それぞれの場所に向かう道中となると、まず見付かるのは不可能に近いですよね😓😓

 しかも、ボクのiPhoneは普通のiPhoneと違い、かなり珍しい改造を施しているのです✨✨

 それがこちら📷

 
 


 何と赤いiPhoneなのです❗❗❗

 これはスマホカバーではなくて、iPhoneのパネル自体を赤に変えて、LINEが来たり着信があると、背面のアップルが光るようにカスタムしているのです✨✨✨

 正に世界に一台しかないiPhoneなのです😆😆😆

 このカスタムは、ボクが尊敬して止まないDJ TOMOYANこと友田先輩が施してくれたのです✨😊

 友田先輩は、ホント手先が器用で、iPhoneを始めiPadや任天堂DS等のポータブルゲーム機も、このようなカスタムが出来るのです✨✨

 しかも、ボクのカスタムは序の口で、もっと手が込んだiPhoneは、パネルに沢山穴を開けてメールや着信がある度に、キラキラとフラッシュするような物もあるのです😆😆😆

 ですから、もし道端で拾った人は、こんなiPhone見たことない、と絶対にくすねちゃう訳です💨💨💨

 そう言った理由から、駅から駅に向かう道中等で紛失していたら、まず見付からない自信があったのです😣😣😣

 これこそ全く不必要な自信ですよね😅💦(笑)



 ボクは、紛失した当日にJR東日本の遺失物センターに問い合わせをして、残りは次の日に問い合わせをしようと考えました😃💡

 と言うより、問い合わせ窓口が開いてなかったので、そうせざるを得なかったのです😅

 ところが、1月9日から世間は3連休に入るので、場所によっては問い合わせたくても出来ません💨💨

 また、ボクは9日と11日は高校サッカー選手権を観に行ったりとバタバタしていたので、鉄道会社に問い合わせをしようと思ったのですが営業時間を過ぎてしまい問い合わせ出来なかったのです😣😣

 その間も、ポツポツとiPhoneに電話をするも相変わらず“電源が入っていません”のガイダンス😒😒😒

 一体誰が拾ったんだ⁉、拾ったけど電源を切ったままにしてるのか⁉、等々想像が尽きませんでした…😢

 また、正直なところまず見付からないだろうなという思いが強かったのも事実です💦💦

 

 そんな中、三連休が終わった1月12日の火曜日📅

 ボクはジムが終わった後、ふと“そうだ鉄道会社に電話してみよう”と思いました💡

 ただ、電話をするにしてもどこから電話しようか迷った挙げ句、西武線から電話をすることにしました❗

 理由は、帰りに乗った電車の終点が飯能行き、すなわち西武線だったからです😄😄

 加えて、ボクの予想の1つに、新宿三丁目で降りる際に網棚からリュックを取る時に落ち、そのまま網棚に落ちていれば西武線管内で回収されるだろう、と言う古畑任三郎ばりの推理があったからです🔍👓

 とはいえ、そんな都合のいい話はないだろうと思い、ダメ元で西武鉄道の遺失物センターに電話をしました📞


 『スミマセン。1月8日の金曜日に、日本大通り駅から18時丁度の特急飯能行きに乗ったんですけど、もしかしたら赤いiPhoneを落としちゃったのですが届いてますか⁉』

 『赤いiPhoneですね、少々お待ち下さい。』

 
 と担当者は言うと、受話器の向こうから流れてくる保留メロディ🎧🎶

 このメロディが流れている間、やたらと長く感じるのと、どーせ『お探ししたんですけど該当の物はございませんでした』と、言われるのがオチだろうと思っていました💨💨💨

 そして、ようやく保留メロディが途切れ、担当者の声が聞こえて来ました👂😆✨

 
 『大変お待たせ致しました。お探しのiPhoneですが、該当の物がございました。』
 

 ん⁉あれ⁉予想していた内容と違うと思い、


 『あっ、あったんですか⁉』


 と興奮ぎみに訊くと、


 『はい。恐らくお探しの物と思われるiPhoneが回収されています。』

 『因みに、どこで見付かったんですか⁉』

 『え~と、小手指(こてさし)の車庫で回収されたようですね。』

 『やはり網棚に落ちてたんですか⁉』

 『ちょっとそこまでは分からないんですが。』
 
 『なるほど。とりあえずどうすれば良いですか⁉』

 『丁度明日警察に届ける所で、所沢駅に移動してるんですよね。』

 『そうですか。じゃあ、所沢駅に取りに行けば良いですか⁉』

 『そうですね。今日中に取りに来ていただければ大丈夫です。』

 『何時までに、所沢駅の何処に行けば良いですか⁉』

 『駅員が居る改札に行って頂き、電車が動いているうちであれば大丈夫です。』
 
 『分かりました。では今日中に行きます。内田と言いますので宜しくお願いします。』


 と言うことで、何とiPhoneは見付かったのです❗❗❗

 しかも、小手指の車庫で見付かったそうなので、恐らく網棚に落ちていてそれを車掌が回収したのでしょう💦💦

 ボクの古畑任三郎バリの推理が当たったのです🎯(笑)

 新宿三丁目からiPhoneは一人網棚の上で飯能まで行き、その後車庫に入ったのです🚃💨

 だからiPhone一人旅なのです😄😄😄

 
 改めて推察すると、新宿三丁目で降りる際にリュックを取る時に落ちたのでしょう💦💦

 そこでガタンと音がしたはずなのですが、ボクはウォークマンをしていた為にその音には気付かず😵😵

 そのままiPhoneは、網棚の上で一人旅をしたのです🚃🚃🚃

 ボクが乗ったのは、東京メトロの副都心線の10000系と言う車両です🚇

 
 


