日本初(?)有罪率99.9%の刑事裁判で〝二度も〟無罪判決を勝ち取った男のブログ!

過去、二度も刑事裁判の被告人として法廷に立たされるも、自力で反証、反駁をし二度も無罪判決を勝ち取る!そんな私が、あらゆる事を綴る!

カテゴリー "東京拘置所矯正展 2014" の記事

今年の矯正展の感想。



 おはようございます

 今日は、スッキリな天気ですね

 絶好の洗濯日和です

 
 昨日は、意外な事実をお話しましたね

 まさか、刑務作業品が通販で購入出来るとはビックリでした

 皆さんも、欲しいモノがあったら、是非とも通販で購入してみて下さい


 さて、今日は、今年の矯正展に行っての感想をお話しようと思います


 ボクにとっては、去年に続いて二回目の参加でした

 なので、どうしても去年と比較をしてしまうのです(笑)

 そこを踏まえた上で、一言で感想を言うならば、去年と全く同じだった、という事です

 会場の作り、ブースの配置、記念撮影、消防署の体験コーナー、民間企業の出店、等々全てが去年と同じでした

 まっ、ロックフェスじゃないので、毎回サプライズなゲストを、みたいな演出は要りませんから、これはこれでイイのです

 場所が場所だけに、基本的には毎回同じパターンになるのでしょう


 では、特に感想はないのかと言われれば、決してそうではありません

 ちゃんと、感想はあります


 まず、ボクが今年の矯正展で一番解せないのが、〝プリズン弁当〟です

 以前も書きましたが、今年の献立は、ボクがヒルズに居た当時、一回も出たことのないモノでした

 このプリズン弁当には、ボクは到底納得していません

 むしろ、怒りすら覚えました

 何故なら、実際には出ていない献立でも、プリズン弁当として売られていれば、購入者は〝こういうのが出てるんだ〟と錯覚するからです

 きっと、皆さんも会場に行ったら、同じことを思うのではないでしょうか


 恐らく、会場に居た人の98%が、プリズン弁当と同じ献立を、収容者は食べているのだなと思ったはずです

 残りの2パーセントは、過去にヒルズに入った経験のある方で、この人達はボクと同様に、〝こんな豪華なおかずなんて出たことないし〟と、思っているはずです

 勿論、ボクが出た後に、今回の献立が出た可能性はありますが、その可能性は極めて低いでしょう

 何故なら、収容者の食事にそんなに費用を掛けられないからです

 当たり前ですが、小菅ヒルズに始まり、全国の刑務所の全ての食事は〝税金〟で賄われています

 一日の、一人当たりの食事に充てる金額も決められています

 従って、税金は減ることはあっても、増えることはないので、トンカツなんて費用が掛かるオカズが出る訳がありません


 ボクとしては、実際に〝中〟で出ているものを再現してこそ、プリズン弁当と呼ぶべきだと思うのです

 これでも、ボクの中では、プリズン弁当〝レプリカ〟ですが

 とは言え、350円にしては美味しかったです

 と、今年はプリズン弁当に、非常に憤りを覚えました


 食べ物繋がりで、プリズンパンに関しては、実際に収容者に出ている人と同じモノが出ているので、これは去年と同じで合格点

 ただ、ジャム&バターやピーナッツ&バター等の、アレンジコッペパンを持って来て販売していたのは、何とか売上が欲しいぞという商売魂を垣間見た気がしました(笑)

 プリズンコッペパンは、当時を思い出させてくれる、ボクにとっては正に〝タイムマシーン〟です


 それと、どこかのブースで、〝プリズンカレー〟と言ってカレー弁当を販売していましたが、明らかにただのカレーに麦飯を合わせただけだと思うので、これはどうなのかなと思いました

 プリズン弁当が売り切れたら、こんどはプリズンカレーに長蛇の列が出来ていた現実を見ると、やはり矯正展では〝プリズン○○〟が圧倒的な強みなのです

 と、言うか、特に今年はその傾向が強かった気がしました

 〝プリズン○○にすれば売れるぜ〟みたいな思惑があったのでしょう

 まさに、〝プリズン商法〟です(笑)

