日本初(?)有罪率99.9%の刑事裁判で〝二度も〟無罪判決を勝ち取った男のブログ!

過去、二度も刑事裁判の被告人として法廷に立たされるも、自力で反証、反駁をし二度も無罪判決を勝ち取る!そんな私が、あらゆる事を綴る!

カテゴリー "東京拘置所からの手紙" の記事

〝傍聴案内〟の結果…。




人気ブログランキングへ

 (大変恐縮ですが、クリックのご協力をお願いします。)


 さて、なんとか無事に、ボクの当初の作戦通り『傍聴案内』をマスコミ各社に発送出来ました

 後は、『傍聴案内』を見たマスコミ各社がどんな動きをするのか、ボクはとても興味がありました

 ボクの勝手な予想では、六月上旬に『傍聴案内』が届き、それを見た31社の記者ないし編集者が、全てとは言わないまでもある程度は興味を持ってくれるのではないか、と思っていました

 で、その興味を持った記者や編集者が、ボクが居る東京拘置所に面会に来るか、あるいは、手紙で質問をしてくるのではないか、と思っていました

 ボクは、『傍聴案内』の中で、


 「興味があれば、是非東京拘置所に面会に来て下さい。」

 「あるいは、手紙で質問などあれば遠慮なく送って下さい。」

 と、記載していたのです

 
 ところが、結果的にこのボクの予想を裏切る結果が待ち受けていました


 それは…


 何と、一社も何の接触も無かったのです


 これが、ボクの言う〝予想外の展開〟の意味です…。(笑)


 これには、正直ビックリしました

 ボクとしては、『傍聴案内』を読んでもらえれば、新聞社や出版社が興味を持ってくれるだろうと、かなりの自信があったので、正直何のリアクションも無かったのは凄くショックでした…

 ボクは、31社にも発送したのは、一体どこの新聞社や出版社が興味を持つか分からなかった為、〝下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる作戦〟的な意味合いがあったからです。

 しかし、それでもたったの一社すら、何のリアクションも無かったのにはホント驚きました

 例えるなら、出会い系サイトで〝奇跡の写メ〟を載せて、女子にメール爆撃したのにも拘わらず、一通も返信が無かった様なものでしょうか。(笑)

 多分、皆さんの中にも、同じような経験があるのではないですか(笑)


 ボクは、『傍聴案内』を発送してから、毎日非常にワクワクしていたのです

 それは、『一体、どこの記者や編集者が面会に来るのかな~』と、楽しみに待っていたからです。

 拘置所では、何か自分に対して用事がある時以外、独房のドアは開きませんから(部屋の中には、ドアノブが無いのでこっちからは開けられない)、逆説的に部屋のドアが開く時は何かボクに用事がある時なので、その時を今か今かと待っていました

 自室のドアが開く時は、運動と入浴を除くと殆どが面会の時しか開きません。

 職員の足音が近付いて来て、部屋の前で止まり、ドアに鍵を入れてガチャガチャとやると、『おっ、誰か面会に来たな』と、分かる訳です。

 これは、拘置所生活の経験がある方なら、とても良く分かる〝あるある〟でしょう


 しかし、面会の度にガチャガチャとドアは開くものの、面会人の名前を聞くと全て知っている人ばかりで、ボクの知らない名前の面会人は訪れません…

 要するに、ボクの知らない名前で誰か面会に来れば、それはイコールマスコミ関係だな、と分かるので面会の度に名前を確認するのが当時は非常に楽しみでした

 結果、判決前日の7月1日までに、ボクの知らない人=マスコミの人は誰一人として面会に来ませんでした…。


 一方、手紙の方は、これまた何のリアクションもありませんでした。(笑)

 
 あっ、唯一「週刊文集」編集部から返事があり、以下の通り書かれていました…。


 「担当デスクと相談しましたが、この内容は扱えないのでお手紙をお返しします。」

 
 と、一枚の便箋にワードで打った文章と、ボクの『傍聴案内』がそのまま送られてきました。(笑)