 この車両は見たことありますよね⁉

 新型車両なので、網棚とは言っても実際には網の棚ではなく1枚の板が座席に向かって敷いてあります✨✨

 それも、荷物が落ちないように座席に向かって若干斜めに敷いてあるのです😄😄

 ですから、身長173センチのボクよりも、10センチから15センチ位の高さに網棚があり、奥に向かって斜めになっている為に見付かりにくかったことが幸いしました😆😆😆

 正に死角になっていたのです✨✨

 もし、網棚と同じ位に背が高い人が乗れば、iPhoneは見付かってしまったかも知れません😅💦

 そういう意味では、ホント誰にも見付からなくて良かったです😉😉
 
 
 そして、ボクは早くiPhoneに会いたいが為に、急いで車を走らせて所沢駅に向かいました🚙💨💨

 向かう途中、もしかしてボクのiPhoneじゃなかったらどうしよう、と言う思いは微塵もありませんでした😅😅

 何故なら、赤いiPhoneなんて滅多にないからです✨✨✨

 ですから、間違いなくボクのiPhoneだという確信の元に向かいました🚙

 
 その後、所沢駅南口に到着し、駅員サンが居る改札に行って『赤いiPhoneを取りに来た内田ですけど。』と言うと、直ぐに奥から赤いiPhoneが登場しました❗

 
 


 『あっ、これですこれです❗』
 
 と喜びながら言い、書類にサインをして無事に引き取りが完了しました😄😄😄

 
 
 つくづく、今回はホントに運が味方しましたね✌✌✌

 間違いなく誰かに見付かれば、あんなに珍しいiPhoneを馬鹿正直に届ける人は居ないでしょう😅😅

 網棚に落ちてくれていたからこそ、車庫で回収されたのです🚃🚃

 それにしても小手指の車庫ってスゴいですよね❗❗❗

 だって、18時の電車だった事を考えると、恐らく飯能駅に着いてから折り返したはずなので、ホントにスゴいですよね😊😊😊

 また、何でリュックのポケットが開いていたかは未だに不明ですが、きっとチャックの閉め忘れが原因かと思われます😓😓

 なので、それから同じリュックを使う際は、ちょくちょくポケットのチャックを気にするようにしています😣😣😣


 最後に、今回の経験から、スマホの位置情報サービスには入っておきましょう❗❗❗
 

 さて、明日は年末年始にハマった、高校サッカー選手権についてお話する予定です✒😆


 
 人気ブログランキングバナー


 


 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います)


iPhone一人旅🚃🚃🚃(中)



 こんにちは👋😃

 今日も良い天気ですね☀☀

 ただ、🏠の周りには先日の雪が少し残っていて邪魔ですね😅💦

 
 昨日は、1月8日に横浜地裁に裁判を傍聴に行った帰りに、ボクが仕事で使用しているiPhoneを紛失したお話でした✒✨

 まさかの自体に、“えっ⁉マジ⁉”となりました😅💨

 一度でもスマホ(携帯)を無くした経験のある方なら、無くした事を気付いた瞬間の下から上がってくるあのソワソワ感、ドキドキ感😣😣😣

 きっと分かると思います😓😓😓


 さて、今日は昨日の続きをお話しします✒

 ボクは、新宿三丁目駅でiPhoneを無くしたことに気付き、今日のこれまでの行動を振り返りました♻

 そうすると、少なくとも大宮のゴールドジムを出る時に、Wi-Fiの電源を入れる為にリュックのポケットを開けたのは覚えています💡

 ボクは、どこかに出掛ける際は、ポケットWi-Fiを持ち歩いていて、スマホを使う時はWi-Fiに繋ぐようにしているのです📱

 そうすれば、毎月の定額プランをオーバーすることはないですし、何よりサクサクと早いですからね\(^-^)/

 なので、出来る限りWi-Fiを使うようにしているのです💻

 
 それから、上野東京ラインに乗って大宮から横浜までの間はずっとWi-Fiを繋ぎっぱなしで、横浜で降りる直前にWi-Fiの電源を切ったのは間違いないのです❗

 当然ながら、その際にリュックのポケットを開けたのは間違いないので、まずは上野東京ラインの車内で落とした可能性が1つです💦💦

 その後、みなとみらい線で日本大通りで下車して横浜地裁に行き、約40分位裁判を傍聴しました👀

 なので、横浜地裁に行く道中か裁判所の中に落とした可能性が1つ💦💦

 裁判が終了した後、裁判所近くの喫茶店でお茶をしたので、そこに向かう途中かお店に落とした可能性が1つ💦💦

 そして、そのまま日本大通り駅から副都心線直通の飯能行きの電車に乗ったので、駅に向かう途中か電車の中の可能性が1つ💦💦💦

 と言うように全ての可能性を模索しました🔍🔍


 そこで、まずボクが採った行動は、iPhoneを契約しているauショップに行くことでした❗

 一先ずは停めないといけないと思ったからです😅😅

 ところが、auショップに行くとその考えは変わりました😓😓

 と言うのは、担当したスタッフが、紛失担当に電話して繋いでくれて、そのオペレーターと話したからです✨😄😄

 どうやら、iPhoneはパソコンやタブレットからiCloudにアクセスしてログインすると、iPhoneが今どこにあるか探せると言うのです❗❗❗


 こんな事は、iPhoneユーザーからすれば常識中の常識なのでしょうが、ボクは普段のメイン機種はAndroidなので、iPhoneに関してはそこまで知悉していないのです💨💨💨