 あまり、そこに便乗し過ぎて、消費者センターにクレームが入らないか心配です(笑)

 まっ、小菅ヒルズとの、実際のギャップに切り込んでいるのはボクだけですが(笑)


 考えてみれば、ヒルズの中に被告人として入る人は殆ど居ないわけですから、実際に出ている献立かどうかを確かめようがないのです

 こうして、〝実際にはこんなオカズ出てないよ〟と、言える人が稀有なのです(笑)

 誰も、その実際を確かめたいなんて思いませんでしょうけどね(笑)

 ですから、これがプリズン弁当です、って出されたら、殆どの人は〝この献立が出てるんだ〟と、思います

 ボクのように、実際を知っている人は殆ど居ないので、売り手に〝こんな献立出たことないけど〟なんて、言いようがないんですから(笑)

 しかも、それは裏取りのしようがない状況ですから、売り手としてはこれ程おいしい商売はありません

 だって、裏取りのしようがないので、一切クレームが入らないんですから

 
 だからこそ、敢えてボクはこの場を借りて声を大にして言いたい

 今年のプリズン弁当の献立は、実際には出てません、と


 
 それから、刑務作業品に関しては、値段が高いものと安いものの差が激しいなと思いました

 メモ帳等の文房具は安いのですが、タンスなどの家具は高いですね

 ニトリ、カインズホーム、ビバホーム常連のボクとしては、非常に高いなと感じました(笑)

 勿論、完璧な手作りなのは分かるのですが、かと言ってその分の報酬を受刑者に配当しているかと言ったら、決してそうではありません

 ホント、シャバじゃ絶対に有り得ないくらいの激安賃金で働かされます

 間違いなく、労基署が動く位の金額です(笑)

 
 参考までに、過去にボクが半年間だけ刑務所に居た当時の、作業報奨金は幾らだったと思いますか

 
 なんと、半年間働いて、〝5000円〟です

 
 5000円ですよ5000円

 半年間で

 半年間働かされて、5000円で一体何を買えって言うんですか

 全く、この作業報奨金の基準には驚かされるばかりです

 ですから、受刑者に大した給料を払ってないんですから、その分もっと安くしてくれてもイイのになと感じました

 とは言え、大型家具以外は、手頃なモノも沢山ありましたね

 とにかく、ブルースティックは絶対にオススメです


 最後に、直紀先輩と去年と同じく記念撮影したり、祥司君と直紀先輩と三人で談笑したり、傍聴マニアの人達と会ったり、当時良く接していた刑務官と再会したりと、今年は今年でサプライズがあって非常に面白かったです


 そんな、今年の小菅ヒルズ矯正展でした


 来年は、是非とも皆さんも足を運んで、その瞳で矯正展を刮目して下さい

 きっと、面白い発見があると思いますよ


 さて、明日は、ちょっと先日の出来事についてツブヤク予定です 

 

人気ブログランキングバナー





 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います)


ジャパネットたかたもビックリ?



 こんにちは

 今日は、寒い上に雨ですね

 くれぐれも、風邪を引かないようにしましょう


 昨日は、ボクが小菅ヒルズ矯正展で購入した品々をご紹介しました

 ボクにっては、どれもこれも活躍が期待出来る〝選手〟達でした

 是非、今後の活躍に期待しましょう


 さて、今日は、小菅ヒルズ矯正展に行った際に持って帰って来た、もう一つの戦利品についてお話します

 ボクは、刑務作業品を見て回っている最中に、ふとある物がポツンと置かれていることに気付きました

 それは、作業品のテーブルの上に置かれていて、自由に持って帰っていい物でした

 ボクは、何だろうと思い手を伸ばして見ると、こんなモノだったのです


 (※スマホの方は、画像を何回かタップすると大きく表示されます


  CAPIC(表)


  CAPIC(裏)


