日本初(?)有罪率99.9%の刑事裁判で〝二度も〟無罪判決を勝ち取った男のブログ!

過去、二度も刑事裁判の被告人として法廷に立たされるも、自力で反証、反駁をし二度も無罪判決を勝ち取る!そんな私が、あらゆる事を綴る!

カテゴリー "職務質問" の記事

強引な職務質問の結果…💧💧💧



 こんにちは☁☁☁

 今日はスッキリしない天気ですね😣💦💦

 秋雨前線真っ只中ですが張り切って行きましょう👍


 さて、今日は職務質問と言うテーマでお話します✒

 ここ最近も結構取り上げていますが、またしてもボクの琴線に触れる事件があったのでお話しようと思った次第です💨💨💨

 少し前になりますが、まずは下記の記事を2本ご覧下さい👀👀


 覚醒剤事件で違法捜査、女性に無罪判決 高松地裁

 
 覚醒剤取締法違反(使用・所持)罪に問われた松山市の無職女性(49)に対し、高松地裁は4日、無罪を言い渡した。
 野村賢裁判長は、強制採尿令状が発付されるまでの香川県警の捜査について「被告の意思を顧みず抵抗を物理的に排除し、任意捜査の限度を逸脱している」とした。
 
 判決によると、女性は昨年7月、高松市内で県警の警察官から職務質問を受けた。
 任意同行を拒否した女性がタクシーに飛び乗った際、警察官は女性を車外へ引っ張り出し、その後も女性の周囲に数人の警察官が居続けることでその場から立ち去ることを諦めさせた。
 
 高松地裁は体調不良を訴えた女性が運ばれた病院で令状発付後に採取された尿の検査結果について証拠採用せず、検察側は求刑せずに結審していた。
 野村裁判長は、警察官による違法な留め置きがあったとして、強制採尿の検査結果などについて「証拠能力はない」と結論づけた。
 高松地検の小弓場文彦次席検事は「上級庁と協議した上、適切に対応したい」とコメントを出した。



 覚せい剤事件で無罪判決、検察が求刑せずに結審 高松地裁

 
 違法捜査を弁護側が主張し、関連証拠が採用されなかったため、検察側が求刑せずに結審した覚せい剤取締法違反(使用、所持)事件の判決で、高松地裁(野村賢裁判長)は4日、女性被告(49)=松山市=に無罪を言い渡した。

 弁護側は公判で、任意捜査を拒否したのに5時間以上違法に留め置かれたとして無罪を主張。
 地裁は尿や覚せい剤の鑑定書など検察側の請求した証拠の採用を却下する決定をした。

 このため検察側は2月25日の結審時に「証拠の収集過程は適法だった」などと決定に対する意見のみを述べ、求刑はしない異例の対応を取った。

 公判での検察側主張によると、昨年7月9日午後、高松市内の交通事故現場にいた被告の言動に警察官が不審点を感じたが、被告は任意での採尿などを拒否。
 令状請求の手続き中には体調不良を訴えて搬送された病院でタクシーに飛び乗ったため、警察官が車外に引っ張り出すなどした。

 その後、令状に基づく強制採尿で陽性反応が出たため逮捕し、所持品検査で覚せい剤が見つかった。



 と言う無罪判決が出た事件でした✨

 またしても不可思議な事件でしたね😣😣😣(笑)

 何だか職務質問を拒否してタクシーに飛び乗ろうとしたら、警察官は女性を車外へ引っ張り出して、その後も女性の周囲に数人の警察官が居続けることでその場から立ち去ることを諦めさせたようで、とても穏やかではありませんよね😅💦💦

 まっ、タクシーから強引に引きずり出した時点で任意ではないのですが、何度も言っている任意の違法性の逸脱と、シャブをやっている違法性の逸脱とを天秤にかけたら、どう考えてもシャブの方が悪いですよね⁉

 そうなると、通常なら『警察官が被告人をタクシーから強引に引きずり下ろした行為は、任意捜査の範囲を逸脱していると言わざるを得ないが、重大な違法とまでは言えない。』として、覚醒剤の証拠能力を肯定して有罪判決を下します😒😒😒


