日本初(?)有罪率99.9%の刑事裁判で〝二度も〟無罪判決を勝ち取った男のブログ!

過去、二度も刑事裁判の被告人として法廷に立たされるも、自力で反証、反駁をし二度も無罪判決を勝ち取る!そんな私が、あらゆる事を綴る!

2014年12月の記事

2014年度印象に残った事件簿(10月~12月)



 こんにちは

 今日も、良い天気ですが、北風が強いですね

 昨日は、Xmasでしたが、皆さんはどんなクリスマスを過ごしましたか

 エル、オー、ブイ、イー、な人と過ごしたり、笑笑の女子会コースで鍋を囲んだりと、様々なクリスマスだったことでしょう

 ボクは、聖なる夜に〝性〟なる事など皆無で、風邪を引いて寝ていました

 正に、ジングルベルではなく、〝シングルベル〟でした(笑)


 さて、今日も今年を振り返りたいと思います

 では、早速行きましょう


 【10月】

 1日 [東京・山形放火殺人] 浅山克己被告に死刑判決=東京高裁/二審

 1日 北海道 祖母と母を殺害、高校2年17歳少女を殺人容疑で逮捕

 6日 イスラム過激派組織「イスラム国」に参加計画をしていた北大生の男性(26)を事情聴取・家宅捜査

 16日 埼玉県入間市 帰宅途中の女子大生を刺殺した容疑で、沼田雄介容疑者(20/大学生)を逮捕

 23日 タレントのローラさんの父 ジュリップ・エイエスエイ・アル容疑者を詐欺容疑で再逮捕

 24日 [広島・呉女子生徒LINE殺人] 主犯 元同級生少女(18)に懲役13年の実刑判決=広島地裁


 
 10月も、色々とありましたが、入間の女子大生殺害事件は不可解な点が多いですよね

 〝誰でも良かった〟と、供述しておきながら、被害者をずっとつけていたりと、矛盾点が多いんですよね

 ただ、殺害したことには変わりはありませんから、それなりに重い判決が下るでしょう


 それから、本ブログでも触れましたが、ローラパパの再逮捕ですよね

 別事件とは言え、一度釈放した人間を、もう一度パクるなんて相当な意地と執念があったのでしょう

 その後、どうなったのか調べたのですが、何処にも載っていなかった矢先、テレビで〝ローラのパパ起訴事実を認める〟、と、報道されていたので〝あっ、やっぱり起訴されたんだ〟と、思ったのと、〝あっ、認めちゃったんだ〟と、思ったのです

 ボクとしては、このまま否認を貫くと思っていたんですが、流石に否認出来ない位の証拠を突き付けられたのでしょう

 でなければ、再逮捕してまた処分保留だったら話になりませんからね

 今後、どんな判決が下されるのか、注目したいと思います


 【11月】


 5日 大阪市北区 舞鶴高1女子殺害事件で無罪の中勝美容疑者、殺人未遂容疑で逮捕 女性を刺し意識不明の重体

 11日 [韓国セウォル号沈没] 船長のイ・ジュンソク被告に懲役36年の判決=韓国地裁

 19日 京都府向日市 死亡した夫から青酸化合物、筧千佐子容疑者を殺人容疑で逮捕 元夫や元交際相手も複数変死

 24日 長崎県対馬市の寺から有形文化財の仏像「誕生仏」と経典盗む キム・サンホ容疑者ら韓国人4人逮



 11月は、月初めから、中勝美選手の殺人未遂事件が世間を大きく賑わせました

 本ブログでも触れましたが、舞鶴女子高生殺害事件でボクと同じく〝逆転無罪〟になったのに、こうしてまた事件を起こすなんて、その凶暴性は恐ろしいですよね

 この事件で、舞鶴女子高生殺害事件も、中勝美選手がやったんっだろうと思った方は多いのではないでしょうか

 とはいえ、舞鶴女子高生殺害事件に関しては、無罪が確定しているので、〝一事不再理〟の効力から、二度とその事件で裁かれることも無ければ、今回の殺人未遂事件に一切影響もありません

 悲しいかな、これが現実です


 それから、19日の筧千佐子選手の事件ですよ

 正に、〝第二の木嶋佳苗〟と、言えるでしょう

 お金の魔力に取り憑かれた、普通の顔した悪魔ですね(`∀´)

 余りにも、筧選手の周りでは、不審な死を遂げた人が多く、彼女が全く無関係とは言えないと思います

 しかし、証拠主義の裁判では、ただ単に〝このオバさん怪しいぜえ〟だけでは、有罪に出来ませんので、全ての事件を立件しなければなりませんが、それは非常に難儀だと思います

 とは言え、警察も必死にに捜査しているので、今後の裁判に注目しましょう


 【12月】

 1日 多摩市で今年9月12日~9月20日にかけて、半径約2km以内の範囲で建築中の住宅6棟が相次いで放火された連続放火事件で、警視庁は非現住建造物等放火の容疑で東京都日野市百草に住む無職・粕谷聡(22) を逮捕

 3日 三郷市で今年9月、住宅など7棟が相次いで放火された連続放火事件で、現住建造物等放火の容疑で無職・小川大輔(24)を逮捕

 3日 世田谷区北烏山のマンションで、危険ドラッグを吸った後に隣人女性を襲った田中勝彦容疑者(31)を逮捕

 ├「しぇしぇしぇのしぇー」などという、意味不明な事を供述。


 3日 自身の性器の3Dプリンター用データを配布したとして、警視庁保安課は、漫画家のろくでなし子容疑者を逮捕

 6日 サッカーJリーグ・J1 ガンバ大阪が9年ぶりに優勝

 ├12/13 第94回天皇杯 ガンバ大阪がJ2モンテディオ山形を3-1で破り優勝

 18日 [六本木クラブ襲撃] 「関東連合」元リーダー 石元太一被告に懲役15年=東京高裁

 19日 元カレの今カノの髪の毛をハサミで切ったとして、暴行の容疑で派遣社員・平田牧子容疑者(36)を逮捕

 23日 名古屋市中村区長筬町で殺人事件-血だらけ半裸遺体 ゲイ恋愛もつれか

 26日 土屋和也容疑者を前橋夫婦殺傷事件で逮捕-三俣町日吉町の連続殺人



 12月は、まだ終わっていませんが、現在まででも色々とありましたね

 まずは、連続放火事件の逮捕ですね

 この手の犯罪は、もう中毒なので同じ人間が何度も犯行を重ねるんですよね

 これを防ぐには…

 もう〝運〟しかありません(笑)


 それから、これまた世間を賑わせた〝しぇしぇしぇのしぇー〟ですよ(笑)

 被害者の恐怖と言ったら、それはそれは計り知れませんが、そもそも鍵を掛けておけば侵入されなかったのではないでしょうか

 とは言え、まさか隣人が危険ドラックで狂って襲って来るなんて、想像だに出来ないでしょうからね

 当人も、全く覚えてないとか供述しているそうなので、実に酷い話です

 それだけ、危険ドラックには、恐怖が孕んでいるということを思い知らされましたね

 機会があれば、〝しぇしぇしぇのしぇー裁判〟は、傍聴に行きたいと思います


 それから、本ブログでも取り上げた、ろくでなし子さんの再逮捕です

 明らかに、警視庁の暴走と非難されていますが、その後一緒に逮捕された北原みのりさんは直ぐに釈放されましたが、ろくでなし子さんは何と起訴されてしまいました

 そして、本日26日東京地裁より保釈の決定が出たそうで、本日中に身柄が自由になります

 しかし、あくまでも被告人の立場は変わらないので、今後の裁判の行方が非常に注目されますね


 続いて、18日にあった六本木クラブ襲撃事件の控訴審ですが、実は余り報道されなかったんですが、珍しい判決が下っていたのです

 それは、一審判決よりも重くなる、と言う判決です

 一審判決では、懲役11年だったのですが、控訴審では一審判決を破棄し、懲役15年の判決が下りました

 一審判決よりも、二審の判決の方が重くなるなんて、非常に珍しいですね

 と、言うか、そもそも一審判決自体、検察の求刑22年に対し、判決が11年でしたから、検察からすれば承服出来る判決ではなかったのです

 ですから、検察も量刑不当で控訴していたのです

 検察が、量刑不当で控訴するなんて、そうそうありません

 ですから、検察の主張が通った結果となりました


 因みに、この判決を下した東京高裁第四刑事部は、ボクに逆転無罪判決を言い渡した部で、裁判長も同じでした

 ボクは、一審判決を破棄して逆転無罪でしたが、石元選手は一審判決を破棄して〝逆転重罪〟と、なってしまいました

 同じ一審判決を破棄でも、こうも大きく運命が別れるんですね


 
 さて、本日をもって、2014年度の更新を終了致します

 再開は、年明けの5日を予定しています

 たまには、長期のお休みを下さい(笑)


 2014年度は、皆さんにとってどんな一年でしたか

 最高の一年の人も居れば、最悪の一年の人も居ると思いますが、その全てが皆さんの肥やしとなるでしょう

 ボク自身も、非常に色々ありましたが、ホントに最高の一年でした


 改めて、この一年間ボクの拙いブログをご覧頂きありがとうございました

 ホントに、ホントに、ありがとうございました

 2015年度も、皆さんに新鮮かつ斬新なお話をお伝え出来るように、努力していきたいと思います
 
 どうか、来年度も本ブログを宜しくお願い致します


 そして、皆さん良いお年を


 
 
 人気ブログランキングバナー


 


 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います)


2014年度印象に残った事件簿(4月~6月)

 

 こんにちは

 今日は、スッキリしない天気ですね

 メリークリスマスイブ(´∇`)<Merry☆Christmas

 皆さんは、本日は誰と過ごすんですか


 一昨日から、今週は2014年を振り返ると言うのをやっています

 と、いう事で、今日は4月~6月を振り返りましょう



 【4月】

 1日 [105円→108円] 消費税率8%スタート

 ■主な値上げ商品
 ├診療報酬…初診料 120円増 / 再診料 30円増
 ├ガソリン…1リットル当たり 5円増(※消費税+環境税)
 ├鉄道…ICカード 1円単位 切符 10円単位(JR東日本) / ICカード&切符 10円単位(JR西日本) ├たばこ…1箱10円~20円 「メビウス」410円→430円
 ├ATM振り込み手数料(大手3行)…平日夜間・休日 105円→108円
 ├映画(TOHOシネマズ)…レディースデイ・シニア割引・1日・14日 1000円→1100円
 ├タクシー初乗り…東京 710円→730円 / 大阪 660円→680円 / 福岡 550円→570円
 ├家電リサイクル料…テレビ16型以上 2835円→2916円 / エアコン 1575円→1620円など
 ├自動販売機…一部 120円→130円

 16日 韓国 修学旅行生など約450人を乗せた済州島行の旅客船が、珍島沖で座礁・沈没 不明者多数

 ■事件詳細
 ├4/15 仁川-済州島を13時間で結ぶ旅客船「セウォル号」、仁川港を霧のため2時間遅れで出発
 ├4/16 珍島沖で事故発生 午前8時58分、遭難信号発信
 ├ 〃  事故発生から数十分後、船体が左に大きく傾き浸水
 ├ 〃  船内放送 「客室が安全なので待機してください」(乗客録音) この間に船長・船員が逃げた可能性も
 ├ 〃  午前11時ごろ、ひっくり返った状態で船首を残し沈没 6人死亡・約290人の安否不明
 ├4/17 事故当時、経歴1年未満の三等航海士の女(25)が急旋回を指示したことが発覚
 ├4/18 修学旅行の引率をしていて救助された教頭、山林で首つり自殺
 ├ 〃  海上に出ていた船首部分も完全に沈没
 ├4/19 船長のイ・ジェンソクと三等航海士の女ら3人を逮捕
 ├4/22 死者100人を超える 200人近くが依然行方不明
 ├4/29 死者200人を超える 事故発生から2週間
 ├5/6 捜索に初めて参加した民間潜水士が死亡
 ├5/16 死者284人・行方不明者約30人 事故発生から1か月

 19日 国内最高齢の死刑囚 石田富蔵死刑囚(92)が前立腺がんのため東京拘置所で死亡

 23日 [明石歩道橋事故] 榊和晄元副署長に免訴判決=大阪高裁/2審



 と、事件ではないですが、消費税が8%になったのは大きな出来事だったので取り上げました

 改めて、5%から8%になったのは結構大きいですよね

 たかが3%、されど3%、やっぱ3%ですね


 それから、日本ではないですが、韓国のセウォル号沈没事件は痛ましい事件でしたね

 ホント、船長を始めとする船員の杜撰さが、これだけ大きな被害を生みましたね

 これは、明らかに天災ではなく〝人災〟ですよね

 被害者のご冥福をお祈り致します


 それから、23日の大阪高裁での〝免訴(めんそ)〟判決

 皆さん、まず免訴判決なんて聞かないですよね

 では、免訴とはどういうことかと言うと、日本における刑事裁判において、公訴権の消滅を理由に有罪・無罪の判断をせずに裁判を打ち切ること、またはその旨の判決を裁判所が言い渡すことを言います

 要するに、裁判を打ち切ると言うことです

 この事件に関しては、長くなるので簡潔に言うと、元副署長が強制起訴されて裁判になったが、事故の因果関係は認められないとして、共犯関係を否定し、起訴時点の2010年4月には公訴時効である5年を過ぎているとして、裁判の手続きを打ち切る免訴(求刑・禁錮3年6月)を言い渡した。
 
 そして、同年2月22日、免訴を不服として検察側指定弁護士は控訴。

 2014年4月23日、大阪高裁は「警備計画の不備と事故が起きたこととの関係は否定されるべきではない」と警備計画の不備と事故との因果関係を認めたが「計画の策定に当たって元副署長の権限は限定的で、義務違反はなかった」として、また一審と同様に強制起訴時点で公訴時効が成立しているとして控訴棄却の判決を下しました