 もう、全くもって全滅でした…


 ボクは、絶対に面白い判決になると思うのに、と心底思っていたので、あまりのリアクションの無さにショックでしたが、でも一切の後悔はありませんでした

 何故なら、こればっかりはやってみないと分からないからです

 ボクは常々、『やった後悔よりも、やらなかった後悔の方が更に後悔する』と言う信条なので、この結果がどんなものになろうとも一切の悔いは無かったです。

 全ては、結果論です

 逆に、〝マスコミの反応を知れた〟と言う意味では、むしろ大成功だと思っています


 そして、マスコミ各社から何の反応もないまま、〝運命の〟 判決日を迎えることになりました…。
 

 

〝傍聴案内〟の発信先。




人気ブログランキングへ

 (大変恐縮ですが、クリックのご協力をお願いします。)



 やっとこさ、東京拘置所のバカヤロー職員との折衝を何とかクリアして、無事にボクの『傍聴案内』の原本を発信する事が出来ました

 後は、この原本をコピーした物を返送さえしてもらえれば、マスコミ各社へと発信するだけです


 因みに、東京拘置所では、裁判関係の書類や、何かのホームページをプリントアウトした物を差し入れる場合、直接東京拘置所の窓口で差し入れをするか、郵送で差し入れるかのどちらかになります

 このルールは、写真や書籍も同様に当てはまります

 その際、拘置所の検閲に一度回される為、窓口で手続きした次の日、あるいは郵送でも到着した次の日でないと、自分の手元には届きません
 
 書籍に関しては、何と〝三日も〟掛かります

 ホント、時間が掛かり過ぎだと思いませんか


 さて、何だかんだ待つこと約一週間、待ちに待った『傍聴案内』のコピーが届きました

 その数、何と31部

 31部×15頁=465枚

 とんでもない量です

 つくづく、一枚一枚コンビニでコピーしてくれた家族には、ホント感謝しています…

 すんごい手間を掛けてしまい、ボクの勝手なワガママに応えてくれて、ホント助かりました


 改めて、『傍聴案内』31部の発信先を記したいと思います。

 ・朝日新聞
 ・読売新聞
 ・報知新聞
 ・毎日新聞
 ・産経新聞
 ・日刊スポーツ

 ・週刊ポスト
 ・週刊現代
 ・週刊文春
 ・週刊新潮
 ・週刊実話
 ・週刊大衆
 ・週刊SPA
 ・週刊プレイボーイ
 ・アサヒ芸能
 ・サンデー毎日
 ・FLASH
 ・FRIDAY
 ・中央公論新社
 ・朝日新聞出版
 ・幻冬舎
 ・角川書店
 ・日本文芸社
 ・日経BP
 ・竹書房
 ・平凡社
 ・判例タイムズ
 ・大洋図書
 ・三才ブックス
 ・宝島社
 ・鉄人社

 以上、31社の社会部編集長宛に発信しました


 ここで、疑問に思った人も居るかも知れません。

 『一体、どうやってこれだけの会社の住所を調べたのだ』と。

 〝シャバ〟に居れば、スマホないしPCでググれば瞬時に分かりますよね

 しかし、ボクが居た拘置所は、一切ネットは使えません…

 と、言う事は、ネットを使わずに調べるしかありません

 
 では、どうしたのか


 そこで、重宝したのが『雑誌のもくろく』と、言う書籍です

 
 この書籍は、知っている人は居るかと思いますが、週刊誌や月刊誌の発売日や、その本の概要や出版社が記されている、言わば雑誌の〝案内版〟 です。

 そこには、色々な雑誌の広告も載っている為、出版社の住所が記載されていたので、それで殆どの会社の住所が分かったのです

 そうやって、極めて〝アナログ〟な手法で調べるしかなかったのです…。

 この書籍を、ボクは千葉刑務所に居る時に購入していたのです

 だから、家族に調べてもらったのは、読売新聞と朝日新聞の住所だけでした。


 そして、31部の『傍聴案内』を三つ折りにして、A4の紙が入る定形の封筒にそれぞれ入れていきました


 その、『傍聴案内』と言うのがこれです


 傍聴案内(1) 