 にも拘らず、今回の事件で裁判所は尿や覚せい剤の鑑定書など検察側の請求した証拠の採用を却下する決定をしたのです❗❗❗
 
 これはかなりスゴい事ですよ😱😱😱

 何故なら、検察が有罪にする為の証拠を却下されてしまっては、有罪を立証出来ないからです😫😫😫

 刑事裁判では、被告人を有罪にする為には、検察がそれを立証する義務を負います🔍👓

 これを『挙証責任』と言います😃💡

 ですから、起訴された被告人が有罪を立証する必要は皆無で、有罪に出来るのならお好きにどうぞと、お手並み拝見と言った所で良いのです😆😆😆

 勿論、検察も起訴するからには有罪に出来ると確信したからこそ起訴するのであって、無罪になるだろうなと思って起訴することはあり得ません💨💨💨

 今回の事件に当てはめるなら、検察側が提出した尿や覚せい剤の鑑定書などの有罪の証拠を、裁判所が採用してくれると思っていたと言うことです💡😃💡

 しかしながら、証拠調べの段階で裁判所が検察側の証拠請求を却下したのは極めて珍しいですね❗❗❗


 その結果、有罪とする為の証拠を失った検察は、なす術がなくなってしまい、求刑はしないと言う異例の対応を取ったのでした😢😢😢

 ボクはこれまで様々な刑事裁判を見てきましたが、検察が求刑をしないなんて聞いたことがありません😓😓💧

 求刑とは、読んで字の如く刑を求めると書くので、それを求めないと言うことですから、事実上の無罪求刑と同じです😅💦😅

 そもそも無罪求刑なんて言葉もおかしいんですけどね😅😓(笑) 

 だって、無罪は刑ではないからです😄😄

 無罪はあくまでも無罪なんですから😉😉😉

 この結果は、検察としては相当苦虫を噛み潰したような悔しさがあったでしょうね😒😒😒

 こんなんじゃ控訴したくても出来ないでしょうね😅😣💨

 逆に、裁判所は勇気を持って判断したと思います😊😊😊


 それにしても、この女性は警察官の強引な捜査があったとは言え、シャブを所持しているは、使用しているはとどうしようもないですね😨😨😨

 無罪だからと言って、決して褒められたものではありません😞😔😞😔

 ボクの無罪とは同じ無罪でも意味合いが全く違います💧💧💧

 何故なら、覚醒剤と言う“クロ”の証拠が出てきたからです❗

 たまたま、その収集方法が違法であったが為に助かったようなものです💨💨💨

 ですから、裁判官次第では前記のとおり証拠能力を肯定して有罪判決を下していたと考えられます😥😥😥

 なので、この女性は“悪運”に恵まれていたと言えます😆😆😆

 まっ、悪運も運の1つなので、そういう意味ではこの女性は強運の持ち主なのでしょう💦💦💦(笑)

 そうでなければ、確実に今頃女子刑務所で、化粧も出来ずに素っぴんで過ごしていたでしょう😵(笑)
 

 と言う稀有な事件でした✨

 くれぐれも、皆さん職務質問には素直に応じておきましょう😁

 バンカケこと職務質問は、“ゴネるが損”です❗❗❗



 さて、明日は最近の話題をお話する予定です✒

 


 人気ブログランキングバナー


 


 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います)



 

ばっこりバンカケ🚨🚨🚨



 こんにちは✨😃☀

 今日も皮肉にも暑いですね☀😵💦

 8月にこの天気になってよと思わずにはいられません😞😞😞


 さて、今日は最近の話題と言うことで、お馴染みの密着警察24時についてお話します✒☺

 ここ最近、各チャンネルで恒例の行事として警察24時が放送されました📺❇📹

 その中の1つで、8月27日(土)にテレビ朝日で放送された『列島警察捜査網THE追跡~2016真夏の事件簿~』から、気になったシーンがあったのでお話します😄💦

 
 そのシーンとは、この番組ではすっかりお馴染みとなった博多の名物男こと、福岡県警察自動車警ら隊、西牟田圭治巡査部長34歳です❗❗❗

 この人は、福岡県警で職務質問を専門とする自動車警ら隊で、2年連続検挙数トップを誇るスゴ腕の警察官です🚨👍

 一度でも番組を観た事がある人なら、バンカケ(職務質問)時に『ばっこり匂うばい❗』と警察犬ばりの嗅覚で大麻を発見したりと、その勢いは凄まじいものがあります💨💨💨

 その鋭い嗅覚と洞察力で不審車及び不審者を発見して、じゃんじゃんパクって行きます😓💦💦

 今回もまた、その鋭さに密着していたのですが、ボクはどうしても解せないと言うか違和感を覚えるシーンがあったのです😒😒😒


 そのシーンとは、西牟田巡査部長がいつものように博多の繁華街である天神エリアをパトロールをしていると、T字路から出てきた1台の軽自動車とスレ違いました🚕🚙💨

 西牟田巡査部長達は、スレ違いざまに運転手をガン見すると、パトカーを見て目を逸らした事に違和感を覚え、Uターンして軽自動車を追跡しました🚓🚓💨

 この一瞬の動作を自ら隊の警察官は見逃さないのです❗❗❗

 理由としては、何かしらやましい事がある場合は自然と目を逸らすなり、何らかのアクションをするからだそうです😃💡


 そして、幅広い国道で軽自動車を停車させ、同行している部下に声を掛けさせると、最初は素直に警察官の問いかけに答えていたものの、車内検索をしたい旨を伝えると頑なに拒否しました😓💦😞