 と、言うもので、非常に稀な結末で終わりましたが、免訴の判決自体、無罪判決よりも少ないでしょう

 まっ、そもそも強制起訴の時点で無理があったんですがね


 【5月】

 12日 「舞妓Haaan!!!」「クライマーズ・ハイ」などプロデュース 映画プロデューサー 若杉正明容疑者を詐欺の疑いで逮捕

 12日 2014 FIFA サッカーワールドカップ ブラジル大会 日本代表メンバー23選手発表=ザッケローニ監督

 GK…川島永嗣 / 西川周作 / 権田修一
 DF…今野泰幸 / 伊野波雅彦 / 長友佑都 / 森重真人 / 内田篤人 / 吉田麻也 / 酒井宏樹 / 酒井高徳
 MF…遠藤保仁 / 長谷部誠 / 青山敏弘 / 山口蛍
 FW…大久保嘉人 / 岡崎慎司 / 本田圭佑 / 香川真司 / 清武弘嗣 / 柿谷曜一朗 / 齋藤学 / 大迫勇也

 16日 [遠隔操作ウィルス事件] 真犯人を名乗る「小保方銃蔵」からのメールが、落合弁護士などに届く

 ├5/19 片山被告が河川敷に埋めたとされるスマホから、同メールの文面や被告のDNA検出
 ├5/19 片山被告の自宅を家宅捜査 被告から弁護団に連絡、事件への関与をすべて認める
 ├5/20 保釈取り消し決定=東京地裁

 17日 男性デュオ「CHAGE and ASKA」のASKAこと宮崎重明容疑者、覚せい剤所持容疑で逮捕 尿から覚せい剤反応

 22日 大阪市西成区の准看護師 岡田里香さんが失踪2ヶ月 自宅から血痕

 ■詳細
 ├5/3 元同級生の日系ブラジル人女が、岡田さんのパスポートを使い中国へ出国
 ├5/23 岡田さんと見られる遺体が八王子市のトランクルームから見つかる
 ├5/27 日系ブラジル人の女が中国の日本総領事館に出頭 中国当局へ身柄受け渡し

 25日 AKB48の握手会で、メンバーの川栄李奈さんと入山杏奈さんら3人が刃物で襲われケガ 男を殺人未遂で逮捕

 ■詳細
 ├会場…岩手県滝沢市「アピオ」 / 容疑者…梅田悟容疑者(24) / 凶器…ノコギリ 約50cm
 ├川栄李奈さん:右手親指骨折、腕にケガ 入山杏奈さん:右手小指骨折、頭にケガ スタッフ:左手ケガ


 
 と、5月は色々ありましたが、やはりASKA選手の逮捕は衝撃的でしたね

 逮捕前から、週刊誌等で覚せい剤疑惑は騒がれていましたが、やはりそれは事実だったようです

 逮捕当初は、否認していましたが、結局〝SAY YES〟と、罪を認めました(笑)


 後は、AKBの切りつけ事件ですよ

 当初、警備の甘さを指摘されていましたが、そもそも握手会に刃物を持って来るということ自体想定出来ませんし、性善説からもファンがそんなことをするはずがない、と言う思いもありますから、これを防ぐのはかなり難しかったと思います

 ホント、大事に至らなくて良かったですね


 【6月】

 3日 [2005年・栃木小1女児殺害] 吉田有希ちゃん殺害容疑で勝又拓哉容疑者(32)を逮捕

 13日 2014 FIFA サッカーワールドカップ ブラジル大会開幕

 ■試合結果
 ├優勝 ドイツ / 準優勝 アルゼンチン / 3位 オランダ / 4位 ブラジル

 ■日本代表サムライブルー 試合結果
 ├6/15 日本vsコートジボワール 1対2で逆転負け 視聴率:46.6%(関東)
 ├6/20 日本vsギリシャ 0対0で引き分け
 ├6/25 日本vsコロンビア 1対4で負け 1次リーグ敗

 16日 福岡県筑後市 リサイクル店経営の夫婦を従業員殺害容疑で再逮捕 周辺で行方不明者多数

 ■詳細
 ├容疑者:リサイクル店経営 中尾伸也容疑者、妻・知佐容疑者
 ├6/16 2004年に行方不明 従業員・日高崇さんの骨の一部を夫の実家庭から発見
 ├6/20 同じ場所から別人の骨 行方不明の従業員のDNAと一致

 24日 [長崎ストーカー殺人] 筒井郷太被告に死刑判決=福岡高裁/二審

 24日 [脱法ハーブ] 池袋駅近くで暴走者が歩道に突っ込み、1人死亡・6人重軽傷 運転手の名倉佳司容疑者を逮捕

 24日 全国最年少市長 岐阜県美濃加茂市の藤井浩人市長(29)、事前収賄の容疑で逮捕

 26日 [香川・坂出3人殺害] 川崎政則死刑囚(68)、死刑執行=法務省

 26日 [警察庁指定118号事件] 元岩手県警察官 岡崎茂男死刑囚(60)、病死

 29日 新宿駅南口近くの歩道橋上で、「集団的自衛権」に抗議する男が焼身自殺図る 全身やけどの重症

 30日 [都庁小包爆発事件] 元オウム真理教信者 菊池直子被告に懲役5年の実刑判決=東京地裁



 6月も、色々ありましたが、栃木小1女児殺害事件で、被疑者が逮捕されたのはビックリしましたね

 この事件では、冤罪で菅谷利和さんが逮捕、起訴され17年も刑務所にぶち込まれていました

 つくづく、真犯人が捕まって良かったですね

 その後、どうなったのかを調べましたが、ちょっと分からないんですよね


 それから、16日の福岡リサイクル店の事件は、当時マスコミでも大々的に報道されていましたね

 この事件は、被害者がマインドコントロールされていた可能性が高く、過去にも同様の事件がありましたが、それを彷彿とさせるものでした

 恐らく、この夫婦には死刑判決が下るでしょう

 
 そして、24日の池袋の脱法ハーブの交通事故ですね

 この事故から、脱法ドラックの危険性が騒がれるようになりましたね

 脱法ドラックから、危険ドラックとその後名称を変えたのは記憶に新しいところです


 この中で、ボクが一番注目しているのが、24日の全国最年少市長の、事前収賄の事件です

 マスコミでも、拘置所から保釈されて出て来る姿が報道されていましたが、これまたイケメン市長なんですよね

 ホント、〝爽やか〟と言う言葉がピッタリの人柄なんです

 なので、そんな爽やかな人が、事前収賄なんてことをやるかなと、と首を傾げてしまいます

 裁判では、事実無根だと無罪を主張しているそうなので、是非その主張が届くことを祈念しています

 今後の展開に、要注目ですね


 と、色々あった4月~6月でしたが、皆さんはどんな事件が印象に残っていますか


 明日は、7月~9月を振り返ります
 
 

 人気ブログランキングバナー


 


 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います)


2014年度印象に残った事件簿(1月~3月)。


 こんにちは

 今日も、スッキリな天気で清々しいですね

 早くも、今年も残り僅かとなりましたね


 さて、今日は、いつもと趣向を変えて、逆転無罪が振り返る2014年をお話します

 今年も、森羅万象色々ありましたね

 ボクも、改めて振り返ってみて、〝あ~、こんな事件あったなぁ〟と、思い出します


 そこで、今日から4回に分けて、三ヶ月単位で今年を振り返りたいと思います

 また、こういうブログ故、事件に特化してお話します

 では、早速行きましょう


 【1月】

 
 ・7日  強盗・集団強姦容疑で逮捕された杉本裕太容疑者、横浜地検川崎支部から逃走(1/9 横浜市内で発見・逮捕)

 ・21日 オウム真理教元幹部の平田信の第4回公判 元幹部 中川智正死刑囚が異例の証人出廷

 ・25日 [アクリフーズ冷凍食品農薬混入] 契約社員の阿部利樹容疑者を偽計業務妨害で逮捕

 ・27日 札幌市 小学3年生の幡谷りなさんが、ノートを買いに家を出たまま行方不明に
 └2/2 りなさんを無事保護 松井創容疑者(26)を監禁の疑いで逮捕

 ・31日 韓国・ソウルの国際会議に出席予定だった内閣府職員が18日、北九州市若松区沖で変死
 ├1/18 北九州市若松区沖響灘のゴムボート内に倒れている人を発見 荒波で近づけず
 ├1/20 ゴムボートが転覆 防波堤の下から男性の遺体を発見
 └1/23 警察から内閣府へ遺体の照会


 
 1月は、年明け早々から、ある選手がマスコミを賑わしましたね(笑)

 そうです

 横浜地検川崎支部から脱走した、杉本選手です

 当時、地検から脱走出来るのは容易なのかどうかを本ブログでも綴りましたが、杉本選手にとって、都合の良い偶然が幾重も重なり、脱走という神業をやってのけました

 全く、脱走しようと考えること自体がキ○ガイですよね(笑)

 ボクも、〝入った〟経験、すなわち杉本選手と同じ境遇を体験しましたが、脱走しようなんて考えもしなかったですし、そもそも脱走なんてまず無理ですから

 そう考えると、大いに世間を騒がせたとは言え、杉本選手のやった事は非常にスゴイ事です(決して褒めてません)

 
 その後、裁判でどうなったのか調べてみたところ、まだ裁判は始まっておらず、初公判の日時も決まっていないそうなので、判決まではまだまだ時間が掛かりそうな気配です


 【2月】


 16日 ジャーナリストの山路徹さん、神奈川県内で大雪取材中に襲われ車ボコボコ 同僚軽傷

 20日 元関脇・琴富士こと「焼肉 貴闘力」店長 小林孝也容疑者、韓国籍女性との結婚詐欺容疑で逮捕

 21日 都内公立図書館で、アンネ・フランク著書「アンネの日記」が破られる被害 約300冊
 ├3/14 破られた本の破片を発見 書店不法侵入で逮捕された男を再逮捕

 23日 日本テレビ「スッキリ!」に出演 気象予報士の武田恭明容疑者を淫行容疑で逮捕



 二月は、大きな事件はありませんでしたが、やはりスッキリの武田選手の援交事件でしょう

 本ブログでも触れましたが、全く人生を棒に振ってしまいましたよね

 当然、もうテレビでは観ることは出来ないですが、もうとっくに釈放されているでしょう

 淫行容疑なんて、悪質でない限り罰金が関の山なので、恐らく今年の3月にはシャバには出て来ていると思います

 武田選手は今、寒さが厳しさを増す今日この頃、あの〝一発〟をどう感じているのでしょうか…。


 【3月】


 5日  [遠隔操作ウィルス事件] 片山祐輔被告が保釈 保釈保証金1000万円

 6日  [大阪個室ビデオ店放火殺人] 小川和弘被告の死刑判決確定=最高裁第一小法廷

 7日  [仮谷さん拉致監禁] オウム真理教元幹部 平田信被告に懲役9年の判決=東京地裁/裁判員裁判

 12日 [結婚詐欺・連続不審死] 木島佳苗被告に死刑判決=東京高裁/二審

 13日 [東芝機密情報流出] 提携先のサンディスク元社員 杉田吉隆容疑者を不正競争防止法違反の疑いで逮捕
 ├詳細:東芝NAND型フラッシュメモリの最高機密情報が「韓国SKハイニックス」に流出
 ├3/13 [損失約1000億円] 東芝、韓国SKハイニックスを相手に損害賠償求め東京地裁に提訴
 ├3/15 サンディスクの給与待遇に不満 1年間かけ情報を不正コピー、韓国SKに持ち込み転

 19日 ガーナ駐日大使名義のビル一室でバカラ賭博 日本人12人逮捕、数百人の顧客名簿押収

 20日 [鳥取連続不審死] 上田美由紀被告に死刑判決=広島高裁/二審

 25日 [関越自動車道高速バス居眠り運転] 運転手 河野化山被告に懲役9年6月、罰金200万円=前橋地裁

 27日 [1966年・袴田事件] 袴田巌死刑囚の再審開始決定 即日釈放=静岡地裁
 ├3/28 被害者家族で唯一助かった長女(67)が死去 死因未発表

 27日 [福知山花火大会露店爆発] 渡辺良平被告に禁固5年の判決=京都地裁

 31日 [飯塚事件] 2008年に死刑執行された久間三千年元死刑囚の再審請求棄却=福岡地裁



 改めて、3月は色々とありましたね

 事件だけを取り上げれば、ホント忙しなかったですね

 
 5日の遠隔操作ウィルス事件で、保釈が決まった時はボクはビックリしましたね

 本ブログでも触れましたが、完全否認(当時)している状態で、一般人が保釈される事は非常に珍しいからです

 し、か、し、その後の展開を予想出来た人は、この時は誰も居ませんでした…。

 まさか、その後あんな展開になるとはね


 そして、以前ボクと同じマンションに住んでいた〝佳苗ちゃん〟こと、木嶋佳苗の控訴審判決ですね

 運良く、初公判と第二回公判を傍聴出来たので、以前池袋のマンションのエレベーターで会って以来の再会となりました

 多分、本人はボクの事は覚えてないでしょうけどね(笑)

 結果は、大方の予想通り控訴棄却でしたが、やはりあの事件は状況証拠が佳苗ちゃんにとって、極めて不利に働いてしまったのでどうしようもありません

 と、言うか、佳苗ちゃんが犯人でないならば、あんなに数々の偶然は起こり得ない、と言った方がいいでしょう

 今は、最高裁に上告中ですが、判決が出るまではまだ何年も掛かるでしょう


 そして何より、赤文字で強調した、袴田さんの再審開始決定で即日釈放でしょう

 だって、逮捕、勾留されてから48年ですよ48年

 ボクが生まれてから、まだ48年も経っていませんし、普通に考えたら約半世紀ですよ

 この約半世紀、同じ日本に居ながら、シャバと遮断された独房で一人孤独と、死の恐怖と闘いながら生きるなんて、想像だに出来ません

 いくら、超プラス思考のボクでさえ、間違いなく精神的におかしくなると思います

 ホント、想像だに出来ない辛さでしょう

 こんな風に、辛かったでしょう、とか書けるのは、所詮は他人事だからなんですよね

 当事者だったら、こんな風に簡単に言葉に出来ないでしょう

 
 ボクの、一年七ヶ月でさえ、途方もなく感じたのに、袴田さんは48年ですからボクの約14倍の長さです

 もう、意味が分かりません

 しかも、その長さに加えて、死刑判決を受けているので、いつ国に殺されるか分からない恐怖もセットで付いてくるのです

 この恐怖と言ったら、スミマセンが全く想像出来ません…。

 塀の中に閉じ込められていた、と言うのはボクも経験しているのでリアルに分かりますが、ボクは一審で死刑判決を受けた訳ではないので、控訴審を闘っている最中も、死の恐怖なんて一切感じなかったです

 当たり前ですが

 
 しかし、袴田さんは、無実を懸命に訴えながらも、いつ再審請求が棄却されて死刑が執行されるか分からなかったのです

 そんな状況下なら、まともに本なんて読めませんよね

 ボクは、週間SPAや裏モノジャパンを読んで、ゲラゲラ笑ってましたけど、とてもそんな気分になりませんよね


 袴田さんの事件も、東電OL殺人事件と同じで、検察の証拠開示に重大な問題があるんですよね

 簡単に言えば、被告人に有利、すなわち検察にとって不利な証拠を、敢えて開示しなかったんです

 確かに、手続き上は、検察は収集した証拠を全て開示しなければならない義務はありません

 つまり、有罪にする為に、自分達に都合のいい証拠だけを選んで裁判に出せばいいのです

 しかしながら、果たしてこれでイイのでしょうか

 これは、ボクの裁判もそうでしたが、ホント由々しき問題で、刑事裁判のあり方を根底から考え直さないといけません


 ともかく、袴田さんは釈放されて、ホントにホントにホントに良かったですね

 出来ることなら、是非袴田さんや袴田さんのお姉さんにインタビューしたいですね


 
 と、言うような、2014年3月迄の事件簿でした

 皆さんの中で、印象に残った事件はありましたか


 明日は、4月~6月を振り返る予定です

 

 人気ブログランキングバナー


 


 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います)


栩内選手の無罪の可能性は?