 そうです

 何と、今回展示している刑務作業品のカタログだったのです

 しかも、中を見ると、通販で購入出来ると言うのです

 分割の場合は、ジャパネットたかたが手数料を負担してくれるのでしょうか(笑)

 
 当然、ボクとしては、どんな製品があるのか知りたいので、何冊か持って帰ってきました

 そして、折角なので、本ブログで中身を紹介したいと思います

 では、早速見て行きましょう


 一ページ目(見開きです


  一ページ目。


 二ページ目


  二ページ目。


 三ページ目

  三ページ目。


 四ページ目


  四ページ目。


 五ページ目


  五ページ目。


 六ページ目


  六ページ目。


 七ページ目


  七ページ目。


 八ページ目


  八ページ目。


 九ページ目


  九ページ目。


 十ページ目


  十ページ目。


 十一ページ目


  十一ページ目。


 十二ページ目


  十二ページ目。


 十三ページ目


  十三ページ目。


 十四ページ目


  十四ページ目。


 十五ページ目


  十五ページ目。


 十六ページ目


  十六ページ目。


 申込用紙


  申込用紙。



 と、駆け足で見ていきましたが、実に様々な製品がありましたね

 まさか、これらの製品が、通販で購入出来るとは知りませんでしたね


 皆さんは、どれか欲しい品物はありましたか

 もしあれば、通販で頼んでみたらいかがでしょうか


 さて、本日は文字は少なめにして、この辺でオシマイにします

 
 明日は、今年の小菅ヒルズ矯正展の感想をお話しする予定です



人気ブログランキングバナー





 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います)


今年の戦利品。



 こんにちは

 本日は雨ですね

 三連休は、いかがお過ごしでしたか


 先週も、小菅ヒルズ矯正展の模様をお話しました

 あの〝ミニヒルズ〟は、実にクオリティーが高かったですね

 また、独居と雑居の模型から、両方のメリットデメリットをお話しました


 さて、今日は、その締め括りとして、今回の矯正展でボクが購入した品々についてお話します


 ボクは、矯正展に行く前から、何点か買う物は決めていました

 それは、ブルースティックと言う棒状の洗濯石鹸です

 この石鹸は、シミに直接付けて擦るとシミが落ちたり、袖や襟の汚れに直接付けて洗濯すると汚れが落ちたり、あるいは、シューズ洗いにも使えたりと、非常にマルチな活躍を見せるので、どうしても欲しかったのです

 そのメンバーがこちら(笑)

 
 (スマホの方は、画像を何回かタップすると大きく表示されます


   ブルースティック(1)


 こんなに買っちゃいました


   ブルースティック(ノーマル)


 これは、定番で売られている三本セットのモノです


   ブルースティック(オレンジオイル配合)


 何と、今年はオレンジオイル配合と言う、ニューバージョンが登場して、これは三本セットでの販売はしておらず、一本ずつの販売でした

 このニューバージョンも気になったので、6本も買っちゃいました(笑)

 早速、一本下ろして使っています

 ボクは、サッカーをやっているので、ソックスに付いた土の汚れを、この石鹸で擦ってから洗濯機に入れるのです

 そうすると、綺麗に土の汚れが落ちていますよ

 お子さんが居る家庭では、必須アイテムですね


 続いてこちら


コッペパン


 プリズンコッペパン

 これは、ヒルズの中に入っている人と同じパンなので、これぞ矯正展の醍醐味でしょう

 食べながら、当時を思い出しました

 たかが、何の味も付いてないコッペパンなのですが、ボクにとっては初心に帰れるパンです

 来年も行ったら、必ず買うでしょうね


 続いてこちら


マル獄ブックカバー


 マル獄ブックカバー

 文庫サイズと新書サイズの二種類を買って来ました

 これは、当初買う予定ではなかったのですが、見たら可愛かったので買っちゃいました

 完璧な衝動買いです(笑)