 
 『不審物がないか確認だけいいですか⁉』

 『ダメ❗

 『何でですか⁉何もないなら大丈夫でしょう⁉』

 『無理やね』

 『皆さん協力して頂いてます』

 『いやいや、そんな義務ないやろ任意やろ⁉』

 『任意ですよ』

 『なら令状がない限り無理』


 と言う禅問答が続きました😣💨

 因みに、警察官が言っている皆さんにご協力頂いているからと言って、この人も協力しなければいけない理由はありません😄😄

 むしろ、任意である以上この人がイヤだと言っているのは極めて正当な主張で、どうしても見たいのなら捜索令状を取ってこいと言っているのはごもっともな主張なのです❗❗❗

 しかしながら、バンカケ隊員のマニュアルでは、『任意』『令状』と言う言葉を発するヤツは怪しいと言う不文律があるのです💡💡💡

 ですから、『確かに任意ですもんね。はい分かりました。ありがとうございました。』とはならないのです😭😢

 逆に更なる疑念を抱かせる事になるのです😒😒😒

 
 この時凄腕の西牟田巡査部長は、部下のやり取りをパトカー内でじっと静観していました👀👀👀

 一度だけ運転手に近寄るも、何も言わずに無言の圧力で部下とのやり取りを見て、またパトカーに戻りました😓😌😅

 そうすることにより、西牟田巡査部長の動きが気になって仕方なくなるという心理戦を展開したのです💥💥💥

 すると、西牟田巡査部長から思わぬ一言が発せられました❗

 それは、


 『現行犯逮捕しますか。』


 と言う言葉でした💥💨

 ボクは、“えっ👀⁉何で何も出てきてないのに現行犯逮捕⁉”と思いました😵😫😱

 すると、西牟田巡査部長は、軽自動車のフロントガラスの所に貼ってあるはずの『保安標章シール』が無いことを理由に、道路運送車両法違反で現行犯逮捕したのです❗❗❗

 因みに、保安標章とは車検が終わるとフロントガラスの中央に貼る四角い小さなシールです✨
 
 皆さん見たことありますよね⁉

 それがただ貼ってないと言うだけで現行犯逮捕したのです❗❗❗

 別に車検が切れてた訳ではないんですよ😅💦


 いやいや、これはやりすぎでしょう😡😡😡

 たかだかシールが貼ってないだけですよ⁉

 そんな事を言ったら、こないだボクは自分の車をユーザー車検でやりましたが、保安標章なんて貼ってないですよ😄😄

 しかも、道路運送車両法では、保安標章シールが貼ってないことの罰則は、第66条に違反し同法の109条で、50万円以下の罰金とされています💡💡💡

 ですから、懲役刑はないのに殊更取り締まる必要なんてどこにあるんだって話です❗❗❗

 シールが貼ってないことで、一体どこの誰が迷惑するんですか⁉

 シールが貼ってないことで、一体どんな社会秩序が乱れると言うのですか⁉

 要するに、敢えて取り締まるまでもないと言うことです❗


 なのに、何で西牟田巡査部長はこの法律違反を理由にパクったのか⁉

 それは、現行犯逮捕をすれば車内検索を出来るからです😃💡
 
 刑事訴訟法では、捜索差押え令状がなくても、現行犯逮捕をすればその場所は捜索出来ると定めているのです📖👓

 つまり、『任意』や『令状』と言う言葉を発するようなヤカラなので、何かしら出てくると予想し、本来の目的はそっちであくまでも逮捕はこじつけだと言うことです❗❗❗

 重箱の隅をつつくようで汚いですよね⁉

 ボクはホントにホントに狡猾だと思います😠😠😠


 そして、こじつけ逮捕で正々堂々と車内を捜索しました🔍🔍🔍

 すると、何と何も出て来なかったのです❕❕❕❕

 覚醒剤だの大麻だのと、そういう違法なモノは一切出て来なかったので、西牟田巡査部長の目論見は完璧に外れてしまったのです😁😁😁

 なのに、ナレーションでは『流石は凄腕の西牟田巡査部長』みたいな事を言ってるので、いやいやちょっと待てよ、と😫😫😫

 ボクからすれば、こんなの全っっっっ然スゴくないしむしろメッチャメチャ汚いとしか思ってません😡😡😡