 こんにちは

 今日も、あっぱれな冬晴れですね

 忘年会の方も多いかと思いますが、くれぐれも飲み過ぎてトラブルを起こし、警察のお世話になるようなことはないように気を付けましょう


 さて、今日は、昨日報道されたニュースについて触れたいと思います

 
 栩内被告、判決は来年1月13日…第7回公判


 
 覚醒剤取締法違反などの罪で有罪が確定した歌手のASKA(本名・宮崎重明、56)とともに逮捕、起訴された会社員・栩内(とちない)香澄美被告(37)の第7回公判が17日、東京地裁で行われた。

 弁護側による最終弁論が行われ、同被告は涙を浮かべながら無罪を主張した。

 弁護側は従来通り、ASKAによって体内に薬物を混入させられたと強調。

 女性弁護士が「被告人は幼い頃に母を亡くし…」と生い立ちを語ると、濃紺のスーツにメガネをかけた同被告も、瞳を潤ませハンカチを鼻に当てた。

 裁判長から最後に一言求められると同被告は「今までお話ししたことを信じていただきたいと思います」と懇願した。

 今年7月から続いた裁判はこの日で結審。同被告は検察から懲役2年を求刑されており、判決は来年1月13日に言い渡される。



 と、言うニュースで、ご存知の通りASKA選手の愛人だった彼女の裁判が結審し、判決が来年言い渡されることになりました


 ここで注目して欲しいのが、彼女は一貫して無罪を主張しているという事実です

 この点は、かねてから報道されていた通りで、彼女はASKA選手から覚せい剤を知らぬ間に混入された、と言っているのです

 あるいは、ASKA選手の精子を飲んだので、その中に覚せい剤が残っていたから自分から覚せい剤の陽性反応が出た、とも主張しています(笑)

 改めて文字にすると、スンゴイ主張です(笑)


 この主張について、面白い話があるのですが、ボクの一審の担当だった弁護士が、過去に相当数の覚せい剤使用の裁判を経験したそうなのです

 その中で、やはり今回の栩内選手と同じく、〝彼氏の精子を飲んだから、そこから陽性反応が出たんだ〟と、主張するオンナが居たそうです

 そこで、そう主張する彼女に、検察は鑑定人を証人尋問で呼んで、こう質問したそうです


 『精液を飲んで、そこから覚せい剤の成分が検出されるには、どの位の精液が必要になりますか

 
 この質問に対し、鑑定人は、

 
 『軽トラック一杯分必要になります


 と、証言したそうです(笑)

 この証言が決め手となり、この彼女は見事有罪判決を食らったそうです(笑)


 この弁護士によれば、オンナで覚せい剤の使用で逮捕されると、何とか罪を免れたいが為に、〝精子を飲んだ〟弁解を使うそうなのですが、ことごとく裁判官に信用してもらえないそうです

 って、当たり前ですがね(笑)


 で、今回の栩内選手の主張を、前記鑑定に当て嵌めると、彼女はASKA選手の精子を軽トラック一杯分飲んだという事になります(笑)

 こんなの、現実的に有り得ないですよね

 AV業界もビックリな精子の量です(笑)

 これがもしホントなら、まずASKA選手の子孫を残したいと言う本能に畏敬の念を払い、栩内選手の〝ごっくん〟好きに敬意を表したいと思います(笑)

 これだけ〝ごっくん〟出来れば、先日の窃盗事件のU君じゃないですが、風俗業界で相当お金持ちになったでしょう(笑)

 と、言うように、いかに栩内選手の証言がデタラメか分かるでしょう
 


 そして、検察側は、彼女の家の至る所から覚せい剤を検出しており、彼女自らが覚せい剤を使用したと主張します

 その内容は、エアコンのフィルター、たばこの吸い殻、ティシュからも覚せい剤が検出されており、検察側は栩内選手が日常的にに吸引していたとしています

 要するに、明白な客観的証拠があるという事です


 このように、双方の主張は真っ向から対立していますが、果たしてこのディベートは、どちらに軍配があがるのでしょうか

 何て、敢えて聞かなくても、自ずと答えは見えていますよね

 前記の通り、エアコンのフィルターやタバコの吸殻、ティッシュからも覚せい剤の成分が検出されていると言うのに、これが何らかの偶発的な原因で、付着していたとはまず考えられないでしょう

 逆に、彼女が覚せい剤を使用していたからこそ、これだけあちこちから覚せい剤の成分が検出されたと考えるのが、実に合理的です

 これは、有罪を求める検察の責務である、〝合理的な疑いを差し挟まない程度に立証しなければならない〟と言う、刑事訴訟法の概念に則っています

 今回の検察の立証は、合理的な疑いを差し挟まないですよね

 明らかに、彼女が覚せい剤をやっていたからこその、これらの証拠と考えるのが実に合理的です


 従って、彼女が無罪になる可能性は0%です


  
 また、ボクの予想では、初犯ですが一発実刑になると思っています

 何故なら、彼女はこれだけの客観的証拠があるのに、完全否認しているからです

 否認していれば、無罪にならない限り実刑です

 軽微な事件なら、否認していても執行猶予の可能性はありますが、基本的には0か100、あるいは三振かホームランかです

 だって、否認してても執行猶予になるのなら、とりあえずはみんな否認しますよね

 何故なら、否認しない限り無罪は有り得ないからです

 とりあえず、否認しておけば、可能性は低いけれど無罪になるかも知れないから、ダメ元でみんな否認しちゃうでしょう

 〝間違いありません〟って、言ってるのに、〝覚せい剤はどこかから混入された可能性がある〟なんて、判決は絶ッ対にないですから(笑)


 ですから、ボクの栩内選手の判決予想は、


 『主文。被告人を懲役一年六月に処する。』


 です

 執行猶予なしの一発実刑です

 来月の13日に、果たしてどんな判決が出るのか楽しみ年を越しましょう

 時間があれば、傍聴に行こうかな


 と、言うわけで、今日は遅くなりましたがこの辺で筆を置きます

 
 さて、来週こそは、逆転無罪が振り返る2014年についてお話しする予定です

 それでは、良い週末を

 カンパーイ(笑)
 


 人気ブログランキングバナー


 


 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います)


意外な展開。



 こんにちは

 今日も、北風ビュービューで参っちゃいますね

 くれぐれも、風邪を引かいないように気を付けましょう


 昨日は、冤罪コンサルタント初のケースをお話しました

 ホント、特捜部に逮捕されるなんて〝大物〟ですよね


 さて、今日は、接見禁止一部解除請求を出した後のお話をします


 ボクが、LINEで不明な点を教え、彼女さんはその通りに裁判所宛に接見禁止一部解除請求を出したと、報告がありました

 すると、次の日に以下の内容のラインが届きました


 『何か、特捜部からいきなり電話が来ました

 『○○(彼氏)さんとは、どういう関係なんだ

 『何か、預かっているものはないか

 『何で、この方法を知っているんだ

 『とか、色々聞かれました。』



 と、言う内容でした

 要するに、接見禁止一部解除請求を出したら、特捜部の検事から電話が来たと言うのです

 こんなの、ボクが知る限り前代未聞です

 普通は、接見禁止一部解除請求を出したからといって、殊更検察官が問い合わせしてくるなんてないですから


 今回の対応には、二点理由があって、まず、裁判所に接見禁止一部解除請求を出すと、その請求に対し裁判所は検察官に意見を訊くのです

 これは、保釈の請求の時も同じで、最終的な判断は裁判所によりますが、形式的にでも検察官に意見を訊かないといけないのです


 接見禁止一部解除決定書



 この写真のとおり、〝検察官の意見を聴いた上〟と、なっていますよね

 ですから、一応裁判官は、検察官に意見を訊くのです

 だからと言って、検察官の意見に縛られることはありません

 あくまでも、最終的な判断は裁判官なので、検察官がダメだと言っても、それに縛られず独断で決定を出せます


 それともう一点、彼女さんに直接電話が来た理由は、ボクはもしかしたらと思い、

 『接見禁止一部解除請求書に、自分の携帯の番号を書きませんでした

 と、訊くと、

 『はい。書きました。』

 との事だったのです

 やはり、彼女さんは、ご丁寧に自分の携帯番号を接見禁止一部解除請求書に記載したそうなのです

 だから、特捜部の検事は、彼女さんの連絡先を知り、電話を架けたという事なのです


 とは言え、例え電話番号が記載してあったとしても、普通は連絡なんてして来ないものですがね

 
 恐らく、前記のとおり、特捜部の検事が『何で、この方法を知っているんだ』と、彼女さんに聞いたように、この裏技を知っている彼女さんを、只者ではないと思ったのでしょう(笑)

 だから、背後に何かあるんじゃないかと勘繰ったのです

 しかし、彼女さんには彼氏さんから何か預かったりとか、事件には一切関与していないので、何を言われようが否定するしかありません

 そもそも、逮捕自体が寝耳にウォーターなんですから、逮捕を予見して彼氏さんに協力するも何もありません

 
 また、彼女さんは、検事からこの方法の入手先を訊かれた時に、気を利かせて〝ネットで見付けた〟と、言ってくれたそうなんです

 ボクとしては、〝逆転無罪のブログを読んで〟と、言ってもらって全然構わなかったんですがね

 別に、法律に触れる事を書いている訳ではないんですからね


 と、言うように、いかにあの接見禁止一部解除請求が、裏技か分かるでしょう


 彼氏さんは、逮捕事実を完全否認している為、こうして接見禁止が付いているので、その裏を掻い潜る接見禁止一部解除請求は、特捜部からすれば非常に煙たいのだと思います


 しかし、手紙の内容は、何ら事件に関係のないことですから、検察官も反対意見を出したとしても、裁判所は許可せざるを得ません

 そして、案の定、それから一週間位経った頃に、彼女さんから、

 
 『接見禁止一部解除決定が出ました。』


 と、LINEが届きました

 そうです

 特捜部の検事から電話がありましたが、無事に手紙は彼氏さんの元に届いたのです


 きっと、彼氏さんも突然の手紙に、それも本来なら手紙が届かない状況なのに届いて、相当嬉しいでしょうね

 これは、経験者しか分かりませんが、何者にも代え難いくらいメチャメチャ嬉しいのです


 こうして、紆余曲折ありましたが、無事に彼氏さんの元へ、ラブレターを送ることが出来ました

 めでたしめでたし

 ボクも、お役に立てて何よりでした


 因みに、彼女さんからは、今でもたまに何か質問があるとLINEが来て、返せる時に返信しています


 さて、明日は、昨日ニュースになったあの話題について触れたいと思います



 人気ブログランキングバナー


 


 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います)


初のケース。

 こんにちは

 今日は、晴れましたが北風がビュービューですね

 爆弾低気圧で、各地でとんでもないことになっているので、非常に心配です


 昨日は、冤罪コンサルタントの実情をお話しました

 その内容は、現在は依頼者からの相談が主でした


 さて、今日は、その中でも非常に珍しいケースをお話します


 時は、少し肌寒くなって来た頃に遡ります

 この日、Gmailが届いたので何気なく見ると、ボクのブログを見たと言う方からの相談メールでした

 内容は、彼氏が東京地検特捜部に逮捕されてしまい、接見禁止だと言うので、手紙の書き方を教えて欲しいというものでした

 ボクは、このメールをもらった時、〝特捜部に逮捕されるなんて大物だな〟と、感じました

 普通、検察庁、それも特捜部に逮捕されるなんて、そうそうないですからね

 なので、これは珍しいケースだな、と思ったのです

 少なくとも、ボクがブログを始めてから、特捜部に逮捕された人に関しての相談は初めてです


 だからと言って、こちらから出来る事に全然変わりはありません

 特捜部だろうが、警察だろうが、逮捕されていることに変わりはないんですから

 ただ、一点だけ違うのは、特捜部に逮捕されると、いきなり小菅ヒルズに勾留されます

 これは、検察庁は留置場を持っていないからです

 ですので、検察庁に直接逮捕されると、いきなり拘置所に勾留されて、そこに検察官が取り調べに来るのです

 従って、良くニュースで耳にする〝○○容疑者は、今日○○地検に送検されました〟と、言うのはありません

 送検も何も、直接検察庁に逮捕されているんですから

 また、勾留期間も、警察での48時間勾留がないので、通常の22日間ではなく48時間を引いた20日間になります


 と、言うような違いだけで、こちらから何かをする際に違いはありません

 あるとすれば、差し入れに行くのに、警察の留置場ではなく東京拘置所になるだけです


 
 以上の説明をしたのは勿論のこと、彼女の一番の希望である、接見禁止中に手紙を書く方法に関しては、送り先が裁判所なので彼氏が何処に居ても関係ありませんからね

 大体、この場合の質問で多いのが、手紙で書いてはいけない内容は何か、逆に、何を書けばイイのか、刑事部が分からない時は裁判所の何処に出せばイイか、等です

 ボクは、これらの質問に丁寧に答えました(丁寧と自分で言うのもアレですが)