 そしてこちら


府中刑務所コースター


 府中刑務所コースター

 去年購入したモノが、半分に割れちゃったので、今年は一枚になっているモノを購入しました

 ほのかに木の香りがして、実にいい感じですよ

 
 今年は、以上の商品を購入しました

 どれもこれも、実用性のあるものばかりでした


 それ以外に、実は面白いモノを持って帰って来たのです

 これは、目からウロコのモノでした

 果たして、そのモノとは


 続きは、明日お話する予定です



人気ブログランキングバナー





 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います)


ミニヒルズ。


 おはようございます

 今日は、スッキリ晴れましたね

 三連休前の最後の金曜日、飲み過ぎには注意しましょう


 昨日も、小菅ヒルズ矯正展についてお話しましたね

 当時、良く接していた刑務官との再会、そして記憶力には驚かされましたね

 とにかく、突然の〝同窓会〟で嬉しかったですね


 さて、今日も、小菅ヒルズ矯正展の続きです

 
 刑務官との邂逅を終えた我々は、体育館の方へと向かいました

 ここで、直紀先輩は仕事の為に先に上がり、ボクと塚原さんで向かうことになりました


 (スマホの方は、画像を何回かタップすると大きく表示されます


 体育館に向かう途中でパシャリ

   綾瀬駅側からのヒルズ(1)


   綾瀬駅側からのヒルズ(2)


 改めて、反対側から見るとデカイですね


   案内図


 この案内図で言うと、『真北クラブ』と書いてある部分です

 中に入ると、こんな模型が置かれていました


   ヒルズの模型(1)


   ヒルズの模型(2)


 小菅ヒルズを俯瞰した模型です

 こう見ると、ヒルズの作りがイメージ出来ますね

 模型にある、手前の小さいXの建物は、旧舎房で現在は使用されていません

 現在は、大きいX字の舎房しか使用しておらず、そこの何処かに麻原彰晃を始めとする、死刑囚が閉じ込められているのです

 また、この模型の何処かに、刑場があって、そこで死刑が執行されているのです


 それと、左側のグランドの所に、以前の舎房がありましたが、解体してグランドになりました


 続いて、この模型です


   単独室模型(1)


   単独室模型(2)


 ボクが居た独居房です

 ただ、この模型は刑務所のモノなので、ヒルズにはテレビはありません

 被告人は、テレビが観れませんから

 あくまでも、受刑者になって初めてテレビが観れるのです

 まっ、誰も積極的に受刑者になりたいとは思いませんが(笑)


 続いて、雑居房です


   共同室模型(1)


   共同室模型(2)


 ボクは、被告人時代、一度も雑居房に行ったことがないのですが、部屋の中は正にこの通りです

 独居房も然りです

 ただ、聞くところによると、刑務所では過剰収容の為、8人の雑居部屋に10人入れたりしているそうです

 一方、ヒルズでは、ボクが運動時に雑居経験者に聞いた話では、8人部屋のところに4人とか3人で、ノビノビ過ごせたそうです

 多くても、5人か6人位だったそうで、満パンになる事はなかったそうです


 ボクの感覚では、雑居には絶対に行きたくないですが、どちらも一長一短でしょう

 ちょっと、双方を比較してみましょうか

 
 〈独居のメリット・デメリット〉

 ・ 一人なので、何をするにも自己判断で行動出来る。

 ・ 従って、マイペースで過ごせる。

 ・ オナニーも好きな時に出来る(笑)

 ・ 誰も居ないので、読書に集中出来る。

 ・ 一人なので、話し相手が居ないから寂しい。

 ・ 一人なので、本の貸し借りや、食べ物のやり取りが出来ない(ホントはダメだけど)。



 〈雑居のメリット・デメリット〉

 ・ 話し相手が居るから寂しくない。

 ・ 食べ物のやり取りや、本の貸し借りが出来る。

 ・ 一人ではないので、周りに気を遣い、その部屋のルールに合わせないといけない。

 ・ オナニーをするにも気を遣う。(笑)