 結局、道路運送車両法違反なんてしょーもない罪でパクっただけでした💨💨💨

 こんなクソみたいな法律違反なんて、罰金刑しかないんですからとっととシャバに出てきますよ🏃🏃🏃

 事件を送られた検察も、“何でこんなんでパクったんだよ”と思っているのが本音ですよ💦💥💢


 と言うように、バンカケされたのに変にゴネると、場合によっては重箱の隅をつつかれてパクられてしまう可能性もあるのです😒😒😒

 この人はただ単に警察が嫌いで、バンカケには応じたくなかっただけなのです💨💨

 なのに、たかだかシールを貼ってないだけでパクられてしまったのです😠😠😠
 
 恐らく素直に車内検索に応じていれば、パクられる事はなかったでしょう😆😆😆

 とはいえ皮肉にも、どんな罪であろうと現行犯逮捕したと言うことは、西牟田巡査部長達の検挙実績にはなるのでつくづくふざけた話です😡😡😡


 ボクは何も西牟田巡査部長が嫌いなのではなく、むしろその眼力と嗅覚は驚嘆に価すると尊敬しています😊😊😊

 毎回毎回、不審車を見付けてバンカケしてパクって行くのは素晴らしい職人技だと思っています👍👍

 しかしながら、今回のケースはどうも頂けません💨💨💨

 確実にやり過ぎです❗❗❗

 完全なこじつけ逮捕です🚨🚨🚨

 皆さんも気を付けましょうね😊😆❕


 と言うお話でした✒😄

 
 さて、明日も最近の話題をお話する予定です✨✒



 人気ブログランキングバナー


 


 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います)



 

違法の天秤📍📍📍



 こんにちは✨😃

 今日も暑いですね✨☀✨

 週末は海にプールにとアクティブに動いていたのでとても疲れました😣💦⤵

 でも、その分メチャメチャ楽しかったです😃💕


 さて、今日は先日もボクの知り合いの件で話題になった職務質問についてです✒

 これが現実なんだと言うことを知ってもらう意味で取り上げました😃💡

 では早速行きましょう👍


 「宮城県警の逮捕違法」仙台地裁言及 判決は実刑

 
 覚せい剤取締法違反(使用)の罪に問われ、無罪を争っていた被告の男(55)=仙台市泉区=の判決で、仙台地裁は19日、「任意捜査は許容できる範囲を超えていた。逮捕は違法だが、違法性が重大とまでは言えない」と異例の言及をした上で懲役2年8月の実刑を言い渡した。

 弁護側は「違法捜査が一部認められたが、無罪にすべきだ」と批判し、控訴する方針。
 
 判決によると、宮城県警泉署の捜査員が2014年夏、男を職務質問。
 男が逃走したため捜査員4、5人で男の両手両足を持ち上げ、約60メートル離れた停車中のパトカーまで強制的に運んだ。
 男の乗用車から注射器が見つかり、男の尿からは覚醒剤反応が出た。
 
 職務質問などの任意捜査では、緊急時などを除き強制手段は認められない。
 小池健治裁判長は「警察官は被告の了解を得るべきだった。違法に強制移動させた上で行った覚醒剤試験の結果、初めて逮捕要件が整った。逮捕は違法と言わざるを得ない」と指摘した。
 一方、車内から注射器が見つかった直後に男が逃走した現場の状況などを考慮。
 小池裁判長は「警察官にとって、所持品の確認を続ける必要性は高かった。逮捕の違法性は重大とまでは言えない」と述べた。
 
 弁護側は「違法捜査は明白だ」として一貫して無罪を主張。
 「覚醒剤が尿から検出されたのは事実だが、知人女性の持っていた水に含まれていたものを知らずに飲んだ」と説明している。



 と言う事件でした💦💦💦

 しょっちゅうあるバンカケ(職務質問の業界用語)からの現行犯逮捕🚨🚨🚨

 その際の警察官の対応が争われるパターンの事件ですね😅💦

 まっ、『そもそもシャブを持ってるのが悪いんじゃん』と思う気持ちも分かります💨💨💨

 ただ、男はつらいよの寅さんじゃないですが、ここでは“それを言っちゃあおしめーよ”って事です😆😆(笑)