 それと、差し入れについて、どんなモノがダメで、逆に何なら大丈夫なのかをLINEで伝えました

 丁度、タイミング的に寒くなって来たので、小菅ヒルズは冷暖房完備ですが、それはあくまでも部屋の前の通路だけで、職員が寒くないようにと言う配慮のモノなので、ボクは〝是非ダウンジャケットと手袋を入れてあげて下さい〟と、伝えました

 そして、今は直接面会や手紙が出来ませんが、差し入れする際は伝票があって、そこには何処の誰からの差し入れか分かるようになっているので、それを見た彼氏さんは〝わざわざ差し入れに来てくれたんだ〟と、メチャメチャ勇気づけられますから是非差し入れしてあげて下さい、とも伝えました

 これは、一度でも〝入った〟経験のある方なら分かると思いますが、差し入れが届いた時、それが予め分かっていなかった人からの場合、もうメチャメチャ嬉しいのです

 と、同時に、大変勇気づけられるのです

 差し入れが手元に届く際、誰から何が差し入れられたかが一目で分かるようになっているので、中に入って居る人は、誰が来てくれたのかが分かり、とても、大変、メチャメチャ嬉しいのです

 特に接見禁止の場合、自分の想いを彼氏に直接伝えられなくても、差し入れすることによって、それは〝無言のメッセージ〟になるのです

 ですから、差し入れして彼氏さんを勇気づけてあげて下さい、と言いました

 

 そして、数日が経った頃、彼女から〝東京拘置所に差し入れをして、ついでに裁判所に手紙を出して来ました〟と、LINEが届きました

 ボクは、〝遅かれ早かれ届きますよ〟と返信しました


 
 すると、何と次の日に、彼女から目を疑う内容のLINEが届いたのです

 その内容とは

 続きは、明日お話する予定です

 

 人気ブログランキングバナー


 


 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います)


冤罪コンサルタントとしての仕事。


 こんにちは

 今日は、雨で所によっては雪ですね

 何だか、冬の到来が早いですね


 昨日は、ボクの38回目の聖誕祭についてお話しました

 まっ、聖誕祭と言っても、特に何をした訳では無いんですがね

 そう言えば、バースデーケーキも食べてないや…(笑)

 唯一、自宅で〝お一人様鍋〟をした位ですね

 改めて、38歳になりました、逆転無罪を宜しくお願いします


 さて、今日は、またしても当初の予定を変更してお話します(笑)

 毎度の事なので、どうかご容赦下さい


 今日は、ボクが冤罪コンサルタントとして、一体どんな事をしているのかをお話します

 このネーミングは、ボクの裁判を唯一皆勤賞で傍聴に来てくれた、桃山商事の清田先生と考えたのですが、このような名前は日本初、いや世界初でしょうから、皆さんどんな事をしているのか良く分からないと思います

 ですので、今日はその実態をお話しますね


 現在のところ、一番多いのは、本ブログを読んだ方からの相談依頼が主な仕事ですね

 その中でも、ここ最近多いのが、接見禁止中に手紙を書くにはどうしたら良いのかという相談が多いです

 多いといっても、何十件とかではないですが、ポツポツあるんですよね

 ブログのトップページに、相談無料です、と書いてメールアドレスを載せているので、何かある方は直接メールをくれます

 尤も、相談内容を、公開のコメント欄に記載する人は居ないでしょうからね


 ボクは、メールをくれた方には、出来る限り分かりやすく説明します

 やはり、こういう事態に直面したことのない人が殆どですから、何をどうしたらいいか分からないのです

 ですから、初めて行く観光地の旅先案内人のように、こうですよああですよと言って、ボクの知る限りの情報をお伝えします

 勿論、無料です


 自分の家族や、知り合いが逮捕されたりすると、経験者なら48時間以内に検察庁に送検されて、遅くても22日後に起訴されるかどうかが分かるとか、その後の流れが分かっています

 なので、差し入れはどうしたらいいかとか、身の振り方が分かるのですが、未体験の方にとっては、送検って、勾留って、起訴って、と全てがはてなマークなのです

 そうした時に、水先案内人、それも弁護士とかではなく、実際に体験している生き字引のボクが色々と教えるのは、何よりも確実な答えでしょう

 例えるなら、あそこのお店美味しいよ、と言われているお店にご飯を食べに行った経験があり、その味を伝えるみたいなものでしょうか

 まっ、味に関しては、人それぞれの味覚によるので意見が分かれますが、誰かが逮捕されると言うのは、基本的には全員同じパターンですから答えは絞られます

 ですから、自分の周りでもし誰かが逮捕されたら、一度でも逮捕された経験のある人に訪ねるのが一番なのです

 
 その中でも、ボクに相談するのが一番です(笑)

 何故なら、ボクは逮捕から逆転無罪になるまで、徹頭徹尾全面対決したからです

 逮捕されても、被疑(容疑)事実を認めて、ベルトコンベアーに乗るように流れ作業で裁判になる人とは、同じ逮捕、勾留でも次元が違います

 なので、ベストは逮捕されて完全否認を貫いた人が一番参考になります

 まっ、現実的にはなかなかそういう人は居ませんが

 完全否認をしている人は、接見禁止を付けられたり、拘置所では自動的に独居房だったりと、自分にとっては不利益な事が多いからです

 そんな中、接見禁止中でも手紙を書く方法を実践したボクは、自分で言うのもアレですが、一線を画していると思います


 そして、ここ最近多い、接見禁止中でも手紙を書く方法の相談は、全て女性の方からで、彼氏さんが逮捕されたのだけど接見禁止中なので、手紙を書くにはどうしたらいいかと言う内容でした

 相談者さんは、本ブログを読んでいるので、接見禁止中の手紙を出す方法は書いてあるのですが、やはりこれで大丈夫なのか不安なようで、、ボクにメールをくれるのです

 基本的には、ブログに書いてある事を、そのまま実践してもらえればイイのですが、些細な疑問点もあるでしょうから、そういう時は遠慮なく相談して欲しいと思います

 その後、書いた手紙が彼氏さんの元へ届いたかは聞いていませんが、ダメなら戻って来るので、その際は連絡があるでしょう

 その連絡がないという事は、きっと無事に届いている証拠ですから何よりですね

 そういう意味では、ボクのブログが役に立っているので嬉しい限りです


 こう見ると、逮捕され否認していると、接見禁止が付けられ、たった一言自分の思いを伝えるのも、こんなにも動かなきゃいけないんですから、つくづく日常で簡単にLINE等で自分の思いを伝えられるのは、ホントに幸せですよね

 ボクは、この思いが根底にあるので、LINEを読まない人や、既読無視する人や、ブロックする人が許せません(笑)

 それは冗談としても、皆さんも日々当たり前のツールでLINEやメール、もしくは電話で自分の意思を伝えていると思いますが、それはホントに尊いんだと言うことを知って欲しいです

 でも、この感覚は、パクられたり、身近でそういう人が居ないと、なかなかリアルには分からないんですよね…

 だから、出来る限りリアルに感じれるように、ボクがお伝えして行くのも使命だと思っています


 それから、他に相談をもらう内容としては、何とご自身が今裁判中で、全面的に争っていると言う人からの相談がありました

 その人は、保釈でシャバに出ていたので、そこで色々と調べていたら、ボクのブログにたどり着いたらしく、それはそれは切実なメールを送って来てくれました

 そんな大変な中、何とか今の状況を打破したくて、ボクに相談してくれたのは、ホントに嬉しかったです

 ですから、とことん相談に乗りました

 残念ながら、詳細に関しては、本人の希望により書けないのですが、それはもう明らかにおかしな事件でした

 これも、ボクの使命の一つだと思っています

 
 
 さて、今日はこの辺にして、明日は冤罪コンサルタントとしてのボクの野望と、接見禁止中に手紙を出したらこうなったと言うお話をする予定です



 人気ブログランキングバナー


 


 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います)


今日で、ボクが生まれてから38年が経ちました!

 

 こんにちは

 今日も、冷え込みが厳しいですが良い天気ですね

 年末が近付いて来た今週、張り切って行きましょう


 さて、今日は、当初お話する予定だった内容を変更してお送りします


 実は、本日12月15日は、僭越ながらボクの誕生日なのです

 お蔭様で、今年で38歳になりました

 去年は、丁度日曜日だったこともあり、ブログで綴ることはなかったのですが、今年は平日だったので折角だからと思い誕生日について書いてみる事にしました


 早いもので、この世に生を受けてから38年が経ちました

 改めて、ボクを産んでくれた両親には感謝すると共に、ボクに携わる全ての方々に、ありがとうございますと心よりお礼申し上げます


 で、誕生日というのは、誰もが毎年必ず迎える日ですが、皆さんは誕生日に何か拘りってありますか

 誕生日は、必ずどこかオサレなレストランで食事をするとか、夜景の綺麗なドリンクバー、いやいやバーでグラスを傾け合うとか、浦安のネズミーランドに行くとかとか…

 何処かしらに出掛けて、お祝いをする方は多いでしょう


 でも、ボクは誕生日だからと言って、敢えて何処かに行くとかはしませんでしたね

 何かしら、そういうきっかけがあれば、出掛けたかも知れませんが、自ら誕生日だからどこどこに行こう、という思いには至らなかったです(笑)

 とは言え、先週の金曜日には、大変お世話になっているT先輩に焼肉をご馳走になり、お祝いをしてもらいました

 ホント、そういう気持ちは嬉しいし、かけがえのないものですよね

 プレゼントがあるとかないとか、プレゼントが安物か高価な物とかそんなんではなく、〝お祝いしてあげよう〟と、言う気持ちがボクは何より嬉しいのです

 T先輩、その節は大変ありがとうございました

 まだ、あの時の焼肉がお腹に残ってて、ご飯を食べてません(笑)


 また、今このブログを書いているのは、正に誕生日真っ最中ですが、これから何処かに行く予定もありません(笑)

 今日は、一人で家に居ます

 誕生日当日に、何処にも行かないのも、それはそれでイイじゃないですかね

 あっ、一人ではなかった、〝彼女〟とですが

 もう、人間界の女性は、誰も相手してくれないので、動物界の彼女にホリホリされながらお祝いしてもらいます(笑)


 
 それと、来年の誕生日に向けて、一つ目標を立てたいと思います

 それは、

 
 『来年の誕生日までに、幻冬舎から本を出す


 です

 ボクは、ブログを始めた当初、逆転無罪になるまでの経緯を詳らかに書こうと思っていたのですが、日々ブログを綴るに連れ考えが変わり、敢えて本ブログでは詳細を綴るのを止めました

 ですから、ボクが逆転無罪になった結果は皆さんご存知でしょうが、その経緯は一部の方しか知りません

 それはもう、余裕で一冊の本が書けるくらいの、大変濃厚な内容です

 ですので、ボクの逆転無罪への奇跡の軌跡は、本に譲ります

 本の中で、皆さんには、ボクの逆転無罪がいかに凄かったかを知ってもらいたいと思うので、敢えてブログでは綴りません

 来年の誕生日までに、幻冬舎からボクの逆転無罪になった経緯を出版することを目標に、今日から新しい一年を過ごして行きたいと思います


 改めて、38年目のボクを、皆さん宜しくお願いします


 さて、明日は、逆転無罪の2014年度、印象に残った事件を振り返ります

 

 人気ブログランキングバナー


 


 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います)


ろくでなし子さんの事件の見解は?



 こんにちは

 今日も、どんよりな天気ですね

 恐らく、今日明日で忘年会の方も多いでしょうから、くれぐれも飲み過ぎには注意しましょうね

 
 昨日は、社会学者の宮台真司さんが語った、わいせつの定義とは何ぞや、というお話でした

 ホント、誰もがシックリ来る、分かりやすい定義でしたね

 あの定義に当て嵌めると、実に今回の逮捕が有り得ないか分かるでしょう


 さて、今日は、一方のろくでなし子さんの逮捕について、宮台さんの見解をお話します

 同じく、デイキャッチのポッドキャストから、文字起こしをします


 ろくでなし子さんは、自分の女性器を型どった3Dプリンター用のデータを、インターネットで配布していたとして逮捕されました

 女性器の形が出来上がったモノではなく、そのデータを配ったという事なのです

 これを、警視庁はわいせつ物頒布(はんぷ)に当たると言うのです

 
 
 宮台さんは、頒布についても、いつも裁判で論争になるテーマだと言います

 頒布と言うと、ハイ配ると言う感じですが、そうではない場合、例えばチラシを置いておくだけ、またはインターネット上にリンクを貼っておくだけと言うような、自分で引っ張らないと入手出来ないモノは、頒布ではないのではないかと、毎回議論になるそうなのです

 確かに、前記のような状況では、自らの意思で引っ張っているわけですから、頒布には当たらないと思いますよね

 宮台さんも、頒布には当たらない考えだそうです

 
 ところが、ここで必ず出て来るのが、過去の特許法の最高裁判例で、マイクロフィルムのデータを誰でも閲覧出来るようにしておいたとして、特許法違反だとする最高裁判例がいつも出てくるのだそうです

 そうすると、この判例に当て嵌めると、いくら自らの意思でデータを引っ張っても、わいせつ物頒布に当たる可能性があるのです


 それは置いておいて、宮台さんはデータに関しては、万が一でも不意打ちを食らう人が居ないとも限らないと言います

 まっ、極めて少ない確率でしょうが

 ただ、ろくでなし子さんは、この頒布については前回処分保留で釈放になっているからおかしいと言います

 
 法理、すなわち法の理屈から言えば、逆でなければおかしいと言います

 逆というのは、アダルトショップにアダルトなモノがあるからと言って、これを逮捕するのはおかしいけれど、インターネットでは、もしかしたら不意打ちを食らう人が居るかも知れないから、逮捕するのは分からなくもない、と言う意味だそうです

 とは言え、わいせつ物頒布の方は、かなり譲歩しての話なので、現実的にはどうなのと思いますよね


 ともかく、宮台さんは、全てはTPOだと言います

 あってはならない場所にあるのがわいせつ、だという事なのです


 最後に、宮台さんは、こう言って締め括りました


 『警視庁、頭悪いんじゃない


 ボクも、全くの同感でした

 ホント、今回の宮台さんの解説は、非常に分かりやすくシックリ来るものでした

 やはり、餅は餅屋ですね


 別に、宮台さんは個人的な感情は一切抜きにして、あくまでも学者の立場から今回の事件を見た時に、どう考えてもおかしいと喝破していました

 ボクも、わいせつとは何かまで深く掘り下げてはいませんでしたが、単純に考えても、アダルトショップにアダルトなモノがあって何で法律違反なの、と思っていましたから、その点では宮台さんと考えは一致していました


 つくづく、今回の事件は、誰が見ても警察バカだろ、と思うような体たらくでしたね

 とは言え、やろうと思えばどんな事でもしょっ引けるんだぞ、と言うようなブラフにはなりましたね

 全くふざけた話ですが


 今後、ろくでなし子さんの処分が非常に気になるところですね

 恐らく、起訴はないと思いますが


 さて、来週は、ちょっと思考を変えて、ボクが振り返る2014年についてお話する予定です

 それでは、良い週末を



 人気ブログランキングバナー


 


 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います)


わいせつの定義って?