 ・ みんな暇なのでおしゃべりする為、本がなかなか進まない。

 ・ そもそも、こんな所で新たに知り合いたくない。



 こんなところでしょうか

 どうしても、雑居が嫌いなので、雑居不利に書いているように見受けられますね(笑)

 まっ、郷に入れば郷に従えで、慣れちゃえば平気なのでしょうが、ボクはこんな所で他の人に気を遣うなんてホント面倒臭いと思うのです

 友人や、仕事絡みがある人ならともかく、今後二度と会うことのない人に、イチイチ気を遣う位だったら、誰とも話さなくていいから独居で良いです

 
 良く、留置場や拘置所で見られるのが、そこで仲良くなった人と、〝シャバに出てから会いましょうよ〟と言って、連絡先を交換したりする人が居るのですが、ボクは全く信じられません

 会った場所が場所なのに、良くその後連絡を取りたいと思うよなと不思議でなりません

 恐らく、同じ境遇に居る為に、ストックホルム症候群じゃないですが、妙な親近感を覚えてしまうのでしょう

 だから、あんな所で知り合ったのにも拘わらず、その後連絡を取ろうなんて思うんでしょうね

 まっ、ボクはずっと独居でしたし、運動時間だけ何名かと一緒でしたが、どいつもこいつもホラ吹き野郎ばかりでまともに相手にする気になりませんでした

 みんな、〝俺はシャバに居た時凄かったんだ〟と、自慢したいばかりに、やれどこそこのクラブのネーチャンはセフレだっただの、毎日歌舞伎町やギロッポンで飲み歩いていただのと、もう見栄の張り合いなんですよ(笑)

 そんなシャバで、さぞかし華やかな生活を送っていたのに、その人は差し入れが来ないとか言って、所持金が一円も無くなってるんですから全く話になりませんよ(笑)

 何で、毎日毎日派手に飲み歩いていた人間が、所持金が一円もないんだよ

 ホント、こんなバカげたレベルだったので、適当に話を合わすだけでした

 従って、留置場やヒルズで会った人と、連絡先なんて一切交換してません

 ってか、ボクと話した人達はみんな、今頃刑務所で作業をしてますから逢いたくても逢えません(笑)


 
 話は戻って、ボクはこの模型を見た後、塚原さんと別れ帰路に着きました


 以上が、今年の小菅ヒルズ矯正展についてでした


 来週は、ボクが矯正店で買った戦利品についてと、感想をお話する予定です


 それでは、皆さん良い三連休を



人気ブログランキングバナー





 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います)


スゴイ記憶力。



 おはようございます

 今日も、晴れてますが寒いですね

 朝の冷え込みが、冬の訪れを感じさせますね


 昨日も、小菅ヒルズの矯正展についてお話しましたね

 東京地裁の常連組である、傍聴マニアさん達もご来場していて、正に〝小菅ヒルズ傍聴〟でした


 さて、今日も、小菅ヒルズ矯正展についてお話します

 
 ボクと直紀先輩は、去年もやっていた、制服を着ての記念撮影に行きました

 これは、刑務官の制服を来て〝開かずの門〟と言う所で、記念撮影が出来ると言うコーナーです

 では、早速見て行きましょう


 (スマホの方は、画像を何回かタップすると大きく表示されます


 直紀先輩と

   
   制服を着て(1)


 お一人様

   制服を着て(2)


   制服を着て(3)


 因みに、我々が着ている制服は、所謂〝金線(きんせん)〟と言って、偉い役職なのです

 制服の袖と、帽子に金色の線が入っていますよね

 だから、〝金線〟なのです

 金線の上は、特に別の色はなく、更に金の線が増えて行く感じです


 また、金線の下が〝銀線(ぎんせん)〟で、制服の袖の所に銀の線が入っています

 この銀線は、役職で言うと看守部長、通称〝ブチョー〟と呼ばれる人で、収容者の居るフロアの担当になります

 要するに、最低限銀線にならないと、舎房の一フロアの責任者になれないのです

 当時、ボクがヒルズの〝中〟に居た時、仲の良い看守から聞いた話では、部長になるまで10年以上掛かるとの事でした


 最後に、順序が逆になりましたが、制服の袖に銀か金の線が入っていない看守は、所謂〝平社員〟です(笑)