 ですから、そんな素晴らしい機能があるんだとビックリしたのです❗❗❗

 ただ、探す条件としては、iPhoneの位置情報がオンになっていることと、電源が入っていることでした✨✨

 ですから、iPhoneを一時的にでも停めてしまうと、その機能が使えないのです💦💦💦

 ボクは、位置情報をオンにしたかは余り自信が無かったのですが、とりあえずはダメ元でiCloudからiPhoneを探してみようと思ったのです😄😄

 尤も、iPhoneにもパスコードを掛けていたので、それを解読されて拾った人に悪用される恐れは低いと思ったのも理由の1つです😆


 そして、auショップを出て用事を済ませて帰宅する途中にも、Galaxynoteから何度もiPhoneに電話を架けるも、コールはするのですが誰も出ません😅💦

 これと逆の行動を、2年前にやったのを思い出しました😅

 あわよくば、拾った人が電話に出てくれれば良いなと思っていたのですが、その思いは脆くも崩れました😢😢😢

 ようやく、自宅に到着すると大至急パソコンを立ち上げました💻

 その間も、時間が勿体無いのでiPhoneに電話するもコールはしますけど誰も出ません😅💦

 そして、iCloudにアクセスしてログインして、iPhoneを探すをクリックして今か今かと待つと、やっと画面が切り替わりました💨💨

 しかし、そこには“全てのデバイスがOFFになっているため検索出来ませんでした”と言う非情な文字が…💧

 あんだよチクショー、と思いながらダメ元でiPhoneに電話すると、案の定電源が入っていないか電波の届かない所にいらっしゃるかのガイダンスでした😓😓😓

 もしかしたら、ボクが電話を架けなければ電源が入ったままになって検索出来たかも知れないので、余計に悔しかったのです😒😒😒

 何で電話しちゃったんだ自分のバカヤロー、と😢😢(笑)


 こうなると、iCloudから検索することはほぼ不可能となり、次なる手段は乗った電車の遺失物センターに問い合わせる事でした📞

 まずは、行きに乗った上野東京ラインを管轄するJR東日本です🚃

 早速検索ワードに、“JR東日本 落とし物”と入力すると、ワード予測でピッタリのサイトが出てきてので電話をしました☎

 そして、何時何分の電車の何号車に乗り横浜で下車した事を伝えました😄😄

 すると、少し待たされた後に、受話器の向こうから聞こえて来た声は、

 『お探しした結果、その電車の終点や折り返しも調べたのですが届いてないですね。』

 との事でした😅💦

 因みに、この電話を担当した男性のオペレーターは、極めて丁寧で素晴らしかったです❗❗❗

 何て言うか機械的ではなく、心のこもった対応がひしひしと伝わってきて大変気持ち良かったです😆😆


 続いては、帰りに乗った副都心線直通の飯能行きの電車です🚃

 早速電話しよかと思うと、ここで大きな問題が生じました💦💦

 それは、ボクが帰りに乗った電車は、何と4社の鉄道会社を跨いでいたのです😵😵

 まずは、みなとみらい線が横浜までで、横浜から渋谷が東横線で、渋谷から小竹向原までが副都心線で、小竹向原から飯能までが西武線とあらゆる鉄道会社が関わっていたのです✨✨

 そうすると、一体どこの会社に問い合わせをすればいいのかという問題が出てきました😨😨😨

 確かに、直通運転は至極便利ですが、落とし物を探す時は非常に手間ですね😢😢

 とりあえず、全ての鉄道会社の遺失物センターの番号を控えて電話するも、JR東日本以外は24時間対応ではなかったので繋がらなかったのです😓😓😓

 全く使えねぇなぁ、と苛立ちが募りました😠😠😠


 しかしながら、こればかりはどうしようもないので、一先ずこの日は捜索を諦めました😭😭😭

 そうすると、ボクに残された可能性は下記の通りです📍📍📍
 

 みなとみらい線
 東横線
 副都心線
 西武線
 横浜地裁
 横浜地裁側の喫茶店
 それぞれの道中



 最後の、それぞれの道中の場合は、まず出てくる可能性はないでしょう😅💦💦

 果たして、ボクのiPhoneはこの中から見付かるのでしょうか⁉

 続きは来週お話する予定です✒✨

 それでは、皆さん良い週末をお過ごし下さい😊😊😊

 

 人気ブログランキングバナー


 


 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います)


iPhone一人旅🚃🚃🚃(上)



 こんにちは👋😃

 今日も素晴らしい冬晴れですが、すこぶる寒いですね☀❄


 昨日は、軽井沢で起きた悲惨なバスツアーの事故についてお話ししました✒

 ホント、最悪の極みですよね😢😢

 つくづく、巻き込まれた学生達は可哀想ですね😢😢

 少しでも、安らかに眠ってくれる事を祈っています🙏

 

 さて、今日は先日ボクの身に起きた事件についてお話しします✒

 まっ、事件と言う程でもないのですが、便宜的にこの表現を使わせてもらいました😄😄

 では、その経緯をお話しします✨✒✨


 あの、皆さんはこれまでスマホ(携帯)を紛失した事はありますか⁉

 ボクは、2年前の12月に当時使っていたGalaxynote3を表参道の駅のトイレで紛失した経験があります😣😣

 コートのポケットに入れたまま、トイレをした際にポケットがたわみ、そこから落ちたのだと思います💦💦

 それならば、落ちた時に音がするから分かるのでは⁉、と思うでしょうが、ボクは移動中は常にウォークマンで音楽を聴いているので、全くその音には気付けなかったのです😓😓

 そして、そんなことに気付かず、駅の出口付近でスマホが無いことに気付き、急いで踵を返すもありませんでした😅💦

 直ぐ側にあった改札の駅員に聞くも、届いていないとの事でした😭😭

 ボクは、頭が真っ白になり、その日の予定をキャンセルして🏠に帰りました🚃💨

 その道中に、仕事で使っているiPhoneから落としたスマホに電話するも、電源が切られてしまい繋がりませんでした😒😒😒

 結局、次の日にdocomoショップで新しいスマホを購入することになりました😓😓😓

 
 ホント、ボクのGalaxynoteを拾った人は超ラッキーですよ❗

 かなりのエロエロな、あっ色々な写真の数々を見れるんですからね👀💦(笑)