 こんにちは

 今日は、どんよりな天気ですね


 昨日は、北原みのりさんの勾留請求却下についてお話しました

 裁判所の判断は、極めて妥当だと思います

 検察の自動販売機と揶揄される裁判所が、検察の請求に異を唱え却下した結果は、実に評価出来ると思います


 さて、今日も、この話題についてお話します

 先日、今年の小菅ヒルズ矯正展にトゥギャザーした直紀先輩から、ボクのこの事件の記事を見て〝これ分かりやすいよ〟と、情報提供を頂きました

 それは、TBSラジオ、荒川強啓デイキャッチのポッドキャストでした

 この時の内容が、今回の事件について触れていて、社会学者の宮台真司さんがわいせつとは何かというテーマでお話をしていました

 これが極めて分かりやすかったので、是非皆さんにも知ってもらいたくて、今日はボクが稚拙ながら文字起こしをしたいと思います

 改めて、直樹先輩には感謝しております

 
 因みに、宮台真司さんはこの方です


 宮台真司


 
 宮台さんは、過去にわいせつ裁判で意見書を提出したりと、この分野の第一人者なのです

 『宮台 わいせつ 意見書』で、検索すると、宮台さんの長大な文章がお目にかかれるそうなので、興味がある方は覗いて見て下さい


 まず、宮台さんは、いかに日本がこの点の法整備が遅れているかを指摘します

 そして、わいせつと言うと、わいせつ物が存在して、わいせつな行為があり、それを人前に晒すことだと言います

 そうした時、社会学の原理的な発想で言えば、例えば夫婦が寝室で性行為をする事、医学のカンファレンスで女性器をスクリーンで写して議論する事、産婦人科の医師が検診で女性の乳房に触る事、これらを果たしてわいせつと言うのか

 当然ながら、答えはノーですよね

 これは、誰もが分かりますよね


 これらを踏まえて、わいせつの定義とは一言で言うと、

 
 『性的であってはならない場所に性的なモノが現れる事』


 だと、宮台さんは言います

 この定義は、実に分かりやすくシックリ来ますよね


 そして、わいせつの法律について言うと、刑法174条、175条、176条で定められていて、176条は強制わいせつだから犯罪なのでともかく、174条175条の公然陳列と頒布等については、日本の法整備は原始的で未開社会というか後進国的だと喝破します

 要するに、非常に時代遅れだという事です

 その理由は、急激な近代化を遂げようとする社会では、必ず国家権力が社会よりも上にあるぞと言うことを示すために、習俗としてのわいせつよりも厳しい法律を作るからだそうです

 つまり、後進的な社会では、人々が別にイイじゃんと思っていることを、次々に取り締まる為にわいせつ物を使うという事です


 
 しかし、近代化を遂げた我々の社会では、わいせつの習俗と法は一致していかないといけないと言います

 そうした時、前記の定義に当て嵌めると、今回の事件は北原さんが経営する〝アダルトショップ〟に、ろくでなし子さんの女性器を型どったモノが置いてあることは、何ら不意打ちではないですよね

 別に、女性器でなくても、男性器を型どったバイブが置いてあることは、何ら不自然ではないですよね

 単純に、アダルトショップに、アダルトなモノが置いてあることは、人々は想定している事だから自然なことですよね

 アダルトショップに入って、バイブを見たからって、わいせつだと警察に駆け込む人は居ますか

 まず、と言うか絶対にいないですよね

 アダルトショップと看板を掲げていると言うことは、ここから先はわいせつなモノが置いてありますよという意味だと宮台さんは言います

 そうすると、ここから先はわいせつなモノがありますよと言っている所に、女性器の型どったモノがあったからといって、わいせつ物陳列だなんて言うのは、法理から言ってデタラメ、全く意味がないと宮台さんは喝破します


 ボクは、ホントその通りだなと首を赤べこのように何回も振りました(笑)

 実に、腑に落ちる見解だと思います

 これが、例えばレストランにバイブが置いてあったりすれば別ですが、アダルトショップだと言っている所に、アダルトなモノが置いてあって一体どこがわいせつ物陳列なんですか

 これがまかり通るなら、TSUTAYAやゲオは全店舗パクられるという事です

 レンタルDVD店には、18禁と書いてあるコーナーがあり、ここから先はエッチなモノが置いてありますよと言っている訳ですから、親子連れが不意打ちを食らうことはありませんよね

 だって、ここから先は、エッチなDVDが置いてあることを誰もが分かっているんですから、それを見たからってわいせつだなんて言う人は居ませんからね

 しかし今回の事件は、例えるなら、TSUTAYAやゲオにエッチなDVDが置いてあるからと言って、パクられたようなものです

 そう考えると、いかに今回の逮捕はデタラメかが分かりますよね

 ホント、滅茶苦茶ですよね


 と、いう事で、改めてわいせつとは、


 〝性的であってはならない場所に、性的なモノが現れる事〟


 今日は、これだけ覚えて帰って下さい(笑)


 さて、明日は、宮台さんが語るろくでなし子さんの逮捕についてお話します

 

 人気ブログランキングバナー


 


 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います)


ほら見ろ。



 おはようございます

 今日もヒンヤリですね

 手袋が、欠かせなくなって来ましたね


 昨日は、友人のUが巻き込まれた事件の結末と、女の子の狡猾さをお話しました

 ホント、あの女の子の手練手管にはあっぱれでした

 その能力を、違う所に使えば良いのになと感じずにはいられませんでした


 さて、今日は、先日お話したあの事件の続報をお話します

 ホントは、昨日お話したかったんですが、Uの結末を早く教えろという無言の圧力を感じたので、今日になりました(笑)


 先日、ろくでなし子さんと北原みのりさんの突然の逮捕についてお話しました

 その続報が入って来たので、それについてボクの見解をお話します

 今月7日に、下記のニュースが飛び込んで来ました


 作家・北原みのりさん「釈放」――検察の「勾留請求」を裁判官が却下
 

 わいせつ物公然陳列の疑いで逮捕されていた、女性向けアダルトグッズ店経営者で、作家の北原みのりさんが12月6日に釈放されたことが、弁護人への取材でわかった。

 北原さんは、自らが経営する店舗に芸術家ろくでなし子さんの女性器をかたどった作品を展示していたとして、12月3日に警視庁に逮捕された。

 弁護人をつとめる村木一郎弁護士によると、北原さんは5日に身柄を検察庁に送られたが、検察官の「勾留請求」が翌6日、裁判官に却下された。

 検察は準抗告(不服申立て)をおこなったが、東京地裁に棄却されたため、北原さんは釈放された。


 ●「不当逮捕」の指摘が出ていた

 「勾留」は、逮捕に続いて被疑者の身柄を拘束する手続きで、「罪を犯したことを疑うに足りる相当な理由」に加えて、証拠隠滅や逃亡のおそれなどがない限り、認められない。

 ただ、裁判官が勾留請求を却下することは珍しく、検察統計によると、2013年の勾留請求却下率は1.61%だった。

 北原さんは、フェミニズムの視点からセックスやジェンダーについて発信する論客として知られ、著書も『アンアンのセックスできれいになれた?』『毒婦。木嶋佳苗100日裁判傍聴記』など多数ある。
 
 今回の逮捕をめぐっては、週刊金曜日やアジア女性資料センターが抗議声明を出したほか、多数の識者らが「不当逮捕だ」とする声を上げていた。

 (弁護士ドットコムニュースより)



 と、いう事で、北原みのりさんは無事に釈放されました

 ボクは、このニュースを知った時、結構ビックリしました

 何故なら、裁判所が検察の勾留請求を却下するなんて、極めて珍しいからです

 前記のニュースでも触れている通り、裁判所の勾留請求却下率は1%位しかないのです

 つまり、100件の勾留請求があったら、一件しか却下されないという事です

 
 また、ボクは本ブログで何度も、『裁判所は検察の自動販売機』だと言ってきたように、裁判所は基本的に検察が請求する事柄に対して、異を唱える事なんて殆どないのが現状なのです

 ですから、ボクの予想では、10日間乃至20日間は勾留されて、その後不起訴だろうと思っていたのです

 ところがどっこい、事態は急展開し、逮捕から二日後に釈放されてしまったのです

 されてしまってた、って別にいい意味でですよ


 この結果から分かることは、いかに今回の逮捕が無理くりと言うか、相当強引だったかという事です

 裁判所が、検察の勾留請求を却下するという事は、〝わざわざ身柄を拘束してまで調べる事件じゃないでしょ〟と、言っているようなモノなのです

 ざっくばらんに言うと、〝たいした事件じゃないでしょ〟という事です

 だから、証拠隠滅もクソもないから、裁判所は検察の勾留請求を却下して釈放したのです

 このようなパターンは、例えば悪質ではない交通事故とか、痴漢事件で認めている場合など、軽い事件には良く見られます

 むしろ、そういう軽微な事件以外は、殆ど勾留されてしまうという事です

 ですから、今回の北原みのりさんの逮捕は、実に軽微な事件だったという事です

 別の言い方をするならば、わざわざ逮捕なんてするような事件じゃなかった、という事です


 しかしながら、大変恐ろしいのが、わざわざ逮捕までするような事件じゃなくても、警察が逮捕しようと思えば逮捕出来ちゃうという事です

 法を執行する側の、恣意的な思惑によって、〝何でそんな事で殊更パクるんだよ〟と、思っても、逮捕状が執行されてしまったら、逮捕は免れないのです

 ですから、警察に狙われたら非常に厄介です

 幾らこっちの主張が間違っていなくても、警察の見解で違うと言われればそれまでなんですから


 では、今回は警察の負けかと言われれば、決してそうでもないのです

 法律的には、警察の負けと言ってもイイでしょうが、社会的には警察の勝ちなのです

 その理由は、逮捕された、と言う事実は決してイイ事ではなく、その後釈放されたとしても、ダーティなイメージが付いてしまう事は必至だからです

 今回は、完璧な〝見せしめ〟〝嫌がらせ〟でしょう

 ボクもそうですが、〝パクられたんだぜ~〟と、自慢できる内容ではないですからね

 川で溺れている人を救助した、とかならまだしも、警察のお世話になる事は、イメージの部分で言ったら良くはないですからね

 そう考えると、確かに今回の警察の動きはアホとしか言いようがないですが、でも〝逮捕した〟と言う爪痕は残したので、そういう意味では勝ちなのかも知れません

 今後は、在宅で捜査みたいですが、起訴されるなんて事はなく、最悪でも罰金が関の山でしょうね


 
 一方の、ろくでなし子さんは、接見禁止が付いての勾留が決定したそうなので、まだまだ時間が掛かるかも知れません

 たかがあんな事件で、接見禁止を付ける事自体、嫌がらせの賜物だと感じます

 今後、検察の判断が注目されますね
 

 さて、明日は、今回の事件で議論になっている、〝わいせつ物〟とは何かについて、お話したいと思います



 人気ブログランキングバナー


 


 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います)


奪還出来たのか?