 ご丁寧に、わざわざカラーコピーで返送してくれました


 この、『傍聴案内』を何とか六月の第一週に発信出来ました

 因みに、この『傍聴案内』は、手書きの文章が一文字も無いので〝書類〟扱いになる為、手紙の様に〝一人一日一通〟にはカウントされません

 従って、一気に31通発信しました。(笑)

 これには、職員もかなり苦笑いしていました。(笑)

 これが、たったの一言でも(宜しくお願いします、とか。)、手書きの文章を付け加えると、手紙扱いになるっていうんですから、ホント東京拘置所のルールは馬鹿げていると言わざるを得ません


 さて、無事に『傍聴案内』を発信出来ましたが、その後ボクの予想を裏切る展開が待っていました…。

 

やっとこさ発信出来た〝傍聴案内〟。





人気ブログランキングへ

 (大変恐縮ですが、クリックのご協力をお願いします。)



 予想外にも、二度もダメ出しを食らい、当初発信予定だった5月27日(月)からズレ込むこと二日、5月29日(水)に三度目の正直で提出しました

 ボクの中では、ダメ出しのお知らせがある時は、午後一番って言う認識があったので、朝一番に職員に提出してから、『今日こそ、大丈夫だろうなぁ。』と、少しソワソワしながら職員が来ない事を祈っていました。(笑)


 そして、時間は刻一刻と過ぎて行き、13時を過ぎ、14時を過ぎ、ボクの中では『あっ、大丈夫だな。』と、確信めいたものがあったのですが、念のため、職員が通りかかった時に、

 『今日こそ、行けたでしょう?』

 と、訊くと担当職員は、

 『あ~、この時間に戻って来なければ大丈夫だよ。』

 との、言質を頂きました。

 全く、たかだか手紙一通出すのに、何でこんなにも折衝しなければならないんだ、と心底思いながらも予定通り『傍聴案内』を発信出来て安堵しました


 因みに、「13時を過ぎ」とか書いていると、あたかも独房に時計があって、それを見て時間を確認したのだな、と思うのかもしれませんが、実際は全く違います

 実は、独房内には、時計はありません

 では、どうやって時間を確認するのか 
 

 それは、体内時計です(笑)


 これ、冗談の様でホントの話なんです

 東京拘置所では、10時、13時、15時にチャイムが鳴るので、そのチャイムを聴くと、『あっ、今は何時位だな』と、予測を立てるのです

 それと、食事の時間が決まっているのでそれを基準にしたり、拘置所ではラジオが聴けるのでラジオの時報を基準にしたりと、限られた中で何とか打開するのです。(笑)

 
 想像してみて下さい…。時計がない生活を…


 きっと、想像出来ないんじゃないでしょうか

 普段の日常生活の中で、時計を見ないなんて有り得ないですよね。

 普段から、腕時計をしない人でも、スマホの時間は確認しますよね

 それがない状況なんて、全く想像がつかないんじゃないでしょうか。

 
 しかし、拘置所ではそれが当然の生活ですから、もう何とも感じなくなって来るのです

 ホント、人間の適応能力は凄いと感心させられました…


 それから、この時の手紙は、万が一届かなかったら最悪だと思い、『簡易書留』で発信しました。

 書留郵便は、必ず手渡しですから、確実に相手に郵便物を渡せますからね

 拘置所では、普通郵便だけでなく、簡易書留、配達証明、内容証明、ゆうパック、等々あらゆる郵便形態に対応しているのです

 勿の論、これらの郵便は別料金なので、自分の所持金がない人は利用できませんが、所持金がある人ならば職員に申し出れば誰でも利用できます。

 思い返すと、ボクは結構簡易書留を使用して郵便を出してましたね。


 と、紆余曲折ありましたが、何とか『傍聴案内』の原本を、発信する事が出来ました…

 

矛盾するルール。





人気ブログランキングへ

(大変恐縮ですが、クリックのご協力をお願いします。)