 勿論、本体自体にはパスコードを掛けていたので、そこを突破される可能性は極めて低いです😄😄

 4桁の数字も、簡単に類推されるものにはしていませんでしたからね😅😅

 ただ、写真や動画は全て外部のマイクロSDカードに保存していたので、それをカードリーダで読み取れば簡単に見れてしまいます💨💨

 ホント、数々の貴重なフォトコレクションを無くしてとてもショックでした⤵⤵⤵


 
 それから2年が経った今年の1月8日金曜日⏰💥

 ボクは、とある事件の裁判を傍聴するために、ジムが終わってからそのまま電車で横浜地裁へと向かいました🚃💨

 
 話は飛びますが、去年3月のダイヤ改正で、上野東京ラインが開通しましたが、あれはとても便利ですね❗❗❗

 これまで、大宮から横浜に行くには、30分に一本の湘南新宿ラインで行くか、渋谷まで出て東横線で行くか(他にも方法はあるが代表的なパターン)位だったのです💦💦

 それが、上野東京ラインが開通したお陰で、熱海行きだ伊東行きだとなり、高崎線宇都宮線の上りが全て東京駅を跨いで神奈川県や静岡県まで行けるようになったのです✨✨

 これは、超画期的な事で素晴らしく便利です😊😊😊


 そんな便利さを痛感しながら、ボクは一路横浜へと向かいました🚃💨

 横浜地裁は、横浜駅からみなとみらい線に乗り換えて、日本大通り駅を下車して直ぐの所にあります🏢🏢

 ボクは、乗り換え案内で調べた通りの時間に、無事横浜地裁へと到着しました💨💨💨

 それから、予定通り裁判を傍聴して、18時頃電車に乗りました🚃💨

 帰りは、新宿に用事があったので、そのままみなとみらい線に乗って、東横線から副都心線で新宿三丁目まで行きました😄😄

 つくづく、直通運転は便利ですね❗❗❗

 日本大通りから、新宿三丁目まで約50分で行けるんですから✨✨


 そして、電車が新宿三丁目に到着し、網棚に乗せていたリュックを下ろし下車しました💦💦

 改札に向かう途中、Wi-Fiの電源を切ろうとリュックのポケットを見ると、何とポケットのチャックが空いていたのです❗

 ボクは、一瞬何で⁉と思いながら、Wi-Fiの電源を切り、同じポケットに入れていたiPhoneを探すも見当たらないのです💨💨💨

 ここでようやく事態に気付きました😅💦

 何と、仕事で使っているiPhoneを紛失してしまったのです😨😨😨

 このiPhoneは、前述のGalaxynote3を紛失した際に、必死に電話を架けていたiPhoneです📱

 今度はこっちかよ、と思いながら自分の凡ミスを嘆いていました😒😒😒

 ボクは、当日のこれまでの行動を振り返り、落としたであろう場所を推測します😃💡

 
 しかし、この場に居ても埒が明かないので、ひとまず目的地へと向かうことにしました💦💦

 その道中も、何でポケットが空いているんだ⁉、閉め忘れたのか⁉、等々思いながら向かいました💨

 そして、ボクが取った次の行動とは⁉

 果たして、iPhoneは見付かるのか⁉


 続きは明日お話しする予定です😆✒



 人気ブログランキングバナー


 


 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います)


地獄のスキーバスツアー😣😣😣



 こんにちは(^-^ゞ

 今日は昨日と打って変わっていい天気ですね☀

 昨日は、雪の影響でホントに大変でしたね😞💦

 特に、首都圏の間引き運転のお陰で、駅には洪水のように人が溢れていましたね😓😓😓

 あの状況に飛び込まざるを得なかった人は、ホントに大変だったと思います💦💦💦


 さて、今日は当初お話しする話題を変更してお送りします✒

 恐らく、知らない方は居ないと思いますが、先週の金曜日に前代未聞の事故が起きましたね😢😢😢

 一応振り返りますね📎


 軽井沢スキーバス転落事故


 2016年(平成28年)1月15日午前1時55分頃、長野県北佐久郡軽井沢町の国道18号碓氷バイパスの入山峠付近(軽井沢駅から約2kmの群馬県・長野県境付近)で、定員45人の大型観光バスがガードレールをなぎ倒して道路脇に転落した交通事故。
 乗員・乗客41人(運転手2人、乗客39人)中全員が死傷(死者15人、負傷者26人。乗員は2人とも死亡)し、バス事故としては1985年の犀川スキーバス転落事故以来の10人超が死亡する事故となったほか、過去30年で最多の死者が出る事故となった。