 おはようございます

 本日も快晴ですね

 手袋をして出掛けましょう


 昨日は、Uの選択肢についてお話しましたね

 単純に、警察に言うか、それともお金の奪還かという事でした

 ただ、密室での出来事なので、事件化するのは非常に難儀で、また盗られたお金を奪還すると言っても、これまた一筋縄には行きそうにありません


 さて、今日は、その続きというか結末をお話します


 Uと色々相談した結果、と言うかボクの意見を彼は尊重したのですが、それは〝ダメ元でお店に申告する〟と言う方法でした

 この選択肢を選んだ理由は、恐らく彼女を直接問い詰めたとしても、十中八九しらばっくれると思ったからです

 また、LINEすら読まない可能性も十分あるので、既読にならない以上読んでいないということですから、問い詰めた事にはなりません

 そうすると、どういう対応をされるかはともかく、こういう被害に遭った事を伝えるには、お店に直接連絡して申告するのが一番確実なのです

 まずは、こういう事件があったことを知ってもらわないことには、何も話は進みませんからね


 そして、Uは直接お店に電話して、詳細に状況を伝えたそうです

 すると、意外にもお店はあっさりと非を認め(と言っても、お店が悪いわけではないが)、盗られた金額を補償してくれると言ったそうです

 そうです、お金を返してくれると言うのです

 この対応には、正直Uもボクも肩透かしを食らったような、拍子抜けしたような思いでした

 何故なら、我々の予想では、お店に被害を申告しても、軽くあしらわれるだろうと思っていたからです

 なので、お店との禅問答が続き、お互い妥協案で納得するしかないかなと思っていたのです


 ところがどっこい、意外にもこちらの話を信用してくれて、お店の責任として被害額を補償してくれると言うのです

 本来なら、被害額だけではなく、それ以上のお金(示談金)を請求出来たかも知れませんが、それをしてヘソを曲げられたら元も子もないですから、被害額の補償で手を打っておくのが、この場合では一番賢明なのです

 Uとしても、別にお金が取りたいとかではなく、盗られたお金が返ってくれば御の字だと言っていたので、これはこれで良かったのです

 やれ示談金だ、迷惑料だとか言って請求すると、余計に話がこじれ解決までに時間が掛かってしまいますからね


 そして、電話をしたその日に、お店のスタッフと待ち合わせ、無事に盗られた3万円を返してくれたそうです

 その際に、お店のスタッフからは、今回の件はこれで穏便に済ませてくれと言われたのと、その女の子は大至急クビにすると言う事を言われたそうです

 やはり、お店としては、そんな子は置いてはおけないという事でした

 そりゃそうですよね

 お店の信用問題に関わりますからね

 まっ、でも思いの外早く解決して良かったです

 こんなにも、あっさりとお店から補償してもらえるとは思いませんでしたからね

 これにはボクも、非常にビックリでした

 ホント、何でもダメ元で言ってみるもんですね


 
 ただ、今回の事件でボクが痛感したのが、この女の子の狡猾さです

 そして、ここがポイントで、先週の話で書きましたが、プレイが終わった後バラバラにシャワーに入りましたね

 本来なら、二人一緒に入るところを、敢えて一人で入る事によって、一人の時間が生まれます

 ここが、今回の犯行を行う上で一番重要になります

 何故なら、一人にならないと、財布からお金を盗れないからです


 しかも、Uの話では、先に彼女がシャワーに入った後、一人でシャワーに入ったのですがアソコしか洗わなかったそうなので、ものの一、二分の時間だったと言うのです

 つまり、この間にバックを開けて財布から一万円札だけを抜いたという事になります

 と、言うことは、彼女は相当手馴れている証拠です

 仮に、Uがゆっくり一人で湯船に浸かっていたとかならまだしも、ものの一、二分だと言うんですからその手際の良さと言ったら…

 
 また、Uの話だと、プレイしたホテルは狭く、お風呂場の脱衣所の直ぐ近くにバックを置いておいたそうです

 Uがシャワーから出た時、彼女は脱衣所で体を拭いていたそうなので、彼女からすれば直ぐに手を伸ばせば財布があったことも、今回の犯行を手助けしたのでしょう

 まさか、Uもこんな事になるなんて夢にも思いませんから、いちいちバックの置き場に気を遣う訳はありませんからね


 更に、彼女の犯行は、緻密に計算されています

 シャワーから出た後、フレンドリーになりLINEのIDを教え、本名まで教えてくれたそうです(それが本名なのかはわかりませんが)

 そして、ホテルから別れた後、財布からお金が無くなっていることに気付いたとしても、まさか本名まで教える子がそんな事をするはずがない、と思わせることが出来ます

 つまり、自分の勘違いだと錯覚させるのです


 更に、狡猾なのが、仮に彼女の犯行だとしても、こっちにはお店には言えない弱みがあります

 それは、〝本番〟をしちゃっているからです

 本来、本番行為は禁止されているので、お店に言えば逆にお金を取られる可能性があるからです

 なので、Uはお店に申告した時、本番行為をしたことは敢えて言いませんでしたし、それはボクが言わない方がイイと言ったのです

 万が一、話がゴタゴタして、本番したことを突っ込まれても、密室をいい事に逆にこっちがしらばっくれちぇ、と(笑)

 ですから、彼女からすれば、本番をやっちゃっている以上、仮に自分の犯行だと思われても、お店には言えないだろうという計算があったのでしょう

 
 また、もしかしたら3万円位でガタガタ言わないだろう、という思いもあったのかも知れません

 本番やらせて中出しまでさせたんだから、その位払っても当然かな、と思わせようとしたのかも知れません


 
 そう考えると、今回の単なる財布からお金を盗られたと事件の舞台裏には、これだけ緻密に計算された計画があったのです

 ホント、彼女の緻密さには頭が下がりますが、これは立派な犯罪なので、今後調子こいて捕まらないことを祈るばかりです


 と、言うように、こうした身近な所でも、いつ自分が犯罪に巻き込まれるか分かりませんからね

 くれぐれも、注意したいところですね

 ってか、ホントこんなふざけた女も居るんですね

 こういうバカヤローには、是非とも数多の不幸が訪れることを、心の底よりお祈り申し上げます


 さて、明日は、先日話題になった続報をお話する予定です


 
 人気ブログランキングバナー


 


 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います)


理想と現実…。

 

 こんにちは

 今日も、あっぱれな天気ですが寒いですね

 今週も、頑張って行きましょう


 先週は、ボクの友人が巻き込まれた、とんでもない事件についてお話しましたね

 ホント彼は、天国から地獄に落とされてしまいました

 男性なら、風俗に行けば誰もが憧れる〝挿入〟行為を、女の子から提案されて、しかも〝中〟でイッていいと言われれば、こんなラッキーはないでしょう

 その帰り道は、さぞかし足が軽かったことでしょう(笑)


 だがしかし…

 池袋の〝風俗の女神〟の正体は、実は天使のお面を被った悪魔だったのです(`∀´)

 その正体を知ったところまでが、先週までのお話でしたので、今日はそこから彼がどう行動したのかをお話します


 友人のUは、帰りの車の中で、あらゆる可能性に考えを巡らせたそうです

 〝もしかして落としたのではないか〟〝もしかして勘違いではないのか〟〝いや、でもそんな事は絶対にない〟等々、色々と考えたそうです

 でも、結局のところ、あの女の子が盗ったとしか考えられないという結論に至ったそうです

 要するに、実はお金を落としただけなのに、盗られたんだと騒げば単なる言いがかりになり、余計トラブルになる恐れがあったので、念の為慎重に考えたそうです


 そして、今後どう対処しようかと言うところで、ボクに白羽の矢が立ったのです

 冤罪コンサルタントと言っても、何も冤罪だけではなく、こうした身近なトラブルにもどう振る舞えばイイかを、自分の経験値からアドバイス出来る事はしているのです

 少なくとも、何の知識もない人に相談するよりは、ボクに相談した方が遥かに有益な情報が得られるでしょう


 Uからは、事件のあった次の日に連絡をもらい、事の顛末を一通り聞きました

 ボクは、この話を聞いた時、この女は相当お客さんの財布からお金を抜いているなと直感しました

 つい目の前に財布があったから、と言うような出来心ではなく、完璧なる確信犯だな、と感じました

 そこで、ボクが彼に言ったのは、一体どうしたいのかという事でした

 こういう時は、どこに落としどころを持って行くかが重要になります

 ここで、Uの選択肢は下記の通りになります


 ① 盗られたお金を奪還する。

 ② お金は返って来なくていいから、彼女を窃盗事件で告訴する。

 ③ 盗られたお金を奪還して、なおかつ告訴する。

 ④ 泣き寝入りする。



 と、言う四つになります

 つまり、お金が返って来ることが一番なのか、お金はともかく処罰したいかのどちらかだという事です


 Uの希望としては、お金を取り戻して、彼女も処罰すると言うものでした

 しかし、それは現実には難しいと伝えました

 何故なら、二人きりの密室で起こった事なので、立件するのが非常に難しいからです

 要するに、彼女が『私はそんな事はしてません』と、言い張られたら、それ以上追求のしようがないのです

 例えば、同じような被害を訴えている人が複数居たり、盗られた金額が何十万とか何百万とかなら警察が動く可能性は高いですが、悲しいかな警察というのは、皆さんが思っている以上に腰が重いのです

 ほら、ストーカー被害を訴えているのに、なかなかまともに相手にしてくれなくて、家族が殺害されたりと言う事件があったじゃないですか

 ストーカーと言う、非常にやっかいな事件でさえなかなか動かないのに、何万か盗られた位の事件で警察が動くとは思えません

 警察は、〝市民生活の安全を〟とか、綺麗事を言っていますが、そんなモノは建前で、現実には自分達がやりたい事件しか捜査しないのです

 それに、被害にあったのが池袋ですから、告訴するなら池袋警察署になるので、そんな繁華街を管轄している警察署は忙しいですから、向こうからすれば何万か盗られた位の事件なんかやってられないよ、と思われるのが関の山でしょう

 
 また、刑事ドラマじゃないですが、彼女がお金を盗ったのなら、Uの財布に彼女の指紋が付着しているはずだから、指紋を検出すればいい、という考えもあります

 しかし、そう都合よくハッキリと指紋が残っている可能性は少ないんですよね

 不条理なもので、残って欲しい時に限って、指紋って残っていないもんなんですよね

 結局のところ、被害を訴えても、どうせサービスが悪かったからその腹いせに嫌がらせしたいんだろ、位にしか思われない可能性が高いのです

 ですから、刑事事件として立件するのは、思いの外難儀なのです


 そうすると、Uの選択肢は自ずと二つに絞られます

 お金を奪還するか、泣き寝入りするか

 この選択肢をUに問うと、彼は迷わずお金を奪還すると言う選択をしました

 従って、Uとボクは、お金を奪還するべく作戦を立てることにしました


 しかし、ここでもまた様々な問題が出て来ます

 それは、誰にお金を返せと言うべきか、という事です

 先日も書きましたが、Uは女の子とLINEを交換したそうです

 ですから、選択肢としては、彼女に直接LINEするか、お店に申告するかのどちらかです

 
 まず、彼女にLINEした時のことを想定すると、十中八九しらばっくれるっだろうと予想出来ました

 そこで追求して、あっさり白状する位なら、初めからお金を盗らないでしょう

 また、一応LINEを送ったとして、既読になるかも分からないし、仮に既読になったとしてもブロックされたらそれで終わりですからね

 
 では、もう一つの選択肢である、お店に被害を訴えた時の事を想定すると、これまた相手にされない可能性が高いのです

 やはり、お店としては、性善説の立場からも女の子の味方をするからです

 〝当店の女の子は、そのような事は絶対にしません〟、と言い張られたら、そこから議論は平行線ですからね

 
 
 と、言うような事をUと議論して、どういうアプローチで行くかを話し合いました

 そして、議論の結果、Uが下した〝判決〟

 その判決の結果、お金は奪還出来たのか


 この続きは、本ブログの熱烈な読者T坂さんの為に、敢えて引っ張りたいと思います(笑)

 

 人気ブログランキングバナー


 


 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います)


天国から地獄へ…。

 

 おはようございます

 今日も、実に清々しい快晴ですね

 今週最後の金曜日、くれぐれも飲み過ぎには注意しましょう


 昨日は、先日マスコミを賑わした、ろくでなし子さんと北原みのりさんの突然の逮捕についてお話しました

 全く、警察の恣意的な公権力の行使以外の何物でもないですよね

 今後の展開が、非常に楽しみです


 さて、今日は、ちょっと身近に起こった出来事をお話したいと思います

 今回のお話は、特に男性が当て嵌る内容ですので、是非ともこのお話をいい教訓、戒めとして頂けたらと思います


 これは、先日ボクの友人が巻き込まれた、ホントとんでもないお話です


 時間は、11月下旬に差し掛かった頃に遡ります

 この日、友人のUは、池袋でご飯を食べた後、まだ早い時間だったこともあり、場所が場所だけに一発〝抜いて〟帰ろうと考えたそうです

 つまり、風俗に行こうと思ったという事です

 殆どの方がご存知の通り、池袋はれっきとした風俗のメッカですからね

 様々なジャンルのお店が、もう至る所に聳えています

 尤も、聳えると言っても、その殆どが無料案内所か受付所で、お店と女の子を選び、ホテルに来てもらう派遣型なので、あちこちに店舗がある訳ではありません


 Uは、ふと見掛けた無料案内所に入り、どの娘とひと時の甘い時間を過ごそうかと、股間がスカイツリーになりながら探したそうです(笑)

 そして、ビビビっと来た娘を選び、自分の財布の中身とディベートしながら、とあるお店の女の子を選んだそうです

 料金を支払い、指定されたホテルまで鼻歌を歌いながら、スキップをして向かったそうです(笑)

 この後、夢にも思っていなかった展開が待ち受けているとは知らずに…(まっ、当たり前ですが)


 ホテルに到着し、何号室に入ったかをお店に電話で伝え、自分が選んだキャワイイ娘を今か今かと待ち侘びます

 もう待ちきれなくて、ドア付近を100回位往復したそうです(笑)

 恐らく、こういう待っている時の時間は、ボクのサウナでの〝圏外旅行〟と同じく、長く感じるのでしょうね

 恐らく、と言うのは、ボク自身の話で恐縮ですが、ボクは一切風俗には行かないからです

 なので、推測するしかないのです


 そして、部屋に着いてから一時間位に感じた10分後に、ドアがノックされ、いよいよご対面です

 すると、そこに現れたのは、写真よりもかなり劣った娘が立っていたそうです(笑)

 所謂、〝パネマジ〟ってヤツですね

 写真で見たのと実物が違うというヤツです

 どこのお店も、女の子を可愛く見せる為に、フォトショップで修正をかけていますからね

 この娘は、写真で見た時は、目がクリッとしてて顎もシャープだったそうなんですが、実物は目は特段にクリッとしている訳でも無ければ、顎も全然シャープではなく、まん丸かったそうです

 
 ドアを開けた瞬間、結構ガックリ来たそうなんですが、流石にチェンジとは言えずそのまま招き入れたそうです

 そこから、二人でシャワーを浴び、待ちに待ったキックオフです(笑)