 ホント、覚醒剤と言う違法薬物を持っている事自体が悪いのですが、それがここでは問題ではないので😣😣😣

 
 記事によると、

 男が逃走したため捜査員4、5人で男の両手両足を持ち上げ、約60メートル離れた停車中のパトカーまで強制的に運んだ。

 と言う部分が、任意の限度を超えていると言うことでした😒😒😒

 確かにこれはやりすぎですね😓😓

 追い掛けるのは分かるにしても、捕まえて両手両足を持ち上げて強制的にパトカーに運ぶのはダメですよね😡😡😡

 身柄を無理矢理押さえ付けちゃってるんですから💨💨💨

 これは完全な強制手段です😣😣😣

 この点は裁判所も違法だと認定しています🔨🔨


 ところが、

 「警察官にとって、所持品の確認を続ける必要性は高かった。逮捕の違法性は重大とまでは言えない」

 
 と結論づけられ、懲役2年8月の実刑判決を言い渡されたのです😅💦😣

 ものすごく矛盾してるのが分かると思います❗

 だって、最初は逮捕は違法と言わざるを得ないと言っておきながら、最後には逮捕の違法性は重大とまでは言えないと言っているからです😒😒😒

 違法の程度は重大ではないから、違法逮捕から発見された証拠(覚醒剤反応)は是認出来ると言うのです👣👣🔍

 とても腑に落ちないですよね⁉💦💦💦

 警察官の対応が適法だと言うのなら分かるのです😲😲😲

 しかしながら違法だと認定しておきながら、その程度が重大じゃないからオッケイと言うのはとても納得がいきません😣😣😣

 だから被告側は控訴したのです❗


 でも、この矛盾した腑に落ちない事実認定が、裁判所の通常の体質なのです💧💧💧

 悲しいかなこれが現実です😅😢💦

 ここで無罪判決を下す裁判官が、いい意味で“異常”なのです😆😆😆

 そんな裁判官にはなかなか当たりません😓😓😓

 やはり、違法の程度を天秤にかけた時、警察官の違法の程度と覚醒剤の違法の程度とを比較すると、覚醒剤の方がどう考えても“悪”ですからね😒😒😒

 大局的に見れば、警察官の行為は国の治安を守るために行った行為ですから、裁判官もその点を重視するのでしょう😄😄

 なので、この手の事件で無罪判決が出るのはスゴいことなのです❗
 
 明らかに“クロ”の証拠があるわけですからね😓😓😓

 ただ、被告側としては徹底的に争いたい気持ちも分かりますが、その主張が通るのはまず無理でしょうね😢😢😢

 今日はそんなお話でした✒


 さて、明日も最近の話題をお話する予定です✒😆✨
 

 
 人気ブログランキングバナー


 


 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います)



 

やり過ぎな職務質問😠😠😠(見解編)



 こんにちは☀

 今日はいい天気で海日和ですね🌊
 
 なので、このblogを書いたらプールに行って日焼けしてきます☀😆☀


 さて、今日は今回のやり過ぎな職務質問について、Tさんの思いとボクの見解をお話します✒

 これまで3回に分けてその時の模様をお話しました💨💨💨

 最初は面倒臭いと思いながらも渋々応じ、何も法律に触れるような物は所持していなかったのですんなり終了しました🔚🔚🔚

 ところが、ここからが普通の職務質問とは一線を画していましたね💢💢💢

 何と喫煙所を出た所でもう一度声を掛けてきて、今度は警察署でオシッコを採らせて欲しいと言ってきたのです❗❗❗

 これにはTさんも到底納得が行かず徹底的に抗議、反論するも警察も一歩も引かないので、仕方なくパトカーに乗って池袋警察署に行くことに🚨🚨🚨

 そして、バタバタしたものの結局覚醒剤の陽性反応は出ずに上野までパトカーで送らせたのでした🚓🚓🚓

 この間に掛かった時間は何と4時間でした❗❗❗



 ボクはこの顛末を電話で聞いたのですが、堰を切ったようにTさんの話が止まらない止まらない😆😆😆(笑)
 
 それだけ憤懣やる方なかったのでしょう😡💢😡

 一通りの状況説明を聞いた後、ボクはこうTさんに訊いてみました👂😢💦


 『今回のやり過ぎな職務質問を受けての感想は⁉』

 『とにかく疲れた😣💦⤵何で俺だけなんだよという感じ。』


 更に、

 
 『今言いたい事があるとしたらどんな事ですか⁉』

 『特にないけど、強いて言うなら池袋は縁起が悪いから行きたくないな。』


 と言ってました💦💦💦

 これがTさんの率直な感想です😣😣😣

 ホント災難だったと思います😞😞😞


 一方で、今回の職務質問の正当性及び妥当性についてですが、どう見てもその域を逸脱していると言わざるを得ません❗❗❗

 まず、ボクがとても首を傾げたのが、一度一通りバンカケを終了したのに、もう一度声を掛けた点です💨💨💨

 通常は、もしオシッコを採らせて欲しいと言うのなら、最初のバンカケの時点で言います💧💧💧
 
 なのに、わざわざ解放してからまたしても声を掛けると言うしつこさ💢💢💢

 これは明らかに任意の域を逸脱しています❗

 例えば、元々Tさんを内偵していたと言うのならまだ分からなくもありません💦💦💦

 ところが、Tさんは内偵されていた訳でも何でもなく、たまたま中池袋公園の喫煙所でタバコを吸っていただけなのです😃🚬

 ですから、単なる喫煙者にそこまでしつこくする理由はないのです💨💨💨


 しかしながら、すっぽんのようにしつこくされてしまったのは、恐らく不運にもTさんの容姿に理由があったのだと思います😃💡

 思います、と言いましたが間違いなくそうです😆😆(笑)