 と言う究極に最悪な事故でした😅💦😓

 乗務員の2人以外は、全て大学生で10代~20代の未来ある若者ばかりでした😣😣😣

 更に、18日には治療中だった一人も残念ながら亡くなり、これで学生の死者は15人となりました😭😭😭

 もう、言葉が見付からない位の悲劇です❗❗❗

 亡くなった方の家族や友人などの気持ちを思うと、その悔しさ無念さは察するに余りあります😣😣😣

 心よりご冥福をお祈りいたします😢😢😢



 一方で、マスコミでは連日ツアーを企画した旅行会社や、バス会社の責任を糾弾しています💦💦💦

 バス会社はかなり杜撰な管理体制だったようで、その責任は極めて重いです😅💦💦

 しかしながら、いくら責任を追求したところで、亡くなった方は生き返らないので、ホントに悔しい限りですよね😠💢

 いくら社長に土下座されて謝られたって、遺族からすれば絶対に許せないでしょう😡😡😡

 ボクがこうして書けるのも、対岸の火事だから書けるのであって、関係者ならとても書けないでしょうね😢💦


 また、事故原因も様々な角度から推測されていますが、皆さんは何が原因だと思いますか⁉

 ボクは、単なる居眠り運転が原因だと思っています😓😓😓

 もう、120%それしかないと思っています💦💦💦

 事故当時路面が凍結していた訳でもなければ、極端な急カーブでもありませんでした😅

 尤も、極端な急カーブでも、速度を落として進めばいいわけですから理由にはなりませんね😒😒

 もしそれが理由なら、そこを通る車は必ず事故を起こすようなものでしょうから現実的にあり得ませんね😭😭

 ルートを急遽変更したからだとか言ってますが、居眠りならどんなルートを通ってたって事故は起きていたでしょうね💦💦💦

 
 語弊はあるかも知れませんが、運転手は亡くなったからまだ良かったのです💦💦

 もし生きていたら、とんでもないことになっていたでしょうね😒😒😒

 仮に生きていたら、当然ながら刑事裁判になりますが、事故である以上死刑はあり得ませんから、死をもって罪を償えないのです😓😓😓

 遺族からすれば、“死をもって罪を償え”、となりますがこれが法律の限界と言うか不条理なところなのです😡😡😡

 なので、運転手が亡くなったのは、語弊はありますがまだ良かったのです💦💦💦


 一方で、今回無念にも亡くなった学生達に非はあるのかと言えば、皆目ありません😓😓😓

 1ミクロンの落ち度もありません😣😣😣

 だって、学生なんですから少しでも安いツアーに申し込むのは自然の摂理でしょう⁉

 そこのバス会社が、国交省の規定を下回る金額で受注していたなんて知る由もないでしょう⁉

 運転手が、大型バスの運転は苦手だなんて事も、知る由もないでしょう⁉

 当日どんなルートを走るかなんて、学生にとっては関係ないですしどうすることも出来ないでしょう⁉

 等々、未然に事故を防ぐことはどう考えたって不可能だったのです😒😒😒

 依然ボクのblogでも書きましたが、今回の事故も宿命だったのでしょう😵😵😵

 運命は変えられますが、宿命は変えられませんからね😢😢😢

 今回亡くなった学生達も、ついこないだのカウントダウンを誰かと過ごしていた訳ですよね⁉

 そして、みんな今年はいい一年にしようと誓っていた訳ですよね⁉

 なのに、その約2週間後に今生との別れをしなければならないなんて、一体誰が予想できたでしょうか⁉

 一番は本人がそんなことを露程も思わなかったでしょう😣😣😣

 そう考えると、ホントにホントに可哀想ですね😢😢😢

 繰り返しになりますが、今回亡くなった学生達に、心より哀悼の意を捧げます😢😢😢


 改めて、我々が今後そういう天災と言うか人災に巻き込まれない為には、出来る限り旅行会社を吟味するしかないですよね💦💦

 後は、事故に遭わないことを祈るしかありませんよね😅😒😅

 こう言った悲しい事故が、二度と起こらないことを祈りましょう😣😣


 さて、明日はボクに最近起きた事件についてお話しする予定です😆😆



 人気ブログランキングバナー


 


 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います)


相変わらず自分達に不利な証拠を隠蔽する検察😡



 こんにちは(  ̄ー ̄)ノ

 今日も素晴らしい冬晴れですね☀


 昨日は、今年初の逆転無罪というお話でした
😄😄

 その経緯も、明らかに不自然不合理と言わざるを得ず、警察と検察で冤罪事件を作ったと言えるでしょう😡😡😡

 ホント、当事者からすればたまったものではありません😒😒😒


 さて、今日は引き続き昨日の事件についてお話します✒✨

 昨日は、警察が一審の段階で女性のアソコに残っていた精子の量が少なくて鑑定出来ないと言い、裁判所もそれを是認して被告にとって不利な判断をしました😅💦💦

 ところが、控訴審では改めて弁護側が再鑑定を請求したところ、裁判所もそれを認めて再鑑定すると、何と全く別人のDNAが検出されたと言うのです❗

 それも、一審で警察が鑑定は出来ないと言った精子からです❗❗❗❗

 と言うことは、警察は当該精子が別人のDNAが検出された事を知っていながら、敢えて“微量の為鑑定出来ない”と言って隠蔽した可能性があるのです💦💦💦

 文面上では、可能性があると言っていますが、ボクの中では間違いなく確信犯だと思っています❗

 そうでなければ、何で微量の為鑑定出来ないと言った精子から、別人のDNAがハッキリと検出されるんですか⁉

 加えて、捜査段階の鑑定を担当した県警技術職員が数値等を記したメモを廃棄していたことまで判明している事からも、無罪の証拠を隠蔽いたことは明らかでしょう😒😒😒

 普通、捜査の重要な証拠を廃棄しちゃいますか⁉

 
 この点について、控訴審の判決では厳しく指摘しています✒


 「技術が稚拙で、(DNAが)抽出できなかった可能性がある」との見方を示す一方で、「DNA型が検出されたものの被告の型と合わず、捜査官の意向を受けて鑑定できなかったと報告した可能性も否定できない」との疑いも指摘。県警職員がDNA溶液や鑑定経過を記したメモを廃棄していたと認定し、「鑑定の信用性に疑義がある」と述べた。
 

 更に、検察が裁判所の許可なく勝手に行ったDNA鑑定については、


 「結果が有利に働く場合に限って証拠請求する意図すらうかがえ、訴訟法上の信義則に反し、裁判の公正を疑わせかねない」

 
 と厳しく批判しました😓😓😓

 と言うように、かなり警察や検察の対応には怪しさ抜群なのです💦💦💦


 
 しかし、これだけにとどまらないのです😓😓


 少女の身体や服に一切傷などはなかったが、少女の胸から検出された唾液がIさんと一致、また1台の防犯カメラには人物は特定されないが男女が歩く姿も残されていた。
 しかし起訴後、証拠開示が進まないことに疑念を抱いた弁護側は、まず、防犯カメラは少なくともさらに4台あるはずだとして開示を求めたが、警察と検察は「全てのカメラが壊れていた」とこれを拒否。
 また目撃証人がいたとされたが、検察は目撃供述などないと否定したのだ。
 そのため弁護側は目撃者を見つけ「カップルがいちゃついていたのを見た」との証言を得ている。