 詳細なプレイ内容は、官能小説ではないので割愛しますが、まあ可もなく不可もなく粛々と試合をしたそうです


 ところが、試合がいよいよロスタイムに差し掛かった頃、彼女から思いもよらぬ一言を耳にしたそうです

 それは…

 
 『ねえ、挿れたいんだけど…』


 この一言に耳を疑ったUは、素っ頓狂に『ホントに』と、訊き返したそうです

 すると、どうやら聞き間違いではなく、ホントに挿入したいと言っていたそうです

 そこでUは、こんな千載一遇のチャンスはないと、喜々としてその申し出を快諾し、後の問題はヘルメットを被るか否か

 その点を、女の子に確認すると、『付けても付けなくてもいい』との事 

 こんな絶好のチャンスはないと、Uは心躍り〝生〟で挿入しようと決意したそうです

 これは、サッカーで例えるなら、キーパーも交わして後はゴールにボールを流し込むだけと言う状況と同じでしょう


 そしてUは、彼女の〝ゴール〟に目掛けてキックインしたそうです

 すると、更に彼女から衝撃の一言が発せられたそうです

 それは、

 
 『中で出していいよ…』


 と言う、実に男としては嬉しい言葉でした

 Uはその一言に、念の為確認をしたところ、やはり聞き間違いではなかったようで、おもいっきり〝中〟にゴールインさせてもらったそうです(笑)


 要するに、本来なら本番行為が禁止されているホテヘルで、女の子からの要求で本番が出来、かつ〝中出し〟までさせてくれたという事です

 やはり、男としては、風俗に行けばついつい本番をしたくなるのは、最早自然現象みたいなもので、どの人もいかにあわよくば本番が出来るかを考えて試合に臨むのです(笑)

 にも拘わらす、こっちから要求する前に、女の子からの本番を求めて来てくれたんですから、これ以上の渡りに船はないでしょう

 と、言うラッキーなお話でした、なら殊更本ブログで取り上げる訳がありません

 この後、とんでもない事態が起こります


 無事に激闘を終えた両者は、〝それぞれ別々にシャワーを浴びて〟、少しの時間談笑したそうです

 どうやら、時間が15分位余っていたそうなのです

 Uは、もうこれ以上ない満足感を得ていますから、残りの時間でもう一発を求めることはなく、賢者タイムに浸りながら彼女とお話したそうです

 そこで、結構仲良くなり、LINEのIDを交換して、時間が来たので一緒にホテルを出たそうです

 ホテルの入口で、女の子と別れ、Uはルンルン気分で別方向に歩いて行きました


 そして、コインパーキングに行き、精算機で駐車料金を払おうと財布を開くと、〝えっ〟と違和感を覚えたそうです

 その違和感とは、何と財布に入れていた一万円札が全部無くなっていたと言うのです

 この話を聞いた時、ボクは『勘違いじゃないのと、訊くと『それは絶対にないと、頑強に否定します

 その根拠というのは、案内所でプレイ料金を払った時、財布には一万円札が3枚あったのを確認したと言うのです

 これが、3万円が2万円だったと言うのなら、もしかした勘違いの可能性もありますが、それが全部無くなっているというのですから、勘違いの可能性はまずありません

 では、落とした可能性はあるのか訊くと、Uの財布は長財布で、ポケットに財布を入れないそうなので、落とした可能性も皆無です


 そうすると、考えられる可能性は一つ、女の子が財布からお金を抜いたとしか考えられません

 Uは、案内所からホテルに行く途中、コンビニに寄ったそうなのですが、そこでの支払いは電子マネーを使ったと言うので、財布は出していません

 要するに、Uは案内所からコインパーキングに行くまでの間、一度も財布に触れていないのです

 ですから、財布からお金が無くなる原因は、第三者が関与しない限りあり得ないという事になります

 では、その第三者は誰なのかというと、案内所からコインパーキングに行くまでの間に接触した、あの女の子しか居ないのです

 従って、女の子が財布からお金を抜かない限り、Uの財布から一万円札が消えることなどあり得ないという事です(古畑任三郎風で)


 これは、完璧な窃盗事件です

 つまり、突如Uは窃盗事件の被害者になってしまったのです

 ついさっきまで、予想外の僥倖に、今のオレは持ってると勘違いしていたUは、一気に地獄へと叩き付けられました


 この予想外の事態に、Uが執った行動とは一体

 続きは、来週お話する予定です

 それでは、良い週末をお過ごし下さい




 人気ブログランキングバナー


 


 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います)


 

意趣返し?



 おはようございます

 今日は、どんよりですね

 暖かくして出掛けましょう


 昨日は、毎月恒例のテーマをお話しました

 つくづく、あの日を基準に考えると、時の流れの早さを痛感しますね

 ホント、一分一秒を大切にしないといけませんね


 さて、今日は、当初の話題を変更してお話します


 昨日、こんなニュースが飛び込んで来ました

 
 
 ろくでなし子・北原みのり両容疑者逮捕 性器作品陳列か


 女性器をかたどった「作品」を陳列したとして、警視庁は3日、漫画家五十嵐恵(42)=東京都世田谷区、ペンネーム・ろくでなし子=とアダルトショップ経営渡辺みのり(44)=東京都文京区、ペンネーム・北原みのり=の両容疑者をわいせつ物陳列の疑いで逮捕し、発表した。
 
 五十嵐容疑者は「陳列したものはわいせつ物には当たらない」と否認し、渡辺容疑者は黙秘しているという。

 五十嵐容疑者は自身の女性器の3Dデータを配布したとして、7月にわいせつ物頒布等の疑いで逮捕されたが、処分保留のまま釈放されていた。今回は再逮捕で、逮捕容疑に別のわいせつ物頒布等容疑も入っている。

 保安課によると、両容疑者は昨年10月~今年7月、文京区内の渡辺容疑者の店のショーケースに五十嵐容疑者の女性器をかたどったわいせつ物を陳列した疑いがある。五十嵐容疑者が店でアルバイトしていた。

 五十嵐容疑者は昨年10月、女性器の3Dデータがダウンロード出来るサイトのURLを延べ48人にメールしたほか、今年5月、3Dデータを記録したCD―Rを17人に送った疑いも持たれている。

 渡辺容疑者は女性向けのアダルトグッズストア「ラブピースクラブ」代表で、ライターとしても活動。

 愛国の思想を持って活動にはまる女性たちを取り上げた「奥さまは愛国」などの著書がある。7月の五十嵐容疑者の逮捕について、「女性器はわいせつ物ではない」とツイッターでつぶやくなど、警察の捜査を批判していた。



 ろくでなし子と北原みのり

 (ろくでなし子(左)さんと、北原みのりさん(右))


 と、言う事件です


 ろくでなし子さんは、7月12日に自分の〝アソコ〟を、3Dプリンター用データにしてダウンロードさせたとして逮捕され、18日には処分保留で釈放されていました

 なので、ボクも皆さんも、この珍しいニュースでろくでなし子さんの名前を耳にした事はあるかと思います

 ボクも、7月の事件で初めて、ろくでなし子さんの存在を知りました

 この時感じたのは、実に面白い事するなと思ったのと、良くこんな事でパクったなと言う思いでした

 案の定、ろくでなし子さんは、その後処分保留で釈放された事からも、〝ほら見ろ、やっぱり立件するのは難しかったんだよ〟と、思っていたのです


 一方、今回のもう一人の被疑者(容疑者)である、北原みのりさんは、作家として知っていましたし、彼女が以前上梓した『毒婦。木嶋佳苗100日裁判傍聴記』を買っていたので、その存在は知っていました

 また、ボクの裁判を全て傍聴に来てくれた、桃山商事代表の清田君が、以前仕事で北原みのりさんとご一緒した事があったそうです

 なので、ボクとしては自分の知っている人だったので、今回のニュースを聞いて大変ビックリしたのです


 で、ボクが今回のニュースがを聞いて一番に感じたのが、警察の執念です

 彼女達の、活動や主張に関しては、ボクはどうこうありません

 確かに、一線を画す主義、主張があるようですが、それは人それぞれの考えがあるので、ボクは全然否定しません

 
 だからと言って、果たして今回の逮捕は正当かと言われれば、ボクは完璧に不当だと思っています

 単純に、何でこんなくだらないことでパクるの、って思います

 だって、彼女達が無修正のAVを販売していたとかならまだしも、ろくでなし子さんのアソコを石膏で型どったモノを、北原さんが経営するアダルトショップで展示したって言うだけですよ

 たったこれだけで、わいせつ物公然陳列罪だと言うのです

 こんなの、明らかに法律の拡大解釈、牽強付会じゃないですか

 砕けた言い方をすれば、アソコのプラモデルを展示していたからハイ逮捕ね、と言うようなものでしょう

 
 みなさんの見解では、女性器を型どった石膏は、わいせつ物だと思いますか

 ボクからしたら、女性器の石膏がわいせつ物にあたるなら、バイブの方がよっぽどわいせつ物でしょう

 あんなにハッキリと、男性器が型どっているんですから

 
 しかし、警察がバイブよりも女性器の石膏の方がわいせつ物だ、って言ったらわいせつ物になっちゃうのです

 そして、わいせつ物公然陳列罪だ、って言って逮捕状を請求して逮捕出来ちゃうのです

 ですから、この強権力は絶大な権限を持っているのです

 ただ、逮捕は出来ても、この罪で起訴出来るかどうかは、検察の判断なので何とも言えません


 また、ボクは今回の逮捕は、警察の意趣返しでしかないと思っています

 だって、7月にろくでなし子さんを逮捕して、処分保留で釈放になった五ヶ月後に、今度は違う罪名をこじつけて逮捕するんですから、完全な嫌がらせでしょう

 ボクは、今回の逮捕は、明らかに前回処分保留で釈放になった事への意趣返しだと思います

 こんな事件、殊更逮捕するような事件なんかじゃないですよ

 アソコの石膏を、北原さんのアダルトショップに展示したからって、一体どこの誰がどんな被害を被ったと言うんですか

 他人の女性器を、勝手に型どって展示したとかならまだしも、本人が納得して展示しているのに、これのどこに事件性があるのでしょうか

 ホント、首を傾げざるを得ません


 今後の、検察の判断の行方に注目したいと思います


 と、言うように、警察はやろうと思えば、狙った人間を無理やりパクる事が出来るのです


 参考までに、昨日のヤフーニュースの記事を添付しておくので、興味のある方は覗いてみて下さい


 ろくでなし子さん再逮捕、北原みのりさんも 「女性と性」の論客2氏を相次ぎ逮捕 弁護士「不当逮捕だ」



 さて、明日は、本日お話する予定だった、友人の事件についてお話する予定です


 人気ブログランキングバナー


 


 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います)


 

逆転無罪判決から一年五ヶ月が経ちました…。



 おはようございます

 今日も、あっぱれな天気ですが寒いですね

 でも、これからもっともっと寒くなりますからね


 昨日は、最近の話題をお話しましたね

 ホント、筧千佐子選手はスゴイですね

 今後の行方に、是非注目したいですね


 さて、今日は、毎月恒例のテーマをお話します

 
 お蔭様で、昨日の12月2日で、逆転無罪判決から一年五ヶ月が経ちました


 ホント、毎度の事ですが、時の流れはあっという間ですね

 繰り返しになりますが、ボクに関わる全ての人達に、深甚なる感謝を致します

 つくづく、ありがとうございます


 逆転無罪からの一年五ヶ月目は、何より新しい〝家族〟との生活が、毎日毎日新鮮なことではないでしょうか

 彼女との生活は、当然初めての経験故、前例がないので毎日毎日が発見の日々で、最高に楽しいです

 犬や猫とは、また違った可愛らしさや愛くるしさがあり、とってもとっても癒されてます


 まさか、小菅ヒルズに居る当時、その約一年半後にミーアキャットと同棲するなんて、全く想像だにしませんでした

 当時は、とにもかくにも、逆転無罪になることに精一杯でしたから、そこまで先の事なんて考えられませんでしたから

 勿論、〝出たら○○に行こう〟〝出たらラーメン二郎をタラ腹食べよう〟等と、自分を鼓舞する未来図は描いていましたが、それは実に単純なモノでした

 具体的に、ミーアキャットと暮らそう、なんて夢にも思いませんでしたから

 それが、今こうして現実になっているんですから、つくづく人生は何が起こるか分かりませんよね

 だからこそ、楽しいんです


 特に、この一ヶ月間は、時間が経つのが非常に早く感じました

 何だかんだとやることがあって、気付いたら逆転無罪判決からの一年五ヶ月目が過ぎていた感じでした

 拘置所の中に居ようと、シャバに居ようと、全く同じ24時間なのですが、こんなにも時間の流れ方と言うか早さが違うんですよね

 これは、実際に〝中〟を体験しないと分からないでしょうね

 
 今、流行りの言葉で言えば、正に〝圏外旅行〟ですからね

 この、圏外旅行を、疑似体験出来る場所があります

 それは〝サウナ〟です

 と、言うのも、ボクは週に二回ジムに行って体を鍛えているのですが、トレーニング後に時間がある時は、サウナに入るんです

 約100℃のサウナに15分入り、水のシャワーを全開に浴びて、また15分入るというのをやっています

 まあ、これがキツイのなんの(笑)

 最初の15分は、そこまでキツくはないんですが、二セット目の15分の残り半分からが、メチャメチャキツイんです(笑)


 何故、これをやっているのかと言うと、疑似圏外旅行が出来るからです

 サウナの中には、何も持って行けません

 ですから、正に独居房と一緒です

 まっ、実際の独居房は、手紙が書けたり本を読めたりしますが、そこは置いておきましょう

 要は、何もない状態が一緒だという意味です


 そうすると、サウナで何をするのかと言うと、とことん想念するのです

 〝今の自分はこれで良いのか〟〝あの娘を口説くには、どこのファミレスに連れて行けば良いのか〟〝もっともっと上手な文章を書くには〟〝こうして好きな時にサウナに入れて幸せだな〟等々、色々と自問自答するのです