 Tさんは年齢の割には細く、肌が浅黒くて頬がこけているのです😃😃😃

 加えてとても汗かきなのです😵💦

 これは覚醒剤の影響だからではなく、Tさんの体質そのものなのです💦💦💦

 しかし、とても皮肉な事に前述の身体的特徴は、覚醒剤常習者の特徴にピタリと当てはまるのです💡💡💡

 そうすると、バンカケする側からすれば、“明らかにシャブ中だろう”と疑念が深まるばかりだったのです😒😒😒

 確かに、Tさんは覚醒剤経験者でした💧💧💧

 でもそれは、1999年にやったのが最後でかれこれ17年も前なのです😣😣😣

 それも、一時的にやっただけで常習していたわけではなかったそうです💨💨💨

 ですから、当時の覚醒剤の影響が残っているとは考えられないのです😵😵😵

 しかし、元々のTさんの風貌が災いして、今回のようになってしまったのです😡😡😡


 警察側とすれば、所持品検査では何も出てこなかったけど、間違いなくやってるだろうから尿検査しよう、となったのです💡💡💡

 では、2回目のバンカケでのオシッコの検査を拒否出来たのか⁉

 これは厳しいと言わざるを得ません❗❗❗

 確かに、バンカケの法的根拠である、警察官職務執行法、略して警職法には“任意”となっていますが、事実上は任意と言う名の強制なのが現実です💢💢💢

 ホント、理不尽、不条理、不合理、不平等なのですが悲しいかなこれが現実なのです😠😠😠
 

 改めて、警察官職務執行法を抜粋します📝✒


(質問)
 
 第二条  警察官は、異常な挙動その他周囲の事情から合理的に判断して何らかの犯罪を犯し、若しくは犯そうとしていると疑うに足りる相当な理由のある者又は既に行われた犯罪について、若しくは犯罪が行われようとしていることについて知つていると認められる者を停止させて質問することができる。

 2  その場で前項の質問をすることが本人に対して不利であり、又は交通の妨害になると認められる場合においては、質問するため、その者に附近の警察署、派出所又は駐在所に同行することを求めることができる。

 3  前二項に規定する者は、刑事訴訟に関する法律の規定によらない限り、身柄を拘束され、又はその意に反して警察署、派出所若しくは駐在所に連行され、若しくは答弁を強要されることはない。

 4  警察官は、刑事訴訟に関する法律により逮捕されている者については、その身体について凶器を所持しているかどうかを調べることができる。


 
 3項に記載されている、

 前二項に規定する者は、刑事訴訟に関する法律の規定によらない限り、身柄を拘束され、又はその意に反して警察署、派出所若しくは駐在所に連行され、若しくは答弁を強要されることはない。

 と言うのが正しく任意である根拠なのです💦💦💦

 刑事訴訟に関する法律の規定によらない限りとは、令状等の強制力を意味しています✨

 要するに、捜索差押え令状や逮捕状の事です💡💡

 それがない場合は、本人の意思に反して警察署に行く必要もなければ答弁を強要されることはない、と言っているのです💧💧💧

 ですから、Tさんの場合もこの条文に当てはまるので、警職法第2条3項を根拠に断る事は“法律上”は出来るのです❗

 しかしながら、警察官としてもその旨反論されたからと言って、『はい。確かにその通りですね。じゃあ大丈夫です。』とはならないのです😒😒😒

 これが、ボクが何度も何度も言っている、“法律上と事実上の乖離”です💨💨💨


 時には、理論武装して徹底的に言い争えば警察としても“こいつ面倒臭そうな奴だな”と引いてくれる場合もありますが、大概は中途半端に法律を持ち出すと“何か疚しい事があるからだ”と火に油を注ぐ事になります(笑)

 そこは難しい所ですね😞😞😞

 警察も、反論する奴ほど何かがある、と思ってますからね😒😒😒

 
 では、今回Tさんはどうすれば良かったのかと言うと、ボクは単純に2回目に声を掛けられたら一切応じずに駅に向かって歩き、そのまま電車に乗っちゃえば良かったと思います🚃💨
 
 当然警察官は追い掛けて来ますが、パトカーを置きっぱなしにしてTさんと一緒に電車には乗れませんからね💦💦💦

 また、任意なので無理矢理身体に触れたり押さえつける事は出来ませんからね💨💨💨

 なのでそこを利用して、ぐいぐい駅まで歩いちゃえば良かったのかも知れません😆😆😆

 とまあ、当事者じゃないからこそこうして言えるのですが😣😣😣

 ただ、この作戦はアリだとは思います👍👍👍


 一方で、今回のバンカケは誰が見てもやり過ぎですよね😡😡😡😡

 1度だけならまだしも2度もバンカケして、無理矢理警察署に行ってオシッコの検査をさせるのは、任意を到底逸脱しています😒😒😒

 しかも、何だかんだと4時間も身柄を拘束したのは任意とは言えませんよね😓😓😓

 Tさんが望んだのならまだしも、一切望んでいないんですからね💨💨💨
 
 また、コンビニにタバコを買いに行った時の金魚の糞には笑いましたね😁😁😁

 たった一人の人間がタバコを買いに行くだけだと言うのに、大の大人がゾロゾロとついて来るんですからね😅😅😅

 でも、最終的には池袋署のデカ達にため息をつかせてしてやったりでした❗❗❗

 ホントざまぁみろですね😊😊😊


 皆さんも、いつどこでバンカケに遭うか分かりません😣😣😣

 “バンカケと天災は不意打ちにやってくる”