 何と、防犯カメラの開示を求めた弁護側に対し、警察と検察は『全てのカメラが壊れていた』と言って開示しなかったのです❗❗❗

 そんな偶然に、全てのカメラが壊れるなんてあり得ますか⁉

 ですから、嘘をついているのは明白なのです😒😒


 更には、実はこの事件には目撃者がいたのです❗❗❗

 ところが、検察は目撃者の供述などないと言ったそうです💦💦💦

 しかし、弁護士の努力で何とか目撃者を探し出しました✨✨✨

 すると、とんでもない事実が発覚します💡💡💡

 何と、その目撃者は警察で事情を聴かれて調書を作成したと言うのです❗❗❗❗


 その供述内容も、

 『カップルがイチャついてるのを見た。』

 『自分が側を通ったらイチャつくのを止めた。』


 と言うものだったのです🔍🔍🔍

 そうすると、明らかに被害女性の供述と矛盾します❗

 何故なら、ホントに強姦されたと言うのなら、通行人が通りかかったら助けを求めるのが普通だからです😒😒😒

 なのに、そんな事は一切せず、端から見たらカップルがイチャついてるようだったと言うのは、明らかに被害女性の供述と矛盾していますよね⁉
 
 この供述は、被告が強姦していない事を裏付ける重要な証言なのにも拘わらず、検察はそんな調書は存在しないと嘘をついていたのです❗
 
 ホントに酷いと思いませんか⁉

 幸い、弁護士の努力で目撃者が見付かったから良かったものの、もし見付からなかったら永遠に検察庁の倉庫にこの調書は埋もれていたのです💦💦💦


 因みに、このパターンはボクの事件と全く一緒で、ボクも何度も検察に証拠開示請求をしたのにも拘わらず、“存在しない”の一点張りでした💧💧💧

 ところが、控訴審の小川正持裁判長(当時)が再度検察に促したところ、何と共犯者の供述調書に目的の証拠が添付されていたのです❗❗❗

 だから、ボクもこの経緯を知った時、ホントに検察は相変わらずだなと思いました😡😡😡

 とにかく、自分達に都合の悪い証拠は、とことん隠蔽するのが検察の体質なのです😠😠😠

 全く言語道断ですよね😡😡😡

 と言うように、こんなにも被害女性の供述と矛盾する客観的な証拠があったのに、警察と検察は被告を犯人だとしたのです😡😡😡



 それ以外にも、おかしな点ばかりで、無理矢理アスファルトに倒されたと供述しておきながら、女性の身体や服には一切傷がなかったのです💦💦

 もし、ホントにそうならば、少なからず抵抗するんですから、何らかの痕跡が残るでしょう⁉

 例えば、洋服が少し破れていたり、かすり傷があったりと、供述を裏付ける痕跡が残るのが普通なのです💡💡💡

 なのに、そう言った客観的な部分には目もくれず、ただただ被害女性の言い分を鵜呑みにしたのです😒😒😒

 確かに、捜査側からすれば、被害者が何の利害関係もない人間を無実の罪に陥れるはずがない、と言う思いがあるのも分かります🔍🔍

 しかしながら、調べていくうちにちょっとおかしなと気付くはずなんです💡💡

 だって、警察や検察は捜査のプロだからです😣😣😣

 にも拘わらず、これまで述べてきた不自然不合理な部分が散見されるのは、敢えておかしいなと思いながら見て見ぬふりをしたと言わざるを得ません😡😡😡

 冤罪が起こる時って、必ずこう言った事が起こるんですよね😓😓

 むしろ、冤罪だからこそ、こう言った不自然不合理が沢山出てくるのです❗


 とにかく、3年越しに自分の無実が証明されて良かったですね😄😄😄

 高裁の裁判長に恵まれましたね😊😊😊

 もし、違う裁判長だったら、弁護人のDNA再鑑定も認めていたか分かりませんからね😅💦💦

 ホント、同じ逆転無罪を経験した者として、大変おめでとうございました❗

 今後は、刑事補償を請求して、国から最低限のお金を貰って下さいね😄💴😄


 さて、明日は、最近ボクの身に起きた事件についてお話する予定です✒
 


 人気ブログランキングバナー


 


 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います)


今年初の逆転無罪❗❗❗



 こんにちは✨😃❗

 今日もいい天気ですが寒いですね🌁⛄🌁

 何と、家の流し台の上に置いておいたオリーブオイルが凍ってました❄😅

 その位冷え込んだと言う証拠でしょう💧😣


 さて、今日は、最近の無罪判決のお話です✒

 恐らく、昨日の報道で知っている方も多いと思いますが、まずは下記をご覧下さい👀


 1審実刑の男、保釈 高裁係争中、別人DNA検出


 鹿児島市で2012年、当時17歳だった女性に暴行したとして強姦(ごうかん)罪に問われた男(23)の控訴審で、福岡高裁宮崎支部が実施したDNA型鑑定の結果、女性の体内に残された精液から男とは別人の型が検出され、男が今年3月に保釈されていたことが分かった。

 控訴審判決は来年1月12日に言い渡され、懲役4年の実刑判決とした1審・鹿児島地裁判決(14年2月)が変更される公算が大きい。

 実刑判決を受けた被告が裁判中に保釈されるのは異例だ。

 事件は12年10月7日午前2時過ぎ、鹿児島市の路上で発生し、同10日、女性が同市で男を見かけ、容疑者であるとして警察に110番。
 翌月15日、容疑が固まったとして鹿児島県警が逮捕した。
 男は捜査段階から一貫して「酒に酔っていて記憶がない」と無罪を主張している。