 5月28日(火)に出した、二回目の『傍聴案内』が、またしても職員の手によって戻って来てしまいました…。

 しかも、今度は書信係という、手紙の検閲を担当する職員の偉いの(金線)が、ボクの舎房(部屋)に直々に返却に来ると言う腰の入れようだったので、これにはボクも相当憤慨して職員に食い下がりました。

 だって、そうでしょう。

 昨日、ダメ出しされた箇所は、しっかりと修正して提出したんですから、ボクからすれば当然「何なんだよ!」と言う思いです。


 ボクは、非常にイライラしながら話を聞いてみると、どうやら手紙自体はOKだけれども、『傍聴案内』の原本の一部分がダメだと言うんです。

 と、言うのも、ボクの『傍聴案内』はA4の罫紙15枚に亘り、その最後の15枚目は『結語』と題して締め括っているのです。

 その中に、何故今回コピーの手紙なのかと言う理由を書いたのです。

 だって、本来であれば手紙は手書きが常識ですから、それなのに、いきなりどこの馬の骨とも分からない人間からの手紙がコピーでは、「何だコイツは」と思われてしまうので、そう思われない為にコピーである理由を書いたのです。

 それが、ダメだと言うんです!

 職員は、『あからさまに理由を書くな』って言うんです。

 別に、そんな内容を書いた位で、拘置所の秩序が乱れる訳でもなければ、拘置所にとって何ら不利益、不都合なんて一切ないのにそれでもダメだと言うんです!

 全く、馬鹿げてるでしょう?これが、拘置所と言う所なんです。


 当然、ボクとしては、

 『理由を書くなって言うけど、面会時にその理由を話すのは構わないんでしょう?』

 と、職員に訊くと、

 『面会なら、何を話しても構わない。』

 って、言うんです!だからボクは、

 『はぁ?そんなの矛盾してるじゃん!面会は良くて、何で手紙はダメなのよ!』

 と、食い下がりました。

 しかし、金線の職員は、

 『とにかく、手紙の中に書かれているとダメなんだ。』

 と、全く要領を得ない回答しかしないのです。

 
 だって、おかしいと思いませんか?

 面会時には、手紙がコピーである理由(詰まり、拘置所のルールの盲点を突いた事)を話すのはOKで、手紙ではダメって、おもいっきり矛盾してると思いませんか?

 仮に、面会時も手紙もダメだ、って言うのなら、まだ分からなくもないんです。(とは言え、到底納得できないですが) 

 なのに、面会時には拘置所のルールの盲点を突いた内容を話すのはOKで、手紙だとダメだって言うんですから、全くもって理解不能です…。


 しかし、拘置所側がダメだと言っている以上、ボクが折れない限り『傍聴案内』は送れませんから、渋々折れるしかないんです…。(悔し涙)


 特に、東京拘置所の手紙の検閲は、スンゴクうるさかったですね!

 一審公判時に、ボクが勾留されていた千葉刑務所(刑務所と言っても、刑務所の敷地内に拘置所がある)は、手紙に関してはちっともうるさくなかったです。

 それに比べると、東京拘置所は格段にうるさいですね。(バカヤロー!)

 同じ、拘置所と言う法務省管轄の施設なのにも拘わらず、施設によって全然ルールが違うんです。

 (この、千葉刑務所と東京拘置所のルールの違いは、改めて別の機会にお話しします。)


 さて、全くもって納得がいかないままも、仕方なく指摘を受けた箇所を修正して再提出です。
 
 ボクからすれば、『何で、昨日の内に言わねぇんだよ!』と、思いましたが、こればっかりは職員に言ってもどうしようもありません…。

 しかも、またしても返却されたのが午後一時位だった為、その日の発信時間(平日の午後3時まで)に間に合いません。

 これで、また一日損する結果となりました。(泣)


 そして、ボクは返却されてから、

 『拘置所と言う所は、つくづく理不尽で不条理な所だ。こんな所、死んでも絶対に来ない!』
 
 と、胸に決意しながら、検閲に引っ掛からないような上手い言い回しを考え、小机に向かいペンをダッシュさせました…。


 