 こう覚えましょう(笑)

 ですので、その時の気分でどうしても応じたくなければ徹底抗戦して拒否すればいいし、面倒臭いからと応じるのもアリです😆😆😆

 警察は、こっちが根負けするのを待ってるんですから💦💦💦

 一応、今回触れた警職法は頭に入れておくと良いかも知れませんね👍👍👍

 『警職法第2条3項を根拠に拒否します❗』

 と言っても良いかも知れませんね😊😊😊

 
 さて、来週は最近の話題をお話する予定です✒

 それでは、梅雨明けした週末を楽しくお過ごし下さい😄😄😄

 

 人気ブログランキングバナー


 


 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います)



 

やり過ぎな職務質問😠😠😠(下)

 

 こんにちは✨😃❗

 今日は過ごしやすい陽気ですね😄😄

 2日間更新が出来なくてスミマセンでした🙏💦💦

 仕事やら何やらとペンを握れませんでした😨😨😨


 夏真っ盛りの週末は、皆さんいかがお過ごしでしたか⁉

 ボクは、今年初の由比ヶ浜に行ってきました🌊🌊🌊

 いや~、ホントに由比ヶ浜はいい女が多いですね😆😆

 その点間違いなく日本で一番でしょう✨✨✨


 



 さて、話が逸れましたが、今日は先週からの続きです✒

 一体あれからどうなったのでしょうか⁉


 Tさんは、とにかく必死の抵抗を試みたそうです😠😠

 それは何か疚しいことがあるからとかではなく、単に面倒臭いからと言う理由です❗

 誰だって、突然横車を押されてわざわざ警察署まで行ってオシッコの検査なんてしたくないでしょう😡😡😡

 だからTさんに限らず、声を掛けられたら全員が全員面倒臭いと思うでしょう😒😒😒

 誰も池袋にオシッコの検査をする為に来る人なんて居ないんですからね💧💧💧


 警察の論理としては、オシッコの検査キットがパトカーにはないからと言うのが理由だそうです😫😫😫

 とは言え、検査キットがあろうかなかろうがTさんには全く関係のないことですからね😓😓😓

 また、『疚しいことがなければ応じれるでしょう』と理屈をこじつけて来たそうですが、こんなふざけた話はありません😠😠😠

 これは“バンカケあるある”で、この一言で無理矢理職務質問に応じさせるのです😒😒😒

 少しでも抵抗しようものなら、

 『何で応じれないの⁉』
 『応じれないの何か理由でもあるの⁉』
 『疚しいことがなければ応じれるでしょう⁉』


 と言う警察の論理を押し付けて来ます❗

 確かにその通りなのですが、何度も何度も言う通り職務質問は任意ですから、応じるも応じないも本人の自由なのです😨😨

 ですから、面倒臭いからと断ることは自由なはずなのに、それが出来ないのが現状です😒😒😒


 結局、パトカーの前で30分位禅問答をした挙げ句、これでは拉致が空かないと仕方なくパトカーに乗って池袋警察署に行ったそうです🚨🚨🚨

 警察署に行くと食堂へ案内されたそうです💧💧💧

 これは、Tさんがオシッコをさっきしたばかりだから出ないと言ったことに対し、警察官が『お茶やお水があるので是非お越し下さい』と言ったからです😅😅

 高速道路のサービスエリアに置いてある、無料の水とお茶が出る機械がありますよね⁉

 それが警察署の食堂にも置いてあるので、そこで水分を取れと言うことなのです💡💡

 更に、ここでの警察官の一言にTさんはぶちギレます😡😡😡

 『自腹になりますが良ければ自販機で。』

 と言ったそうです💦💦💦

 この一言にTさんは烈火のごとくぶちギレたそうです❗

 そりゃそうで、警察側からしつこくお願いして足を運んだんですから、こっちがわざわざお金を払って飲み物を買う道義はありません😒😒

 むしろ、わざわざ来てもらったんで飲んで下さいと、警察側から有料でも飲み物を出すのが筋でしょう😠😠😠

 つくづくふざけてますよね💨💨💨

 Tさんとしては、たったの130円だったとしてもこっちからお願いしてここに来たわけではないので、一円足りとも払いたくなかったので無料の水を飲みまくったそうです💢💢💢

 この気持ちは良く分かりますし、ボクもTさんと同じ立場ならそうするでしょう😆😆😆

 