 裁判では(1)女性の胸に付着した唾液のような液体(2)女性の体内に残された体液−−の二つのDNA型鑑定が焦点になった。
 鹿児島県警の捜査段階の鑑定は(1)から男と一致するDNA型が検出され(2)から精液は確認されたものの、抽出されたDNAが微量だったため、型の鑑定はできなかった、との結果だった。

 1審判決はこれらの鑑定を重視。(2)について「精液の検出は男から暴行されたとの女性の供述を強く裏付けている」と判断し実刑を言い渡した。

 控訴審では、弁護側の請求を認め、高裁宮崎支部が再鑑定を実施。
 複数の関係者によると、今年2月に出た鑑定結果で、(2)から男とは別人の第三者のDNA型が抽出され、女性が当時はいていたショートパンツから検出されたDNA型とも一致した。
 高裁宮崎支部は翌月、男を保釈した。

 控訴審は10月13日に結審。
 弁護側は再鑑定を踏まえ「1審判決の誤りは明らかだ」と主張。
 さらに、起訴内容ではアスファルトの上で暴行した、とされているのに女性がけがをしていない事実も指摘し「ありえない。被告は無罪だ」と訴えた。

 一方、検察側は「女性が別の機会に第三者と性交渉に及んでいたため、別人の精液が検出されることは十分にあり得る」と反論。
 (1)のDNA型が一致しているとの鑑定結果が控訴審でも揺らいでいないことなどから「被告が犯人であることは明らかだ」としている。

 このほか、控訴審では、捜査段階のDNA型鑑定を担当した県警の技術職員が、数値などを書き留めたメモを廃棄したことも明らかになっている。



 このニュースが出たのが昨年の12月30日でした❗

 ボクは、もうこの時点で逆転無罪になるなとは思っていました😄😄

 最近の傾向で言うと、再審請求が認められると、刑の執行も停止されてすぐさま釈放されるパターンと同じですね✨✨

 今回は、まだ裁判中で刑が確定していなかった為、拘置所に居たので保釈と言う措置が執られたのです❗

 最近では、このブログでも取り上げた東住吉の放火殺人事件で、両親の再審請求が認められて20年振りに釈放されたのが記憶に新しい所です💡


 そして、昨日の控訴審判決です💡💡💡


 「家族が支えてくれた」 強姦事件で逆転無罪男性、涙で感謝


 「家族の支えがあったから。うれしいの一言です」。福岡高裁宮崎支部で12日、逆転無罪を言い渡され、報道陣に囲まれた男性(23)は目に涙を浮かべ、声を振り絞るように家族への感謝を繰り返した。

 判決は午後1時半すぎに言い渡された。「被告人は無罪」。紺のスーツ姿の男性は、やや肩に力が入った様子で、岡田信裁判長に一礼した。

 その後、男性は証言台から弁護団の席に戻り、岡田裁判長が判決理由を読み上げるのを座ったまま聞いた。「強姦事件が存在せず無罪であるのに」とのくだりには、肩を震わせながらスーツの袖で涙をぬぐった。隣に座っていた弁護団の一人が膝をポンポンとたたいて励ますと、男性はうなずいて応えた。

 判決言い渡しは約1時間に及んだが、男性は目を赤くしたまま裁判長を見つめ続けた。



 と言うことで、見事に逆転無罪となりました❗

 つくづく、同じ逆転無罪経験者として、おめでとうございますと言いたいです😄😄

 また、ボクよりも長い期間不自由な日々を送り、とっても辛かったと思います😢😢😢

 2012年11月に逮捕されて、2015年3月の保釈まで身柄を拘束されていたんですから、2年4ヶ月間も独房にぶち込まれて居たことになります💦💦💦

 何故、独房なのか分かるのかと言うと、否認しているからです❗

 否認していれば、必ず接見禁止が付けられるので、そうすると他の人との接触を避けるために必然的に独居房なのです🚪

 どの位接見禁止が付いていたのか分かりませんが、少なくとも半年以上は付けられていたと思います😒😒😒

 ホント、キツい中よく頑張ったと思います✨

 
 因みに、彼が逮捕された2012年11月は、ボクが控訴審の真っ最中で、逆転無罪に向けて暗闇の中に一筋の光が差し込んだ時期でした✨✨✨

 例えるなら、漆黒の闇の洞窟の遥か向こうに、針の穴くらいの光が見えたようなものです💧💧💧

 そんな中、遠い鹿児島の地では、これから始まる長い長い闘いの火蓋が切って落とされたんですね😅💦💦

 そんな事をボクは知る由もありませんでした😓😓

 なんせ自分の事で精一杯でしたからね😰😰


 今回の事件では、幾つもの問題点が指摘されています😡😡😡

 まずは、最大の争点だったDNA鑑定です🔍🔍🔍

 確かに、女性の胸に付着した唾液のような液体からは、男性のDNAが検出されました💦💦

 一方で、女性の体内に残された体液、と報道ではオブラートに包んだように書かれていますが、単純に言えば女性のアソコに残っていた精子からは、量が少なくて鑑定出来なかったと警察は言い、これを一審では認めて胸に付着した唾液のようなDNAのみを有罪の根拠としました😅💦😅

 ところが、控訴審では再度弁護側が鑑定請求を行った所、高裁もこれを認めて鑑定を実施すると、何と全く別人のDNAが検出されたと言うのです❗

 これが一番の決め手になり、男性は保釈されることになったのです✨✨

 尤も、逆転無罪経験者から言わせると、高裁で弁護側の再鑑定を認める時点で、流れはかなり被告人側に傾いていることを意味しています😃💡

 何故なら、一審の判断が正しいと思えば、殊更鑑定を実施する意味はないからです❗

 すなわち、鑑定を認める=一審の判断はおかしい、と高裁は思っている証左だと言うことです💡💡💡

 ですので、控訴審ではいかに弁護側の請求が認めれるかが鍵なのです🔐

 
 そして、一審ではアソコに残っていた精子が微量だったから鑑定出来なかったと警察は言っていたのに、高裁が実施した鑑定では微量どころか鑑定するのには十分な精子が残っていたと言うのです❗❗❗