 普段の日常だと、テレビがあったりスマホがあったりで、ついついLINEが来たりすると反応しちゃうじゃないですか

 でも、サウナなら何も持っていないので、イヤが応にも頭を回転させるしかないじゃないですか

 だから、この状況を活用して、とことん考えるのです

 この時間が、ボクにとっては最高に貴重な時間なのです


 また、高温のサウナの中なので、キツくなってくると、一秒一秒がとても長く感じるんです

 大体、どこのサウナにも、12分計と言うのが備え付けられているので、一秒一秒しっかりカウント出来るのです

 二セット目の後半になると、キツくなってくるので、汗を拭いながら敢えて時計を見ないようにして、もう結構時間が経ったかな、と思って時計を見ても、まだ15秒しか経っていなくて、ホント時間が長く感じるんです

 そう考えると、サウナでは一分一秒の長さを痛感出来る最高の場所なのです

 ホント、時間の尊さを感じれます


 加えて、この時期では、サウナを出てシャワーを浴び、着替えて外に出ると、まだ火照った体にヒンヤリとした風が心地よくて、ホント幸せを感じれるのです

 
 この、週二回30分の疑似圏外旅行で、色々想念し初心に帰るようにしているのです

 そうすることによって、全ての物事を謙虚に見れて、新鮮な気持ちで挑めるのです

 皆さんには、こうして自問自答する状況はありますか

 ないのなら、どんな方法でも良いので、想念する時間を作ってみてはいかがですか

 きっと、スッキリすると思いますよ


 そんな、疑似圏外旅行にハマりだした、逆転無罪判決からの一年五ヶ月目でした


 さて、明日は、友人が巻き込まれた、ちょっとした事件についてお話する予定です



人気ブログランキングバナー





 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います)


第二の木嶋佳苗。



 こんにちは

 今日は、清々しい天気ですね

 でも、空気が冷たいので、冬らしくなって来ましたね


 昨日は、福岡ワッフル店の、集団強姦事件不起訴についてお話しましたね

 実に、不可解な結末でしたが、あのワッフル店が再び開店することはないでしょう

 刑事的には無罪放免でしたが、社会的には相当重い判決になったでしょう


 さて、本日も最近の話題について触れたいと思います


 ここ最近、売れないタレントよりも、テレビで観る機会の多いこの方です


  筧知佐子(1)


  筧知佐子(2)


 京都連続不審死事件の被疑者(容疑者)、筧千佐子選手

 
 簡単に、事件をおさらいしましょう


 周辺で6人死亡、遺産8億円=千佐子容疑者、結婚相談所介し


 京都府向日市の筧勇夫さん=当時(75)=殺害容疑で逮捕された妻の千佐子容疑者(67)周辺では、筧さんを含め、結婚相談所を通じて結婚・交際していた男性ら6人が相次ぎ死亡している。
 
 捜査関係者らによると、同容疑者は遺産の大半を相続、総額は約8億円に上るという。

 他の5人は、兵庫県西宮市の医薬品卸会社社長=同(69)=▽大阪府松原市の農家の男性=同(75)=▽奈良県内の男性▽大阪府貝塚市の本田正徳さん=同(71)=▽兵庫県伊丹市の元内装業経営=同(75)=。
 
 千佐子容疑者は佐賀県出身。北九州市の高校卒業後、市内の都市銀行支店で働いていた1969年、大阪府貝塚市の男性と知り合い結婚した。同市に移り印刷業を営んでいたが、男性は94年に54歳で病死した。
 
 卸会社社長とは2006年に知り合い再婚。社長は同年8月28日、自宅で亡くなり、検視の結果「脳梗塞」とされた。

 08年2月ごろには農家の男性と3度目の結婚をしたが、男性は同年5月17日、自宅から救急搬送され死亡。「心筋梗塞」だった。
 
 千佐子容疑者はいずれも遺産を相続し、自宅などの不動産を全て売却。億単位の金を得たとみられるが、社長の場合は親族に民事調停を起こされ一部を返還した。
 
 09年ごろには交際相手の奈良の男性が病死。末期がんだったという。
 
 さらに11年9月ごろ、千佐子容疑者は本田さんと「婚約」したが、本田さんは12年3月9日、泉佐野市でミニバイクを運転中に急死。司法解剖で「致死性不整脈」とされた。同容疑者は「内縁の妻」を名乗り、遺言を盾に親族への遺産分与には応じなかった。
 
 13年9月20日には交際中だった元内装業の男性が死亡。がんを患い、千佐子容疑者と近くのファミリーレストランで食事をした直後に容体が急変した。自宅は死後、同容疑者が売却した。この約2カ月後の同年11月1日、同容疑者は筧さんと4度目の結婚をした。


 (時事通信より)

 
  事件相関図


 
 と、言う事件で、彼女の周りでは、絡んだ男性がものの見事に亡くなっているのです

 筧選手は、逮捕前に数々のインタビューに答えていて、その模様が各局で放送されていました

 そこでの様子を観た方は多いと思いますが、実に正々堂々としてるんですよね

 もう、アッパレと言わんばかりに(笑)

 恐らく、マスコミが駆けつけている時点で、相当怪しまれている証拠ですから、警察も当然マークしていたのでしょう


 この事件が報道された時、ボクは瞬時に〝第二の木嶋佳苗だ〟と、思いました

 ところが、日に日に状況が明らかになって行くと、第二の木嶋佳苗なんかではなく、木嶋佳苗以上だなと感じました

 だって、6人もの人が、極めて不自然な形で亡くなっているんですよ

 果たして、これを〝偶然の一致〟と呼べるのか

 
 報道によれば、男性と付き合いながらも結婚相談所に登録したり、亡くなった男性の遺産を必ず相続したりと、明らかに不自然な状況が散見されます

 一言で言えば、〝おかしい〟に尽きるのです

 
 
 ボクは、今回の事件と木嶋佳苗との共通点を、いくつか発見したので列挙します

 
 ① ブス。

 ② 結婚相談所を利用している(木嶋佳苗は婚活サイト)。

 ③ どの人も不自然な死を遂げている。

 ④ 亡くなった人から、多額の現金を受領している。

 ⑤ 完全否認している。



 この中で、ボクが注目しているのは①と②で、何で木嶋佳苗にしても筧選手にしても、決して綺麗とか美人とか言えないような顔なんですかね(笑)

 目を見張るような美人なら、花粉に吸い寄せられるミツバチのように、その美貌に吸い寄せられるのは分かるのですが、特に筧選手なんて、スーパーの特売にダッシュしてそうなオバサンじゃないですか(笑)

 この人のどこがイイんでしょうか

 まあ、人の好みはそれぞれとは言え、全く理解出来ません

 逆説的に言えば、手の届かない美人よりも、手の届くブスの方がイイと思ったのでしょうか


 それと、②の結婚相談所を利用していたと言う点は、木嶋佳苗と全く同じです

 佳苗ちゃんは、時代に即してネットを活用したわけで、筧選手はその辺使いこなせない為、アナログに相談所を利用していたのです

 デジタルかアナログかの違いだけで、根本的には一緒ですからね

 そう考えると、結婚相談所には〝カモ〟がウヨウヨ居るのでしょう

 考えてみれば、結婚相談所に登録する男性は、出会いに飢えていて、登録する際の高額な登録料を払えるだけの経済的余裕もあるので、彼女達からしたら、絶好の釣り場なのでしょう

 正に、〝釣り堀〟のようなものですね

 なので、結婚相談所に登録している男性は、ボクも含めてくれぐれも気を付けましょう(笑)


 最後に、現在も筧選手は容疑を完全否認しています

 恐らく、あの感じだと、否認を貫くと思われるので、状況証拠の積み重ねで、筧選手を有罪に持っていかないと行けません

 ホント、佳苗ちゃんと同じです

 今後、裁判になった際は、裁判員裁判になるので、何とも思っていない人が突然裁判員に指名され、判決を下さないといけないのです

 きっと、このまま行けば、検察の求刑は死刑でしょうから、直接的な証拠がない中で判断しないといけません

 裁判員にとっては、非常に難しいところでしょう

 
 今後、警察や検察は、6人全員の不審死を立件出来るのか

 その行方に注目しましょう


 さて、明日は、毎月恒例のテーマについてお話する予定です

 

人気ブログランキングバナー





 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います)


奇跡?の不起訴。



 こんにちは

 本日は、しっかり雨ですね

 今日から、12月の始まりで、今年も残り僅かですが張り切って行きましょう


 さて、今日は、最近の話題についてお話したいと思います

 
 先月、下記のニュースが飛び込んで来て、テレビでも結構報道されていました


 カフェで女性客を集団暴行 容疑の従業員ら逮捕

 
 福岡県警中央署は8日、従業員として勤めるワッフル販売のカフェで女性客を暴行したとして集団強姦と強姦の疑いで新賢佑容疑者(33)=福岡市東区=を逮捕した。
 また、集団強姦容疑の共犯で伊牟田祐史容疑者(33)=同市中央区=を、犯人隠避容疑で同店経営者の博多屋泰典容疑者(34)=同市南区=を逮捕した。いずれも容疑を否認している。

 新、伊牟田両容疑者の逮捕容疑は6日午前0時ごろ、福岡市の繁華街・天神にあるカフェ内に1人でいた20代の女性客を暴行した疑い。
 新容疑者はその後、同じ女性を近くのラブホテルに無理やり連れて行き、再び暴行した疑い。
中央署によると、2人は閉店後、シャッターを閉め、暴行したとしており、2人の関係を含め調べている。

 博多屋容疑者の逮捕容疑は、事件直前まで店内にいて、伊牟田容疑者が新容疑者と一緒にいたのを知っていたのに、事情聴取で隠した疑い。



 と、言う事件で、とんでもない事件だと報道されていました

 この事件は、過去に大阪で起こったペッパーランチ事件と似ていると、ネットでも話題になりました

 興味がある方は、ペッパーランチ事件でググって見て下さい

 ボクも、ペッパーランチ事件は知っていたので、何だか似ているなと思ったのです


 
 そして、誰もが事件のことを忘れていた先日、下記のニュースが飛び込んで来ました


 福岡市天神の飲食店で、女性客を店から出られないようにして、乱暴したなどとして逮捕された従業員ら3人について、福岡地方検察庁は不起訴にしました。
 
 この事件は今月8日、福岡市中央区天神のワッフルなどを出す店で、従業員ら2人が道を歩いていた女性に声をかけて店に招き入れ、ほかの客がいなくなったあと、シャッターを閉めて女性に乱暴したとして逮捕されたものです。
 
 また、この店の経営者も犯人隠避の疑いで逮捕されましたが、福岡地方検察庁は28日、この3人を起訴しないことを決めました。
 
 検察庁は、不起訴にした理由を明らかにしていません。


 (NHKニュースより)


 そうです

 何と、この三人は無罪放免でシャバに出て来ちゃったのです

 勿論、裁判をしての無罪ではないので、法律上の無罪ではありませんが、起訴されずに22日間で出て来ちゃうことは、事実上の無罪ですから

 ですから、彼等三人は、もう法律上の裁きを受けることはないので、普通に何食わぬ顔で生活出来ます


 
 では、何故こんなにも悪辣な事件を起こして、裁判にならなかったのか

 
 ボクは、このニュースを耳にした時、〝示談が成立したからだろう〟と、思っていました

 と言うのも、強姦罪は親告罪なので、被害者の告訴がないと起訴出来ないからです

 ですから、被害者が〝レイプされたけど告訴しません〟と言ったら、実際にレイプ行為があったとしても、加害者は裁かれないのです

 悲しいかな、これが法律の限界なのです


 ところが、今回の罪名は〝集団強姦罪〟で、この罪名だと被害者の告訴がなくても起訴出来るのです

 前述の強姦罪は、被害者と加害者が一対一の場合ですが、集団強姦罪の場合は加害者が複数なので、被害者の意思に拘わらず、検察官の独断で起訴出来るのです

 と、言うことは、幾ら被害者と加害者の間で示談が成立していたとしても、検察官が〝これは起訴するべきだ〟と判断すれば、起訴出来るのです

 なのに、起訴出来なかったのは、示談云々ではなく、この事件自体に疑いを持ったからだとボクは思います

 つまり、起訴出来なかった、のではなく〝起訴しなかった〟のがホントのところなのです


 考えてみて下さい

 お客さんを呼び込んで、そのままお店のシャッターを閉めてレイプして、その後もホテルに連れ込んでまたレイプしたなんて、絶対に処罰されるべきでしょう

 同じ強姦罪でも、被害者が告訴するとかしないとか、その意思に拘わらず検察官の独断で起訴出来るんですから、こんな事件があったとしら絶対に起訴すべきじゃないですか 

 この話がホントだとしたら

 なのに、起訴しないで釈放したと言うことは、この事件自体が怪しいと思ったのです

 その証拠に、検察は不起訴の理由を公表していないじゃないですか

また、三人とも揃って否認していることからも、不可解さを増しますよね


 確かに、ボクもこの事件を耳にした時、ちょっと違和感を覚えたのです

 それは、〝新容疑者はその後、同じ女性を近くのラブホテルに無理やり連れて行き、再び暴行した疑い。〟と、言う部分です

 これ、ちょっとおかしいと思いませんか

 だって、ホントにお店でレイプされたと言うのなら、その後近くのラブホテルに行く最中に逃げ出せばイイじゃないですか

 何で、いくらでも逃げ出せるチャンスがあったのに、もう一度ラブホテルに行ってレイプされちゃうのでしょうか

 って、考えると、そもそもホントにレイプ自体があったのか疑念を抱かざるを得ません

 店員と女性に、どんな人間関係があったのか不明ですが、ホントにお店でHをしたのなら、合意の上だったんじゃないですかね

 まっ、一見すると不自然ですけど、世の中には様々な性癖を持った方が居ますから…(笑)

 
 つまり、検察は、被害女性の証言に疑いを持ったのだと思います


 だから、起訴出来なかったのではなく、起訴しなかったのです

 
 勿論、当事者にしか真実は分かりませんが、非常に不可思議な事件でしたね

 もう、検察が起訴しなかった以上は、これで事件は集結ですからね



 と言うように、同じ事件でも、違った角度から考察すると、また違った真実が浮かび上がって来るのです

 今日は、そんなお話でした


 さて、明日も最近の話題について触れる予定です
 


人気ブログランキングバナー





 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います)