 
 とにかく、刑務官の世界も、公務員独特の縦社会かつ年功序列みたいで、長く勤めてやっと役職が貰えるそうです

 まっ、キャリア組は別でしょうが、殆どの割合を占めるノンキャリア組での話です

 今度、面会などで行った際に、刑務官の制服の袖を見てみて、この人は偉いか偉くないかを見るのも楽しいかも知れませんね


 続いて、ボクと直紀先輩は、正門に移動しました


 その途中の風景です


   沢山の人達(2)


   沢山の人達(1)


 そして、正門に到着


   正門。


   直紀先輩(1)


   直紀先輩(2)


   ボク。


   直紀先輩と。


 この正門を通って、護送バスは被告人達を法廷へと運ぶのです

 普段、この正門は、通勤する職員と、出入り業者しか入れません

 ですので、ここで記念写真を撮れるのも、一年でこの日だけなのです


 そして、我々は記念撮影を終えて正門を離れようとした時、正門脇から何名かの看守が出て来ました

 すると、その中に見覚えのある顔がありました

 その看守は、入浴時や運動時の担当をしていた看守で、入浴場や運動場に行く時に部屋のドアを開けて、収容者を連行していたのです

 なので、平日はほぼ毎日顔を合わせていました

 
 ボクは、その姿を見た瞬間に、あの時の看守だと分かりました

 すると、向こうもボクの視線に気付いたのか、ボクの方を見るとハッとした顔をして、会釈して来ました

 そこでボクは、

 『覚えてます

 と、訊くと、

 『全然覚えてるよ。大分雰囲気変わったね。』

 と、返答し、何とボクのことを覚えていたのです

 と、言うのも、以前もお伝えしましたが、ヒルズに居た当時のボクは、黒髪のロン毛で、常に髪をゴムで一本に結いていたのです

 ですから、現在とは相当風貌が変わっているのにも拘わらず、覚えていたのです

 なのでボクは、

 『当時と全然違うのに、良く覚えてましたね

 と、言うと、

 『そりゃあ、何万人と見てるから覚えてるよ。』

 との事でした

 普通は、何万人と見ていれば逆に分からないと思うのですが、恐らくボクの場合は、ヒルズからの〝出かた〟が滅多にないパターンだったからでしょう

 
 参考までに、ヒルズに居た当時と、現在とを比較してみましょう

 これは、逆転無罪判決を受けて一年七ヶ月振りに出て来て次の日です

 実に、もっさいですね(笑)


   小菅ヒルズに居た当時。


 これが、最近のボクです

 
   祥司君と。


 このビフォーアフターを、よくぞ気付いたなと大変感服しました


 因みに、正門脇で少し会話した後、帰る時に偶然駐車場の側で会ったので、それとなく聞いてみると、

 『だって、逆転無罪で出るなんて、ホント滅多にないからね。一審での無罪だって、年間一件か二件あるかないかだから、そりゃあ覚えてるよ。』

 と、言っていたので、ボクの出かたは刑務官の間でも強烈なインパクトを残したのでしょう

 そう考えると、今こうしてブログを書けること自体が、大変なキセキなんだと痛感させられました

 
 最後に、本ブログのことを言うと、知らなかったみたいで、

 『変な事書かないでよ(笑)』

 と、言っていました(笑)


 つい一年ちょっと前まで、ヒルズの中でしか接していなかった人間と、今度は塀の外、しかもヒルズの敷地内で会うなんて、ここでしか味わえない再会ですね

 
 そんな邂逅にノスタルジーを感じながら、残りのブースを回りました

 この続きは、また明日お話する予定です



人気ブログランキングバナー





 (お手数ですが、両方のバナーをクリックして頂けると嬉しいと思います)