 ホントふざけてると思いませんか⁉

 しかも、控訴審では、捜査段階のDNA型鑑定を担当した県警の技術職員が、数値などを書き留めたメモを廃棄したことも明らかになっていて、何らかの意図があって廃棄したのではないかとの疑念を抱かれても仕方がないですよね😒😒😒

 と言うように、かなり警察の動きは不自然不合理なのです😡😡😡

 
 更には、検察にもかなり不自然不合理な動きがあったのですが、これについては明日お話する予定です✒✨😄
 
 と言うことで、本日はこの辺で筆を置きますね✒



 人気ブログランキングバナー


 


 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います)


逆転無罪判決から2年6ヶ月が経ちました😄😄



 こんばんは😃🌃

 皆さん、新年明けましておめでとうございました❗

 今年もどうぞ宜しくお願い致します❗


 すっかり年末年始のお休みを頂きまして、大変恐縮です😅💦😅

 皆さんは、一体どんな年末年始を過ごしましたか⁉😄

 海外に行った人、田舎に帰った人、家でおとなしく紅白を観た人、それぞれだと思います😊😊

 どんな場所でとんな形であれ、健康で年末年始を迎えられたのなら、それだけで大変幸せだと思います😃💕


 さて、新年一回目の内容は、今年の挨拶も兼ねて毎月恒例のテーマをお話しようと思います✒

 改めて、1月2日を持ちまして、逆転無罪判決から2年6ヶ月が経ちました❗❗❗

 毎度の事ですが、ボクに携わる全ての方々へ、深甚なる感謝を致します❗

 ホントにホントにありがとうございます😄😄😄


 逆転無罪判決からの2年6ヶ月目も、特に変わった事はなく、代わり映えのない日々でした😁✨

 丁度12月でしたから、ボクの39回目の誕生日と言うイベント⁉、があった位でしたね😅😅

 お陰様で、色々な方にお祝いしてもらえてとても嬉しかったですし、ありがたい限りでした😄😄

 大好きなチョコレートケーキを沢山食べれました😋😍(笑)

 甘い物が大好物なボクにとっては、嬉し過ぎました😊😊😊

 そう考えると、ボクが独房に居た1年7ヶ月の間は、一度足りともチョコレートケーキを食べれなかったので、それはそれでスゴい事ですね😅💦😓



 また、12月となると年末年始がやって来て何かと忙しくなりますよね😅💦

 今年は、珍しく忘年会が多くて、予定が詰まっていました🍸✨🍸

 そんな中、たまたま忘年会のお店に向かう途中に、小菅ヒルズの最寄り駅である小菅駅を通りました🚃💨

 ボクは、時間に余裕があったので、敢えて下車してみてホームから前方にそびえる無機質な要塞を眺めました👀



 



 そこには、いつもと全く変わらない表情の小菅ヒルズが建っていました🏢

 横一直線に明かりが点いているのが、そこに被告人が居ることを表していて、所々暗いのは空室になっていると言う事です😄😄

 当然ながら、小菅ヒルズに年末年始は関係ありません💦💦💦

 あるとすれば、年始の三日間は麦飯ではなく“銀シャリ”になる事と、おせち料理が出たりと食事が豪勢になる位でしょうか✨✨✨

 ですので、一年に一回だけ、元旦から3日までの三日間だけ白米が食べれるのです😣😣😣

 シャバでは、食べようと思えば365分の365ですが、小菅ヒルズでは365分の3なのです😢😢😢

 白いご飯なんて、食べようと思えば幾らでも食べれる機会があるのに、小菅ヒルズではそれが不可能なんですね😒😒😒

 

 つい2年半前は、あの要塞の中に閉じ込められて居たんだと思うとゾッとしますね😣😣😣

 更には、2012年から2013年の年末年始にかけては、ボクはあの要塞の中で新年を迎えた訳です😞😞😞

 この時ボクは、“来年の年末年始は絶対にシャバで迎えてやるぞ❗❗❗”と誓っていました😣😣😣

 しかし、こればかりはボクの誓いだけではどうしようもありませんでした💧💧💧

 あくまでも裁判官にその運命は握られていたのです😢😢😢
 
 
 この写真を撮ったのが12月29日だったので、3年前の12月29日は丁度ヒルズも年末年始に入り、面会や手紙の発信が出来なくなっていました💧💧💧

 大晦日には、毎年恒例の紅白歌合戦の模様がラジオで流れるので、それをワクワクしながら聴いていたのを昨日の事のように覚えています😣😣😣

 お陰で、これまでは紅白歌合戦なんてちっとも興味がなかったのに、すっかり大好きになっちゃいました😆😆😆(笑)

 今年も、全部観たかったのですが残念ながら23時過ぎからしか観れませんでした😅😅

 また、今年は39年目にして初めて高校サッカーを観戦に行き、どっぷりとハマってしまいました😄😄😄

 この模様は、後日お話します✒


 とにかく、逆転無罪判決からの2年6ヶ月目は、シャバで年末年始を迎えられて幸せでした😃💕✨

 ホント、ボクはそれだけでとても満足でした🍴🈵😆

 みなさんにとって、十人十色な年末年始だったと思いますが、ボクからすれば独房に居るよりは断然マシだと言うことですね💦💦💦

 そんな事を改めて感じだ、逆転無罪判決からの2年6ヶ月目でした❗


 さて、明日は今日ニュースになっていた逆転無罪についてお話する予定です✨✨

 
 
 人気ブログランキングバナー


 


 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います)