バカげた東京拘置所のルール。





人気ブログランキングへ

(大変恐縮ですが、クリックのご協力をお願いします。)


 拘置所と言う、全く自由が効かない不自由な生活の中で、何とか効率良くマスコミ宛てに『傍聴案内』を発信しようと、少ない知能をフル回転させた結果、拘置所のルールの盲点を突いて、手紙の原本をコピーした物を『郵送宅下げ』と言う扱いで発信しようと思い付いたのですが、全くの予想外でその原本が職員の手によって、戻って来てしまったのです…。


 原本を、朝一で発信した午後、たまたまその日は面会があって、面会場からの帰り道に部屋に向かう通路で、担当職員から、

 『今日出した手紙、書信係からダメ出しが入ったよ。』

 と、言われ、ボクは非常にイライラしながら、

 『はぁ?何でよ?』

 と、理由を訊ねました。そしたら、書信係(検閲する所)の言い分としては、

 『あからさまに、マスコミ宛てに送る為に、この手紙をコピーして返送して欲しいとは書くな。』

 と、言うのです。


 ボクは、マスコミ宛ての手紙とは別に、この手紙をコピーする理由を書いた別の手紙も同封していて、その手紙が引っ掛かったのです。


 そして、職員は、

 『あくまでも、単純にこの手紙をコピーして返送して欲しい、だけなら構わない。』

 と、言うのです。当然、ボクとしては、

 『いやいや、理由を書かないと相手は何の事か分からないじゃんか!』

 と、食い下がるも、話は平行線を辿るばかりだったので、仕方なく文言を変えて再提出することとなりました。


 ここが、身柄を拘束されている人間の非常に辛い所で、こんな些末な内容位、〝シャバ〟ならば、あ~でもないこ~でもないと言いくるめてゴリ押し出来るのに、拘置所じゃ『お前が折れない限り発信出来ないからな!』と、なってしまうのです…。

 あるいは、『別に、文句あるのなら発信しなくていいし、発信しても受け付けないから。』で、終了です。

 ボクとしては、何としてでも手紙を発信したいじゃないですか…。

 詰まり、被収容者が拘置所側の言う事を聞くしかないのです…。

 これは、ホントに、ホントに、屈辱的でした…。つくづく、立場が弱い…。(涙)

 何で、たかが手紙の文言一つでこんなにもイライラしなきゃいけないんだ、と。

 この馬鹿げたやり取りを読んで、つくづく拘置所と言う所は馬鹿げているな、と思いませんか?

 当事者のボクは、心底思いましたよ!(笑)


 しかも、ダメ出しが入ったのが午後二時位だったので、急いで書き直しても三時までの発信時間には間に合いません。

 従って、発信が一日ズレ込んでしまうのです。

 東京拘置所では、平日の午後三時までが、手紙の発信受付の時間なので、その時間を過ぎると次の日の扱いになってしまうのです。

 例えば、その次の日が土曜日だった場合、土、日、祝日は業務が定休日ですから、必然月曜日になってしまします。

 そうすると、本来発信したかった日から、三日も発信がズレ込んでしまうのです。

 この三日のズレは、〝中〟に入ってる人間からすると、非常にもどかしいものがあります。

 何故ならば、自分の伝えたい内容が何日もズレ込むからです。


 特に、今回のボクの場合、一日でも早く原本を送って、それをコピーして返送してもらい、それを今度はボクがマスコミ各社に送ると言う、二重、三重の工程を踏まなければならなかった為、余計に急いでいたのです。

 幸い、原本を発信したのが5月27日の月曜日だった為、ズレ込んでも火曜日の発信になるだけなので、「まあいいか」と自分に言い聞かせて、検閲に引っ掛からない様に、チェックが入った箇所を書き直しました。


 そして、5月28日の朝に、書き直した手紙を発信しました。


 ところが、何とその日の午後に、またしても職員の手によって手紙が戻って来てしまったのです…。