 ここでTさんはタバコが吸いたくなったので、タバコを吸わせろと警察官に言いました😄😄

 ところが、肝心のタバコが先程の喫煙所で無くなってしまい、買わないとありません💧💧💧

 そこで、タバコを買わせて欲しいと進言すると、まずは署内の自販機を案内されたのですがそこには売ってなかったそうです😣😣😣

 じゃあ近くのコンビニに行きたいとなりますが、そう簡単にちょっと買って来ますとはならなかったそうです💦💦💦

 何と、職務質問をした警察官二人に生活安全課のデカが6、7人金魚の糞のようについて来たそうです❗❗❗

 全くアホらしいですよね💨💨💨

 店内には1人がついてきて、それ以外のデカは入り口を固めてTさんを見張っていたそうです😨😨😨

 これは逃走防止の為の措置ですね😅😅😅

 
 ところが、Tさんの欲しかったタバコが3件のコンビニを回るも売ってなくて、結局買わずに池袋警察署に戻って来たそうです💦💦

 でもですよ、この3件のコンビニを回る間、約10人位の人間がゾロゾロと歩いて行く光景は異様ですよね😒😒😒

 また、Tさんの立場からすれば、別に何も悪いことはしていないのに、まるで犯罪者のような扱いだと感じるでしょう💨💨💨

 逃走防止の為の措置とは言え、逮捕された訳でもなんでもなく、あくまでも任意なんですから極端な話逃げたって良いのです❗❗❗
 
 ボクなら隙を見付けてダッシュしますね😄😄😄

 絶対に逃げ切れる自信があるので(笑)


 
 そして、警察署に戻ると今度は取調室に案内され、そこで様々な書類にサインをしたそうです✒

 そこには、8人位の警察官が居たので取調室に入りきらず、溢れたデカは外で待機していたそうです💧💧

 一通り書類にサインをすると、いよいよトイレに行って採尿です🚻🚻🚻

 何と、そこにも全員の警察官がついて来たそうです❗❗❗

 そして、片手に紙コップを持ってそこにオシッコをしたそうです⤵⤵⤵

 その様子をデカが見ていて、更にはカメラでパシャパシャ写真を撮っていたそうです📷📷

 これは、オシッコと見せかけて他の物とすり替えられないかの確認ですね🔍👓🔍👓

 だとしても、いくつもの瞳の中でオシッコをするなんて、そういうプレイならともかく屈辱以外の何物でもないですよね😡😡😡

 
 すると、紙コップに入ったオシッコをプラスチックの容器に移したそうです☕☕☕

 その模様も全て写真撮影していたそうです👀📷✨

 更に、残ったオシッコを便器に流すところも撮影したそうです📷

 もう徹底してますよね😱😱😱

 プラスチックの容器に入れたオシッコを持って、またしてもゾロゾロと取調室へ移動🚶🚶🚶

 それから、リトマス紙にオシッコを垂らしたそうです💉💉💉💉

 ところが、何滴垂らすも一切反応しなかったそうです❗❗❗

 その瞬間、何人かの捜査員がため息をついたそうです😞💨(笑)

 更に担当した警察官から、

 『良かったですね。』

 と全く思っていないであろう社交辞令を言って来たそうです😒😒😒

 だって、警察側からすれば、尿検査で覚醒剤の陽性反応が出ると確信したからこそしつこく粘って連れて来たんですからね😞😞😞

 だから、一番欲しかったのは陽性反応だったので、何人かの捜査員がため息をついたわけです🙍(笑)

 とは言え、ホントにふざけてますよね😠💢😠

 Tさんは、腹の中で『ざまぁみろバカ❗』と思ったそうです😁😁😁(笑)


 すると、職務質問をした警察官から、

 『送ります。』

 と言うので、

 『まさか、池袋じゃないだろうな。』

 と言うと、

 『どちらが宜しいですか⁉』

 と言うので、Tさんが元々池袋から行こうとしていた上野まで送れと言うと、

 『分かりました。上野まで送らせて頂きます。』
 
 と言ったそうです😄😄

 その態度と言ったら180度変わっていて、手のひらを返すとは正にこの事だなと思ったそうです😆😆😆

 ついさっきまではシャブ中に間違いない“クロ”だと思っていたのが、蓋を開けてみたら真っ白だったのですからね😄😄😄

 警察官としても丁寧にならざるを得ません💦💦


 そして、池袋警察署からパトカーに乗って上野まで送らせたそうです❗❗❗

 これはこれで当然と言えば当然ですがスゴいですよね😂😂😂

 上野に到着してTさんがパトカーから降りると、二人とも降りてきて、

 『失礼致しました❗』

 と言って最敬礼をしたそうです(笑)

 それはそれは見本のような敬礼だったそうです😆😆😆(笑)


 そして、やっと解放されたと思ってスマホの時計を見ると、何と時刻は20時半過ぎだったそうです⏰💥

 16時半頃にに中池袋公園で声を掛けられてから、4時間も経っていたそうです💨💨💨

 4時間と言うと、東京から新幹線で函館まで行ける時間です🚄🚄🚄

 方角を西にすれば、東京から広島まで行けちゃいます🚄🚄🚄

 それだけの貴重な時間を、バンカケに囚われていたのです💧💧💧

 そんなTさんの身に起こった職務質問でした🚨🚨🚨


 さて、明日は今回のバンカケを受けたTさんの感想とボクの見解をお話する予定です✒


 
 人気ブログランキングバナー


 


 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います)